ニュース
» 2009年04月14日 12時30分 UPDATE

Google、Oracleは2年連続:「最も倫理的な企業」発表――Intel、Dellなどがランクイン

企業のCSRやガバナンスを評価する「倫理的な企業」アワードで、Intel、HP、Dell、リコーなどが初ランクインした。

[ITmedia]

 米ビジネス誌のEthisphere Magazineは4月13日、2009年の「世界で最も倫理的な企業」99社を発表した。

 3回目となる同アワードは、100カ国35業種にわたる1万社以上の企業を対象に、企業倫理の観点から優秀な企業を選出するもの。CSR活動、企業ガバナンス、社会に貢献する技術革新、産業内でのリーダーシップなど7つのカテゴリーで評価し、選出したという。

 IT関連企業では、昨年に続きGoogle、Cisco Systems、Oracle、salesforce.com、Symantec、Freescale Semiconductor、Texas Instruments、Xeroxがランクインした。今年新たに選出されたのは、Dell、Intel、Hewlett-Packard(HP)、リコー、T-Mobile、Zappos.comの6社。昨年選出されたSun MicrosystemsとPhilipsは今年は選外だった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