レビュー
» 2013年09月12日 11時40分 UPDATE

写真で解説する「iPhone 5s」の外観と新機能 (1/2)

Appleが9月11日、日本のメディア向けに新型iPhoneを紹介するプレスイベントを開催。短時間ながらiPhone 5sの実機に触れてきたので、見どころをお伝えしよう。

[田中聡,ITmedia]

 ついに発表されたAppleのiPhone新モデル「iPhone 5s」。「iPhone 5」から何が変わったのか? そして同時発表された「iPhone 5c」との違いは? Appleが9月11日に日本のメディア向けに開催したプレスイベントで、iPhone 5s/5cの実機に触れる機会を得たので、5sの気になるポイントを写真でチェックしていこう。

photophoto 「iPhone 5s」。ボディカラーはゴールド、シルバー、スペースグレイ

 本体のデザインは、後述する指紋センサーを搭載したホームボタンを除けば、基本的にiPhone 5から変更はない。ディスプレイ周囲と背面にアルミニウムを用いたことや、電源キー、ボリュームキー、マナーキーなどの位置も同じだ。ボディカラーはゴールド、シルバー、スペースグレイの3色で、iPhoneでは初めてゴールド系統の色が加わった。シルバーはiPhone 5のホワイトと変わらない印象だ。

 ドコモ、au、ソフトバンク版ともに端末デザインは統一されている。ドコモのスマートフォンには、これまで「docomo」「Xi」などのロゴが入っているモデルが多かったが、iPhone 5s/5cには、さすがに同社のロゴは入っていない。ドコモのネットワークを示すピクト部分の表示は「docomo」となっている。

photophoto 左がゴールド、右がシルバー

 サイズは58.6(幅)×123.8(高さ)×7.6(厚さ)ミリ、重さは112グラム。こちらもiPhone 5から変わっておらず、軽くて細い。ディスプレイもiPhone 5と同様、640×1136ピクセルの解像度を持つ4インチのRetinaとなっている。片手で持ちやすいサイズだが、側面は相変わらず角張っており、持ったときに手のひらに当たるのが少し気になる(iPhone 5cは、ここが丸くなっていて持ちやすい)。

photophoto 上部に電源キー(写真=左)、下部にイヤフォンジャック、Lightningコネクタ、スピーカーがある(写真=右)
photophoto 左側面にマナーキー、ボリュームキー(写真=左)、右側面にSIMスロット取り出し用の穴がある(写真=右)
photophoto ボディの幅が58.6ミリと細いので、片手でも操作しやすい(写真=左)。ゴールドとシルバーは、プラスチックの部分はいずれもホワイトだ(写真=右)
photophoto iPhone 5s用の純正ケースも用意される

 ネットワークは下り最大100MbpsのLTEをサポートする。詳細はこちらの記事を参照してほしいが、KDDIが(iPhone 5は対応していない)LTEの800MHz帯をサポートしたことが、大きなトピックだ。ドコモは2.1GHz帯、1.7GHz帯、800MHz帯のLTE、ソフトバンクモバイルは2.1GHz帯、1.7GHz帯(イー・モバイルのネットワーク)、900MHz帯(2014年以降)のLTEを利用できる。

iPhone 5s/5c/5の主なスペック
iPhone 5s iPhone 5c iPhone 5
サイズ 58.6×123.8×7.6ミリ 59.2×124.4×8.97ミリ 58.6×123.8×7.6ミリ
重さ 112グラム 132グラム 112グラム
容量 16、32、64Gバイト 16、32Gバイト 16、32、64Gバイト
ボディカラー シルバー、スペースグレイ、ゴールド ホワイト、ピンク、イエロー、ブルー、グリーン ブラック、ホワイト
チップ 64ビットアーキテクチャ搭載A7チップ A6チップ A6チップ
ディスプレイ 4インチ、640×1136ピクセルRetinaディスプレイ 4インチ、640×1136ピクセルRetinaディスプレイ 4インチ、640×1136ピクセルRetinaディスプレイ
Touch ID
アウトカメラ 8メガピクセル裏面照射型CMOSセンサー(1画素あたり1.5ミクロン)
F2.2
True Toneフラッシュ
バーストモード
8メガピクセル裏面照射型CMOSセンサー
F2.4
8メガピクセル裏面照射型CMOSセンサー
F2.4
インカメラ 1.2メガピクセル裏面照射型CMOSセンサー 1.2メガピクセル裏面照射型CMOSセンサー 1.2メガピクセル裏面照射型CMOSセンサー
バッテリー駆動時間 3G通話時間:最大10時間
インターネット利用:LTE最大10時間、3G最大8時間、Wi-Fi最大10時間
連続待受時間:最大250時間
3G通話時間:最大10時間
インターネット利用:LTE最大10時間、3G最大8時間、Wi-Fi最大10時間
連続待受時間:最大250時間
3G通話時間:最大8時間
インターネット利用:LTE・3G最大8時間、Wi-Fi最大10時間
連続待受時間:最大225時間

※初出時にiPhone 5のチップ(CPU)をA5と記載していましたが、正しくはA6です。おわびして訂正いたします(9/12 13:45)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.