キーワードを探す
検索

「WMA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

ノキア製のドコモ端末「NM705i」は、手のひらサイズのストレート端末。小さなボディにA2DP対応のBluetoothやGSM/3Gの国際ローミング、AAC/MP3/WMAの再生が可能な音楽プレーヤーなどの機能を搭載し、使い方を解説するチュートリアル機能も内蔵する。取り込んだ音楽は着信音に設定できる。

()

メタリックな輝きを放つ三菱電機製のストレート端末「D705iμ」。FeliCaや3Gローミング、WMA再生に対応し、シートキーに凸型のボタンを付けるなど使いやすさにも配慮した。

()

12.8ミリの薄型ボディに、905iシリーズに劣らない機能を詰め込んだハイスペック端末が「P705i」。3インチワイドディスプレイやワンセグ、HSDPA、おサイフケータイ、WMA/うた・ホーダイ、Music&Videoチャネルなどをサポートし、705iシリーズで最も多機能な端末の1つとして登場する。

()

904iシリーズで唯一Bluetoothを搭載し、ワイヤレスでの音楽再生をサポートする、パナソニック モバイル製の「P904i」。本機は新たにWMAや“うた・ホーダイ”に対応し、ワイヤレス音楽再生における使い勝手も向上した。というわけで、実際にBluetoothを軸にした機能をチェックしていこう。

()

“フラットスライド”構造が特徴の「P704i」。このコンパクトでスリムなボディに、おサイフケータイ、フラッシュ付きAFカメラ、うた・ホーダイ+WMA対応の音楽機能を搭載するなど、スペック面のバランスもなかなかよい。その使い勝手と、どう便利に使えるかというポイントを中心にチェックしていこう。

()

ドコモが70xiシリーズの新モデル「704i」シリーズ全8機種を発表。ワンセグ2機種、HSDPA 1機種、国際ローミング対応4機種、WMA再生対応3機種など90xiシリーズに迫る特徴を持ち、スリムボディや金属素材による上質感、防水性能など、流行のデザインや性能を兼ね備えて登場する。【スペック表追加】

()

2.8インチの大画面とスライドボディ、回転する十字キー「スピードセレクター」を継承した三菱電機製の「D903i」。着うたフルやWMA(Windows Media Audio)に対応、FMラジオチューナーやFMトランスミッターを搭載するなど、音楽機能を大幅に強化した。

()

WMA、指紋センサー、ラウンドイルミネーションと面白い特徴がたっぷりのF902iS。ロードテストの1回目は、なぜ初めて富士通携帯を選んだのかという理由や、F901iSとの比較などについて書いてみました。

()

ヤマハはネットワーク対応AVアンプ“ネットワークレシーバー”「DSP-N600」を7月下旬より発売する。LAN上のPCに収納されたMP3やWMAの再生が可能なほか、ネットラジオも楽しめる。iPodやポータブルプレーヤーとの連係機能も装備

()
キーワードを探す
ページトップに戻る