「同時市場」での調整力は3商品に集約へ――広域機関からの最終報告第61回「調整力の細分化及び広域調達の技術的検討に関する作業会」(2/6 ページ)

» 2024年04月23日 07時00分 公開
[梅田あおばスマートジャパン]

同時市場における現行の調整力商品の必要性

 現行の需給調整市場では、調整力が対応すべき事象(時間内変動や予測誤差等)や求められる応動速度に対応した5つの調整力商品が設定されている。

 平常時の時間内変動(短周期成分・極短周期成分)については、同時市場導入後も発生するものであり、事前の予測も困難であるため、その必要性や必要量は変わらないと考えられる。

図3.需要変動等の周期成分による分類 出典:調整力作業会

 また平常時の「予測誤差」については、現行制度では、前日からGCまではFIT特例制度による再エネ予測誤差に対応し、GCから実需給にかけては、再エネ予測誤差と需要予測誤差を合成した「残余需要誤差」に対応している。

 同時市場では、前日以降もTSO計画を基準としてSCUCを行うため、前日〜GCにおいても再エネ予測誤差および需要予測誤差の両方、つまり残余需要誤差として対応を行うことが求められる。その際、追加起動リソースの不足が生じないよう、GC以前から一定の「予備力」を確保することとしている。

図4.平常時の需要予測誤差・再エネ予測誤差への対応 出典:需給調整市場検討小委員会

 以上より、同時市場において必要となる調整力商品と、現行制度からの主な変更点については、表1のように整理された。

表1.同時市場における調整力各商品の必要性 出典:同時市場の在り方検討会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新プレスリリース