ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  A

「Adobe Systems(アドビシステムズ)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Adobe Systems(アドビシステムズ)」に関する情報が集まったページです。

復活したEmotet 偽のAdobeインスト―ラーで感染拡大を図る
2021年1月に大規模なオペレーションでテイクダウンされたマルウェア「Emotet」が復活し、新たな手法による感染拡大が観測された。偽のAdobeアプリケーションをインストールさせる巧妙な手段を採るため注意してほしい。(2021/12/6)

ブラックフライデー消費、初の前年割れ──Adobe調べ
Adobeは、毎年オンラインショッピングの支出が突出するホリデーシーズンに関する調査結果を発表した。ブラックフライデーの支出は89億ドル。同社が調査を開始して初めて前年を下回った。(2021/11/30)

エバンジェリストに聞く:
アドビが考えるこれからのB2Bデジタルマーケティングとは?
日本国内で新たにリリースした「Adobe Real-Time CDP B2B Edition」やアトリビューション分析ツール「Bizible」の特徴とこれからのB2Bデジタルマーケティングについて、アドビの安西敬介氏に聞いた。(2021/11/30)

GIGABYTE、クリエイター向けノートPC購入で「Adobe Creative Cloud」3カ月クーポンをプレゼントするキャンペーンを開始
台湾GIGABYTE Technologyは、同社製「AERO」シリーズの対象モデル購入者向けのバンドルプレゼントキャンペーンを開始した。(2021/11/26)

Adobe CCコンプリートプランが35%オフの4万2768円に フォトショップなど20種以上のアプリが使い放題
12月3日まで。(2021/11/25)

3Dプリンタニュース:
Adobeの3Dペイントソフトウェアから直接3Dプリンティング可能に
Stratasysは、Adobeと協力し、Adobe Substance 3D Painterに、追加ソフトや外部プロセスなしで、デジタル3Dレンダリングから3Dプリンティングモデルへ変換できるワークフローを提供する。(2021/11/25)

「仮想現実で生きる人が増えていく」――アドビCPOが語る、テクノロジー市場の未来予想
2021年10月27日、28日に開催した「Adobe Max 2021」。これに合わせて、同社のCPO(最高製品責任者)であるスコット・ベルスキー氏がテクノロジーとビジョンに関するインタビューに答えた。キーワードは「クラウド化」と「3D」だ。(2021/11/9)

小寺信良のIT大作戦:
ビデオ編集が「未経験者にも手早く稼げる人気の職業」だって? YouTuberにも人気のビデオ編集ソフト御三家の方向性を探ってみた
ビデオ編集ソフトの御三家、Apple「Final Cut Pro」、Adobe「Premiere Pro」、Blackmagic Design「DaVinci Resolve(Studio)」の方向性を探ってみた。(2021/11/8)

ヒグチユウコさんの手書き文字がフォントになった! かわいくてちょっと妖しいアドビオリジナルフォント「ヒグミン」誕生
いろいろ打ってみたくなる!(2021/11/1)

Adobeが複数製品のセキュリティアップデートを公開 迅速な対処を
Adobeが複数の製品に関するセキュリティアップデートを公開した。CISAはユーザーに対してセキュリティ情報を確認し、迅速なアップデートの適用を呼びかけている。(2021/10/29)

Photoshopに“作者証明”機能 メタデータを剥がされても復元可能、NFTマーケットとも連携
米Adobeが推し進めるデータ改ざん防止のネットワーク「コンテンツ認証イニシアチブ(CAI)」のアップデートとして、「Photoshop」で制作したコンテンツに制作者の情報を埋め込めるようになった。他のAdobeアプリにも順次拡大するという。(2021/10/28)

「街並みが一瞬で人類滅亡後に」──Photoshopの画像ミックス機能が話題 荒廃した写真が続々ネットに
米Adobeの「Photoshop」の新しい「ニューラルフィルター」が街並みを一瞬で荒廃した画像に変えられるとTwitterで話題になっている。(2021/10/27)

アドビのオリジナルフォント「ヒグミン」誕生秘話 画家ヒグチユウコ氏ならではの「つながる絵文字」とは
アドビが草むらや花畑を文字入力だけで表現できるフォントをリリースした。このちょっと変わったフォントが生まれた経緯を関係者に取材した。(2021/10/27)

アニメ「鬼滅の刃」に使われたフォント、「Adobe Fonts」に追加
アドビは、「Adobe Fonts」において、毛筆フォントメーカー「昭和書体」のフォント「黒龍爽」などを新たに追加したと発表。黒龍爽は、アニメ「鬼滅の刃」に登場するキャラクター「胡蝶しのぶ」に使われているフォント「黒龍」のカスレを少なくしたもの。(2021/10/27)

「Adobe Creative Cloud」が2022年版に AIを使った機能強化をさらに推進
Adobe(アドビ)の有料サブスクリプションサービス「Creative Cloud」の各種アプリが2022年版にバージョンアップした。有効な契約を持っているユーザーは無償でアップデートできる。(2021/10/26)

「Photoshop」と「Illustrator」にWebブラウザ版 まずはβ版、データ閲覧までなら非会員にも開放
Adobeは10月26日、「Photoshop」と「Illustrator」のWebブラウザ版を発表した。Webブラウザ上で動作するためダウンロード不要で使えるのが特徴。有料会員であればレイヤー内のオブジェクトの移動や削除、文字入れといった簡単な編集が可能だ。(2021/10/26)

Adobe、Webベースのチーム管理「CC Web」 複数人でファイル共有や編集が可能に
米Adobeは、Web上で起動するチーム管理ツール「Adobe Creative Cloud Web」β版を発表。ストレージ機能を持ち、データの保存と共有が可能な「スペース」と、Webブラウザ上で制作物の編集と共有ができる「カンバス」の2つの機能を持つ。(2021/10/26)

コンテンツ制作のデータ共有を円滑に:
「Adobe Creative Cloud Web」の招待制βがスタート Webブラウザ版「Photoshop」「Illustrator」も登場
Adobeがイベント「Adobe MAX 2021」に合わせて新サービス「Adobe Creative Cloud Web」の招待制βを開始した。クラウドを介してコンテンツ制作のコラボレーションを円滑化することを目的としており、一般ユーザーには2022年から順次正式なサービスとしてリリースしていく予定だ。(2021/10/26)

テレワークよりもオフィス:
業務の35.5%「雑務にかける時間」 7カ国で日本がトップ
アドビは、日本、米国、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア、ニュージーランドの7カ国を対象に実施した「未来の働き方に関するグローバル調査」の結果を発表した。(2021/10/1)

AmazonでAdobe製品のセール開催 10月13日まで「Adobe CC コンプリートプラン」が最大35%オフ
1人につきオンラインコード版は2個まで、パッケージコード版は3個まで購入できます。(2021/9/30)

TechTarget発 世界のITニュース
Adobe、映像共同制作サービスのFrame.ioを12億7500万ドルで買収 その背景は
Adobeは、映像編集者やプロデューサー、代理店、クライアント間の共同作業を効率化するために映像共同制作サービスを提供する企業を買収する。映像制作作業のテレワーク移行の難しさを解決する目的だ。(2021/9/30)

セール対象外商品の売り上げは200%アップ!:
PR:店舗セールのオンライン化で「アンダーアーマー」ドーム社が実現したデジタルシフト、その秘訣とは?
コロナ禍でリアル店舗の売り上げが減る中、シークレットセールをオンライン化して成功を収めた「アンダーアーマー」で知られるドーム社。「やりたいと思ったことが全て実現できた」と担当者はうれしそうに振り返る。同社のデジタルシフトを成功に導いたのは「Adobe Experience Cloud」だ。(2021/10/4)

日本人は「テレワークだと仕事がはかどらない」 7カ国調査で唯一
アドビが日本や米国など7カ国で行った働き方に関する調査で、日本人は唯一、「テレワークではオフィスほど仕事がはかどらない」と答えた人が多数を占めた。(2021/9/29)

日本は業務の中で雑務にかける時間が長い:
「日本にはテレワークだと仕事に集中できない人が多い」 アドビが未来の働き方に関する調査結果発表
アドビは、7カ国を対象に実施した未来の働き方に関する調査の結果を発表した。日本では「テレワークではオフィスほど仕事がはかどらない」と答えた人が多数を占めた。日本は、全体の業務時間の中で雑務にかける時間が長いことも分かった。(2021/9/21)

