QualcommがPC向けハイエンドSoC「Snapdragon X Elite」を発表 CPUもGPUもNPUも高速なのに省電力搭載モデルは2024年中盤に登場

» 2023年10月25日 13時15分 公開
[井上翔ITmedia]

 Qualcommは10月24日(ハワイ時間)、PC向けの新型SoC(System-on-a-Chip)「Snapdragon X Elite」を発表した。搭載製品は2024年中盤から順次登場する見通しだ。

イメージグラフィック QualcommがPC向けの新型SoC「Snapdragon X Elite」を発表した

Snapdragon X Eliteの概要

 Snapdragon X Eliteは「Performance Reborn(パフォーマンスの復活)」を標榜し、CPUコア、GPUコアやNPU(AIプロセッサ)コアなどを強化することで、x86アーキテクチャのSoC(CPU/APU)を上回るパフォーマンスを発揮しつつ、高い省電力性を確保したという。製造プロセスは4nmとなっている。

概要 Snapdragon X Eliteの概要

 CPUコアは「Qualcomm Oryon」を12基搭載している。最大3.8GHzで稼働するが、1〜2コアに限り稼働クロックを最大4.3GHzまで引き上げられる「ブーストアップ機能」も備えている。

 従来のPC向けSnapdragonではパフォーマンス重視のCPUコアと省電力(高効率)重視のCPUコアを混載する「big.LITTLEアーキテクチャ」を取っていたが、本SoCではパフォーマンス重視コア(=Oryon)のみを搭載している。しかし、それでも競合のノートPC向けCPU(SoC)と比べて省電力であることが特徴だという。

 同社による自社計測値だが、「Geekbench 6.2.1」におけるシングルコアスコアは、Intelの「Core i9-13980HX」やAppleの「M2 Maxチップ」を上回りつつも、消費電力を前者に対しては最大70%、後者に対しては最大30%削減できるという。マルチコアスコアについても、「Core i7-1355U」や「Core i7-1360P」と比較して最大で60%高速で、かつ消費電力を最大65%削減できているという。

ハイパフォーマンス Geekbench 6.2.1のCPUテストでは、シングルコアスコアにおいてCore i9-13980HXやM2 Maxチップを上回るスコアを記録しつつも、消費電力はより抑えられるという
モバイルPC 一般的なモバイルノートPCで使われるCore i7-1355UやCore i7-1360Pと比べても、マルチコアスコアで上回り消費電力を抑制できるとする

 GPUコアは「Qualcomm Adreno」を搭載する。Adrenoには複数の型番(モデル)が存在するが、Snapdargon X Eliteに搭載されるものについては型番が記載されていない。スペック的には、APIは「DirectX 12」に対応し、ピーク時の浮動小数点演算能力は4.6TFLOPSだ。H.264(MP4)/H.265(HEVC)形式の動画のエンコーダー/デコーダーも統合されている。

 映像は内蔵ディスプレイに対して最大4K(3840×2160ピクセル)/120Hz、外部ディスプレイ(DisplayPort 1.4)に対して最大4K/60Hzで出力可能で、いずれもHDR10規格のHDR信号を付与できる。外部映像出力は、最大で3画面まで同時に行える。

 同社によると、AdrenoのパフォーマンスはIntelの「Core i7-13800H」の内蔵GPU(Iris Xe Graphics)と比べて最大2倍で、ピーク時の消費電力は最大74%削減できるという。また、AMDの「Ryzen 9 7940HS」の内蔵グラフィックス(Radeon 780M)と比べてもパフォーマンスは最大1.8倍、消費電力を最大80%削減できるという。

13800Hとの比較 Core i7-13800Hと比べた場合はもちろん……
7980HSとの比較 Ryzen 9 7940HSと比べてもパフォーマンス、消費電力の両面で有利だという

 NPUコアは「Qualcomm Hexagon」で、ピーク時の処理性能は45TOPSだ。

 その他、主要なスペックは以下の通りとなる。

  • メインメモリ:LPDDR5-8533規格(最大64GB)
  • 対応ストレージ:SD 3.0、SSD(PCI Express 4.0 x4)、UFS 4.0
  • ISP(イメージ処理プロセッサ):内蔵(Qualcomm Spectra)
  • セルラー(モバイル通信)機能:対応(Snapdragon X65 5G)
    • 最大通信速度(5G NRの理論値):最大10Gbps(下り)/3.5Gbps(上り)
  • 無線通信:対応(Qualcomm FastConnect 7800
    • 無線LAN:Wi-Fi 7(IEEE 802.11be)/Wi-Fi 6E(IEEE 802.11ax)対応(※1)
    • Bluetooth:Bluetooth 5.4対応
  • 外部インタフェース(※2):USB4(最大3ポート)、USB 3.2 Gen 2(最大2ポート)

(※2)内蔵機器向けのUSB 2.0ポートも1基備えている

NPU QualcommのSoCにおけるNPU搭載は2017年から始まったが、演算能力は当時の100倍にも達する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー