Apple Watchで片手操作を実現する、ダブルタップに対応した「watchOS 10.1」を配信

» 2023年10月26日 15時10分 公開
[山口恵祐ITmedia]

 米Appleは10月26日(日本時間)、Apple Watch向けのソフトウェアアップデート「watchOS 10.1」の配信を開始した。「Apple Watch Series 9/Ultra 2」では、装着している腕の指先を動かすジェスチャー操作「ダブルタップ」が使えるようになる。

photo

 主な更新内容は以下の通りだ。

  • ダブルタップジェスチャーを使って、通知やほとんどのアプリの基本アクションを実行でき、電話に出たり、ミュージックの再生や一時停止を行ったり、タイマーを止めたりすることなどが可能(Apple Watch Series 9、Apple Watch Ultra 2で利用可能)
  • NameDropにより、自分のApple WatchをiOS 17が搭載された相手のiPhoneまたはApple Watchに近づけるだけで、初めて会った人と連絡先情報を交換することが可能(Apple Watch SE 2、Apple Watch Series 7以降およびApple Watch UItraで使用可能)
  • マイカードをコンプリケーションとして配置して、NameDropに素早くアクセスすることが可能
  • ホームアプリの気象セクションに何も表示されないバグを修正
  • AssistiveTouchをオフにすると、選択部分の白い枠線が予期せず表示される問題に対応
  • “天気”の都市がiPhoneとApple Watchの間で同期されないことがある問題を修正
  • ディスプレイにスクロールバーが予期せず表示されることがある問題を解決
  • 一部のユーザーで高度が正しくないバグを修正
  • その他、セキュリティアップデート

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー