ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サイバーエージェント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
Cygamesは黒字113億円、AbemaTVは赤字190億円 サイバーエージェント子会社の2018年を“総決算”
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2018/12/17)

今日のリサーチ:
2018年国内動画広告の市場は1843億円、前年比134%――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントのオンラインビデオ総研によれば、2018年の動画広告市場は1843億円。前年比134%の見通しで、2024年には4957億円に達すると予測しています。(2018/12/3)

テラbps級のトラフィックに挑んだ「72時間ホンネテレビ」の裏側:
総視聴数7400万でも障害ゼロ、AbemaTVが72時間のライブ配信に成功した理由
AbemaTV社が開催した「AbemaTV Developer Conference 2018」で、サイバーエージェント 技術本部 インフラエンジニアの柿島大貴氏は、2017年11月に配信した「72時間ホンネテレビ」を障害なく実現するため、開発本部が取り組んだ施策について説明した。(2018/12/5)

改善の余地はまだあり:
広告業界で「最も残業時間が少ない企業」ランキング 5位の電通は約50時間 1位は……
広告業界で残業時間が最も少ない企業は? 転職口コミ情報サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイがまとめた結果、2位はサイバーエージェントで37.2時間だった。1位は……(2018/11/20)

通販で買い物、会社で受け取りOK 社員向けの宅配ボックス、サイバーエージェントなどが実証実験
宅配ボックスを手掛けるナスタが、職場に設置した宅配ボックスで私用の宅配を受け取れるようにする実証実験を、サイバーエージェントなど3社で始めた。(2018/11/14)

「サイバーエージェントビットコイン」解散 コインチェック事件などで参入断念
仮想通貨取引事業を行うサイバーエージェントの子会社「サイバーエージェントビットコイン」が解散していたことが分かった。(2018/11/12)

激変の新卒採用サバイバル:
サイバーエージェントにDMMも 大手ITが新卒の一律初任給を止める理由
企業による新卒の一律初任給廃止が広がっている。サイバーエージェントやDMMなどが導入。能力に応じた金額を提示して優秀なエンジニアを呼び込むためだ。(2018/11/8)

サイバーエージェント「AI Lab」に聞く(前編):
人が“生命”を感じ、信頼できる対話AI 実現のヒントは掃除ロボット「ルンバ」にある
どんなAIなら人は受け入れられるのか。AIが社会に普及していく際には、避けられない議論だ。サイバーエージェントのAI研究組織「AI Lab」では、大阪大学の石黒研と組み、実験を繰り返しながら、その答えを探しているという。(2018/11/8)

「過去一番のヒット」 サイバー藤田社長、任天堂と開発したスマホゲーム「ドラガリアロスト」に期待
サイバーエージェントが2018年度通期決算を発表した。任天堂と共同開発したスマートフォンゲーム「ドラガリアロスト」は、同社史上「過去一番のヒット」としており、ゲーム事業は引き続き期待が持てるという。(2018/10/25)

AbemaTVが電通、博報堂と資本業務提携 広告拡販を強化
サイバーエージェント子会社のAbemaTVが電通、博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携する。広告拡販やコンテンツ調達を強化する。(2018/10/23)

サイバーエージェント、アニメレーベルを設立 ゲーム子会社やAbemaTVのメディアミックス視野に新作制作
ゼネラルプロデューサーは、「Wake Up, Girls!」「ユーリ!!! on ICE」などに携わった田中宏幸さん。(2018/10/17)

サイバーエージェント、アニメ制作事業に参入
アニメ制作事業に参入し、メディアミックスを前提としたオリジナルのアニメIP創出を目指す。(2018/10/17)

サイバーエージェント、FC町田ゼルビアを買収
サイバーエージェントが、JリーグクラブのFC町田ゼルビアを子会社化した。早期のJ1ライセンス取得を目指すとしている。(2018/10/1)

精緻なターゲティングを実現:
「Ameba」が「Arm Treasure Data eCDP」と連携開始
サイバーエージェントは同社「Ameba」の広告商品をArmが提供するカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data eCDP」とデータ連携可能にした。(2018/9/28)

ブログやSNSは“ネットの空気”をどう変えたのか? 平成最後の夏、「ネット老人会」中川淳一郎が振り返る
この平成、オタクのものだったネットはブログやSNSの登場でどのように一般、芸能人のものになっていったのか。サイバーエージェント・藤田晋社長に取材しながら、中川淳一郎が振り返る。(2018/9/22)

麻雀も強い:
サイバーエージェントの社長が上梓した異色の“麻雀ビジネス本”
サイバーエージェントの藤田晋社長が麻雀に傾倒しており、『仕事が麻雀で麻雀が仕事』(竹書房)という本を上梓した。麻雀をすることでビジネスセンスも鍛えられると力説しているが、なぜなのか?(2018/9/15)

チャットbotでジュエリーの購買率が3倍に!? CAと「4℃」の実証実験、対話AIの秘密に迫る
人間のような接客を目指す対話システムを研究している、サイバーエージェントのAI研究所「AI Lab」。4℃と行った実証実験では、チャットbotを使って購買率が3倍になったという結果も出たという。購買意欲を高めるAIには、どんな仕掛けがあるのだろうか。(2018/8/23)

通常のFacebook広告比でCTR300%超えの実績も:
サイバーエージェント「iXam Drive」で「Facebook プレイアブル広告」の配信が可能に
サイバーエージェントは、インフィード広告に特化した広告運用プラットフォーム「iXam Drive」において、「Facebook プレイアブル広告」の配信が可能になったと発表した。(2018/8/6)

特定YouTuberの動画を視聴したユーザーを対象に計測:
YouTuber動画のブランドリフト効果測定、サイバーエージェント子会社が提供
CA Young Labはインフルエンサープロモーションの最適化システム「iBOS」においてYouTuber動画のブランドリフト効果を測定する新機能を提供開始した。(2018/8/2)

「ビットバレー」再び DeNAやCAなど、渋谷区とタッグ 「ITの世界的拠点」目指す
渋谷をITの世界的技術拠点にすることを目的にした「SHIBUYA BIT VALLEY」(シブヤ・ビットバレー)プロジェクトがスタート。渋谷区に拠点を置くサイバーエージェントとDeNA、GMOインターネット、ミクシィの4社が区とタッグを組む。(2018/7/27)

今日のリサーチ:
O2O広告市場、2018年は前年比2.25倍の135億円になる見込み――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントは、国内O2O広告の市場動向調査を発表しました。(2018/7/24)

滞在時間の長さに応じて入札単価を変更:
サイバーエージェント、サイト滞在時間を最大化するDSP「Skyrocket」を提供
サイバーエージェントは、サイト滞在時間を最大化するDSP「Skyrocket」の提供を開始した。行動データの分析結果を基に、ユーザーごとに入札単価を最適化する。(2018/7/18)

ツイート数に連動して広告クリエイティブを最適化:
サイバーエージェントが「ツイート数連動型広告」の提供を開始
サイバーエージェントは、ツイート数に連動してTwitterの運用型広告のクリエイティブが最適化されるサービス「ツイート数連動型広告」の提供を開始した。(2018/7/11)

「Nintendo Labo」の小学生向けハッカソン サイバーエージェント子会社が開催
Nintendo Switch向けの段ボール工作キット「Nintendo Labo」を使った小学生向けのハッカソンイベントを、7月25、26日にCA Tech Kidsが任天堂と共同開催する。(2018/7/10)

コメント内容などモニタリング:
サイバーエージェント子会社、YouTuberプロモーションにおける動画配信リスク探知ツール「Risk Hack」を提供
サイバーエージェントの連結子会社CA Young Labは、YouTuberプロモーションにおける動画配信のリスク探知ツール「Risk Hack」の提供を開始した。(2018/7/4)

番宣に特化した広告商品:
Ameba、芸能人・有名人ブログポータルでテレビ局向けの広告商品を提供
サイバーエージェントが運営する「Ameba」は、IPGと共同で開発したテレビ番組訴求に特化した広告メニュー「Ameba SP TVAD」の正式販売を2018年7月より開始した。(2018/7/3)

今日のリサーチ:
過半数の企業がインフルエンサーを活用、フォロワー数1万〜10万人規模が人気――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントは、マーケティング活動におけるインフルエンサーの活用状況に関する調査を実施。その結果を発表しました。(2018/6/26)

共同プロジェクトを立ち上げ:
LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに特化した次世代型チャットカスタマーサポートを推進するプロジェクトを開始した。(2018/6/22)

タップできる動画広告:
サイバーエージェント、アドネットワーク「LODEO」の動画広告にインタラクティブな挙動を実装
サイバーエージェントは、アドネットワーク「LODEO」において、商品閲覧や登録促進などのインタラクティブな挙動を動画上で展開できる新機能を提供する。(2018/6/5)

全年代でテレビ離れ:
「若者のテレビ離れ」加速 6人に1人「1カ月以内にテレビ視聴なし」
10代後半〜20代の6人に1人は1カ月以内にテレビ視聴していない――サイバーエージェントが運営する「オンラインビデオ総研」によるテレビ接触頻度調査で、若者のテレビ離れが加速している実態が浮き彫りになった。(2018/5/16)

10代後半〜20代の6人に1人が「テレビ見ない」 サイバーエージェント調べ
サイバーエージェントの調査によると、10代後半〜20代の6人に1人が、テレビを持っていないか、1カ月以内にテレビを見ていないという。(2018/5/16)

今日のリサーチ:
10代後半から20代の6人に1人がテレビ視聴なし、2万人調査で判明――サイバーエージェント
テレビCMに接触する機会の少ない「ローテレ」層が若い人たちの中でますます増えているようです。(2018/5/16)

2018年夏に配信予定:
Cygamesと任天堂が業務提携 新作RPG「ドラガリアロスト」を共同開発
サイバーエージェント子会社のCygamesと任天堂が業務提携。新作オリジナルゲーム「ドラガリアロスト」を共同で開発・運営する。配信開始は2018年夏予定。(2018/4/27)

「傷が浅いうちに」 サイバーエージェントが参入断念、仮想通貨交換業の難しさ
「リスクがどこまでか見えない。ほとんど傷を追っていない状態で撤退するのが賢明だろう」――仮想通貨交換業への参入を断念したサイバーエージェントの藤田晋社長が、決算説明会でそう話した。(2018/4/26)

石黒浩教授「人間にはできないサービスができる」 ホテルのロボット接客が好印象 実験で明らかに
大阪大学、サイバーエージェント、東急不動産ホールディングスが、ホテルでロボットを使った接客の実験結果を発表。ロボットの声かけやあいさつで、機嫌がよくなった宿泊者が多かったという。(2018/4/19)

広告媒体としての活用も:
ホテルでロボットが”おもてなし” サイバーエージェント、石黒教授らと実証実験
サイバーエージェントは4月18日、大阪大学基礎工学研究科の石黒浩教授と東急不動産ホールディングスと共同で実施した、ホテルで人型ロボットを活用した実証実験の結果を発表した。ホテルというプライベートな空間の中で、ロボットとのコミュニケーションが人に与える威圧感などを調査した。(2018/4/18)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
「インターネット発のマスメディアを創る」AbemaTVが1000万月間アクティブユーザーを集める理由とは?
サイバーエージェントとテレビ朝日が共同運営し、独自性の強い番組作りが話題となっている。特徴と開局されるまでの開発秘話を聞いた。(2018/4/11)

サイバーエージェント本社移転 新築の「Abema Towers」など2カ所に
サイバーエージェントが本社を移転。移転先は「Abema Towers」と、渋谷駅直結の「渋谷スクランブルスクエア」だ。(2018/4/4)

サイバーエージェント系攻略サイト「ポケモンGO攻略ニュース」画像無断転用でサイト非公開に
またも企業系攻略サイトで問題が……。(2018/4/3)

VTuberに特化したプロダクション設立 CyberZが新会社で
VTuberのマネジメント事業に特化した新会社「CyberV」を、サイバーエージェント子会社のCyberZが設立した。(2018/4/3)

総フォロワー数300万超のネットワークを活用:
バーチャルYouTuberを活用したタイアップ広告商品、サイバーエージェント子会社が提供開始
サイバーエージェント子会社のCA Young Labは、バーチャルYouTuberを活用したタイアップ広告商品「バーチャルクリップ」の提供を開始した。(2018/3/26)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
YouTuberのタイアップ起用ランキング、売れっ子の基準は?──サイバーエージェント子会社とエビリーが調査
テレビCMの出演社数はタレントの人気を占う1つのバロメーター。そのYouTuber版といえるのがタイアップ動画起用社数。2017年の動向は?(2018/3/20)

継続的コミュニケーションで購入意欲を高める:
サイバーエージェント、LINEを活用した「成果報酬型チャットマーケティング」を提供
サイバーエージェントは、企業のLINEアカウントを用いてランディングページの来訪者と対話し、CRM施策を展開する「成果報酬型チャットマーケティング」を提供開始した。(2018/3/12)

広告がブランドへ与える影響を手軽に測定:
Twitterにおけるブランドリフト効果測定、サイバーエージェントが独自調査ツールを提供
サイバーエージェントは、Twitter上のキャンペーンにおけるブランドリフトを測定する「Twitterリバーサンプリング」の提供を開始した。(2018/2/27)

「Multi-Replier」を提供:
Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する「Multi-Replier」の提供を開始した。(2018/2/19)

“挑戦”と“安心”を育む組織づくり:
PR:なぜ、サイバーエージェントは成果を出す若手リーダーを生み出せるのか
若手社員を子会社社長などのリーダーに抜てきし、次々と新しい事業を生み出していく。それを実現する人材育成や組織づくりで知られているのが、サイバーエージェントだ。経験の浅い若手社員中心のプロジェクトで成果を出せるのはなぜだろうか。(2018/2/19)

成長を加速:
サイバーエージェント、転換社債400億円の使い道
サイバーエージェントが額面合計400億円の転換社債を発行する。(2018/2/1)

「いいね!」増えるハッシュタグを提案するAI 東大とサイバー子会社が連携、企業アカウント運用に活用へ
東大が開発した「SNSでの人気を高めるハッシュタグを提案するAI」が、サイバーエージェント子会社と産学連携を開始する。(2018/1/31)

17年の国内YouTuber市場規模は219億円、前年比約2.2倍に
2017年の国内YouTuber市場規模は219億円で、前年比約2.2倍に――サイバーエージェント子会社がこんな推計を発表した。(2018/1/30)

「AbemaTV」黒字化はいつ? 藤田社長「成長には特番よりレギュラー」
サイバーエージェントが2017年10月〜12月期の連結決算を発表。藤田社長が「AbemaTV」の戦略について説明した。(2018/1/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。