ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Photoshop」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Photoshop」に関する情報が集まったページです。

黒コショウで土埃が描ける!? Photoshop職人のお金がなくてもできるエフェクト術が天才的と話題
くしゃみが出そうな土ぼこりです。(2024/6/19)

「Photoshop」にβ版、生成AIモデル刷新 参照画像→生成や、ボヤけた画像の解像感アップなども可能に
米Adobeは4月23日、同社のフォトレタッチツール「Photoshop」のβ版(バージョン25.6)をリリースしたと発表した。生成AIモデルを新型の「Adobe Firefly Image 3 Foundation」に刷新し、生成クオリティのアップに加え、参照画像の読み込みといった新機能を追加している。(2024/4/23)

新AIモデルのβ版を活用:
ゼロからの画像生成も可能に――アドビが生成AI機能を強化した「Photoshop」のβ版を公開
アドビが、デスクトップ(Windows/macOS)版のPhotoshopアプリの新しいβ版をリリースした。同社の生成AIモデル「Adobe Firefly」の新バージョンを活用して「生成塗りつぶし」機能を強化した他、プロンプトを元に“ゼロ”から画像を生成できる「画像を生成」機能が新たに搭載された。(2024/4/23)

「生成AI」で広告制作はどう変わるか【前編】
Amazonが「画像生成AI」を提供する狙い “映える”イメージ作成が可能に
Amazon.comは2023年10月、広告用画像を自動生成できる生成AIツールを発表した。広告制作は具体的にどう変わるのか。Photoshopなど他ツールとの比較する際に注意すべきポイントとは。(2024/1/18)

アドビ、より簡単に写真加工ができるAI機能も盛り込まれた「Photoshop Elements 2024」「Premiere Elements 2024」を発表
アドビは、同社製写真編集ソフト「Photoshop Elements」および動画編集ソフト「Premiere Elements」の最新版を発表した。(2023/10/25)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
生成AIの「フェイク画像」も見分けられる? 「コンテンツクレデンシャル」を実際に試して見えた“死角”
生成AIの登場で、画像・写真の世界は大きな転換期を迎えた。その一方で、真実に見せかけた画像や写真、すなわちフェイク画像による社会的混乱が問題視されるようになった。1500社以上が加盟する「CAI」は、データの由来を保証するための立ち上げられた組織だが、実際にどのように動くのか、機能が実装された「Photoshop」で試してみた。(2023/10/25)

PhotoshopのAIで表情を変えよう → 画風まで様変わりしたイラストに「一気にギャグ漫画」「素人が修復した宗教画」と笑い
ギャグ漫画が要所要所で劇画調になるアレ。(2023/10/6)

ブラウザ版「Photoshop」、「Chromebook Plus」で使えるように 生成AI機能もバッチリ
米Adobeが正式提供を始めたばかりの「Adobe Photoshop Web版」が、米Googleの「Chromebook Plus」に対応した。Plusは、ハードウェア要件を引き上げ、AI機能なども実行できるスペックを備えたChromebookを指す。(2023/10/3)

ブラウザ版「Photoshop」正式リリース インストール不要、非CCユーザーによるデータ確認にも使える
米Adobeは、β版として提供していた「Adobe Photoshop Web」の正式版をリリースした。インストール不要でブラウザからPhotoshopの機能にアクセスでき、同社の生成AI「Firefly」などの機能も利用可能。(2023/9/30)

今後も機能追加を継続:
アドビがWebブラウザで使える「Photoshop」を正式リリース 生成AI「Firefly」も実装
アドビのレタッチツール「Adobe Photoshop」のWeb版を正式リリースした。正式リリースに合わせて、同社の生成AI「Adobe Firefly」も統合し、デスクトップ版と同様に「生成塗りつぶし」や「生成拡張」を利用できるようになった。(2023/9/28)

