ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「Facebook」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Facebook、「グループ」管理者が収益化できるプログラムのテスト開始
Facebookは、「グループ」の管理者向けに会員制の有料グループ作成ツールのテストを開始した。管理者はメンバーから月額料金を徴収できるようになる。(2018/6/21)

Instagram、MAUが10億人突破 新アプリ「IGTV」発表
Facebook傘下のInstagramのMAUが10億人を超えた。YouTube対抗の新動画アプリ「IGTV」の発表イベントでシストロムCEOが発表した。(2018/6/21)

Facebook、「ライブ動画」を賞金付きライブクイズ番組や投票付き動画のプラットフォームに
Facebookが、動画配信サービス「ライブ動画」を、「HQ Trivia」のようなライブクイズ番組のプラットフォームとしてクリエイターに提供する。クリエイターはサブスクリプションや広告でマネタイズでき、クイズ勝者に賞金を出すこともできる。(2018/6/20)

月9000回のAPIコールまで無料:
デフィデがチャットbotハブ構築サービスを提供開始 ユーザーの意図を解釈した会話に対応し複数シナリオと連携
デフィデはAIを利用したチャットbotハブの構築サービス「Chai」の提供を開始した。意図を解釈して会話したり、あらかじめ設定した複数のシナリオと連携したりする。SkypeやLINE、Facebook Messengerなどへの出力も可能。(2018/6/18)

Facebookのニュースソースとしての利用者が世界で減少──Reuters Institute調べ
オックスフォード大学Reuters Institute for the Study of Journalismが毎年公開するデジタルコンテンツ関連調査「Digital News Report」によると、Facebookをニュースソースとして利用する人が2016年の46%から6ポイント減った。(2018/6/17)

Facebook、広告の「カスタムオーディエンス」で個人情報源明記を義務付け
Facebookが、広告ターゲティングオプション「カスタムオーディエンス」で、個人情報をどのように入手したかを広告主に義務付けると発表した。(2018/6/14)

Facebook、広告への顧客フィードバック開始 改善なければ締め出しも
Facebook上の広告経由で商品を購入したユーザーが納品などの不満をFacebookにフィードバックできるようになる。否定的なフィードバックが多い広告主は閉め出される可能性もある。(2018/6/13)

Facebook、バグで一時的に1400万人の投稿設定が意図せず「公開」に マカフィーが今後の対策を呼びかけ
バグは既に解消。マカフィーは常に公開設定に気を配るよう呼びかけています。(2018/6/12)

Facebook、米連邦議会に229ページの回答書を提出
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが4月の米連邦議会の公聴会で「後で調べて回答する」としていた“宿題”が議会に提出され、これを議会が公開した。(2018/6/12)

Facebook、“思い出”セクション開設 「過去のこの日」などを一覧
Facebookが「過去のこの日」セクションを拡大し、過去に友達になったユーザーや過去のその1週間の投稿なども表示できる「Memories」セクションにする。(2018/6/12)

Facebook、「2014年の個人情報収集制限後も日産など一部を特別扱い」の報道にツイートで釈明
FacebookはCambridge Analyticaスキャンダルに関する説明で、アプリ開発者へのユーザー情報へのアクセスを2014年に大幅に制限したとしてきたが、日産など一部の企業を例外扱いにしていたとWall Street Journalが報じた。(2018/6/10)

Facebook、今度はTwitchのようなゲーム実況サービス「ゲーム動画」開設
Facebookが、TwitchやMixerのようなゲーム実況コーナー「ゲーム動画」を立ち上げた。ストリーマーのための収益化プログラムも計画している。(2018/6/8)

Facebookのバグで1400万人が意図せず投稿を「全員に公開」 被害者に通知
プライバシー問題で批判が高まるFacebookが、5月に実施したプライバシー設定のテスト中のバグで1400万人の投稿を「公開」設定にしてしまったとし、対象ユーザーに通知を送り、設定を修正した。(2018/6/8)

「透明化強く促す」:
FBの中国企業との利用者データ共有、米議会幹部が強く反発
米議会幹部らは、Facebookが中国企業4社とも利用者データの共有契約を結んでいたと公表したことを受け、同社を強く批判した。(2018/6/7)

Facebook、ライブ動画にMusical.lyで人気の“口パク自撮り”機能「Lip Sync Live」
Facebookが、3大レーベルとのパートナーシップの下、「ライブ動画」にリップシンク動画(口パク動画)を投稿する機能を追加すると発表した。(2018/6/6)

Facebook、AppleやSamsungにユーザー情報への無断アクセスを許可しているとの報道に反論
New York Timesが、FacebookはAppleなど60社のスマートフォンメーカーが、Facebookユーザーに無断で友達情報を収集できるようにしていると報道し、Facebookはこれに反論した。(2018/6/5)

