ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Retinaディスプレイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Retinaディスプレイ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

今後のMacはどうなる!? 新型「iMac」に見るGPUを強化したM3チップの実力
AppleがM3チップ搭載のiMacを発売する。注目ポイントは、GPU性能の大幅な向上にある。実機で試しつつ検証してみよう。(2023/11/7)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
狙いはIntel Macの一掃か Appleが「M3チップ」ファミリーで描く戦略
Appleが11月7日から順次、「Apple M3チップファミリー」を搭載する新型Macを発売する。そのラインアップからは「Intel Macの一掃」という意思が伺える。M3チップファミリーのラインアップと、新型Macの布陣について考察していこう。(2023/11/2)

「iMac」にようやく新モデル M3チップ採用、M1と比べて最大2倍速く
米Appleは10月30日(現地時間)、オンラインイベント「Scary fast.」にて、新型「iMac」を発表した。同機種はM1モデルの発表以降アップデートされていなかったが、ようやく新チップに刷新された。同日より予約注文を開始し、11月7日に発売する。(2023/10/31)

Apple、M3チップを搭載した新型「iMac」を発表 処理性能はM1比で最大2倍に
AppleがM3チップを搭載した新型iMacを発表した。価格は19万8800円(税込み)から、11月7日に発売する。(2023/10/31)

MacbookやiMacなどの割賦払いが金利0%になるキャンペーン、9月25日まで
Appleは8月8日より、Macシリーズの割賦払いに課す金利を0%とするキャンペーンを開始した。実施期間は9月25日まで。「ペイディあと払い」を利用した際に適用でき、「15インチMacbook Air」や「24インチiMac」などが対象となっている。(2023/8/10)

どんなWindowsノートPCよりも薄くてパワフルでファンレス! M2チップ搭載「15インチMacBook Air」が6月13日に登場 19万8800円から
AppleがM2チップ搭載のMacBook Airに15.3型ディスプレイを備えるモデルを追加する。6月13日の発売を予定しており、6月6日から販売予約を受け付ける。(2023/6/6)

「MacBook Air」に15インチ登場 1299ドルから
米Appleは6月5日(現地時間)、年次開発会議「WWDC23」において「MacBook Air」の15インチモデルを発表した。価格は1299ドルからで、同日より予約受付を開始した。(2023/6/6)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
最近のSurfaceはお絵描き主用途もいける? プロ絵師が「Surface Pro 9」を試したぞ!
イラストレーター refeiaさんの連載第4弾は、日本マイクロソフトの最新2in1PC「Surface Pro 9」です。最新CPUを備えたSurface Pro 9の書き味はどうでしょうか?(2023/2/28)

高性能は当たり前! M2搭載の新型iPad Proで実現したApple Pencilのホバリング操作に感じた進化
標準iPad(第10世代)と共に、プロ向けの「iPad Pro」もプロセッサを改めた最新モデルが登場した。その12.9インチモデルを林信行氏が試した。(2022/10/25)

「iPad(第10世代)」を10月26日発売 ホームボタン廃止でUSB Type-C搭載、約6.9万円から
Appleが、第10世代の新型iPadを10月26日に発売する。従来のiPadで採用していたホームボタンとLightningを廃止した。カラーバリエーションはブルー、ピンク、シルバー、イエローの4色で展開する。価格は6万8800円から。(2022/10/19)

M2チップ搭載の新型「iPad Pro」、10月26日発売 約12.5万円〜37.3万円
Appleが新型の「iPad Pro」を発表。11型と12.9型の2モデルで構成され、10月26日に発売される。Macでもおなじみの「M2チップ」を搭載しており、先代のM1と比べてCPUが最大15%高速化、GPUが最大35%高速化している。(2022/10/19)

USB-Cになった新「iPad」登場 Lightningとホームボタン廃止、Air風デザインに 6万8800円から
米Appleは10月19日、タブレット端末「iPad」の新モデルを発表した。新デザインを採用。これまでインタフェースにLightningを搭載していたが、新たにUSB-Cを採用した。(2022/10/19)

