ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

Facebook、ザッカーバーグCEOとISS宇宙飛行士の「ライブ動画」を6月1日生放送へ
Facebookが、国際宇宙ステーション(ISS)の3人の宇宙飛行士とマーク・ザッカーバーグCEOとの対談を「ライブ動画」で生放送する。日本時間の6月2日午前1時55分から、Facebookのイベントページで視聴できる。(2016/5/28)

クラウドAPIのTwilioが株式公開へ
FacebookのWhatsAppやUberも採用するクラウドAPIサービスのTwilioが株式公開する。上場先はニューヨーク証券取引所(NYSE)で、ティッカーシンボルは「TWLO」だ。(2016/5/27)

MicrosoftとFacebook、大西洋横断海底ケーブル敷設プロジェクト「MAREA」で提携
クラウドを推進するMicrosoftと世界に16億人以上のユーザーを擁するFacebookが、大西洋横断海底ケーブルの敷設で提携した。2017年10月に稼働開始の見込みだ。(2016/5/27)

Facebook、「組織的な政治的偏向の証拠はなかった」がガイドラインやポリシーを改善
Facebookが、「Trending Topics」に政治的偏向があると指摘された件で、詳細な内部調査の結果、組織的な偏向を示す証拠はなかったが、「担当者個人による不適切な行動や、故意ではない偏向が生じた可能性までは完全に排除できない」としてガイドラインおよびトピック選択方法を改善したと発表した。(2016/5/24)

Facebook、VR動画向け空間音声スイート「Facebook 360 Spatial Workstation」を無償公開
Facebookが、360度VR動画向け空間音声サウンドトラック作成ツールを手掛ける英Two Big Earsを買収し、同社のソフトウェアスイートを「Facebook 360 Spatial Workstation」として無償公開した。Oculus以外のプラットフォームもサポートする見込みだ。(2016/5/24)

【連載】インターネット時代の企業PR 第43回:
熊本地震から1カ月 企業のTwitterやFacebookアカウントは「そのとき」どう振る舞ったか
企業のソーシャルメディア運営は非常時においてどうあるべきか。熊本地震から1カ月たった今、有事における各社の状況を振り返る。(2016/5/20)

リアーナのセクシーお尻ふりふりダンス、フィリピン人が鼻で再現 Facebookで3000万再生と大人気に
世界で流行中のお尻ふりふりダンス「トゥワーク」が、鼻でふにふに……!(2016/5/19)

Googleの人工知能bot「Google Assistant」はサービス横断で活躍する対話型アシスタント
MicrosoftやFacebookに続き、Googleも人工知能bot「Google Assistant」を発表した。「Google Now」などで収集した膨大なユーザーデータで学習したAIで、音声やテキストでの質問や命令にユーザーのコンテキストに沿った応対をする。(2016/5/19)

FacebookのザッカーバーグCEO 政治的偏向の疑惑払拭に向け保守派論客と会合へ
FacebookのザッカーバーグCEOが著名な保守派論客らと会合を持つことが明らかになった。Facebookは政治的な偏向しているという疑惑を払拭する狙いがある。(ロイター)(2016/5/17)

人気のWebサイト、アプリにも動画広告を配信:
Facebook、オーディエンスネットワークに動画広告機能
Facebookはオーディエンスネットワークにおいて、動画広告の機能を拡充させることを発表した。(2016/5/17)

Google、新ソーシャルサービス「Spaces」をAndroid/iOS/Webで公開
Googleが、トピックごとに情報をグループ共有するための新ソーシャルサービス「Spaces」を公開した。アプリ内のGoogle検索で検索した情報や、スマートフォン内の写真などを投稿でき、コメント欄にはFacebookメッセンジャーのスタンプのような画像も用意されている。(2016/5/17)

新機能を追加:
人工知能でWeb改善の「AIアナリスト」にFacebook投稿の分析機能を追加
WACUL(ワカル)は、 Webサイトを分析する人工知能「AIアナリスト」に、 Facebook投稿の分析機能を追加したと発表した。(2016/5/16)

