キーワードを探す
検索

「なりすまし」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

離婚や相続といった家庭内問題の解決を図る家事調停をオンラインで行う「Web会議システム」が全国4家庭裁判所で始まった。当事者の負担軽減や安全確保といったメリットがある一方、なりすましや録音による情報漏洩の危険といった課題も残る。

()

鹿島などが、産学連携で新型コロナウイルスワクチン接種の履歴やPCR検査などの陰性証明を生体認証で確認する技術の実証実験を開始した。手ぶらでワクチン接種済みなどを証明できる上、偽造や他者へのなりすまし被害を防げるという。

()

最近のデバイスでよく使われている無線機能であるBluetoothの仕様に脆弱性があることが発見された。この脆弱性を利用されると、なりすまし攻撃を受けたりAuthValueの漏えいなどが発生する危険性があるとされる。まだどの程度の製品が影響を受けるのかの全体像は明らかになっておらず、ベンダー各社の対応も含め、今後の動向が注目される。

()

2019年、タニタが最新商品として検査システム「ALBLOクラウドサービス」を開発した。iPadに接続したアルコール検知器とクラウドを連携させることで、検査者のなりすましを防ぐ顔認証機能や、検査結果のデータベースへの送信機能を実現する。「モノづくり企業」であるタニタは、いかにしてクラウド開発を行ったのか。タニタ担当者らに話を聞いた。

()

「カメラのキタムラ」公式通販サイトが不正アクセスの被害に。第三者が顧客のメールアドレスとパスワードを不正に取得し、会員になりすましてログインする攻撃が相次ぎ、計約40万件の個人情報が閲覧された可能性があるという。不正アクセスの防止策として、二段階認証や多要素認証は採用していなかった。

()

「パスワードは『漏えいするもの』と考えるべきだ」――毎回同じ文字列を使用する固定パスワード認証は手軽で低コストに導入できる一方、なりすましによる不正アクセスのリスクが高い。手軽さと安さを損なわずに認証を強化する方法とは?

()

NEC、神戸市、六甲山観光は、六甲ケーブルで通学児童らを対象にした見守りサービスの実証実験を実施する。定期券不要で改札を通過できる「顔認証改札」と、改札通過を保護者などに通知する「見守り通知」の仕組みを用いる。見守り用機器の紛失やなりすましの心配がなく、正確な認証が可能だという。

()

Twitterが、金融詐欺に関するポリシーを更新した。著名人になりすまして送金させたり、「マネーフリッピング」スキームにTwitterを利用することを禁止する。

()

PacPortは、スマート宅配ボックス「PacPort」の先行販売をクラウドファンディングサービス「Makuake」で開始した。自社開発のスマートロックを活用し、誤配送やなりすまし受取を防ぐ安心・安全な宅配ボックスとして提供する。先行予約価格は通常価格から20%オフの3万9800円(送料・税込)。

()

本物と見間違うような偽動画「ディープフェイク」が世界で問題視されている。最近では、FacebookザッカーバーグCEOの偽動画も話題になった。社長や上司になりすまして企業に電話をする「ディープフェイク音声」の被害も発生。日本でも注意が必要だ。

()

4月1日、各社が渾身のジョークネタを投稿する中、日産自動車が公式Twitterであえて「エイプリルフールのジョークは投稿しません」と表明したことが注目を集めている。過去のエイプリルフールで日産のなりすましアカウントが出現したほか、今年は新元号発表の日に当たることもあり「混乱を避ける」ためとしている。

()

トレンドマイクロは、ビジネスメール詐欺対策の新技術として「Writing Style DNA」を開発。AIで“メール作成者の癖”を分析し、経営幹部などになりすました詐欺メールを検知する。クラウドアプリケーション向けのセキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security」に実装し、2019年2月15日から提供する。

()

トレンドマイクロは、AIを活用したビジネスメール詐欺対策技術を開発した。文章作成上の癖を解析して、なりすましメールを検知する。今後、クラウドアプリケーション向けのセキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security」の新機能として提供する。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る