ニュース
» 2020年07月20日 07時00分 公開

ソーラーシェアリングの架台選び、“無理なコスト削減”が生むトラブルとは?ソーラーシェアリング入門(33)(3/3 ページ)

[スマートジャパン]
前のページへ 1|2|3       

建設時の無理なコストカットが後々の頭痛の種に

 今回まとめた3つのトラブルは、いずれも計画段階に工夫することで予防できます。初期投資を抑えたいがための設計や、単にソーラーシェアリングでの農業に対する知識が無いことで起きてしまうトラブルですが、事業が始まってからこれに対処しようとすると、削減できた初期投資以上の費用が掛かってしまいます。特にソーラーシェアリングの場合は、作物が育てられないと発電事業自体も破綻してしまいますので、トラブルを放置することはできません。

 ソーラーシェアリングは長期にわたって太陽光発電と農業が共存していく取り組みであり、それによって農地が活用でき、今では野立てよりも総事業費ではローコストに導入することができます。無理なコストカットをするよりも、農業も含めたトータルでの収益が最大化できるような事業計画を考えていきましょう。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.