ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PDF変換ソフト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PDF変換ソフト」に関する情報が集まったページです。

PR:【衝撃】“間違い探し作りのプロ” vs PDFソフト──史上最高難易度級の問題をAdobe Acrobat Proで解いたら意外な結末に
PDFソフトの変更点検出機能で、「間違い」を探し出せるのか!?(2024/6/7)

PDFソフト「Adobe Acrobat」にも生成AI 会話で要約や文章作成支援 将来は共同編集者のコメントを参考にした修正提案も
会話型のインタフェースで内容を要約したり、内容についての質問に答えたり、文章を生成したりできるという。(2024/2/21)

アクセシブルPDF作成における4ステップ【中編】
「Adobe Acrobat」を活用、誰もが利用しやすいPDF作成のこつ
「Adobe Acrobat」を使ってPDFファイルにアクセシビリティー設定をする場合、目的に応じて簡便なやり方か詳細設定のどちらかを選ぶ必要がある。(2024/1/25)

アクセシブルPDF作成における4ステップ【前編】
誰もが利用しやすいPDFを作るには? 定番フォーマットを改善する4ステップ
アクセシビリティーに配慮したPDFの作成は、企業にとってコンプライアンス(法令順守)とインクルージョン(包摂性)に関わる問題だ。具体的な4つのステップを紹介する。(2024/1/17)

「Adobe Acrobat」が“政府認定クラウドサービス”に
デジタル庁や総務省などで構成されるISMAP運営委員会が、米AdobeのPDF編集・閲覧ソフト「Adobe Acrobat Pro」などを、政府のクラウドサービス認定制度「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)のリストに登録した。(2023/9/19)

石野純也のMobile Eye:
iOS 17のパブリックβ版を試す 「連絡先ポスター」が楽しく便利、PDF編集機能の強化も
7月13日から利用可能になったiOS 17のパブリックβ版を試した。新機能の「連絡先ポスター」を使うと、ビジュアルに凝った自らの連絡先を作り、共有することが可能になる。また、PDFの編集機能が強化されたり、ウィジェットが多機能化したりと、使い勝手を上げるような進化も遂げている。(2023/7/15)

「iPadOS 17」発表 ロック画面を刷新、PDF編集機能の強化も
Appleは6日、「iPadOS 17」を発表した。正式版は今秋に配信される。PDF編集機能の強化や、ロック画面のウィジェット対応、ヘルスケアアプリのiPadでの提供などの新機能が含まれる。(2023/6/6)

Adobe AcrobatとReaderに脆弱性 任意のコードが実行される恐れ 最新版に更新を
米AdobeのPDF編集・閲覧ソフト「Adobe Acrobat」「Adobe Acrobat Reader」に脆弱性が見つかった。メニューバーの「ヘルプ」から「アップデートの有無をチェック」で更新することで対応できる。(2023/4/13)

大分大で個人情報漏えいの可能性 PDF黒塗り失敗 編集で閲覧できる状態に
大分大学は、外部機関に提出した資料において適切な黒塗り処理ができておらず、個人情報が漏えいした可能性があると発表した。PDFソフトの編集機能などで、黒塗りした部分の文字情報が取得できる状態だった。(2023/2/28)

満足度の高いPDF編集ツール 本家のAcrobatを抑えて1位になった無料ツールは【2022年9月版】
ユーザー満足度の高いPDF編集ツールはどれ? IT製品レビューサイト「ITreview」に寄せられたレビューを基に、ランキング形式でまとめた。(2022/9/16)

ジャストシステム、PDF編集ソフト「JUST PDF 5」を個人ユーザー向けに販売開始
ジャストシステムは、企業向けとして提供していたPDF編集ソフト「JUST PDF 5」を個人ユーザー向けに発売する。(2022/2/17)

ブラウザ上でPDF変換などを行えるWebツール「Acrobat web」を公開
アドビは、PDFファイルの変換/編集などを行えるWebツール「Acrobat web」を公開した。(2021/2/12)

