連載
» 2008年12月01日 08時00分 公開

スーパーユーザーのためのWindowsコマンド再入門:tree――フォルダツリーの表示

GUI全盛の時代にあっても、コマンドラインが利用できれば便利な場面が多いのも事実だ。本連載では、スーパーユーザーを目指すあなたのためにWindowsのコマンドラインを1つずつ解説していく。今回はtreeだ。

[嶋川裕馬,ITmedia]

tree――フォルダツリーの表示

UNIX/Linuxでは「tree」

 treeは一部のUNIX/Linuxで提供されているtreeコマンドとほぼ同等の機能を備えており、フォルダ構造を視覚的に表示できる。なお、表示結果は長くなる場合が多いが、リダイレクトを使ってファイル出力するか、パイプ処理によりmoreコマンドを併用するとよい。

オプション 使用例 詳細
/A tree /a c:\ ツリー表示に拡張文字を使用せず、アスキー文字のみを使用してフォルダのツリーを表示する。使用例では、Cドライブ全部のフォルダ構造をアスキー文字(|+-)を使ってツリー表示している
/F tree /f フォルダだけでなくファイル名も表示する。使用例では、カレントフォルダ以下をファイル名も含めてツリー構造で表示する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -