ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Apple A6」最新記事一覧

関連キーワード

Aシリーズの設計で差別化できているのか:
「A9」に秘められたAppleの狙い(前編)
「iPhone」向けのプロセッサはかつて、「Appleは、他社の市販のプロセッサに切り替えるべき」だといわれたこともあった。だが今、「Aシリーズ」の性能は一定の評価を得ている。(2015/11/18)

SIM通:
SIMフリー初心者にオススメ iPhone 5c
格安スマホデビューを考えている人にオススメしたい組み合わせが、格安SIMとiPhone。その中でもiPhone 5cを選ぶという方法です。(2015/1/28)

スマホ市場をけん引:
iPhoneの歴史――12の転機(後編)
初代「iPhone」は、発売から74日で販売台数100万台を達成した。「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」は、発売後3日間で1000万台を超えたという。前編に続き、「iPhone」の歴史をたどってみる。(2014/9/24)

買い換えるか迷っている人に:
「iPhone 6/6 Plus」は何が変わった?――「iPhone 5s/5c」との違いをおさらい
9月19日に発売される「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」。画面が大きくなったのは分かるが、ほかはどこが変わったのか? Appleが発表した情報をもとに、あらためて進化したポイントをまとめてみた。(2014/9/16)

iPhone 5sロードテスト 第2回:
「A7チップ」と「M7コプロセッサ」の恩恵を体感する
iPhone 5sで大きく変わった部分の1つ、いや2つが、「A7チップ」と「M7コプロセッサ」だ。A7によって処理能力が向上し、M7コプロセッサによってバッテリーの持ちが向上した。具体的にどんなメリットがあるのか、見ていこう。(2013/11/15)

フォトギャラリー:
iPhone 5sのプロセッサ「A7」を解析
Chipworksが「iPhone 5s」のプロセッサ「A7」のブロック図を公開した。指紋認証センサーのデータを保存する3MバイトのSRAMを搭載しているようだ。(2013/9/30)

それは調和による進化――iOS7の魅力を引き出す“2つのiPhone”
2013年はiOSとiPhoneのどちらもより洗練され、大きく進化した年だ。新しいiOSと新しいiPhoneから、どのような未来が見えてくるのか。「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の発売に先立ち、じっくりと試す機会を得たので、両機種の魅力をリポートしたい。(2013/9/18)

EE Times Japan Weekly Top10:
スマートウオッチ市場、早くも競争激化の予感
EE Times Japanで先週(2013年9月7日〜9月13日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/9/14)

写真で見る「iPhone 5c」
「廉価版なんて、誰が言ったんですか?」――。9月11日のプレスイベントで、Apple関係者から聞こえてきた言葉だ。iPhone 5sとの比較でiPhone 5cを廉価版とみる向きもあるが、実際に触ってみると、安っぽさは感じられない。(2013/9/13)

ビジネスニュース 企業動向:
アップルは「iPhone 5c」で中国市場を掌握できるのか
アップル(Apple)は長い間、中国市場でのシェア拡大を狙ってきた。廉価版である「iPhone 5c」の発表で、中国最大手の通信事業者であるChina Mobileの販売網を獲得し、中国市場にiPhoneを浸透させることができるだろうか。(2013/9/13)

写真で解説する「iPhone 5s」の外観と新機能
Appleが9月11日、日本のメディア向けに新型iPhoneを紹介するプレスイベントを開催。短時間ながらiPhone 5sの実機に触れてきたので、見どころをお伝えしよう。(2013/9/12)

端末情報、キャリアの発表、iOS 7、周辺機器――iPhone 5s/5cの詳細まとめ
iPhoneの新モデル「iPhone 5s」「iPhone 5c」が発表された。端末の詳細、通信キャリアの発表、iOS 7、周辺機器など、iPhone 5s/5cの関連記事をまとめた。(2013/9/11)

「iPhone 5c」発表 カラフルな5色で登場
iPhoneの新機種「iPhone 5c」は背面にカラフルなポリカーボネイトを採用。廉価モデルとして主に新興国向けに販売する。(2013/9/11)

