ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「事業・資産の譲渡」最新記事一覧

日立製作所/三菱重工業:
X線治療装置事業の譲渡契約を締結、日立は放射線治療システム事業を強化
日立製作所は、三菱重工業とX線治療装置事業について事業譲渡契約を締結し、三菱重工のX線治療装置事業を日立に譲渡することで合意したと発表した。(2016/9/2)

医療機器ニュース:
X線治療装置事業の譲渡契約を締結、放射線治療システム事業を強化
日立製作所は、三菱重工業と事業譲渡契約を締結し、三菱重工のX線治療装置事業を日立製作所に譲渡することで合意したと発表した。これにより日立は、従来の粒子線治療システム事業と合わせ、放射線治療システム事業を強化・拡大していく。(2016/8/31)

石野純也のMobile Eye(8月8日〜19日):
日本通信はなぜ個人向けMVNO事業を手放すのか
日本通信が、個人向けMVNO事業をU-NEXTへ譲渡する。この事業継承は、日本通信がMVNEに専念する戦略の一環で行われたもの。事業譲渡をすることになった背景は? またU-NEXT側にはどんなメリットがあるのだろうか?(2016/8/20)

日本通信の個人向けMVNO事業、U-NEXTに譲渡
日本通信は個人向けMVNO事業をU-NEXTに譲渡する。(2016/8/10)

日本通信、個人向けMVNO事業をU-NEXTへ譲渡
日本通信が、個人向けMVNO事業でU-NEXTと協業する。日本通信がMVNEとなり、これまで提供していた個人向けサービスはU-NEXTが引き継ぐ。日本通信とU-NEXTが「第4のキャリア」となって市場シェアを伸ばすことを目指す。(2016/8/10)

製造マネジメントニュース:
不透明感広がるソニーの1Q決算、電池事業は製品力で巻き返せず譲渡へ
ソニーは2017年3月期(2016年度)第1四半期の決算を発表し、減収減益となった。また、村田製作所に譲渡を発表した電池事業の状況についても説明した。(2016/7/29)

リチウムイオン二次電池など法人向け製品:
ソニーが電池事業を村田製作所に譲渡
ソニーが、リチウムイオン二次電池を含むB to Bの電池事業を村田製作所に譲渡する。現時点で、譲渡の金額や人員などにかかわる詳細の情報は開示できないとしているが、2017年3月末をめどに取引きを完了させる予定だ。(2016/7/28)

製造マネジメントニュース:
ソニーが村田製作所に電池事業を売却――一般消費者向け製品は維持
ソニーと村田製作所は、ソニーグループの電池事業を村田製作所グループが譲り受けることで意向確認書を締結した。ソニーの電池事業は、リチウムイオン二次電池を世界で初めて商用化したことで知られるが、ここ数年は構造改革が求められる状況にあった。(2016/7/28)

ソニー、電池事業を村田製作所に譲渡へ 世界初リチウムイオン商品化した“名門”も売却対象に
ソニーと村田製作所が、ソニーの電池事業を村田製作所に譲渡することで合意した。(2016/7/28)

自然エネルギー:
台風で使えなくなった町営の小水力発電所、パワーアップして5年ぶりに運転開始
北海道で5年前に運転を停止した町営の小水力発電所が復活した。60年以上も前に建設した古い発電設備が台風による洪水で使えない状態になっていた。設備を譲り受けた民間の発電事業者が全面的な更新工事を実施して、発電能力を増強したうえで運転再開にこぎつけた。(2016/7/20)

大型/高多層基板市場で国内トップシェア狙う:
OKI、日本アビオのプリント配線板事業を取得
OKIは、日本アビオニクスからプリント配線板事業を取得する。EMS(生産受託)事業拡大に向けて、難易度が高く信頼性が要求されるプリント配線板市場での事業強化を図る。(2016/7/8)

八重洲ブックセンターがトーハンの傘下に 鹿島建設グループから株式の49%を譲受
トーハンから代表取締役を派遣するとのこと。(2016/6/2)

照明用デバイス事業は継続:
ローム、照明器具事業をアイリスオーヤマに譲渡
ロームは2016年3月31日、LED照明器具/照明システム事業をアイリスオーヤマに売却すると発表した。(2016/3/31)

東芝ライフスタイル株の8割超を美的に譲渡:
東芝の白物家電譲渡額は537億円に
東芝は2016年3月30日、既に白物家電事業を売却することで基本合意していた中国の美的集団と譲渡契約を締結し、譲渡額は約537億円になる見込みと発表した。(2016/3/30)

テレビなど映像事業は継続:
東芝、中国・美的への白物家電事業売却を発表
東芝は2016年3月17日、白物家電事業を中国の家電メーカーである美的集団に譲渡すると発表した。(2016/3/17)

2016年7月1日付で:
日立、液晶製造装置事業を売却へ
日立製作所は2016年7月1日付で、液晶パネル製造装置事業をファンド運営会社に譲渡する。(2016/3/14)

NECモバイル解散、携帯事業はNECが引き継ぐ形に
携帯事業を展開しているNECモバイルコミュニケーションズの解散が決定。携帯事業をNECに譲渡することは既に決定しており、フィーチャーフォンの開発・サポートを引き継ぐ形となる。(2016/2/29)

芳林堂書店が破産 「コミックプラザ」など運営
書店運営については書泉に事業譲渡することで合意。(2016/2/26)

Librettoにときめいたあの日:
“あこがれの名機”で振り返る、東芝ノートPC 30年の歴史
ノートPC事業30周年の節目の年から1年、「PC事業の譲渡」という大きな決断を下した東芝。“世界初のラップトップ”をうたうノートPCを皮切りに、数々の名機を生み出した同社の“PC開発の歩み”を振り返る。(2016/2/24)

製造マネジメントニュース:
携帯電話端末事業の体制見直しで運営を効率化
NECは、携帯電話端末事業の体制を見直し、子会社のNECモバイルコミュニケーションズから同事業を譲り受けることを決定した。運営効率化を図る。(2016/1/21)

石川温のスマホ業界新聞:
富士通が携帯端末事業を会社分割。社長は高田克美氏――官製不況到来目前に、他社との経営統合を模索か
富士通が2015年10月に発表した携帯電話端末事業の分社化の詳細が明らかとなった。新設子会社に会社分割で事業譲渡する形式を取るが、市場動向によっては他社を巻き込んだ、さらなる事業再編が進むかもしれない。(2016/1/8)

譲渡額は190億円:
東芝 大分300mmラインのソニーへの譲渡正式合意
東芝は2015年12月4日、同年10月28日に基本合意していた大分工場300mmウエハーラインのソニーへの譲渡に関し、正式契約に至ったと発表した。(2015/12/4)

今後も譲渡先探るものの:
ルネサス、高知工場の閉鎖方針を発表
ルネサス エレクトロニクスは2015年12月1日、高知工場を今後2〜3年以内に閉鎖または譲渡すると発表した。(2015/12/1)

薄膜製品需要増でTDKが打診:
ルネサス、鶴岡工場をTDKに譲渡へ
TDKとルネサス エレクトロニクスは2015年11月30日、ルネサス鶴岡工場(山形県鶴岡市)をTDKに譲渡する内容で基本合意に至ったと発表した。(2015/11/30)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが子会社の鉛蓄電池事業をGSユアサに譲渡
パナソニックは、子会社のパナソニック ストレージバッテリーで行う鉛蓄電池事業を、GSユアサに譲渡することに基本合意した。株式の譲渡に加え、鉛蓄電池事業を担当する海外拠点の事業もGSユアサグループに譲渡する。(2015/11/25)

TAC、子会社「TAC桐原書店」解散 事業譲受の破談で
TACは子会社「TAC桐原書店」を解散する。(2015/11/17)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
特許を無償譲渡すると言い出したGoogle、何を企んでいるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/11/14)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
特許を無償譲渡すると言い出したGoogle、何を企んでいるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/11/1)

イメージセンサー事業から撤退:
東芝、大分300mmラインをソニーに譲渡
東芝とソニーは2015年10月28日、東芝の半導体前工程製造拠点である大分工場300mmウエハー生産ラインを、ソニーに譲渡することで合意したと発表した。東芝は、CMOSイメージセンサー事業から撤退する。(2015/10/28)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Googleから特許を無償譲渡されると何が起きるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/10/24)

タダで特許あげます
真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始
Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目的とは? 特許を譲渡された企業のメリットとは?(2015/10/20)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :ネットワークスローダウンの処方箋
特集は、ネットワークの速度が低下したときの対処法を解説。他に、自社特許の無償譲渡を発表したGoogleの真意、HeartbleedバグがOpenSSLにもたらした影響、ソフトウェアテスト自動化ツールの導入事例などをお届けする。(2015/10/19)

「& TOKYO」とロゴ似ていると話題の仏メガネ店 「東京都へ譲渡するから」とロゴ変更のため寄付を募集
「東京ブランド推進キャンペーン」のロゴと類似性が指摘されている「Plug & See」が、「仏日友好のために」と発表。(2015/10/13)

旧「近代映画社」が破産 「SCREEN」など3誌は新「近代映画社」で継続
「SCREEN」「SCREEN+」「BIG ONE GIRLS」の3誌は10月1日付けでタイヘイグループのティ・アイ・ティに譲渡。同社が商号変更で近代映画社として継続刊行する。(2015/10/5)