新作「Apple Watch Series 8」の実機を写真でチェック 新機能をおさらい
米Appleが9月7日(現地時間)に発表した新型Apple Watch「Apple Watch Series 8」。実機の写真を中心に各機能をチェックしてみよう。(2022/9/20)

ドコモ、ソフトバンク、楽天モバイルが「Apple Watch Series 8」の発売を延期
NTTドコモ、ソフトバンク、楽天モバイルは9月16日に発売予定の「Apple Watch Series 8」について、発売を延期することを明らかにした。各社とも延期の理由については明らかにしていない。KDDIは当初、発売日を案内しておらず、17日に決定した。(2022/9/15)

「Apple Watch SE」に新モデル 3万7800円から 「Series 8」も登場
米Appleは9月7日、同社が開催したオンラインイベントにて「Apple Watch Series 8」と第2世代の「Apple Watch SE」を発表した。(2022/9/8)

「iPhone 14」シリーズ徹底比較 iPhone 13と何が変わったかチェックしてみた
米Appleが9月7日(米国時間)に「iPhone 14」シリーズを発表した。6.1インチの「iPhone 14」「iPhone 14 Pro」と、6.7インチの「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro Max」の4機種。従来モデルと比べながら、新機能や注目ポイントを紹介する。(2022/9/8)

史上最もタフ、最大60時間駆動する「Apple Watch Ultra」が12万4800円で9月23日発売
Appleは9月8日(日本時間)、最大60時間駆動を可能とし、史上最もタフな「Apple Watch Ultra」を発表した。価格は12万4800円(税込み)から。予約の受け付けは同日に始まり、9月23日に発売となる。(2022/9/8)

衝突検知も可能な「Apple Watch Series 8」と廉価版「Apple Watch SE(第2世代)」が9月16日に発売
Appleは9月8日(日本時間)、「Apple Watch Series 8」「Apple Watch SE(第2世代)」を発表した。どちらも8日に予約の受け付けが始まり、9月16日に発売となる。Apple Watch Series 8の価格はGPSモデルが399ドルからで、Cellularモデルは499ドルからとなる。Apple Watch SE(第2世代)の価格は249ドルから。(2022/9/8)

iPhone、Apple Watch、iPadも? 9月8日にAppleが発表するデバイス予想まとめ
Appleは日本時間の9月8日午前2時に、スペシャルイベント「For out.」を開催します。例年より1週間前倒しになったこのイベントでは、次期iPhone 14シリーズ以外にも、新型AirPods Proや新型Apple Watchの発表がうわさされています。何が発表され何が発表されないのか、これまでのリーク情報やうわさをまとめてみました。(2022/9/7)

「M2 Macが欲しい」人がMacBook AirとProで迷ったら、この一択
近い値段で「Air」と「Pro」という商品があったら、「Pro」の方が高級に見えるだろうが……。(2022/7/25)

M2 MacBook Air、いいんだろうけど高すぎる問題を考える ならばM1 MacBook Airを買う選択はアリなのか?
本来ならばものすごく安いはずのM2 MacBook Airが、円安のせいで日本での価格がだいぶ高止まりしてしまった。なら前世代のM1にする選択肢もありなのか? 両モデルをレビューした村上タクタさんが購入戦略を考える。(2022/7/22)

M2搭載新世代MacBook Airを念入りにチェックしたら、こんなことが見えてきた
Mac OTAKARA流の超細かいチェックで判明した事実をお届けしよう。(2022/7/15)

14年間で初の大幅デザイン変更を受けたシン・MacBook Airの実力 M2搭載で大幅性能向上だけじゃない【先行レビュー】
予約販売は13インチMacBook Proの方が先行したが、M2搭載機ならこちらが本命だろう。実機レビューを村上タクタ氏が行った。(2022/7/14)

ただM2チップに変わっただけ? 新MacBook ProはM1版と全く同じではない
M2チップを搭載したMacBook Pro「MacBook Pro (13-inch, M2, 2022) 」をチェックした。(2022/6/24)

写真と動画で決める、M2 MacBook Airの色選び 新色のミッドナイトとスターライトはどんな感触?
巨大な円盤型Apple本社、Apple ParkでM2プロセッサを搭載した新デザインMacBook Airを試した大石結花さんによるファーストインプレッション。(2022/6/14)

M2搭載の新型「MacBook Air」にApple円盤本社で触れた 電源ケーブルの色までチェック
MACお宝鑑定団流の細かすぎるハンズオンレビュー。(2022/6/9)

M2チップ搭載でファンレス駆動 新型「MacBook Air」は7月発売 16万4800円から
Appleの薄型ノートPC「MacBook Air」がモデルチェンジされる。新型のApple M2チップを搭載して処理パフォーマンスを向上しつつも、ファンレス設計は堅持している。店頭販売の上位構成には、新しいACアダプターも付属する。(2022/6/7)

新型「MacBook Air」登場 新デザインで“M2”搭載 4色展開で液晶は“ノッチ”付き 16万4800円から
米Appleは6月6日(現地時間)、自社チップ「Apple M2」を搭載した新型「MacBook Air」を発表した。7月発売予定。米国は1199ドルからなのに対し、国内価格は円安を反映してか16万4800円からとなる。(2022/6/7)

M1搭載した第5世代iPad Airは先代とどこが違うか、実機でチェックした(動画あり)
M1チップを搭載した「iPad Air (5th generation) 」は、上位モデルのiPad Proと同じプロセッサでありながらボディーは第4世代とほぼ変わらない。(2022/3/22)

Apple Siliconを積んだディスプレイは何ができるのか? 21年ぶり復活の「Apple Studio Display」にいろいろ繋いだ
21年の歳月を経て復活したApple Studio Display。iPhoneやiPadにも搭載されたA13 Bionicチップが組み込まれている意味は何か。(2022/3/18)

写真と動画で見るMac StudioとStudio Display クリエイターなら買った方がいい?
ニューヨーク在住のYouTuber、大石結花さんによる、Mac StudioとStudio Displayのフォト&ムービーレポート(2022/3/17)

auの「iPhone SE(第3世代)」は6万5335円から、「iPad Air(第5世代)」は10万80円から
KDDIは、auブランドで取り扱う「iPhone SE(第3世代)」と「iPad Air(第5世代)」の価格(税込み)を発表した。いずれもau Online Shop価格となる。どちらも3月11日22時から予約を受け付け、18日に発売する。(2022/3/10)

M1になった「iPad Air」、第4世代と徹底比較してみた
米Appleが3月8日(現地時間)に発表したiPad Airは、「Apple M1」を搭載し、パフォーマンスを大幅に引き上げた。しかし、外観は前モデルから変化はない。SoCの変更以外にどこが変わったのだろうか。(2022/3/9)

Appleイベント発表まとめ 新型「iPhone SE」や「Mac Studio」など新ハードが豊作
米Appleは3月8日(現地時間)に自社イベントを開催。数多くのハードウェア新製品を発表した。どういったものが登場したのかまとめてみる。(2022/3/9)

新「iPhone SE」は何が変わった? 第2世代SEとの比較まとめ
米Appleが新型「iPhone SE」を発表した。2020年以来2年ぶりのiPhone SE後継機だが、デザインに変更はない。旧iPhone SEと比べながら注目ポイントを紹介していく。(2022/3/9)

「M1」になった新型「iPad Air」発表 Touch ID継続で5Gに対応 7万4800円から【追記あり】
米Appleが新型iPad Airを発表した。チップに「Apple M1」を採用し、Touch IDなどは継続して搭載する。価格は7万4800円から。(2022/3/9)

新型「iPhone SE」発表 デザインそのまま5G対応 256GBモデルも 5.78万円から【追記あり】
米Appleが第3世代の「iPhone SE」を発表。第2世代モデルのデザインを踏襲し、画面下には指紋認証「Touch ID」対応のホームボタンを搭載。新たに5G通信にも対応した。価格は429ドルから。18日に発売する。(2022/3/9)