Adobe AcrobatとReaderに複数の脆弱性 直ちにアップデートを
Adobe AcrobatとAdobe Acrobat Readerに脆弱性が発見された。任意のコード実行を引き起こす危険性がある脆弱性も含まれるため注意が必要だ。(2021/9/17)

Supply Chain Dive:
企業秘密レベルの集荷、配送技術をクラウドで 超大手スーパー、Adobeと共創する新ビジネス
WalmartはAdobeと協業し、小売事業者向けにオンラインと実店舗の両方を使って商品をスムーズに配送できるサービス群を提供すると発表した。開始時期は2022年を予定している。クラウドを通して使え、Walmartの配送ノウハウとAdobeの技術を生かしたという内容とは。(2021/9/13)

メカ設計ニュース:
「NVIDIA Omniverse」が大規模拡張、BlenderやAdobeとの統合を実施
NVIDIAは、メタバースの基盤となるシミュレーション、コラボレーションプラットフォーム「NVIDIA Omniverse」の大規模拡張を発表した。BlenderやAdobeとの統合が実施され、数百万人のユーザーに同プラットフォームが開かれる。(2021/8/26)

AmazonでAdobe製品のセール開催 Adobe CC コンプリートプランが最大35%オフ
高額な分割引額も大きいです。(2021/8/24)

Adobe、映像制作コラボサービス「Frame.io」買収 Creative Cloudに統合へ
Adobeが映像の共同制作サービスを手掛けるFrame.io社を買収する。Frame.ioのサービスは継続し、将来はCreative Cloudなどに機能を組み込む予定。(2021/8/20)

アドビやfreeeが「クラウド型電子署名」の業界団体 デジタル庁とも連携
アドビ、freee、弁護士ドットコムなど7社が、クラウド型電子署名サービスの普及を目指す業界団体を設立した。デジタル庁と協力し、自治体や各省庁の円滑な“脱ハンコ”を支援するという。(2021/8/16)

今日のリサーチ:
学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。(2021/8/5)

アドビが「Premiere Pro」をアップデート M1 Macにネイティブ対応 自動文字起こし機能も実装
アドビが「Adobe Creative Cloud」を構成する動画関連アプリの機能アップデートを実施した。Premiere ProとCharacter AnimatorではM1 Macへのネイティブ対応が行われる他、Premiere Proでは複数の新機能や機能改善が実装される。(2021/7/20)

Innovative Tech:
音声に合わせ顔の動きを深層学習で作成 Adobeなど「MakeItTalk」開発
リアルな写真からアニメキャラまで、深層学習によりリップシンクと表情の転写を行う。(2021/7/19)

日本の国立研究所が電子契約に「Adobe Sign」を初導入 多言語対応などを評価
量子科学技術研究開発機構(量研)は国立研究所として初めて、米Adobeの電子サインサービス「Adobe Sign」を採用したと発表。国内外の研究機関との契約業務を電子化し、職員の業務効率化を図るという。(2021/7/6)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年7月)
デジタル上で新規見込み客を獲得し、コンバージョン率、営業効率を最大化するために不可欠なのがマーケティングオートメーション(MA)ツール。前月度と比較し、「BowNow」や「Salesforce Pardot」「Adobe Marketo Engage」などが顧客ドメイン数を伸ばしました。(2021/7/6)

「Digital Trends 2021年版」を読む
調査で判明 顧客のデジタルシフトに企業が追い付くには、何をすべきか
2020年の困難を耐えた企業が2021年にビジネスを成長させるために必須になるのが、顧客とのより強固な関係構築だ。そのために企業は何をすべきなのか。アドビの「Digital Trends 2021年版」からヒントを探る。(2021/7/6)

国内における事業戦略を発表:
アドビ新社長の神谷知信氏が掲げるビジョンは「心、おどる、デジタル」
新ビジョンに基づき今後、企業のデジタルトランスフォーメーションをどう支援していくのか。(2021/6/30)