製品解剖:
「iPhone 5S」を解剖!? 気になる新機能と搭載部品を探る
米国時間の2013年9月10日に、Appleが新型iPhoneを発表するとうわさされている。今回の発表では、「iPhone 5S」と「iPhone 5C」の2モデルが発表されるともいわれる。その製品名称さえ臆測の域を越えないが、新しい端末がどのようなものになるか、さまざまな推測やリーク画像を基に検討していくことにする。(2013/9/10)

ビジネスニュース 業界動向:
Qualcommの強さ際立つスマホ向けプロセッサ市場、Intelのシェアは0.2%
2012年のスマートフォン向けプロセッサ市場は、Qualcommの強さをあらためて示す結果となった。同社の売上高シェアは43%。一方、Intelのシェアはわずか0.2%だった。だが、「Clover Trail+」がシェアを拡大するきっかけになるとの予測もある。(2013/5/14)

プロセッサ/マイコン:
Appleのプロセッサ「Aシリーズ」の系譜
Appleは、2013年中にも「iPhone 5S」と第5世代の「iPad」を発売するとみられている。これらには、プロセッサ「A7」「A7X」が搭載されるという見方がある。ここでは、これまでのiPhone/iPadに搭載されてきたプロセッサが、どんな進化を遂げてきたのかを振り返る。(2013/4/5)

「Surface RT」の“ここ”が気になる:
第8回 iPadよりもどこがスゴいのか?――「Surface RT」
「Surface RT」日本向けモデルの特徴や気になるポイントを追っていく。今回はこれまでのレビューを総括しつつ、Surface RTとiPadを比較する。(2013/4/3)

ビジネスニュース 企業動向:
やはりSamsungを切ったApple、「A7」プロセッサはTSMCがまもなく設計完了か
業界筋によれば、TSMCが2013年3月中にも、Appleの新型プロセッサ「A7」の設計を完了するという。A7は、次世代「iPhone」および「iPad」に搭載される予定だ。スマートフォン関連の特許係争を理由に、Appleがプロセッサの製造委託先をSamsung Electronics以外にするという臆測は、以前から飛び交っていた。(2013/3/21)

EE Times Japan Weekly Top10:
再編迫られる国内半導体メーカー
EE Times Japanで先週(2013年2月3日〜2月9日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/2/12)

最新スマートフォン徹底比較(2012年秋冬モデル編):
第2回 クアッドコアCPU搭載機はどれくらい?――26機種のプロセッサーを比較
スマートフォン2012年秋冬モデルの機能やスペックを横並びで比較する本コーナー。第2回では、26機種のアプリケーションプロセッサーとベースバンドチップの違いをまとめた。(2012/12/25)

製品解剖:
新型iPad用プロセッサ「A6X」の詳細が判明、4コアGPUで性能を増強
Appleが11月初旬に発売した第4世代のiPadは、「A6X」プロセッサを採用している。そのパッケージを開封してダイを分析したところ、iPhone 5が搭載する「A6」に比べてGPUコアの種類と数が異なることが判明した。同等の動作周波数で2倍の処理性能が得られるとみられる。そのダイ写真も公開しよう。(2012/11/21)

ビジネスニュース:
Qualcomm、株式時価総額でIntelを上回る
Qualcommが、世界最大の半導体売上高を誇るIntelを株式時価総額で上回った。売上高で見ると、Qualcommは2012年の時点で世界第4位。その株価は61.83米ドルで、時価総額は1050億米ドルに達している。一方、売上高第1位のIntelは、株価が20.96米ドル、時価総額が1040億米ドルとなっている。(2012/11/13)

米Appleイベントまとめ:
ジョブズ不在を乗り越えた過去最強のラインアップ――「iPad mini」「13インチMacBook Pro Retina」「薄型iMac」に見るアップルらしさ
米国で行われたAppleのメディア向けイベントで、Retinaディスプレイを搭載した13型MacBook Proや、極薄ボディに生まれ変わったiMac、7.9型のiPad miniなど、年末を飾る新製品が一挙に公開された。林信行氏が現地からリポート。(2012/10/24)

Samsung、AppleへのiOS端末用液晶パネル供給終了へ──Korea Times報道
Samsung Displayの匿名の幹部が、“Appleが価格を大幅に引き下げたため”、来年にはAppleへのLCD供給を停止すると韓国メディアに語った。(2012/10/23)

