キーワードを探す
検索

「スキル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

コロナ禍で「対面」の機会が失われる中、注目が集まる動画活用。とはいえ、動画の制作には専門のスキルを要し、コストもかさむ――そう考えられがちだろう。こうした課題を解決するのが、ビジネスアニメーション制作ツール「VYOND」だ。

()

パナソニックは2020年11月13日、同社のモノづくり人材育成を目的とした研修用施設「モノづくり研修所」の取り組みを紹介する記者説明会を開催した。高校卒技術系社員などを対象とした研修では、専門技術だけでなく、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルの涵養を目指した教育プログラムを展開している。

()

自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する。第1回のテーマは「製品化に必要な知識とスキル」だ。まずは筆者が直面した2つのエピソードを紹介しよう。

()

DXが重要性を増す中、その実現を支える要素としてITスキルに注目する企業は多い。IT人材の不足に悩み、DXに難しさを覚えるという企業もあるだろう。しかし、ベンダーの立場で企業のIT導入に40年関わってきた筆者は、DXを支える重要な要素として、多くの日本企業が抱える”あるスキル”を挙げる。

()

「2025年の崖」問題でも指摘されるIT人材不足に悩んできた国内の情報システム部門は、追い打ちを掛けるような新型コロナウイルスの流行への対応に追われている。意識調査から、ニューノーマル時代に入った国内企業の現状を明らかにする。

()

NECは10月19日、社員のキャリア形成やスキル開発を支援する100%子会社のNECライフキャリアを設立したと発表した。新会社は、NEC社員向けのキャリア研修や、AIを用いたジョブマッチングのサービス導入、シニア人材の派遣や転職仲介などを実施する。

()

ビジネス、働き方に新しい在り方が求められ、それを支えるITシステムにも変革が促されている。そのカギとなるのがクラウドだ。ビジネスニーズをより適切に実現する上では、複数のサービスを使いこなすハイブリッド/マルチクラウドのアプローチが求められる。だがスキルや予算に限りがある中、ミッションクリティカルシステムを多数持つ組織の場合、どうすればビジネスニーズを実現できるのか。金融、自治体をはじめ多数の支援実績を持つNTTデータに聞いた。

()

パーソルキャリアとNECは、外国人ITエンジニアの採用を検討する日本企業に向けたダイレクトリクルーティングサービスの実証実験を開始する。NECが独自に開発したブロックチェーン技術などを用いたスマートフォンアプリによって、エンジニアのスキル情報を安全に管理する。

()

アドビの「新卒採用で企業が重視するスキル」に関する調査によると、2020年は2018年に比べて「デジタルリテラシー(ITツールを使いこなす能力)」の重要度が上昇している。最も重要視されているのは2018年と同様オフィスソフトだが、プログラミングや動画編集、写真加工といったクリエイティブ系スキルの重要度が増しているという。

()

データサイエンティスト協会とIPAは、「スキルチェックリスト」と「タスクリスト」の読み解き方や活用方法を記した公式ガイドブック『データサイエンティストのためのスキルチェックリスト/タスクリスト概説』を刊行した。

()

IT業界で常態化している多重下請けが、日本のソフトウェア開発を米国や中国よりも遅れさせ、かつ、優秀なエンジニアが育たない状況を作り出している――。こんな危機感を持って、業界の構造改革に向けて取り組んでいるのが、東京都渋谷区に本社がある情報戦略テクノロジー。高井社長はIT業界で1次請けから3次請けまで経験している。その経験から、業界の構造改革のためには、企業の事業部門と直接ビジネスをする「0次請け」と、エンジニアのスキルシートの統一化が必要だと訴えている。

()

多くの製造業が活用を目指そうとしているエッジAI。しかしそこで課題になっているのがAI開発を主導できる技術力をもった人材の育成だ。多くの製造業では担当分野が細分化しており、目の前の開発も手いっぱいで、新たにAIの専門知識やスキルを習得するのは容易ではない。そうした中で注目したいのが、マクニカが注力している、AIレースカー「JetRacer」などを使ったハンズオンセミナーだ。

()

日本IBMは、グループのSIer3社を合併し、2020年7月1日付で新会社「日本アイ・ビー・エム デジタルサービス(IJDS)」を発足する。3社が有する業界知識やスキルを生かし、高品質かつ効率的なシステム開発・運用の提供や新技術の活用を通して、顧客企業のデジタル変革を支援していく。

()

ガートナーの調査によると、日本におけるクラウドコンピューティングの導入率は平均18%にとどまり、クラウドの重要性は認識していても、導入や活用スキルの獲得には消極的という実態が浮き彫りになった。企業は、クラウドを「自分で運転」し、時代に即した「スタイルチェンジ」を目指すべきだという。

()

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、安倍首相が提案した「オンライン帰省」がネット上で話題になっている。記者は今回、仕事の昼休みにWeb会議ツールで自宅と実家をつないでオンライン帰省を試してみた。結論から言えば、とても楽しかったが、帰省するまでに数々のハードルを超えなければ行けなかった。

()

メンテナンスや点検の現場で深刻化している要員不足やスキルアップへの要請。昨今では加えて新型コロナウイルス対応などの社会要請により、作業に必要な熟練技術者や有資格者を迅速に派遣することがさらに難しくなっている。かたや機器や設備はより複雑になり、技術者への要求は増える一方だ。この状況の打開に大きく寄与するDXツールとして注目を集めているのが、スマートグラスを活用した遠隔作業支援システム「InfoMesh Visual Navigator」だ。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る