キーワードを探す
検索

「公立」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

「GIGAスクール構想」に先駆けて教育現場のICT化を進め、公立小中学校のシステム基盤をフルクラウド化した埼玉県鴻巣市。教師のワークライフバランス改善や、生徒の学習環境の整備にも貢献したクラウド移行はどのように成し遂げられたのか。

()

東京都町田市立小学校に通っていた小学6年生の女子児童がいじめを訴えて自殺した問題を巡り、文部科学省は同市教育委員会などに事実関係を確認した。いじめに悪用されていたとされるタブレット端末はログイン時のパスワードが児童共通であるなどずさんな個人情報の管理状況が判明し、文科省は「不適切だった」と指摘した。

()

東京都町田市立小学校に通っていた6年生の女子児童が2020年11月に自殺し、同級生からいじめを受けていた可能性があることが分かった。同日、遺族が都内で会見し明らかにした。文部科学省が進める「GIGA(ギガ)スクール構想」で児童に1人1台配備されたタブレット端末のチャット機能を使ったいじめが常態化していた可能性があるという。

()

文部科学省が、2021年7月末時点における「GIGAスクール構想の実現に向けた端末の利活用等に関する状況」の速報値を公表した。GIGAスクール構想が目指す「1人1台端末」を実現できている自治体は全体の96.1%に達しているが、約1%の自治体は2021年度内の達成が困難な見通しだという。

()

大阪市教育委員会が、市立木川南小学校の男性校長を文書訓告とした。校長は5月、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴い市が小中学校でオンライン学習の原則実施を求めて現場を混乱させた、などと批判する書面を松井一郎市長らに送付していた。

()

県立学校におけるICT化を進めるべく、岐阜県教育委員会が慶應義塾大学SFC研究所、日本マイクロソフトと連携協定を締結した。岐阜県立学校では既に1人1台の学習用端末の配備が完了しているが、その利活用を通して児童/生徒の個別最適化された学習を実現すると同時に教員の業務負担の軽減も推進する。

()

ダッソー・システムズは、世界中が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に直面する中、パリ公立病院連合(AP-HP)に加盟するピティエ=サルペトリエール病院に対して、流体シミュレーション技術を活用した感染リスクの検証と安全対策の検討を行っていることを発表した。

()

千葉県教育委員会と日本マイクロソフトが、千葉県立学校におけるICT活用と教員の授業力向上に関する連携協定を締結した。4月をめどに千葉県立学校の全ての生徒や教職員を対象に「Microsoft Teams」を導入する他、主に教職員の仕事をICTで支援する環境の整備を進める。

()

NTTアノードエナジー、TNクロス、日本電信電話、東京電力ホールディングスは2021年1月18日、千葉市立白井中学校において、直流による電力供給実証を開始したと発表した。直流給電で太陽光発電などの電力をロスなく活用し、平時のエネルギー利用効率の向上やレジリエンス強化に役立てる狙い。

()

東急コミュニティーは、東京都江東区にある都立木場公園内で開発を進めていた複合商業施設「Park Community KIBACO」を2020年8月7日に開業した。Park Community KIBACOは、公園内の豊かな緑と調和するように、建物全体で木材を使用している他、屋上緑化を行っている。現在、Park Community KIBACOは、周辺住民が憩いの場として活用しており、賑(にぎ)わいを創出している。

()

経済産業研究所前理事長で現在、新潟県立大学の中島厚志教授へのインタビュー。後編の今回は、中島教授が長年滞在したフランスの状況を中心に、ベーシックインカムや企業の収益性など、世界の動きを踏まえながら日本はどのような針路を取るべきかを聞いた。

()

コロナ禍の中で議論が巻き起こった「9月入学」の導入。新潟県立大学の中島厚志教授は「日本経済と企業の今後の在り方も問われるもので、見送りになったことは残念」だと語る。コロナ後の世界で企業が取り組むべきこととは――。中島教授に真意を聞いた。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る