3D制作ツール:
Adobe、3D制作者向けツール群「Substance 3D Collection」を発表
Adobeは、新しい3D製品ラインアップとして「Substance 3D Collection」を発表した。同コレクションは3D制作者向けのツール群で、「Substance 3D Painter」「Substance 3D Designer」「Substance 3D Sampler」「Substance 3D Stager」の4つの製品で構成される。(2021/6/25)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠かせない「A/Bテスト」ツール。「Google オプティマイズ」と「Optimizely」を筆頭に、「VWO」や「Adobe Target」などが人気です。(2021/6/15)

Adobe Lightroom ClassicがM1チップ搭載Macにネイティブ対応
アドビは、Adobe Creative Cloud製品のアップデートを発表。Adobe Photoshop Lightroom ClassicがApple M1チップ搭載Macにネイティブ対応した。(2021/6/9)

PR:ドキュメントから始める中堅・中小企業のDXと脱ハンコ NECがアドビ社と協業を進める理由
NECが、中堅・中小企業の脱ハンコやペーパーレス、そしてDX促進のため、新たにアドビ社が認定するAdobe Signのソリューション販売パートナーとなり製品提供を開始した。同社の担当者は、「中堅・中小企業において今こそペーパーレスに取り組むべきだ」という。その理由や、中堅・中小企業に同サービスが適した理由について話を聞いた。(2021/6/8)

今日のリサーチ:
日本のオンラインショッピングはスマホ中心、Webサイト滞在時間は短い――アドビ調査
「Adobe Digital Economy Index」の日本市場分析結果から見た日本のEコマースの傾向と対策について。(2021/6/1)

TeamsとAdobe Document Cloudが機能連携 電子署名や承認で
アドビは、「Adobe Document Cloud」と「Microsoft Teams」との機能連携を発表。Teamsから「Adobe Sign」や「Adobe Acrobat」をシームレスに利用できる複数の機能を提供する。(2021/5/20)

Adobe Acrobat、Acrobat Readerに任意コード実行の脆弱性が報告される
AdobeのAcrobatとAcrobat Readerに緊急の脆弱性が発見された。この脆弱性を突かれると任意のコードが実行される危険性がある。すでに悪用が確認されていることから、該当する製品を使用している場合には直ちにアップデートを適用してほしい。(2021/5/12)

「Adobe Summit 2021」レポート:
ファイザーCEOが語る企業文化 コロナ禍から世界を救う製薬会社が重視する4つのコアバリュー
新型コロナウイルスワクチンの開発で一躍脚光を浴びることとなったファイザー。不可能を可能にした同社が掲げるパーパスとその実現に向けて重視する価値とはどのようなものか。「Adobe Summit 2021」でCEOが語った。(2021/5/5)

サードパーティーCookieを使わずに顧客の属性や行動を管理、アドビが「Real-Time CDP」を発表
Adobeは、CDPの新製品「Real-Time CDP」を発表した。企業がさまざまな種類のファーストパーティーデータを集約し顧客像を形成するための一元化されたハブとして機能する。(2021/4/30)

ファーストパーティーデータの活用で顧客体験強化:
「Adobe Real-Time CDP」がCookieレス時代のマーケターにもたらすもの
Adobeがファーストパーティデータ指向型の次世代型CDPを発表。あるべき脱Cookie戦略についてAdobeの考え方をまとめた。(2021/4/28)

「Adobe Summit 2021」レポート:
Adobe Summitで明かされた「Adobe Experience Cloud」新着情報
「Adobe Experience Cloud」の製品アップデートを中心にAdobeの年次イベント「Adobe Summit 2021」のハイライトを紹介。(2021/4/28)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(184):
Windowsからの「レガシーEdge」「Flash」“完全削除”に立ち会う
最近、Windowsから削除されたコンポーネントがあります。2021年3月9日にサポートが終了したレガシーMicrosoft Edge、2020年12月末にサポートが終了したAdobe Flash、そしてセキュリティ上の理由で2020年7月に無効化されたRemoteFX3Dビデオアダプター(RemoteFX vGPU)の機能です。その瞬間に立ち合いました。(2021/4/28)

チャールズ・ゲシキとジョン・ワーノックが拓いたデスクトップとデジタル、2つのパブリッシング革命を振り返る
Adobe創設者の一人である故・チャールズ・ゲシキ氏の業績をまとめた。(2021/4/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。