アドビが生成AI「Firefly」を一般公開 「Creative Cloud」に統合 コンテンツは商用利用可能
アドビのコンテンツ生成AI「Adobe Firefly」が製品版となった。PhotoshopやIllustratorなどに統合されたFirefly機能を含めて、コンテンツの商用利用も可能だが、その代わりに「クレジット」を消費するようになる。(2023/9/13)

「Photoshop」の生成AI機能、日本語で入力できるように 余白を埋める新機能も追加
「Adobe Photoshop」の生成AI機能が、日本語でのプロンプト入力に対応した。また「生成拡張」を新たに追加。画像の余白を簡単に埋められるようになった。(2023/7/27)

AIで余白を“塗りつぶし” Adobe Photoshop(β版)に新機能 日本語での生成指示も可能に
アドビがPhotoshopのβ版アプリ(Windows/macOS向け)をアップデートし、「Adobe Firefly」ベースの生成AI機能を強化した。日本語を含む100を超える言語でのプロンプト指示に対応した他、キャンパスを広げた画像の余白を生成AIが補完する「生成拡張」機能が追加される。(2023/7/27)

フォトショの生成AI機能でキャンペーン アドビ、Twitterで画像の投稿募る
アドビが、Photoshopの画像生成AI機能を活用した写真の投稿キャンペーンを始めた。画像をハッシュタグつきでTwitterに投稿し、同社が選定したインフルエンサーに選ばれれば、景品が受け取れる。(2023/6/29)

似たゆで卵がいっぱい……コピペかな? →実は人力でたくさん並べたやつ Photoshopに頼らず撮影した苦心作がすごい
3時間かけて卵を並べ、立体物を平面のように表現。(2023/6/18)

“AI合成写真”が秒で AdobeのAIがスゴい、けど……「爆発できない」フェイク対策の是非
Photoshopの「ジェネレーティブ塗りつぶし」機能がすごい。合成写真が秒で作れてしまう。筆者は「すごい」と思うと同時に「怖い」と感じた。「フェイク画像が作り放題ではないか」と思ったからだ。(2023/5/26)

Photoshopの新機能が“驚異的すぎる”と話題 AIを活用した塗りつぶし機能が魔法のよう
β版の提供が始まっています。(2023/5/24)

AIの力で画像レタッチが一段と手軽に! Adobe Fireflyに「ジェネレーティブ塗りつぶし」を実装 Photoshopでも利用可能に
アドビが、生成型AI「Adobe Firefly」とレタッチツール「Photoshop」のアップデートを発表した。注目は、生成型AIの特性を活用した「ジェネレーティブ塗りつぶし」(β実装)だ。(2023/5/24)

Photoshop、生成AI搭載へ 塗りつぶし機能に“革命” β版を公開
米Adobeが画像生成AI「Adobe Firefly」を、画像編集ソフト「Photoshop」に搭載する。まずは「ジェネレーティブ塗りつぶし(β版)」を実装したβ版を同日より公開した。(2023/5/23)

Photoshopで愛用のブラシが知らない人の顔でできていた→「オレだよ!」とまさかの本人登場 Twitterで起きた奇跡の連鎖に笑い
台湾の有名絵師が、巡り巡ってブラシの素材に……。(2023/3/1)

SaaS企業デスクツアー:
「アドビ」で働く人の机をチェック 経営層から書体デザイナーまで、ロマンあふれるデスクたち
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介する本連載。今回は「Photoshop」や「Illustrator」などでおなじみ、米Adobeの日本法人に注目する。(2023/2/28)

「Photoshop」大型アップデート ファイル共有用にリンク生成→Webブラウザからフィードバック可能に
米Adobeは10月18日、Photoshopのアップデートを発表した。iPad版、β版として提供されているWebブラウザ版も機能追加している。(2022/10/18)

アドビ、「Photoshop Elements 2023」「Premiere Elements 2023」を発表 AI機能“Adobe Sensei”を強化
米アドビは、同社製フォトレタッチ/動画編集ソフトの最新版「Photoshop Elements 2023」「Premiere Elements 2023」を発表した。(2022/9/30)