実録! ネット詐欺(前編):
“ネットワーク研究者”がネット詐欺に遭った日
2015年7月のある暑い日。私は自分がインターネット利用詐欺に遭ったことに気付きました。19歳でPCを譲り受けて以来、ネットワークとともに生き、インターネットの商用発展にできる限り尽くし、自称“ネットワーク研究者”でもある私が、ついにインターネット利用詐欺の餌食となってしまったのです。(2015/9/7)

羽田空港ディスカバリーミュージアム企画展で「燭台切光忠」展示! 水戸徳川家が伊達政宗より譲り受けた名刀
これはうれしい……!(2015/9/1)

東芝 電子書店「BookPlace」をU-NEXTへ継承
事業譲渡に伴い、会員情報は東芝からU-NEXTへと自動的に移管される。(2015/8/28)

TAC、子会社「TAC桐原書店」の設立を発表 桐原書店の全事業を譲受
TACグループの出版事業と新分野の拡大を目的に。(2015/8/18)

ヤッパ、SpinMediaをアウトソーシングテクノロジーに事業譲渡
アウトソーシングテクノロジーでは今後、SpinMediaをメディア部門の事業の柱と掲げ、サービス拡充と向上を目指すとしている。(2015/8/4)

一部に「買いたたき」や「著作権の無償譲渡」 公取委、テレビ局と番組制作会社の取引に関する調査結果を公開
テレビ局と番組制作会社の取引において、一部で「採算確保が困難な取引(買いたたき)」など法的に問題となり得る行為が見られた。(2015/7/30)

図研がYDC「CADVANCE」を継承
図研とワイ・ディ・シー(YDC)が、YDCの電気系CAD・PDM関連事業(CADVANCE事業)を図研が譲り受けることで合意した。(2015/6/1)

映画「スティーブ・ジョブズ」、10月9日公開へ(動画あり)
ベストセラーとなったウォルター・アイザクソン著「スティーブ・ジョブズ」を原作とするジョブズ氏の伝記映画「Steve Jobs」の米国での封切りが10月9日に決定。Sony Picturesから版権を譲り受けたUniversal Picturesが初のトレーラーを公開した。(2015/5/18)

ビジネスニュース:
ルネサス 滋賀8インチラインをロームに譲渡――パワー半導体/圧電MEMSの主力拠点へ
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2015年4月30日、滋賀工場の8インチウエハーラインの製造設備をロームに譲渡すると発表した。ロームは、同ラインをパワー半導体/圧電MEMSの主力製造拠点として活用する方針。(2015/4/30)

PR:再生可能エネルギーを加速するLooopの事業、設備認定案件を実現に向けて先導
太陽光発電所を立ち上げるには、さまざまな壁がある。設備認定を受けながら、壁にぶつかって実現に至らない案件に対して、「ワンストップ」のサービスを提供する企業が現れた。Looopは顧客の融資サポートから、法令順守の確認・対応、地域住民への説明に至るまで、事業環境整備に役立つサービスを開始する。発電事業の手助けする他、権利の譲渡も受ける。(2015/4/27)

ドコモの無線LANルーターレンタル「Home Wi-Fiサービス」が5月31日に終了、ルーターは無償譲渡
NTTドコモは、無線LANルーターのレンタルサービス「Home Wi-Fiサービス」を5月31日で終了。レンタル中のルーターは利用者へ無償譲渡する。(2015/4/14)

ソニー、オリンパス株の譲渡価格は718億円
成長に向けた投資資金の確保を目的として、2015年度第1四半期において約468億円の譲渡益をその他の収益として計上する。(2015/4/2)

Twitterアカウント「@japan」、政府が運用開始 スペインの男性から譲り受け
政府がTwitterアカウント「@japan」の運用を始めた。海外向け情報発信に活用する。(2015/3/18)

電力供給サービス:
県営の水力発電所を電力会社へ譲渡、三重県が105億円で10カ所すべて
三重県の企業庁は10カ所の水力発電所を中部電力に譲渡する。すでに5カ所の譲渡を完了して、残る5カ所も2015年4月1日付で譲渡する契約を結んだ。譲渡金額は10カ所の合計で105億円にのぼる。電力の小売全面自由化を目前にして、自治体の発電事業も転換期を迎えている。(2015/3/10)

それぞれのブランドは継続:
新社名は「オンキヨー&パイオニア株式会社」――パイオニア、ホームAV事業などの譲渡完了
パイオニアのホームAV事業など、3事業のオンキヨーへの譲渡が完了した。両社のホームAV事業はオンキヨーが100%の株式を持つ「オンキヨー&パイオニア株式会社」に継承される。(2015/3/2)

「オンキヨー&パイオニア株式会社」誕生 ホームAV事業統合
 オンキヨーがパイオニアのホームAVと電話機、ヘッドフォンの各事業の取得を完了。「オンキヨー&パイオニア株式会社」が発足した。(2015/3/2)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。