ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AmebaPico」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AmebaPico」に関する情報が集まったページです。

アメーバピグが中国進出、その名も「小人国」 中国SNSからのラブコール受け
アメーバピグの中国語版「小人国」がオープン。中国最大級のSNS「Kaixin001」でプレイできる。(2011/8/24)

サイバーエージェント、米サンフランシスコにスマートフォンアプリの開発拠点
サイバーエージェントが、米サンフランシスコにスマートフォンアプリの開発拠点を設置。2012年9月末までに100人体制とする。(2010/12/3)

年内に300万人超え アメーバピグ英語版「Pico」人気の秘密
仮想空間サービス「アメーバピグ」の英語版「AmebaPico」が年内に300万人を超える見込みだ。米国に並んでインドネシア、フィリピンでも人気という。(2010/11/24)

アメーバピグがAndroidアプリに Adobe AIR活用
アメーバピグのAndroidアプリが登場した。Android版Adobe AIRを活用して開発した。(2010/11/1)

アメーバピグ英語版「Pico」快進撃 2カ月で60万ユーザー突破
アメーバピグ英語版「AmebaPico」が、開始から2カ月で60万ユーザーを突破。Facebookの広告や口コミ経由でユーザーが増えているという。(2010/5/7)

Facebookと連携:
ソーシャルグラフ志向?――「AmebaPico」の狙い
AmebaPicoはアメーバピグの海外版――と、とらえられがちだが、その実、目指すところには違いもあるようだ。(2010/3/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。