各種ファイルをブラウザでPDF化 Adobeが新機能、Googleと連携
Webブラウザ内のフォームにWordや画像ファイルをドラッグ&ドロップするだけでPDFに変換するサービスの提供を、米AdobeがGoogleと連携して始めた。無料ユーザーは1日1ファイルまで利用でき、それ以上使いたい場合は有料登録が必要。(2020/8/6)

Tech TIPS:
【Excel/Word】無料でPDFファイルに出力する3つの方法
ExcelやWordの文書でPDFファイルにして、保存しておいたり、取引先にメール添付で送信したりすることは日常的に行われているだろう。この際、PDF作成ツールなどを購入していないだろうか。実は、Excel/Wordは特別なソフトウェアなしにPDFファイルへの出力が行える。ただ、パスワード付きPDFファイルにする場合には注意が必要だ。(2020/4/6)

PR:サポート終了目前! サブスクリプション版Acrobatを導入すべき理由
ビジネス文書で欠かせないPDFファイル。このPDFの作成、編集、変換ソフト‎、Adobe Acrobatは常に進化を続けている。2020年4月7日にサポート終了を迎える「Acrobat 2015」シリーズだが、この機会に最新機能を常に使えるサブスクリプション版への移行を検討してはいかがだろうか。そのメリットやポイントをまとめた。(2020/3/3)

ジャストシステム、PDF編集ソフト「JUST PDF 4」の個人ユーザー向け販売を開始
ジャストシステムは、同社製PDF編集ソフト「JUST PDF 4」シリーズの個人ユーザー向け販売を開始する。(2020/2/21)

キングジム、筆圧4096段階対応の電子ノート PDF編集やDropbox連携も
キングジムは、電子ノート「freno」のクラウドファンディングを始めた。4096段階の筆圧検知に対応し、ノートの検索機能やPDF編集機能も備える。(2019/12/4)

アドビ、Acrobatの機能拡充を発表 スマホでもPDF編集が可能に
米Adobeは、Adobe Acrobat DC/Acrobat Reader/Adobe Scanの新機能発表を行った。(2019/10/21)

Tech TIPS:
スマホでExcelのファイルをPDFに変換する
スマートフォン向けExcelを使ってExcelファイルをPDFに変換する方法を紹介する。PDF形式に変換する方法は、少々分かりにくい上、iPhone(iOS)とAndroid OSで異なっている。それぞれのやり方を取り上げる。(2018/12/21)

Tech TIPS:
ExcelだけでファイルをPDFに変換する
Excelで作成した見積書などを送付したい場合、PDFに変換して送るのはよくあることだ。Excelでは、簡単にPDFに変換することが可能だ。その方法を2種類紹介する。(2022/10/31)

BIM/CIM:
Autodesk Revitで作成したBIMモデルをPDFに変換、点群対応などで2年以内に契約数3倍を目指す
スマートスケープの3D PDF作成ツール「建設業向け3D PDF製品シリーズ」は、2018年10月末時点で導入企業が累計100社を突破した。近年のi-Construction推進により、土木インフラ分野で3DスキャニングやCIMモデルの普及がさらに見込まれるため、点群データへの対応やCIMソフトウェア「Autodesk Civil 3D」の取り込みなどの機能を拡充して、今後2年間でサブスクリプション契約数を3倍にまで拡大を目指す。(2018/11/26)

PR:意外と知らないPDF作成の落とし穴 「Adobe Acrobat DC」を選ぶ5つの理由
ビジネス現場で多用されるPDFファイル。その作成ツールには、Adobe Acrobat DC以外にも無料のものや安価なサードパーティー製品がある。どれも同じだから安いのでいい――それは大きな間違いだ。(2018/11/1)

Visual Studio Code TIPS:
VS CodeでMarkdownをHTMLやPDFに変換するには?
Markdown PDF拡張機能を使用して、MarkdownテキストをHTMLやPDFに変換する方法や、ファイル保存時に自動変換を行うための設定を説明する。(2018/4/27)

iPhone/iPadで「このページを保存したい!」 そんな時はお手軽「PDF化」
「あのページになんて書いてあったかな」と再び探してみると「ページが見つかりません」と消えてしまっていることもしばしば。iOS11のSafariで「PDFを作成」機能を使って保存してみましょう。(2017/12/17)