Facebookは「信頼できない」けど「やめられない」 不祥事受け、米国民の反応は
Facebookが個人情報流出問題で揺れている。米国では規制を求める声が噴出しているが、米社会では職場の同僚から友人関係までFacebookでのつながりが浸透。流出の「被害者」である利用者でさえ「手放せない」と語る。(2018/6/5)

Facebook、トラブル続きだった「Trending」終了へ
Facebookが2014年に米国でスタートしたTwitterの「トレンド」のようなコーナー「Trending」を終了する。アルゴリズムで選んだトピックを表示していたが何かとトラブルになっていた。利用率も低かったという。(2018/6/3)

チャットbot通して商品を訴求:
Facebook広告×チャットbot、ネットフロンティアが「Penglue」を提供
ネットフロンティアは、人工知能(AI)ソフトウェアの開発などを行うコンシェルジュと協業し、Facebook広告サービス「Penglue」の提供を開始した。(2018/6/1)

SnapのシュピーゲルCEO、「Facebookはうちのデータ保護もまねすればいいのに」
FacebookやInstagramに機能をまねされ続けている「Snapchat」を提供するSnapのエヴァン・シュピーゲルCEOが対談で、「うちのデータ保護方法もまねしてくれればいいのに」と語った。(2018/5/31)

GDPRの次は「ePrivacy Regulation」──FacebookやGoogleが警戒する規則とは
EUによるGDPR(一般データ保護規則)の施行後、EUが同時採択を目指していた「ePrivacy Regulation」への注目が高まっている。(2018/5/29)

GoogleとFacebook、GDPR施行初日にさっそく提訴される
EUがGDPR(一般データ保護規則)を施行した5月25日、プライバシー保護団体noybがさっそくGoogleとFacebook(とその傘下のInstagramとWhatsApp)をGDPRを侵害しているとして提訴した。(2018/5/27)

Facebook、政治関連広告のラベル表示を米国で開始
Facebookが、中間選挙の予備選が始まっている米国で、政治関連広告での広告主明示ラベルの表示を開始した。(2018/5/25)

日大タックル問題、負傷選手の父がFacebookで「試合中の監督の写真・動画」提供求める 「加害選手がかわいそう」
日大アメフト部の選手が、試合中に危険なタックルを行い相手選手をけがをさせた問題。けがをした選手の父親がFacebookで心境を打ち明け、「加害選手がかわいそう」と同情を寄せた。試合中の内田監督をとらえた写真や動画の提供を求めている。(2018/5/24)

内田前監督と井上コーチへの憤りを露わ:
日大アメフトのタックル問題 被害者の父がFacebookで「映像提供」を呼びかけ
日本大学アメリカンフットボール部による「悪質タックル問題」で、被害者選手の父親が5月24日、自身のfacebookを更新。内田前監督の証言の真偽を確かめるべく、映像や画像の提供を呼び掛けた。(2018/5/24)

Facebookの二段階認証、携帯番号の登録が不要に
Facebookが、これまで携帯電話番号が必要だったログインの二段階認証で、「Google Authenticator」などのアプリが利用できるようになったため、携帯電話番号の登録が必須ではなくなった。(2018/5/24)

Facebook、フェイクニュース対策について説明 プロが監督した啓蒙動画や啓蒙広告など
Facebookがフェイクニュース対策の新たな3つの取り組みについて説明した。アカデミー賞受賞経験のある監督による啓蒙ショートフィルム作品の公開、ニュースフィードと紙広告でのキャンペーン、外部団体による問題研究の支援だ。(2018/5/24)

FacebookのザッカーバーグCEO、欧州議会でも個人情報流出問題について謝罪
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOがEUの欧州議会の会議に出席し、個人情報流出問題についてあらためて謝罪した。間もなく施行のGDPR「一般データ保護規則」を順守するとも語った。(2018/5/23)

Instagramにミュート機能 フォロー相手に知られず投稿を非表示に
Facebook傘下のInstagramで、TwitterやFacebookと同様にフォローしている相手に知られずに相手の投稿やストーリーをミュート(非表示に)できるようになる。(2018/5/23)

Qualcomm、Facebookの「Terragraph」に協力 2019年にテスト開始へ
Facebookの都市向け無料高速Wi-Fi構想「Terragraph」の技術をQualcommが自社チップセットに組み込む。両社は2019年半ばにテストを開始する計画だ。(2018/5/22)

今日は何の日?:
Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気になる個人情報不正利用問題についても語られた。(2018/5/19)

J2、J3リーグの試合、Facebookで配信 「DAZN」が協力、6月中旬から
フェイスブックジャパンと「DAZN」運営元の英Perform Groupが、明治安田生命J2リーグとJ3リーグの試合を対戦クラブのFacebookページでライブ配信する。6月中旬から無料で視聴可能。(2018/5/18)

「ユーザーに安心して利用してもらうことが最優先」 個人情報不正利用問題について、フェイスブックジャパン
フェイスブックジャパンがFacebookの個人情報が不正に利用された問題について、改めて説明・謝罪。「ユーザーに安心して利用してもらうことが最優先」(長谷川晋社長)(2018/5/18)