Photoshopなど複数のAdobe製品に緊急の脆弱性 直ちにアップデートを
複数の製品において、Adobeからセキュリティアドバイザリが発行された。深刻度が緊急(Critical)に分類された複数の脆弱(ぜいじゃく)性が修正された。該当する製品を使っている場合はアップデートを適用することが望まれる。(2022/9/17)

画像生成AI「Stable Diffusion」のPhotoshop用プラグイン登場 βテストの参加者募集中
画像生成AI「Stable Diffusion」で生成した画像を「Photoshop」で編集できるプラグイン「alpaca」が発表された。近日中に少人数向けのβテストを行うとし、参加者を募集している。(2022/8/30)

古くて傷のある写真がワンクリックできれいな状態に PhotoshopにAI搭載ニューラルフィルター「写真を復元」導入
手軽に写真の復元が可能に。(2022/6/17)

AdobeがPhotoshopの無料Web版をカナダでテスト提供開始
米Adobeが、Web上で無料で利用できる「Photoshop」のテストをカナダで開始した。(2022/6/15)

昔の写真を一発で修復するAIフィルター アドビが先行発表 「Photoshop」向けに開発中
アドビは、「Adobe Creative Cloud」のアップデート発表。Photoshop向けの新機能として「写真を復元」を先行発表した。(2022/6/14)

Webデザインの有料学習サイトが無料化 IllustratorやPhotoshop入門などが見放題
Webデザインの有料学習サイト「chot.design」を運営するちょっとは全コンテンツを無料公開した。「Photoshop」や「Illustrator」の基礎レッスンからUIデザインやバナー制作テクニックを紹介する本格的なレッスンまで571本を公開している。(2022/6/14)

「Photoshop」と「Lightroom」がパワーアップ 「Adobe Creative Cloud」にアップデート
アドビのサブスクリプションサービス「Adobe Creative Cloud」にアップデートが配信された。今回はPhotoshopやLightroomといったフォト製品に対する機能改善/追加が中心となる。(2022/6/14)

非現実の光景を生み出す“Photoshopアート”が幻想的ですてき 宙に浮かぶ巨大な手や水に沈んだ高層ビル群に思わず見入る
1枚の写真から物語を感じさせる。(2022/6/10)

「何人死んだと思ってるんだ!?」 写真加工ソフト「Photoshop」の悪夢に恐怖しか感じられない
もしも現実に存在していたら……。(2022/6/6)

アドビ、PhotoshopとIllustrator教材を無償配布 角川ドワンゴ学園と共同開発
アドビが、角川ドワンゴ学園と共同でPhotoshop・Illustratorなどの操作を教える教材を開発した。教育機関などに向けて無償で一般公開する。(2022/2/21)

PhotoshopがWebP形式をネイティブサポート プラグイン導入なしで利用可能に
Adobeは、画像編集ソフト「Adobe Photoshop」の新機能について告知を行った。(2022/2/18)

Photoshopが待望の「WebP」形式に対応、編集や保存が可能に
米Adobeは画像編集ソフト「Photoshop」のデスクトップ版バージョン23.2を公開した。WebP形式の画像ファイルの作成や編集、保存ができるようになる。(2022/2/16)

Adobeの複数製品に特権昇格などの脆弱性 該当バージョンの確認を
Adobe PhotoshopをはじめとしたAdobe製品に複数の脆弱性が発見された。深刻度が「緊急」(Critical)に分類されるものも含まれているため、該当製品を使用している場合には迅速なアップデートの適用が求められる。(2022/2/11)

PhotoshopとPremiere Proの初心者向け解説書2作が全文無料公開 インプレスの「できるよくばり入門」シリーズから
5日間限定!(2022/1/31)

