キーワードを探す
検索

「批判」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

スーパーコンピューター「京(けい)」を取り上げたNHK「新プロジェクトX〜挑戦者たち〜」が、ネット上で波紋を広げている。当時、京の開発責任者を務め、その後富士通を離れた人物に番組でほとんど触れられなかったことで、企業の都合が番組に反映されたのではないかという見方だ。

()

OpenAIでAIの安全性に取り組んできたライケ氏が退社に当たって投稿した警鐘に対し、ブロックマン社長がアルトマンCEOと連名の長文をポストした。アルトマン氏は別途、同社の退社合意書について高まる批判に対し「知らなかったが、知っておくべきだった」とポストした。

()

大阪市の学校法人清風明育社が主催する、生成AIアートのコンテストが物議を醸している。規約には「入賞作品の著作権は主催者に帰属する」と記載。さらに募集ページの公開当初、協賛社にワコムの記載があったため、ネットではワコムに対する批判の声も上がっている。

()

「通信品質の不満に誠実に向き合う」──。こう話したのは、NTTドコモの井伊基之現社長からのバトンを引き継ぎ、新社長に就任予定の前田義晃現副社長だ。「遅い」「つながらない」と批判が相次いだドコモは、社長交代後も通信品質の改善に努めるという。

()

Appleが新iPad発表に合わせて公開したプロモーションビデオ「Crush!」への批判が高まっている。当初は主に日本のユーザーが不快感をXにポストしていたが、24時間以上経過し、ティム・クックCEOのポストには9000件以上の批判的な返信が欧米からも寄せられている。

()

Xでポストした「Twitter.com」の文字列が自動的に「X.com」に変換されてしまう――。4月上旬、Xでそんな現象が発生し、詐欺に利用されかねないとしてユーザーが警戒を呼びかけた。間もなく問題は解消されたが、Xの混乱ぶりにあきれる声などが相次いでいる。

()

インターネットの地図サービス「グーグルマップ」の口コミを巡って、医師らがグーグルに損害賠償を求める集団訴訟を起こした。人気サービスだけに批判的な投稿の影響は大きく、原告側は「権利侵害の大きさは個人サイトと比較にならない」と訴える。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る