日本ユーザーや広告主への影響は:
Facebook個人情報不正利用問題、日本法人代表が謝罪「安心安全が最優先」
米Facebook日本法人の長谷川晋代表取締役が5月18日、個人情報の不正利用問題について謝罪。「安心安全が最優先」とし、今後の防止策や日本への影響について説明した。(2018/5/18)

FacebookのザッカーバーグCEO、欧州議会と面会へ
欧州連合の欧州議会がFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOと近く面会すると発表した。英Cambridge Analyticaによる個人情報不正利用問題などを話し合う。(2018/5/17)

老舗文房具店、7年間運用のFacebookアカウントを削除 「残念ながらFacebookの個人データ活用方法に賛同できないため」
老舗文房具店の決断。(2018/5/16)

Facebook、過去3カ月で8億件以上の問題投稿を削除──初の透明性レポート
Facebookが同社としては初の透明性レポートを発表した。この中で、1〜3月の3カ月間に削除したスパム投稿数や無効化したフェイクアカウント数などを公表した。(2018/5/16)

Facebook、不正の疑いのある約200本のアプリを停止 CAスキャンダル後の進行中の審査で
Facebookが、アプリで収集した個人情報不正利用問題対策として進めているアプリ審査の進捗状況を発表した。数千本のアプリを審査して約200本を停止した。さらなる調査で、不正が確定すれば削除してユーザーに告知する計画。(2018/5/15)

ロシアが大統領選介入に使った約3500点のFacebook広告を米議会が公開
米大統領選介入に使われたとされるロシア政府関連企業がFacebookやInstagramで表示した約3500点の広告を米議会が公開した。(2018/5/11)

Facebook、ブロックチェーンに乗り出す メッセンジャー責任者だったマーカス氏が立ち上げ
Facebook Messengerの責任者、デビッド・マーカス氏が社内でブロックチェーン関連事業を立ち上げる。(2018/5/9)

英当局、Cambridge Analytica(CA)に米国民に対する個人情報開示を命令
英情報保護当局のICOがFacebookスキャンダルの渦中にある英調査会社CAの親会社SCLに対し、米国民である個人からの情報開示請求に応じるよう命じた。拒否すれば刑事犯罪とみなすとしている。(2018/5/7)

Facebookの個人情報不正流用のCambridge Analytica(CA)が破産申請
Facebookの個人情報を不正に入手して大統領選でのトランプ陣営活動に流用したとして公的調査を受けている英調査会社Cambridge Analytica(CA)が破産申請した。(2018/5/7)

Facebook、AIフレームワーク「PyTorch 1.0」公開 Instagramのデータで訓練したモデルも
Facebookが開発者会議F8の2日目の基調講演で、AIフレームワーク「PyTorch 1.0」の公開、Microsoftと立ち上げた「ONNX」でのGoogle TensorFlow他複数のツールのサポートなど、AI関連の取り組みについて発表した。(2018/5/3)

Facebook Messenger、シンプルになり、翻訳やARエフェクトも追加へ
Facebookが、Facebook Messengerのデザイン変更、翻訳機能、企業botによるARエフェクトプロモーションを発表した。(2018/5/2)

「ごく自然なもの」:
米Facebook、デートサービス開始へ 独身ユーザー2億人
米FacebookのザッカーバーグCEOは、同社として初めてデートサービスを開始すると発表した。(2018/5/2)

Facebookに閲覧履歴消去機能導入へ 出会い機能も追加
安全性に十分留意すると説明。(2018/5/2)

Facebookアプリに出会い機能追加へ 「友達」には知られずに使える
Facebookが、異性との出会いを支援する機能「Dating on Facebook」を発表した。年内にFacebookアプリでオプトインして使えるようになる見込み。Facebook上の「友達」に知られることなく相手を探せるとしている。(2018/5/2)

Facebook、外部サイト履歴をアカウントから消す「Clear History」
Facebookが、個人情報流出で批判が高まる中、プライバシー対策の1つとしてFacebook外でのユーザー行動履歴収集を無効にし、過去のデータをアカウントから削除する「Clear History」機能を発表した。(2018/5/2)

「Oculus Go」発売、2万3800円から スタンドアロンで片手コントローラー付き
Facebook傘下のOclus VRが、PCもスマートフォンも不要のコードレスなVRヘッドセット「Oculus Go」を日本を含む23カ国で発売した。32GBモデルが2万2800円、64GBは2万9800円(税込み)。(2018/5/2)

特選プレミアムコンテンツガイド
「SNS」のちょっと怖い話 Facebookの個人情報流出は氷山の一角?
SNS大手Facebookからの個人情報流出は、最大8700万人に影響する大きな問題となった。だがFacebook以外のSNSなら安全とは言い切れない。便利なSNSに潜む脅威を追う。(2018/5/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。