ニュース
» 2012年08月01日 14時32分 UPDATE

導入事例:ローソン、NECのAndroidタブレット1600台を導入 店舗指導を効率化

ローソンがNECのAndroidタブレット「LifeTouch L」1600台を導入。これまで店舗指導員が紙とPCで行っていたレポートの作成業務などをタブレットに置き換えることで、作業時間の短縮を見込む。

[ITmedia]

 ローソンは、NECのAndroidタブレット1600台を8月から店舗指導員向けに導入する。NECが8月1日に発表した。

photo LifeTouch L ビジネス向けモデル

 導入するのは、Android 4.0を搭載した10.1インチタブレット「LifeTouch L」。これまで店舗指導員が紙とPCで作成・集計していた各種レポート(品ぞろえ確認、衛生チェックなど)をLifeTouch Lで作成し、本部に直接データを送信することで、作業時間の短縮を見込む。さらに、タブレット上で業務日報の作成や勤怠管理も行えるようにするという。

 端末の管理には、NECのクラウド型MDM(モバイル端末管理)サービス「スマートデバイス管理サービス」を採用。管理者が端末1台1台のセキュリティ対策を一元管理したり、組織/業務別に利用権限を設定したりできるようにする。

 ローソンは今後、LifeTouch Lを活用した店舗指導員のテレビ会議や、内蔵カメラで撮影した写真を使った業務報告なども検討するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -