キーワードを探す
検索

「任天堂」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

 任天堂が6日発表した令和3年3月期連結決算は最終利益が前期比85.7%増の4803億円と過去最高を更新した。新型コロナウイルス感染拡大による巣ごもり需要で、主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売が好調。関連ソフトも売り上げを伸ばした。売上高は34.4%増の1兆7589億円。これまでの最高益は平成21年3月期の2790億円だった。

()

世界知的所有権機関(WIPO)が2021年3月2日(現地時間)に発表した2020年の国際商標制度の利用状況によると、トップ10に日本企業から資生堂と任天堂がランクインした。ただ、国際特許出願状況に比べると、国際商標制度の利用状況、国際意匠登録それぞれの日本企業の活用状況は活発であるとはいえず、上位に入る企業数は少ない結果となっている。

()

USJでマリオシリーズの世界を再現した新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」が開業したが、新型コロナウイルスの感染の収束は見通せず、訪日外国人客の集客も当分見込めない。約600億円を投じた新エリアは、視界不良の船出となっている。

()

大阪市のUSJで18日、任天堂の人気ゲーム「マリオシリーズ」の世界を再現した新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」が開業した。新型コロナウイルスの感染拡大で2度の延期を経てようやく開業にこぎつけたが、感染の収束が見通せず、訪日外国人客の集客も当分見込めない。

()

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは任天堂の人気ゲーム「マリオシリーズ」をテーマとした新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を18日、開業する。開業は昨夏の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で2度延期。当面の間、新型コロナの感染対策として整理券を配り入場を制限する。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る