モバイルワーク温故知新:
【最終回】時代は「ポストモバイル」、そして「ノマド」へ
HSPAによる高速データ通信の普及で、モバイルワークはもはや特別なものではなくなった。今回は通信インフラの発展がもたらしたポストモバイルとも言える現在の状況と、今後の展望についてみていこう。(2012/10/23)

Apple、iPhoneの部品供給・製造でSamsung離れ加速──Korea Times報道
スマートフォン市場シェア争いでは敵同士、端末の部品では顧客とサプライヤーの関係であるAppleとSamsungだが、AppleはiPhone 5のA6プロセッサの設計でSamsungを締め出しており、次期プロセッサでは製造まで引き上げる可能性があるという。(2012/10/16)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
囲いから解き放たれるロボット、人間の生産性を高める“協働”へ――統合電子版2012年10月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2012年10月号を発行しました。Cover Storyの「囲いから解き放たれるロボット、人間の生産性を高める“協働”へ」の他、今回はSpecial Reportとして10月2〜6日に開催されたCEATEC JAPAN 2012の速報リポート「家電も車もスマホにつながる、“スマート化”で新たな付加価値を探れ」を掲載。さらに、「iPhone 5を分解、新型プロセッサ『A6』の謎に迫る」、「電気自動車『ボルト』、電池管理の秘密」など、幅広い話題を掲載しました。(2012/10/9)

EE Times Japan Weekly Top10:
日本のテレビ業界、苦闘は続くも消費者の関心はまだ高い
EE Times Japanで先週(2012年9月30日〜10月6日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2012/10/9)

バラして見ずにはいられない:
「iPhone 5」 ソフトバンクモバイル版の“中身”を分解して知る
日本でも9月21日に発売され、ずっと品薄状態が続いている「iPhone 5」。その中身は、技術的にもかなり興味深い。機能を大きく強化しながら、より薄く、軽くなったiPhone 5の中身はどうなっているのか。(2012/10/4)

EE Times Japan Weekly Top10:
“正体不明”の「A6」プロセッサコア
EE Times Japanで先週(2012年9月23日〜9月29日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2012/10/1)

ビジネスニュース:
「A9」でも「A15」でもない? 「iPhone 5」のプロセッサコアはAppleが独自設計か
アナリストによると、Appleの「iPhone 5」のプロセッサコアは、ARMの「Cortex-A9」や「Cortex-A15」ではなく、Appleが独自に設計したARMコア互換のプロセッサコアを集積している可能性があるという。(2012/9/28)

iPhone 5のロジックブロックは手作業レイアウト? iFixitとChipworksがA6を解析
分解マニュアルのiFixitがChipworksと協力してA6を解析した結果、ARMベースのApple独自プロセッサのコアが手作業でレイアウトされていることや、プロセスがSamsungの32nmであることが分かった。(2012/9/26)

製品解剖 スマートフォン:
iPhone 5を分解、新型プロセッサ「A6」の謎に迫る
Appleの最新スマートフォン「iPhone 5」を分解し、主要部品のサプライヤーを調査するとともに、新型プロセッサ「A6」にも迫った。A6の全貌はまだ明らかになっておらず、いくつかの謎が残されている。CPUコアの種別と数は? どこで製造されているのか? まだ解析初期の段階だが、チップの刻印を見る限り、ファウンドリは引き続きSamsungのようだ。A6のダイ写真も公開する。(2012/9/23)

ビジネスニュース アナリストリポート:
iPhone 5のプロセッサは2GHzのデュアルコアCortex-A15、アナリストが言及
野村証券の調査部門によると、Appleの「iPhone 5」が内蔵する新型アプリケーションプロセッサ「A6」は、ARMのプロセッサIPコア「Cortex-A15」をデュアルコア構成で集積しており、クロック周波数は2GHzだという。Samsungが32nm世代の高誘電率膜/金属ゲート(HKMG)技術で製造する。(2012/9/19)

薄く、軽く、広く、よりパワフルに:
「iPhone 5」はやっぱり史上最高のモデルチェンジ
いよいよ9月21日から発売されるiPhone 5。世界が待ち望んだこの待望の新製品をいち早く試すことができたので、ここでその魅力を紹介しよう。(2012/9/19)

それは刷新という名の飛躍――iPhone 5が、“iPhoneの創りだした世界”を塗り替える
2年ぶりの前面刷新となった「iPhone 5」は、iPhone 4からデザインが大きく変わっただけでなく、機能面でも飛躍的な進化を遂げている。iPhone 5がどれだけ新たな価値を作りだしたのか、じっくりと紹介しよう。(2012/9/19)

海外モバイルニュースピックアップ:
iOS 6、日本で使えない機能は
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、日本で使えないiOS 6の機能、おすすめのAppleイベントリポート記事、iPhone 5のカメラ性能 など。(2012/9/14)

写真と動画で見る「iPhone 5」
4インチの縦長ディスプレイを採用しながら、薄型化と軽量化を果たしたAppleの新モデル「iPhone 5」。その質感はどんな感じなのか、外観の特徴や新機能の使い勝手を中心にファーストインプレッションをまとめた。(2012/9/14)

「iPhone 5」発表 ディスプレイが4インチに 日本で9月21日発売
Appleが「iPhone 5」を発表。ディスプレイは4インチに大型化し、LTEに対応する。(2012/9/13)

iOS 6は19日配信:
Apple、LTE対応の「iPhone 5」を発表、9月21日発売
Appleが9月12日(現地時間)、次世代のiPhone「iPhone 5」を発表した。事前のうわさどおり、4インチの縦長のディスプレイを搭載し、LTEでの高速通信をサポート。日本でも9月21日に発売予定だ。(2012/9/13)

ビジネスニュース 企業動向:
大規模投資が続くSamsung、19億ドルを投じてロジックICの製造施設を建設へ
スマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器に対する需要増に応えるため、SamsungはロジックICの製造施設を建設するという。同社は2012年4月にも、70億ドルを投資して中国にNANDフラッシュメモリ工場を新設すると発表したばかりである。(2012/6/12)

バラして見ずにはいられない:
「新しいiPad」 国内版の“中身”を分解して知る
Appleが発売した第3世代のiPadは、今後の同社の製品ラインアップを占う上でも重要なデバイスだ。すでにさまざまなメディアで「新しいiPad」の中身が明らかにされているが、6月のWWDCの開催を前に、改めて国内モデルのiPadを分解し、その中身を確認してみたい。(2012/5/24)

ビジネスニュース 市場動向:
2011年のファウンドリランキング、TSMCが圧倒的な強さで首位に
2011年のファウンドリ市場は、米ドルの下落もあって前年比5.1%増となった。中でも、TSMCは売上高シェアを49%近くに拡大し、2位以下を大幅に引き離してトップに立った。(2012/4/4)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
“新しいiPad”が追求したスペック以上の魅力
第3世代となる“新しいiPad”は、想像される範囲内のハードウェア変更にとどまったと言える。しかし、スペックだけを見ても、新iPadの本当の実力は見えてこない。(2012/3/10)

新iPadはクアッドコアではない? Apple発表会直前うわさまとめ
新型iPadが披露されるとみられるAppleの発表会が直前に迫る。最新のうわさを含む情報をまとめた。(2012/3/7)

Apple、3月7日に新型iPadを披露 発表会を告知
Appleは3月7日午前10時(日本時間8日午前3時)、“iPad 3”の発表会をサンフランシスコで開く。(2012/2/29)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(2月17日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2012/2/17)

iPad 3最新のうわさ:大容量バッテリー、改善されたカメラ、新LCDディスプレイとデュアルコアA6チップ
間もなく登場するとみられるAppleのiPad 3。漏れ伝わってくる内容から何がどう変わるのかをまとめた。(2012/2/13)

EE Times Japan Weekly Top10:
iPhoneにLTEが載るのはいつか?
(2011/10/25)

ビジネスニュース 企業動向:
Appleの次期プロセッサ「A6」、Samsungが製造を立ち上げ――韓国紙が報道
AppleとSamsungは、スマートフォンで互いの製品の販売差し止めなどを求めて訴訟合戦を繰り広げている。そうした背景から、Appleが次期プロセッサの製造を現行品「A5」の委託先であるSamsungからファウンドリ専業のTSMCに切り替えるという観測が広まっていた。ところがこのシナリオを覆す報道があった。(2011/10/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。