Adobe Photoshopなど複数の製品に「緊急」の脆弱性 アップデートを
Adobeはセキュリティアップデートを公開した。深刻度が緊急(Critical)や重要(Important)に分類される脆弱性が修正される。該当製品を確認するとともに、迅速なアップデートの適用が望まれる。(2021/12/17)

Photoshopの新機能「風景ミキサー」がすごすぎて大草原 1クリックでビル群が地球滅亡後の世界に
かがくのちからってすげー!(2021/10/28)

Photoshopに“作者証明”機能 メタデータを剥がされても復元可能、NFTマーケットとも連携
米Adobeが推し進めるデータ改ざん防止のネットワーク「コンテンツ認証イニシアチブ(CAI)」のアップデートとして、「Photoshop」で制作したコンテンツに制作者の情報を埋め込めるようになった。他のAdobeアプリにも順次拡大するという。(2021/10/28)

「街並みが一瞬で人類滅亡後に」──Photoshopの画像ミックス機能が話題 荒廃した写真が続々ネットに
米Adobeの「Photoshop」の新しい「ニューラルフィルター」が街並みを一瞬で荒廃した画像に変えられるとTwitterで話題になっている。(2021/10/27)

「ヤバすぎ」「神ツール」──Photoshop新機能が話題に “マウスを合わせるだけで物体選択”
「Photoshop」の新機能、「ホバー選択」が話題になっている。マウスカーソルを画像内の物体に合わせるだけで物体を認識し自動で選択マスクを作れる。(2021/10/27)

「Photoshop」と「Illustrator」にWebブラウザ版 まずはβ版、データ閲覧までなら非会員にも開放
Adobeは10月26日、「Photoshop」と「Illustrator」のWebブラウザ版を発表した。Webブラウザ上で動作するためダウンロード不要で使えるのが特徴。有料会員であればレイヤー内のオブジェクトの移動や削除、文字入れといった簡単な編集が可能だ。(2021/10/26)

コンテンツ制作のデータ共有を円滑に:
「Adobe Creative Cloud Web」の招待制βがスタート Webブラウザ版「Photoshop」「Illustrator」も登場
Adobeがイベント「Adobe MAX 2021」に合わせて新サービス「Adobe Creative Cloud Web」の招待制βを開始した。クラウドを介してコンテンツ制作のコラボレーションを円滑化することを目的としており、一般ユーザーには2022年から順次正式なサービスとしてリリースしていく予定だ。(2021/10/26)

ベタ塗りがリアルな風景に──NVIDIAがAIイラストツールを無料公開 作ったデータはレイヤーごとPhotoshopへ引き継ぎ可
米NVIDIAが、簡単なベタ塗りを風景写真のようにAIが自動変換するツールを公開。公式サイトでβ版を無料公開している。(2021/6/24)

Adobe Lightroom ClassicがM1チップ搭載Macにネイティブ対応
アドビは、Adobe Creative Cloud製品のアップデートを発表。Adobe Photoshop Lightroom ClassicがApple M1チップ搭載Macにネイティブ対応した。(2021/6/9)

相次いで正式対応:
PhotoshopやDaVinci Resolve 17が正式にApple M1ネイティブ対応
動画や画像編集などのクリエイティブ系アプリが、相次いでApple M1対応版のバージョンを公開している。(2021/3/11)

M1 Mac対応Photoshopが正式版に Adobe「1.5倍高速化を確認」
PhotoshopのM1ネイティブ版が脱β。パフォーマンス向上が顕著だという。(2021/3/11)

Innovative Tech:
赤ちゃんから老人の顔まで、1枚の顔写真で合成 深層学習で加齢変化を予測
Adobeが協力しているので、将来のPhotoshopなどに入る可能性もあるか。(2021/1/28)

Adobe、Arm版Windowsに最適化した「Photoshop」β版を公開 Surface Pro Xでネイティブ動作
M1搭載MacとSQ1搭載Surface Pro Xが仲良くPhotoshopをネイティブで動かせるように。(2020/11/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。