ニュース
» 2011年03月24日 19時53分 公開

家に会社に、位置情報付きで安否を通知 「J!ResQ」

災害時、家や会社に素早く安否を知らせたい――こんなニーズに応えるのが「J!ResQ」だ。あらかじめ登録した5つの連絡先に、簡単操作でメッセージと位置情報を伝えられる。

[ITmedia]
Photo アプリを起動すると2秒後に、自動で音声の録音が始まる。最大録音時間の10秒を経過すると、自動で登録した相手に位置情報付きのメッセージが送信される。中断したい場合は画面の「設定へ」を押すか、端末の「戻る」キーをタップする

photo J!ResQ

 災害や事故に巻き込まれたときには、家だけでなく会社にも安否を知らせる必要がある。日本デジタルオフィスの無料アプリ「J!ResQ」は、緊急時に自分のいる場所の位置情報とメッセージを、簡単操作で家や会社に送信できるアプリだ。

 アプリを起動すると、自分のメールアドレスを登録するフィールドや、緊急時にメッセージを送る相手のメールアドレス(最大5件)を登録するフィールドが表示される。ここで必要事項を登録すると、次にアプリを起動した時に、音声かテキストのメッセージと現在地のURLが記載されたメールが登録相手に自動で送信される。

 試すときに気をつけたいのは、アプリを起動してから2秒後に自動で音声の録音が始まり、録音開始から10秒後に自動でメッセージが送信される点だ。身動きがとれない緊急時でもメッセージを送れるように、このような仕様になっているのだが、試しに使っているときに「戻る」キーを押すなどして操作を中断しないと、登録したアドレスに「緊急連絡」というタイトルのメールが送信されてしまうので注意が必要だ。

 なお、このアプリを通じて送信されたメッセージや位置情報は、Windows Azure Platformに自動で蓄積されるので、メールの送信先として登録されていない人でも同サービスの安否検索サイトでメールアドレスを検索することで消息を確認できる。

Photo 設定画面。最大5件までのメールアドレスを登録できる(画面=左)。相手にはメッセージと位置情報付きのメールが送信される(画面=右)

photo J!ResQ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう