キーワードを探す
検索

「連写」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

KDDIが、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia 1 II SOG01」を5月22日に発売する。価格(税込み)は13万3600円で、「かえトクプログラム」適用後の価格は7万9120円。ソニーのデジタル一眼カメラ「α」の技術を注入しており、20コマ/秒の高速連写や、人物と動物の瞳にピントを合わせる「瞳AF」機能を備える。

()

ソニーは、ミラーレス一眼カメラ「α7 III」を発表した。拡張ISO感度204800への対応や、693点の像面位相差AF、コンティニュアスAFモードでの瞳AF、メカシャッターで最大約10コマ/秒の連写などが特徴。3月23日にオープンプライスで販売を開始する。ボディーのみの市場想定価格は23万円前後(税別、以下同様)、「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」とのレンズキットは25万円前後。3月2日から予約を受け付ける。

()

ニコンがフルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「D610」を発売する。基本スペックは既存「D600」と共通するが、「静音連続撮影モード」の搭載など連写性能を高めた。

()

Xperia Aの特徴的な機能といえばカメラだ。Xperia Zで採用された裏面照射積層型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を引き続き搭載したうえ、Xperia Aではすぐに撮影できることもウリとしている。どれだけ素早く撮影できるのか、どんな機能があるのか見てみよう。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る