ソースネクスト、Mac用PDF編集ソフト「PDFpenPro」のダウンロード販売を開始
ソースネクストは、米SmileMac製となるMac OS用PDF編集ソフト「PDFpenPro」の販売を開始した。(2016/12/22)

ホワイトペーパー:
資料の管理・運用のペーパーレス化で年間2000万円の経費削減を目指した方法とは?
ペーパーレス化の徹底策として「PDF変換ツールの全作業者への導入」を選んだ富士電機システムズ。大量な設計・工事図面の電子化で年間2000万円の経費削減を目指した。それを実現するために選んだPDFツールの選定基準とは何だったのか?(2016/2/17)

ホワイトペーパー:
京葉ガスがPDFツールの大量導入で実現した業務効率向上の方法とは
京葉ガスは、メーカーやバージョンがバラバラだったPDF作成ツールを統一して標準導入を行ったことで、業務効率化を実現した。その具体的なメリットを詳しく見ていこう。(2016/2/16)

職場で役立つデジタル化レシピ:
Adobe Acrobat ReaderでPDFが変換できる「Adobe PDF Pack」を使ってみた
PDFビューア「Adobe Acrobat Reader DC」に、サブスクリプション「Adobe PDF Pack」を追加すれば、OfficeファイルをPDFに変換したり、PDFをWord/Excelに書き戻せるようになる。具体的な使い方を紹介しよう。(2015/6/24)

職場で役立つデジタル化レシピ:
機器ごとに特徴もさまざま 書類をPDFに変換できるデバイスまとめ
「紙の書類をPDFデータに変換する」とひとくちに言っても、実際にはさまざな方法が存在している。今回は、書類をPDFデータに変換するスキャナなどのデバイスについて、それぞれの特徴をまとめてみた。(2015/4/9)

職場で役立つデジタル化レシピ:
AcrobatがインストールされていないPCでPDFを出力する裏ワザ
Adobe AcrobatなどのPDF作成ソフトを用いず、手持ちのファイルをPDFに変換する裏ワザを紹介。対応フォーマットは一部に限られるが、急場しのぎには重宝するはずだ。(2015/2/6)

PFU、「ScanSnap」付属ソフト改定を発表――Nuance製PDFソフトを付属
PFUは、同社製ドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズに付属するソフトウェアの改定を発表した。(2015/2/4)

標準機能よりも“痒い所に手が届く”
快適な「Windows 8.1」ライフを約束するお役立ちツール5選
アプリの起動やアンインストール、画面キャプチャー、PDF編集、メディア再生のための便利な「Windows 8.1」用サードパーティーツールをピックアップしてみた。(2014/11/16)

意外と見過ごされるPDFファイルのセキュリティ
これだけは守りたい! PDFで安全に情報発信/やりとりする3つのポイント
「情報発信や社外とのやりとりには、編集できないPDFを使えば安心」という認識を持つ人は多い。しかし、単純にPDFを作成しただけでは、不正な改変を防止することはできない。(2014/3/27)

3分LifeHacking:
Googleドライブを使ったお手軽PDF変換術
Googleドライブを使い、手持ちの書類をPDFに変換する方法を紹介する。フリーソフトやWebサービスと比べて、Googleのアカウントさえ持っていればインストール不要で使え、クレジットが挿入されることもないといった利点がある。(2014/2/3)

ビジネスの悩みを解決するPDFドリル:
PDFに埋め込まれた作成者名などの情報をまとめて削除するには
PDFの作成者名や変換前のファイル名など、外部に見られては格好がつかない情報がPDF内に残存していないかどうかをチェックする方法を紹介する。手動実行だけでなく、PDFを閉じる際に自動的にチェックが実行される設定方法も合わせて紹介する。(2013/10/28)

