ニュース
» 2012年01月06日 19時19分 公開

キース・ヘリング展にAR、作品世界を拡張――伊丹市立美術館

伊丹市立美術館がキース・ヘリング展にARを採用。マーカーにカメラをかざすと、作品の動画を見たり、おなじみのキャラクターと記念撮影したりできる。

[ITmedia]
Photo

 伊丹市立美術館が1月21日から開催するキース・ヘリング展に、アララのAR技術を採用した。

 キース・ヘリングは、80年代に人気を博したポップアーティストで、シンプルな太い線で描いた人や動物のキャラクターで知られる。

 ARは告知チラシと館内展示、館内の記念撮影に使われ、専用アプリをインストールしたスマートフォンをQRARマークにかざすと、チラシのキャラクターが動き出したり、作品の動画が現れたり、記念撮影用のキャラクターが登場したりする仕掛けを用意した。

 中でもブラックライトの照射で発光する作品は、作品保護のために週に1日、1日2回(各10分)しか見ることができないもので、美術館ではARを通じていつでも動画で視聴できるようにしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう