キーワードを探す
検索

「キャリアショップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

NTTドコモの「エコノミーMVNO」が始動し、10月からはNTTコミュニケーションズのOCN モバイル ONEが、ドコモショップでの契約に対応。12月にはフリービットグループのトーンモバイルも、「トーンモバイル for docomo」の提供を開始する。そんなエコノミーMVNOの狙いをドコモに聞いた。

()

NTTドコモが9月8日から提供している「eSIM」について、ahamo契約者を含む既存ユーザーに対するオンラインでの(再)発行手続きを一時的に休止している。休止中に(再)発行が必要になった場合は、ドコモショップにおいて手数料無料で手続きを受け付ける。

()

NTTドコモは10月7日、全国のドコモショップで低価格MNVOの新規契約を可能にする。対象となるのは、「エコノミーMVNO」と呼ぶ、dアカウントやdポイントを活用するMVNO。データ通信容量は月間3Gバイト未満とし、低料金のスマホ契約を求めるニーズに応える。

()

NTTドコモが「エコノミー(低価格/低容量)」を担う戦略として検討してきたMVNOとの連携。それが、ようやく結実する日が来た。10月21日からはNTTコミュニケーションズ、12月上旬からフリービット(トーンモバイル)のMVNOサービスをドコモショップで取り扱うことになる。

()

NTTドコモがオンラインショップ限定で販売していた東京オリンピックを記念した「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition」が、ドコモショップやGalaxy Harajukuで購入できるようになった。同オリンピックに出場する選手に提供される端末とほぼ同じ外観とオリジナルコンテンツをプリインストールしていることが特徴だ。

()

宮崎県えびの市は、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクと連携してえびの駅に「臨時ショップ」を開設する。同市にはキャリアショップを含む携帯電話の販売代理店がなく、少子高齢化、過疎化や高齢者支援といった課題を解決する一環として臨時ショップの開設に至ったという。

()

NTTドコモは21日、東京都の本社会議室で職場接種を開始した。当面はドコモショップ店員や完全にはリモートワークができない技術者らを優先。順次対象を広げる。3カ月程度をめどに 全国の社員など10万人のうち希望者への接種を完了させる見込み。

()

キャリアショップのビジネスモデルは、総務省が推し進める「通信と端末の完全分離」の方針によって打ち砕かれた。さらに、新型コロナウイルス感染症の流行により、店舗への来店客が減少している。キャリアショップは大きな業界構造の転換を迫られている。

()

UQ mobileが、5G通信への対応を改めて表明した。現行の「くりこしプラン」が好評であることから、5Gでもこのプランを価格を含めて継承する。順次進めているauショップ/au StyleでのUQ mobileの取り扱いも、KDDIエリア(沖縄県以外)では7月上旬までに原則全店舗に拡大される。

()

5月19日から、ahamoユーザーがドコモオンラインショップで機種変更できるようになった。ただしeSIMを利用する「キッズケータイ SH-03M」と「dtab Compact d-42A」には機種変更できない。ドコモショップで商品を受け取ることもできない。

()

大手キャリアのオンライン専用プランは、安さだけが伝わってしまった結果、オンラインで手続きができないユーザーがショップに訪れるというミスマッチが起きているようだ。こうした中、ahamoを提供するドコモは、4月22日にドコモショップでのサポートを開始した。契約や料金プラン変更を手伝う「ahamo WEBお申込みサポート」と、契約後の手続きを助ける「ahamo WEBお手続きサポート」の2本立てで、いずれも料金は3300円。

()

KDDIは、3月1日から一部のauショップでUQ mobileを取り扱う。UQ mobileに関する相談・契約や最新スマートフォンの体験、各種アフターサービスを利用できる店舗が拡大する。

()

NTTドコモは、12月1日に全国のドコモショップで「アプリ設定サポート」の提供を開始する。対象となる8つのアプリのインストールや初期設定、アカウントの引継ぎを手助けするサービスで、料金は1アプリあたり1650円(税込み)。これまでのキャリアショップは、販売やサポートの拠点になっていた一方で、後者に関しては、事実上、無料でユーザーに提供されていた。

()

「ドコモ口座」に銀行口座からチャージをする際に、ドコモ回線を契約していないユーザーも本人確認が必須となる。本人確認は「eKYC(オンラインでの本人確認)」とドコモショップで受け付けている。eKYCは最新版の「d払い」アプリから行う。

()

MCAは、9月4日に国内通信キャリア各社の「キャリアショップ」に関する調査結果を発表。キャリアショップは全国に8063店舗となり、半年間で151店(1.9%)増加。楽天モバイルの店舗を数字に加算したもので、影響を除外すると減少傾向にある。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る