ビジネスの悩みを解決するPDFドリル:
目的別、PDFの「作成/変換」に役立つ無料オンラインサービス
Adobe AcrobatなどのPDF編集ソフトがない環境で便利に使える、PDF関連のオンラインサービス。前回の加工関連サービスに引き続き、PDFの「作成/変換」に役立つ無料オンラインサービスを紹介しよう。(2013/9/17)

ビジネスの悩みを解決するPDFドリル:
自社サイトを1つのファイルとして丸ごとアーカイブするには
Adobe Acrobatの「WebページからPDFを作成」機能を使うと、指定したURLからリンクしているページを丸ごとアーカイブできてしまう。自社サイトなどを定期的にアーカイブして保存する用途にぴったりだ。(2013/5/21)

App Town 仕事効率化:
iOS版手書きノートアプリ「Note Anytime」がアップデート――「デジタル・キャビネット」強化
MetaMoJiが、モバイル端末用の手書きノートアプリ「Note Anytime」のiOS版をアップデート。PDF編集機能の強化やテキストユニットの操作性向上をはじめ、パーソナルクラウド「デジタル・キャビネット」への自動同期機能を追加した。(2013/3/12)

Adobe、ReaderとAcrobatの定例アップデート公開を予告
特にWindows向けのReader/Acrobat 9.5.2と9.xでは、攻撃発生の危険が高い深刻な脆弱性が修正される見通し。(2013/1/8)

IT4コマ漫画:
技術者にありがちなコミュニケーションミス
「ExcelファイルをPDFに変換できますか?」――ユーザーのそんな質問に対し、エンジニアの回答はあらぬ方向に……。IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第8回目。(2012/7/27)

政府との連携でAdobeが目指すPDFのセキュリティ対策
日本政府発行の電子証明書でPDFの作成者や内容が正しいことを確認できるようにしたAdobe。その背景には、PDFファイルが情報流通基盤として定着している実態と、これを悪用するサイバー攻撃の多発ぶりがある。(2012/4/26)

コーレル、ファイル保護処理が行えるPDF編集ソフト「Corel PDF Fusion」
コーレルはPDFファイルの編集やファイル保護処理を行えるソフト「Corel PDF Fusion」を発売する。(2012/2/3)

Adobe、ReaderとAcrobat 9.xの臨時アップデートを公開 攻撃発生の脆弱性に対処
Windows版のReader 9.xの脆弱性を突いた攻撃が発生していることから、このバージョンの問題を解決するためのアップデートが先行公開された。(2011/12/19)

Adobe、ReaderとAcrobatの臨時アップデートを予告――9.xが対象
AdobeはWindows版のAdobe Reader/Acrobat 9.xを対象とした臨時アップデートを、米国時間の12月16日に公開すると予告した。(2011/12/16)

Adobe、iOS向けPDF変換ツール「CreatePDF」を公開
Adobeが、5月にAndroid版をリリースした有料のPDF変換アプリ「CreatePDF」のiOS版をApp Storeで公開した。iPad、iPhone、iPod touchで利用できる。(2011/8/30)

Adobe、ReaderとAcrobatの更新版を公開――多数の脆弱性に対処
多数の深刻な脆弱性に対処したAdobe Reader/Acrobat 10.0.1がWindowsとMac向けに公開された。(2011/2/9)

業務プロセスを改善するAcrobat
Adobeが提供するPDF作成ソフト「Acrobat」の最新版では、顧客のニーズに応えた機能改善がなされている。従来の枠組みを超え、企業の業務プロセス改善までを支援するという。(2010/12/15)

Adobe、ReaderとAcrobatの臨時アップデートを公開
「Reader 9.4.1」と「Acrobat 9.4.1」では、既に攻撃の発生が伝えられている深刻な脆弱性を解決した。(2010/11/17)

アドビ、PDF作成ソフト最新版「Adobe Acrobat X」を発表
アドビ システムズは、同社製PDF作成ソフト「Adobe Acrobat」シリーズの最新版「Adobe Acrobat X」を発表した。(2010/10/18)

Adobe、ReaderとAcrobatの更新版を公開――既に攻撃が横行
最新版となるReader/Acrobat 9.4では合計23件の脆弱性を解決した。(2010/10/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。