連載
» 2018年10月18日 07時00分 公開

ディルバート(576):気の進まない会議の“かわし方”

なるべくなら“話したくない人”にミーティングを申し込まれたら、受けますか? それともかわしますか? ディルバートのように。

[スコット・アダムス,ITmedia]

来週どこかで1時間くらい時間作ってもらえないかな?


予定表を確認させてくれ


来週はまずい


たった1時間すら自由のきく時間が来週はないのかい?


ふむ。気まずいな


問題は、ボクのスケジュールというよりは、ボクの選択肢の中で君が全く価値がないことにあるんだ


じゃあ、ランチしながらならいいだろう?


サンドイッチに集中したい


  


 アリスやウォーリーなどの個性的な同僚を持つディルバートが、そこまであからさまに会うのを拒絶する彼って何者?

 “This is awkward.”というと「気まずいな」という意味以外にも、いろいろな使い方があります。人の動作を指して“He is awkward.”というと「彼は不器用だ」、物に対して“This tool is awkward to use.”というと「この道具は使いづらい、扱いにくい」、さらに立場や問題に対して“His actions created an awkward situation.”というと「彼の行動が厄介な事態を引き起こした」の意味になります。

 また、“meet over lunch/breakfast”は、「朝食・昼食をとりながら会う」ことで、食事以外にも、飲み物や食べ物自体にも使える表現です。例えば“Let's talk over a cup of coffee.”(コーヒーを飲みながら話しましょう)、“How about discussing over dessert.”(デザートを食べながら相談しましょう)のように使います。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


photo 職場のバトルファイターたち! 「ディルバート」連載一覧はこちらから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -