ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「管理者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「管理者」に関する情報が集まったページです。

IT管理者の仕事が楽しくなる
失業したくないなら身に付けるべきIT管理者の新スキル
多くの企業がRPA(ロボティックプロセスオートメーション)に象徴される自動化を取り入れようとしている。IT管理者が失業を回避するためには、自動化を先取りする必要がある。どうすればいいのか。(2019/1/22)

ホワイトペーパー:
今日から役立つPC・Android管理の超効率化シート
PCのライフサイクル管理やスマートデバイスの管理は、IT管理者なら避けては通れない仕事だ。上手にやりくりして支出を抑え、スムーズな管理を実現するためのヒントを紹介する。(2019/1/18)

PR:働き方改革、隠れ残業抑止にMDMは本当に有効なのか? 悩めるアイティメディア情シスが聞いてみた
モバイル環境からの業務利用が広がっている。情報流出を防止するツールを導入するのも一つの手だが、「あまりに自由度が低ければ使いにくくなるし……」と悩むIT管理者は多い。かくいうアイティメディアも例外ではない。そんなIT管理者がMDMの専門家であるアイキューブドシステムズに悩みをぶつけてみた。(2019/1/16)

コンクリート打設:
総工費の6割を占めるダムのコンクリ打設工事を“完全自動化”、施工管理者は打設計画を入力するだけ!
清水建設は、軌索式ケーブルクレーンを利用するダムコンクリートの打設工事で、コンクリートの製造から運搬・打設に至る一連の作業を完全自動化する「ダムコンクリート自動打設システム」を開発した。2019年3月から実際のダム建設工事で本格的に運用を開始する。(2019/1/9)

Computer Weekly日本語版
2019年にIT管理者が身に付けるべき新スキル
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/1/9)

道路管理:
ウェザーニューズが日本初の実用化を目指す、“Raspberry Pi”を使ったAI動画解析の道路管理システム
ウェザーニューズは、AIによるリアルタイム動画解析で路面状況を確認する「AI道路管理支援システム」を2019年夏までの実用化を目指している。道路管理者向けに、リアルタイム解析が実用化されると、日本初の取り組みとなる。システムの端末には、安価な“Raspberry Pi”を採用し、AI解析にはオープンソースの“OpenCV”を用いるなど、低コストでの導入・運用が可能なこともこのシステムの特長だ。(2019/1/8)

SDNやIoT、エッジコンピューティングよりも
ネットワーク管理者が最も「心を痛める」問題はネットワークセキュリティ
ネットワーク管理者は常に多くの懸念事項を抱えている。調査によるとセキュリティが懸念事項のトップになったという。(2019/1/8)

IT担当者共通の願い
「Windows 10」デスクトップ管理で2019年にやりたい3つのこと
2018年には企業の「Windows 10」デスクトップ管理者がアップデートや修正プログラムなどのトラブルに悩まされることがあった。Windows 10の改善に関する願い事リストをまとめてみた。(2019/1/6)

次に来るのは「AIOps」?
2019年はVDI管理をもっと簡単に IT担当者に意識してほしい「3つの抱負」
企業でVDI管理を担当している管理者は、新年目標としてVDI管理戦略の見直しと「AIOps」などの技術による改善を検討しみてはどうだろうか。(2018/12/27)

火種は残ったまま:
公立図書館の民間運営は是か非か 東京・練馬で司書が反発
指定管理者制度を適用し、東京都練馬区が区立図書館の運営を民間に任せる方針を決めたことについて、非常勤の図書館の司書たちが撤回を求め、ストライキの決行まで用意して、対立している。18日夜に行われた区と労働組合の協議の結果、一定の合意に至り、ストは回避されたものの、火種は残ったまま。公共の運営を民間委託する同制度は全国の図書館で拡充しており、公的機関の非正規労働者も増える中で、今後の行方が注目される。(松崎翼)(2018/12/21)

クラウド/コンテナ時代のZabbix再入門(後編):
Zabbix 4.0では、運用管理者の負担を減らすためにどんな機能が追加されたのか
2018年10月2日にリリースされたZabbix 4.0の新機能について、運用管理者の負担を減らす機能を中心に紹介する。(2018/12/21)

「急に言われても予算が」とならないために
「3カ月後、容量が不足します」 運用管理者の代わりに未来予測するストレージ
ストレージの容量枯渇対策に運用担当者は頭を悩ましている。監視ツールがあってもストレージごとに異なっていたり、それぞれ操作や表示が違って戸惑ったりする状況では適切な運用管理は難しい。解決する方法はあるのか?(2018/12/26)

カナリアリリースに役立つ機能も
「Google Compute Engine」の新機能で、仮想マシン作成、複製、管理がもっと楽に?
「Google Compute Engine」(GCE)に追加された新機能の中でも、イメージとテンプレートを中心とする機能は、管理者による仮想マシンの作成と管理の効率を高める可能性がある。(2018/12/13)

クラウド/コンテナ時代のZabbix再入門(前編):
Zabbixは「自動化」で運用管理者の負担をどう減らしてきたのか
Zabbixの概要をあらためて振り返り、Zabbixが「自動化」によって運用管理者の負担をどう減らしてきたのかを機能ごとに見ていく。(2018/12/11)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:SSDより速いストレージクラスメモリ
特集は、不揮発性で既存のSSDよりもはるかに高速な「ストレージクラスメモリ」徹底解説とPixelbookレビュー(ソフトウェア編)。他にOracle管理者は失業すると言うOracle CEO、ディズニーのデータアナリティクス戦略などの記事をお届けする。(2018/11/30)

東急池上線、監視カメラと映像解析AIで踏切の安全を確認 異常は警告と映像で通知――東急テクノシステムらが実証実験
東急テクノシステムは、理経、フューチャースタンダードとともに、踏切の安全性向上に向けた「踏切映像伝送システム」の実証実験を開始した。踏切に設置した監視カメラ映像をAIで解析し、異常があれば、付近を走行中の電車運転士や運行管理者に警告と映像で通知する。(2018/11/29)

「直リン」「おえビ」「禿同」「(爆」ってまだ覚えてる? あのころ流行ったネットスラング
Webサイト管理者(管理人さん)と掲示板でお話していた時代。(2018/11/28)

ネイティブツールだけでは不十分
DellやIBMの統合クラウド管理ツールを導入すべき4つの兆候
マルチクラウド環境の運用において、クラウドベンダーのネイティブツールは管理者にとって不十分な場合が多い。本稿では、サードパーティー製クラウド管理ツールを導入するタイミングを示す4つの兆候を紹介する。(2018/11/27)

出遅れがちな管理ツールの機能拡張
企業が感じるネットワーク管理の課題トップ5 管理ツールへの不満とは
Enterprise Management Associates(EMA)が実施した調査で、ネットワーク管理者が抱える課題と、それに対処するために必要なネットワーク管理ツールに不足している機能が明らかになった。(2018/11/21)

データを企業価値に転換
ソフトウェア定義ストレージを生かすにはストレージ管理者の変化も必要
データの有効活用にソフトウェア定義ストレージがどのように貢献するのか。何が実現するのか。だがそのためにはストレージ管理者も変わらなければならないという。(2018/11/19)

従業員 vs. 管理者の戦いを終わらせるには
働き方の「いつでも、どこでも」と「セキュリティ」を実現するには
モバイルデバイスとクラウドサービスの活用により、従業員は簡単に「いつでも、どこでも」社内と同じように業務を行えるようになった。一方で、企業のシステム管理者は見えないセキュリティリスクを懸念する。(2018/11/13)

特集:日本型デジタルトランスフォーメーション成功への道(4):
創業20年となるDeNAがオンプレミスで運用する全てのシステム基盤を、今クラウドへ移行する理由と、その3カ年計画
クラウド移行の「運用管理者にとっての価値」とは何か。ひいてはビジネスにとっての価値とは何か――オンプレミスからクラウドへシステム基盤の全面移行を進めているDeNAに聞いた。(2018/11/7)

不具合発生で配布停止
「Windows 10 October 2018 Update」新機能 スマホ同期、キャプチャー機能はスゴい?
不具合が発生する問題で話題になった「Windows 10 October 2018 Update」だが、企業のユーザーと管理者に役立つ新機能が盛り込まれている。(2018/11/1)

各フェーズで経営陣の理解度向上が不可欠:
日本企業のデジタルビジネス推進が進まず、ガートナーが調査
ガートナー ジャパンが実施した日本企業のデジタルビジネス推進に関する調査結果によると、デジタルビジネスを「理解しているが半信半疑」との回答はIT管理者層の4割近くを占めた。一方で7割以上の企業が、デジタルビジネスに強いテクノロジーベンダーが自社の競合となった場合、ネガティブな影響を受けると認識している。(2018/10/30)

いすゞ、つながる小型トラックで攻勢 スマホ活用、安定稼働支援
ネット経由で集めた車両データから故障の予兆を見つけてトラックの運行管理者に知らせるとともに、通知内容をスマートフォンでも常時確認できるようにした。(2018/10/24)

「GUIかCLIか」という切り口も
Windows Server管理ツールを比較、「Windows Admin Center」「PowerShell」は使えるか
Microsoftはさまざまなサーバ管理ツールを用意している。管理者はこれらの管理ツールを選ぶことで、ビジネスを運営するPCを管理下におくことができる。各ツールを比較してみよう。(2018/10/23)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Windows 10がクラッシュする原因」を説明できるようになる方法
「Windows 10」デバイスの管理者にとって、マルウェア感染やクラッシュといったトラブルへの対処は、大きな負担になる。作業の効率化に役立つ手段を紹介しよう。(2018/10/19)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:まだまだ使える! 旧型PC再利用術
特集は、古いPCをChromebook化するOS「CloudReady」。このOSのメリットとは? また、IT管理者がChrome OSを選ぶべき理由を紹介。他に、サーバレスの4つの課題、ファイルレスマルウェアへの対処法、CIOインタビューなどをお届けする。(2018/10/19)

ずさんな管理はセキュリティリスクに発展
Active Directoryで前任者が残した「交通渋滞」を整理する方法
「Active Directory」のグループ構成など、前任の管理者が行った作業の後始末をしなければならないことがIT分野ではよくある。本稿はその後片付けのコツを紹介する。(2018/10/5)

今後は仮想化が進む
ネットワーク管理ツール「ADC」に加わる新機能 柔軟で動的なツールに変化
DevOpsの成熟とマイクロサービスの普及に伴い、アプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)に魅力的な新機能が加わっている。ネットワーク管理者は今こそADCを見直してみよう。(2018/9/25)

「G Suite」に従業員のアプリ利用把握機能とGoogleドライブへの外部アクセスなどのチェック機能
Googleが、企業向けプロダクティビティスイート「G Suite」に、2つの管理者向け機能を追加した。従業員のG Suite利用状況やコラボレーション状況を把握できる「Work Insights」(β)と外部からの攻撃などに対処するためのダッシュボード「セキュリティセンター」だ。(2018/9/19)

「Apple Business Manager」も紹介
新iPhoneも対応 iOS 12で押さえたい“気が利くセキュリティ機能”
AppleはIT管理者向けに、セキュリティ対策に役立つ機能の拡充を進めている。「iOS 12」で加わる新機能を含めて、主要な機能をまとめた。(2018/9/8)

ホワイトペーパー:
だからiPhoneが好き IT担当者がほれ込む「ゼロタッチ」と「iOS 11」
モバイルデバイスの業務利用が一般的になってきた。iPhoneを好むデバイス管理者は少なくないが、どんな視点で評価しているのか。「この機能を捨ててまで他に移りたくない」とまで言わせるiPhoneの機能とは何だろうか。(2018/9/7)

Google Chrome完全ガイド:
Google ChromeでWebサイトのSSLサーバ証明書を調査・確認する
デスクトップ版Google Chromeを活用すると、WebサイトのSSLサーバ証明書を簡単に調べることができます。Webサイト管理者を対象に、その手順や注意点を説明します。(2018/9/5)

特選プレミアムコンテンツガイド
今日から役立つPC・Android管理の超効率化シート
PCのライフサイクル管理やスマートデバイスの管理は、IT管理者なら避けては通れない仕事だ。上手にやりくりして支出を抑え、スムーズな管理を実現するためのヒントを紹介する。(2018/9/4)

自己稼働、自己保護、自己修正を実現:
PR:Oracleが約20年かけて開発してきた自動化技術の集大成「自律化」とクラウドによってDB管理者の業務はどう変わるのか
2017年に発表されたばかりの「Oracle Autonomous Database」は、大規模システムを抱える企業の要望にどう応えるのか。DB管理者の業務をどう変えるのか。日本オラクルが2018年7月27日に開催した「Oracle Innovation Summit Tokyo 2018」の基調講演において、Database Server Technologiesのマスタープロダクトマネジャーを務めるマリア・コルガン氏が語った内容から解説する。(2018/8/29)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(43):
【トレースフラグ 3042】──バックアップファイルの事前割り当てを無効にする
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用を運用している管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ3042の詳細と使い方」を解説します。(2018/8/28)

点から面の監視へ:
PR:フロー情報で振る舞い検知と可視化を実現、企業を内部から防御する
フロー解析技術を使うと、端末の多い大企業であっても、社内でいつ、誰が、何をしたのかを、通信トラフィックから「可視化」することができる。Flowmon ADSは、可視化した情報を基に「振る舞い検知」を取り入れることで、未知の脅威や内部犯行を常時監視する。社内に導入済みのSDNなどのネットワーク管理/制御システムとFlowmon ADSを連携させれば、運用管理者の手を借りずとも自動的にセキュリティ上の問題がある端末を切り離す「防御」が可能だ。(2018/8/27)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(42):
【トレースフラグ 3023】──バックアップ時のチェックサムを有効にする
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用している管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ3023の詳細と使い方」を解説します。(2018/8/24)

クマ牧場跡地に「1頭が悪環境で放置されている」写真が話題 札幌市が「誤解」と否定 健康状態も良好
2004年に閉鎖した「定山渓熊牧場」の跡地で、現在は残ったクマ2頭を管理者が飼養しているとのこと。(2018/8/23)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(41):
【トレースフラグ 2566】──DBCC CHECKDBのデータパリティチェックを無効にする
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用している管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ2566の詳細と使い方」を解説します。(2018/8/21)

これで仕事中にイライラしない
「Windows 10」の更新プログラムを一時的に停止する方法
間が悪いタイミングで「Windows 10」の更新が始まるのは頭の痛い問題だ。幸いなことに、エンドユーザー自身で更新プログラムを一時的に停止したり、IT管理者がグループポリシーで更新を延期したりすることができる。(2018/8/18)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(40):
【トレースフラグ 2562】──DBCC CHECKDBにおけるTEMPDBの利用制限を解除する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ2562の詳細と使い方」を解説します。(2018/8/17)

複雑なパフォーマンス計画はもういらない
第一線で活躍するために必要なストレージ管理スキルと不要になるスキル
ストレージテクノロジーの変化は止まることがない。ストレージ管理者がキャリアを磨くために身に付けるべきスキルも同じく変化を続けている。(2018/8/16)

3Dレーザースキャナーで橋梁を自動検測、施工管理者の作業時間を半分以下に
三井住友建設は3Dレーザースキャナーを用いた橋梁の出来形検測システムを開発した。既に実際の現場に適用し、施工管理者が検測作業に拘束される時間が半減され、生産性が2倍に向上することを検証したという。(2018/8/15)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(39):
【トレースフラグ 2549】──DBCC CHECKDBにおけるデータファイルとドライブの配置条件を変更する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ2549の詳細と使い方」を解説します。(2018/8/13)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(38):
【トレースフラグ 2528】──DBCC CHECKDBのパラレル実行を抑制
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ2528の詳細と使い方」を解説します。(2018/8/8)

フィッシングなど、メールによるサイバー攻撃を防ぐ
フィッシングメールをワンクリックで管理者に報告 プルーフポイントが訓練サービス
日本プルーフポイントが従業員訓練を中心としたメールセキュリティサービスを提供開始した。従業員のフィッシング対策用Web教材や、不審なメールをワンクリックで管理者に報告できるサービスなどをそろえた。(2018/8/6)

Computer Weekly日本語版
数十万人のOracleデータベース管理者は失業する
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/8/5)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(37):
【トレースフラグ 2453】──テーブル変数と他テーブルを結合した際に再コンパイルする
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ2453の詳細と使い方」を解説します。(2018/8/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。