連載
» 2012年11月01日 09時00分 UPDATE

ビジネスの悩みを解決するPDFドリル:PDFの画像を一時的に補正するには――PDFからJPGに、JPGからPDFに

PDFを一時的にJPGに書き出して画像補正を行いたい場合がある。そんな時に便利なテクニックがあるのだ。Adobe Acrobat XIを使えば、PDFからJPG、さらにJPGからPDFへの変換が、簡単に行うことができる。

[kizuki,Business Media 誠]

 複合機のスキャン機能を利用し、さまざまな書類をPDF化するのは、もはやビジネスパーソンにとっては一般的。取引先にメールで送信するために紙の書類をスキャンしてPDF化したり、業務文書の控えを取るためにスキャンして共有サーバに保存したりと、紙をスキャンして生成されたPDFは、どこの会社にも存在しているはずだ。

 こうして紙をスキャンして生成したPDFを、JPG形式の画像に変換したい、あるいはJPG形式でスキャンした画像をPDFに変換したい――という場合がある。たんにスキャンの際にフォーマットの設定を誤った場合もあれば、画質の補正をかけるためにPDFを一時的にJPGに変換したい場合など、その動機はさまざまだが、元の書類からスキャンし直そうにも原本が失われてしまっていると、困り果ててしまう。

 こうした場合、PDFからJPGに変換する機能を持つフリーソフトを使うと便利だが、JPGからPDFに変更できなかったり、いわゆる書籍の“自炊”用のソフトのためビジネス文書の変換に適さなかったりとなかなかぴったりのものが見つからない。Webサービスも便利なものが多いが、多数のページを一括して変換してくれるサービスは見当たらなかった。そんな時、Adobe Acrobat XIを使えば、PDFからJPG、さらにJPGからPDFへの変換が簡単にできるのだ。

PDFからJPGに変換する

 Acrobat XIを使ってPDFからJPGへの変換には「その他の形式で保存」機能を利用する。手順は[ファイル]−[その他の形式で保存]−[画像]−[JPEG]を選ぶだけ。PDFの1ページがそれぞれ1枚のJPG画像に変換され、フォルダの中に保存できる。ファイル名は「元のPDFファイル名_ページ_xx.jpg(xxは連番)」となっているので、もしまとめて修正するのであれば「Flexible Renamer」などのソフトで一括変換しよう。


st_pj01.jpgst_pj02.jpg 書き出す先のフォルダを指定し、ファイル名につける先頭の文字列を指定して「保存」を押すと書き出される

st_pj03.jpgst_pj04.jpg JPG書き出し前に圧縮率などの設定を行うこともできる

JPGからPDFに変換する

 逆にJPGからPDFを生成するには「ファイルをAcrobatで結合」機能を利用する。手順は、PDFにまとめたいJPGファイルを一括選択したのち、右クリックして[ファイルをAcrobatで結合]を選ぶだけ。結合処理が実行される前にページ順を並び替えるためのメニューが表示されるので、必要に応じて順序を変更して「ファイルを結合」を押せば、「バインダー1」という共通の名前を持つPDFファイルができる。


st_pj05.jpgst_pj06.jpg ページ順を並び替えるためのメニューが表示されるので、並び順を確認したのち「ファイルを結合」を押す

st_pj07.jpgst_pj08.jpg 結合したPDFを表示するので、「名前を付けて保存」で任意の名前を付けて保存しよう。ちなみに初期設定では「バインダー1」となっている

 以上ざっと見てきたが、PDFをJPGに、またJPGをPDFに変換するのは、画像の補正を行う際などに意外なニーズがある。これら操作方法を知っておけば、ビジネスユースのほか、個人ユーザーの“自炊”に至るまで、幅広く役に立つことだろう。

shk_pdf.jpg

連載「ビジネスの悩みを解決するPDFドリル」とは

 ビジネスの各シーンで利用するPDFファイル。このドリルを練習して、PDFを上手に活用できれば業務効率が向上し、コストの削減ができるはず! さらに、ビジネスのいろいろな問題も解決できるかもしれませんよ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