世界各国・地域に最適化したFacebook広告で越境ECを支援:
海外進出企業のFacebook広告ローカライズを支援、アライドアーキテクツがサービス提供
アライドアーキテクツは海外進出を行う国内企業に向けて世界各国の地域の言語や文化に最適化したFacebook広告の運用をワンストップで支援するパッケージサービスを開始したと発表した。 (2016/5/13)

FacebookのザッカーバーグCEO、「Trending Topic」の徹底調査を約束
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは、政治的に偏向していると批判されている「Trending Topic」について徹底調査中であり、問題があれば是正すると語った。また、保守派を含む幅広い政治的見解を持つ人々と直接話し合う計画を発表した。(2016/5/13)

Facebook、渦中の「Trending Topic」ガイドラインとソースリストを公開
Facebookが米国で提供しているTwitterの「トレンド」のようなサービス「Trending Topic」が偏向しているという指摘を受け、トピックを選ぶ「レビュアー」のガイドラインを公開した。トピックはアルゴリズムだけでなくレビュアーの選択が入っているが、それは最良のコンテンツを提供するためとしている。(2016/5/13)

VR HMD「Gear VR」ユーザーが100万人突破 コンテンツも続々登場(とOculus VRが発表)
Facebook傘下のOculus VRが、Samsung ElectronicsのVR HMD「Gear VR」のユーザー数が100万人を突破したと発表した(Oculus VRはGear VRの開発に協力している)。また、Facebookのニュースフィードに近く360度パノラマ写真を投稿できるようになり、Gear VRではこれらをVRコンテンツとして楽しめるようになることも予告した。(2016/5/12)

「Google翻訳」のAndroidアプリ、他のアプリ内での「タップして翻訳」が可能に
Android端末のほとんどすべてのアプリで、テキストを選択するとその場で「Google翻訳」アイコンがポップアップして翻訳できる機能が追加された。Facebookメッセンジャーでも外国語ユーザーとチャットできる。Google翻訳のバージョン5.0のオプトイン機能だ。(2016/5/12)

WhatsAppのWindows/Macアプリ登場 Windows 8、Mac OS X 10.9以降に対応
Facebook傘下のWhatsAppが、WindowsおよびMac版のWhatsAppアプリを公開した。Windows 8以降、Mac OS X 10.9以降に対応する。(2016/5/11)

Facebook、政治的“偏向”の報道を否定 「事実という証拠はない」
米Facebookが、「Trending Topics」から保守系の政治記事を排除しているとの一部報道に対し「匿名の発言が事実という証拠はない」と反論した。(2016/5/11)

Slackのアカウントで他のアプリにログインできる「Sign in with Slack」
チームコラボレーションツール「Slack」が、Slackのアカウントでサードパーティーのアプリにログインする「Sign in with Slack」を発表した。「Facebook Login」などと同様に新たなアカウントを作らずにアプリにログインでき、Slackチーム内でアプリを連係しやすくなる。(2016/5/11)

開発者向けに先着3000人限定で無料:
LINEやFacebookに対応したチャットボットを簡単に開発できる「人工知能ボットAPI」、ユーザーローカルが提供
ユーザーローカルは、チャットボットを簡単に作れる人工知能プラットフォーム「人工知能ボットAPI」を発表した。(2016/5/11)

Facebookのトレンド欄に“偏向”の疑い 保守系政治ニュースを意図的に排除か
Facebookが「トレンド」リストから保守系の政治記事を排除していると元従業員が語ったという。ソーシャル上では波紋が広がっている。(ロイター)(2016/5/10)

LINEやFacebookでユーザーと対話「人工知能ボットAPI」 ユーザーローカルが無償提供
LINEなどのユーザーと自動対話するチャットbotを開発できる「人工知能ボットAPI」を、ユーザーローカルが発表。先着3000人に無償提供する。(2016/5/10)

Apple、母の日動画をFacebookに投稿するサービスを公開
Appleが、母の日を祝うオリジナルスライドショーをFacebookに投稿するためのサービスサイト「Moms Shot on iPhone」を公開した。米国で放映中のCMで採用された母の日にちなんだ写真や動画の最後に自分の写真を追加してBGM付きのスライドショーを作成し、Facebookで公開できる。(2016/5/7)

Facebookメッセンジャーに母の日まで使える花付きメッセージ機能
iOSおよびAndroid版Facebookメッセンジャーに、母の日の翌日まで限定の花付きメッセージを送る機能が追加された。相手が最新版アプリでメッセージを開けば、効果音とともに花が開くアニメ付きのメッセージを受け取れる。5月9日まで利用できる。(2016/5/7)

「Vine」のWindows 10アプリ、PCとタブレット向けにリリース
「Facebook」や「Facebookメッセンジャー」に続いて、Twitterの6秒動画アプリ「Vine」のWindows 10アプリが登場した。ライブタイルで新着Vineをチェックできる。(2016/5/5)

革新的なマーケティングサービスやテクノロジーを表彰:
Facebook、「2016 Innovation Spotlight Award」にアライドアーキテクツ子会社など3社を選出
Facebookが革新的なマーケティングサービスやテクノロジーを選出する「2016 Facebook Innovation Spotlight」を発表した。(2016/5/3)

溶け込みすぎて見えない FacebookのザッカーバーグCEO、ほぼモップの犬写真をアップする
もはや擬態。(2016/5/1)

BREACH攻撃が500倍も高速化
「Gmail」や「Facebook Messenger」にセキュリティ危機? 攻撃を阻止するには
セキュリティ研究者が、BREACH攻撃によって「Facebook Messenger」や「Gmail」がより迅速に攻撃を加えられる可能性があることを明らかにした。ただし、全体的なリスクは限られている。(2016/5/1)

「Windows 10」版「Facebook」と「Facebookメッセンジャー」がようやく登場
Facebookが、Microsoftの「Windows 10」(デスクトップとタブレット)版の「Facebook」と「Facebookメッセンジャー」および「Windows 10 Mobile」版の「Instagram」をWindows Storeで公開した。Facebookとメッセンジャーは年内にモバイルにも対応する計画だ。(2016/4/29)

「アドテクノロジー」のカテゴリーで:
ソーシャルギア、Facebook Marketing Partnerで2つ目の公式認定を取得
トランスコスモスは、グループ会社でソーシャルメディア運用支援を行うソーシャルギアが「Facebook Marketing Partner」において、「アドテクノロジー」のカテゴリーで公式認定を受けたと発表した。(2016/4/28)

Facebook、ザッカーバーグCEOの揺るぎない指導権確保のためにクラスC株式発行へ
Facebookが、議決権のないクラスC株式を発行する計画を発表した。“世界をつなげる”という長期的なミッションを遂行しやすくするために、議決権の約6割を持つマーク・ザッカーバーグCEOの指導権を長期的に守るのが目的だ。(2016/4/28)

Facebook、モバイル広告が好調で過去最高の増収増益
Facebookの1〜3月期の決算は、売上高は52%増の53億8200万ドル、純利益は約3倍の15億1000万ドル(1株当たり52セント)と過去最高だった。MAUは15%増の16億5000万人で、モバイルのみからアクセスするユーザーのMAUはMAU全体の54%を占めた。(2016/4/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftが仕掛ける「会話Bot」の仕組みとは?
Microsoftを筆頭に、FacebookやLINEからも続々と「会話Bot」の開発環境が発表され、今後の盛り上がりを予感させる。Microsoftが発表したBot開発の仕組みを見ていこう。(2016/4/25)

Facebook、アルゴリズム変更──アプリでのリンク先滞在時間を加味
Facebookがまたニュースフィード表示のアルゴリズムを変更した。ユーザーがモバイルアプリで投稿のリンク先に滞在した時間が長いものの表示を優先させる。また、同じFacebookページからの投稿を連続で表示させないようにする。(2016/4/22)

Facebookメッセンジャーアプリ、グループ音声通話が可能に
iOSおよびAndroid版Facebookメッセンジャーで、グループ音声通話が使えるようになった。アプリでグループを開くと受話器アイコンが表示され、これをタップしてメンバーを選択して「通話を開始する」をタップすると通話が始まる。(2016/4/21)

“ウェアラブル”の今:
Facebookは普通のメガネでAR・VRを楽しめる世界をイメージする
開発者向けのイベント「F8」でザッカーバーグ氏は、テクノロジーが製品を育て、プラットフォームを進化させることを示した。そのテクノロジーの1つがVRやARだという。同氏はいずれVRやARの体験が、通常のメガネで実現できるようになる、と予測する。(2016/4/21)

文字、写真、動画、そしてVRへ:
Facebookが描く今後10年の成長戦略とは?
Facebookの年次開発者イベント「F8」。マーク・ザッカーバーグCEOは、Facebookのこれまでとこれからをプラットフォーム、プロダクト、テクノロジーの3つに分けて語った。(2016/4/18)

実名だからこそ!Facebookのプライバシー対策4選
Facebookにはプライベートな情報がたくさん。役立つプライバシー対策を知っておきましょう。(2016/4/17)

熊本地震:
ネットで安否確認 Google「パーソンファインダー」、Facebook「災害情報センター」公開
熊本県の地震を受け、Googleは「パーソンファインダー」を、Facebookは「災害時情報センター」を開設した。(2016/4/15)

WiGigベースの基地局など:
Facebook、無線インフラの開発に攻勢
Facebookが、よりつながりやすい環境の実現を目指し、無線通信インフラ向けの技術を発表した。(2016/4/15)

仮想空間でアバターの友達と会う FacebookがソーシャルVRのデモ披露
仮想空間で友人のアバターと会うことができます。(2016/4/14)

Facebook、著作権侵害動画対策ツール「Rights Manager」提供開始
動画に注力するFacebookが、ニュースフィードでの「フリーブーティング」から著作権者を守る「Rights Manager」の提供を開始した。この問題については、2015年夏に人気YouTuberが改善を求めていた。(2016/4/14)

Facebook、60GHz帯利用の高速ネットワーク「Terragraph」をまずサンノゼでテストへ
「世界中をつなげる」ことを目指すFacebookが、人口密集地域用「Terragraph」と過疎地域用「ARIES」という2つの高速ネットワークプロジェクトを発表した。(2016/4/14)

Facebook、DARPA出身のGoogle ATAPチームリーダーを引き抜き、ハードウェアチーム立ち上げ
Facebookが、Googleの意欲的な開発チームATAPを率いてきた“女海賊”レジーナ・デューガン氏を引き抜き、新たに設立するハードウェア部門のリーダーに迎えた。(2016/4/14)

メディア媒体社・コンテンツクリエイター向け発表:
Facebook開発者カンファレンス「F8」が開催、動画コンテンツ管理ツールなどアップデート
Facebookの開発者向けイベント「F8」が2016年4月12日(現地時間)に開幕。メディア媒体社、クリエイター向けにも新しい技術や機能が発表された。(2016/4/13)

Facebookの開発者会議「F8 2016」(Day 1)基調講演まとめ
Facebookの年次開発者会議「F8」の初日の基調講演で発表された主な内容をまとめた。(2016/4/13)

Facebook、360度動画撮影カメラシステム「Surround 360」をオープンソースで公開へ
動画に注力するFacebookが、360度動画を撮影するためのカメラシステム「Surround 360」を発表した。ポストプロダクションツールを含むシステム構築に必要なデータを今夏GitHubでオープンソースで公開する計画だ。(2016/4/13)

Facebook、メッセンジャーbot開発ツールを無償提供
Facebookが、LINEやMicrosoftに続き、Facebookメッセンジャーでユーザーと会話するボットの開発ツールを無償で公開した。企業はボットでプロモーションしたり、商品を販売できる。ユーザーはボットの広告メッセージをブロックすることもできる。(2016/4/13)

炎上の火種:
公式SNSはなぜ炎上するのか 要因は3つ
Twitter、Facebook、InstagramなどSNSのビジネス利用が拡大している。一方で、炎上するケースも増えている。なぜ公式SNSは炎上するのか。要因を探ってみると……。(2016/4/13)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。