キーワードを探す
検索

「レガシーマイグレーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

IDC Japanによると、2019年の国内ITサービス市場は前年比3.2%の安定成長となり、ベンダー売り上げトップ5には例年上位の主要ベンダーが名を連ねた。DX領域の需要が本格化しつつあることが好影響した。2020年以降は、BCP対策やレガシーマイグレーション、地方需要などが鍵になるとみている。

()

「基幹業務をはじめとする既存アプリケーションを、どのような観点でクラウドプラットフォームへ移行すべきか」を探る連載。初回は、昨今のクラウドトレンドを踏まえた上で、基盤視点(非機能側面)を中心に「企業のIT環境における最適解は、どのような形態か」を考察する。

()

既存Webシステムをモバイル化するに当たっての課題を明確にし、それらを解決するためには何が必要なのかを考えていく本連載。今回は、既存Webシステムのモバイル化に「Webスクレイピング技術」を用いるためのより具体的な内容と注意点などについて説明します。

()

Windows XP時代にエンタープライズ向けシステムのクライアント開発現場が抱えていた問題は、HTML5(Web標準)という一つ上のレイヤーからアプローチし解決する道が模索されています。本記事では、先月開催されたカンファレンス「Enterprise × HTML5 Web Application Conference 2014」から幾つかのセッションの内容をピックアップし、HTML5ソリューションの全体像を俯瞰し、上記解決の道がどこに向かおうとしているのかを探ってみます。

()

本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部)

()

システムのダウンサイジングは、複雑化したアプリケーション群をあいまいなまま放置して進めることではない。さらに言えば長年蓄積された開発担当者の業務ノウハウを若い世代に伝えないままでは、新しいシステムを守りきることはできないのではないか。

()

日本のユーザー企業では、基幹システムに関する考え方に最大の問題がある。情報システム部が旧来のままの認識でトラブル回避ばかりを考えているのなら、変化は望めない。この問題を解決するには、第2情報システム部を新設すべきだ。

()

ITの柔軟性が問われる現在、ガートナーが2003年の後半から提唱を始めた「ポスト・オープン」が現実のものとなりつつある。ここでは、ポスト・オープン時代の情報システム基盤の中核技術となるItaniumと併せてポスト・オープン時代に求められる基幹系サーバシステムのありかたを論じる。

()

業務業種ソリューションを中心に事業を展開するインテックは、今後のビジネスの柱とすべくWindowsインフラ構築ビジネスの強化に取り組んでいる。その手段として同社は、「Microsoftコンサルティング パートナー制度」を利用し、MCS(Microsoft Consulting Services)のノウハウを積極的に活用する方針だ。

()

 現在、ユーザー企業の間で、高い関心を集めているキーワードとして「レガシー・マイグレーション」が挙げられる。日本ヒューレット・パッカードが提案するレガシー・マイグレーションは、単なるメインフレームからオープンシステムへの移行を指すのではなく、硬直化したITシステムから、ビジネスへの貢献度を高める柔軟なITシステムへの転換を指しているのだ。

()

日本企業のレガシーシステムを構築してきた技術者が一斉に定年退職するといういわゆる「2007年問題」に注目が集まっている。解決策は必ずしもオープン化だけではないようだ。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る