Appleの布「ポリッシングクロス」を試してみた
実は、現在は貴重なAppleロゴグッズでもある。(2021/10/25)

「Apple Watch Series 7」は前モデルとどこが変わったか 実機でチェックした
10月15日発売の新しいApple製スマートウォッチを、大石結花さんがチェック。(2021/10/14)

スティーブ・ジョブズ没後10年 Appleの隆盛を支えた「ジョブズとクック」が成し遂げたこと
Appleの創業者であるスティーブ・ジョブズが亡くなって10年がたとうとしている。改めて「スティーブ・ジョブズとティム・クック」について、西田宗千佳さんが分析する。(2021/9/30)

「iPad mini」がフルモデルチェンジ USB Type-Cポート搭載+5G対応で9月24日発売
Appleが「iPad mini」をフルモデルチェンジした。現行の「iPad Pro」や「iPad Air」と似たデザインとなり、外部接続端子はLightningからUSB Type-Cに変更された他、Wi-Fi + Celluarモデルでは5G対応も果たしている。(2021/9/15)

画面領域が拡大し急速充電に対応! IP6Xの防じん性能を備えた「Apple Watch Series 7」登場 発売は秋
Appleが新型Apple Watch Series 7を発表した。新たにフラットな画面を採用し、画面解像度が広くなった。従来のApple Watch SEとApple Watch Series 3も引き続き併売される。(2021/9/15)

狭額縁:
5G対応「iPad mini」発売 手のひらサイズでTouch ID、USB-Cポート搭載
アップルが新型「iPad mini」を発表。5G通信に対応し、電源ボタンにはTouch ID、USB-Cポートを備える。(2021/9/15)

第9世代の「iPad」登場 A13 Bionic搭載、インカメラはセンターフレームに対応
Appleが第9世代の「iPad」を発表した。プロセッサはA13 Bionicを搭載しており、先代のA12 Bionicからパフォーマンスが2倍向上した。インカメラは機械学習を活用したセンターフレームに対応する。(2021/9/15)

次期Apple Watch Series 7とされる画像を掲載? フラットなデザインで薄型
Apple Watch Series 6が発表されたのは2020年9月16日。例年通りならば次期モデルまであと1カ月だ。(2021/8/18)

次期iPad、iPad Air、iPad miniのデザイン情報入手 iPad Airは11インチiPad Proベースか
次期iPad Air (5th generation) はiPad Pro 11-inch (3rd generation) 筐体ベース? 次期iPadとiPad miniはデザイン変更なしか。(2021/7/28)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
M1搭載「iPad Pro」の本領発揮はまだ先か 新旧モデルを使い比べて分かった現状の実力と秘めた可能性
Apple M1搭載の「iPad Pro」を試用した。イラストレーターとともに12.9型モデルの実機を使ってみたところ、現時点でも従来機に比べて体感できる差があったが、その性能を生かしきるにはもう少し時間がかかりそうだ。AppleはiPad Proの未来をどの方向にかじ取りしていくのだろうか。(2021/6/7)

“脱Intel”は是か非か
Apple爆速チップ「M1」搭載のiMac、iPad Proを素直に喜べない“切実な理由”
Appleは「iMac」「iPad Pro」の新製品に同社開発のSoC「Apple M1 Chip」を搭載し、処理速度を高めた。独自の“脳”を持たせた新製品は魅力的ではあるが、同時にある懸念ももたらしている。それは何なのか。(2021/5/29)

Apple、新型「iMac」「iPad Pro」「Apple TV 4K」を5月21日に発売
Appleが、「iMac」「iPad Pro」「Apple TV 4K」を5月21日に発売する。3製品とも4月30日に予約受付を開始しており、5月後半に発売するとアナウンスしていた。既に予約をしているユーザーには、21日から製品が届けられる。(2021/5/19)

Apple、M1搭載iMac 24インチを5月21日から店頭販売開始 Apple Storeでは全7色展示
7色のうち3色はApple Store限定。(2021/5/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。