ニュース
» 2016年07月14日 08時00分 UPDATE

ディルバート(457):オフィスの騒音、まるで拷問?

集中したいのに、周りがガヤガヤうるさい――オフィスの騒音って困りますよね。特にパーティションなどで仕切られた席では音の出どころが分かりにくく、不快指数が上がりそう。アリスにとっては苦痛で仕方がなかったようで……。

[スコット・アダムス,ITmedia]

パワポのプレゼン資料できたか?


やろうとしたんですけど不可能でした


近くに座っているどこかのアホが爪を切っているんですよ


パチッ、パチッ、パチッ、パチッ、パチッて

まるで拷問


オフィスの空気を汚す音のせいで考えられなかったわ


やっと終わったと思ったら、今度は靴と靴下を脱ぐ音がして……

もう、悪夢の中の悪夢だった


あぁ、そうかい

ウォーリー、お前の担当部分は終わったのか?


やろうとしたんですけど、爪がデコボコしてたので


  


 アリスの驚き具合を見ると、悪夢の犯人がウォーリーだと知らなかった? いやぁ、アリス、ちょっと考えれば非常識の源が誰だかすぐ分かるでしょうに。

 ところで、“take off one's shoes”と“the shoes come off”は両方とも「靴を脱ぐ」ことですが、“take off”は意識的に脱ぐのに対して“come off”は自然に起こるという違いがあります。よって、ウォーリーが靴を脱いでいるのを分かっていれば、アリスは“I heard him take off his shoes.”と言えますが、誰がやっているのか分からずに音だけ聞こえたので、“I heard the shoes come off.”と言っていると思われます。

 “Okay, whatever.”というスラングは、相手の発言を間に受けていない、無関心であるときに使う表現で、“I don't care”とか“who cares?”など、「どうでもいいよ」という表現に似た意味です。“Did you know he won the contest three times?” “Whatever. I don't give a damn.”(あいつコンテスト三回も優勝したって知っているかい? 知るかよ。そんなことどうでもいいよ)のように使います。かなり失礼な表現なので、使うときはご注意を。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