ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「AX420N」最新記事一覧

データ通信端末のWindows 7対応状況
いよいよ10月22日0時に迫ったWindows 7 DSP版の発売。通常版も22日の9時には販売が始まる。最新OSで、データ通信端末が問題なく利用できるのかを改めて確認した。(2009/10/21)

手数料無料&月額980円でネット放題――ウィルコム、2つの“smile!”キャンペーンを開始
ウィルコムが、新規契約者を対象にした2つのキャンペーンを開始。「smile!×smile!キャンペーン」では契約事務手数料が無料になり、「smile!×mobile!キャンペーン」ではデータ通信端末が月額980円で2年間利用できる。(2009/6/17)

ウィルコム、データ通信カードが月額980円で使い放題になるキャンペーンを延長
データ通信カードを新規契約すると、端末代金を含めて月額980円で利用できる「ゴールデンウィーク スペシャル企画キャンペーン」が、5月31日まで延長される。(2009/5/11)

ゴールデンウィーク中の契約で、2年間ネット使い放題が月額980円に――ウィルコム
5月10日までにデータ通信カードを新規契約すると、月額980円で2年間、データ通信が使い放題に――。ウィルコムが期間限定のキャンペーンを実施する。(2009/4/23)

ドコモがPHSのウィルコム乗り換え支援、端末無償化や番号引き継ぎ
NTTドコモは、現在のPHSサービス利用者に対して、端末・手数料無料化や電話番号引き継ぎなどを行う優待措置を実施する。(2007/8/6)

先行申し込み数は「予想の3倍」――イー・モバイル千本会長
イー・モバイルの千本会長が、「イー・モバイル体感キャンペーン」を実施中のヨドバシカメラ マルチメディアAkibaに来店。先行申し込みの状況や、その手応えを語った。(2007/3/5)

データ通信カード「AX520N」「AX420N」向け更新ファームウェアを公開
ウィルコムのW-OAM対応NECインフロンティア製データ通信カード「AX520N」「AX420N」の更新ファームウェアが公開された。主な内容は「自営動作時の接続性を向上」。(2006/8/25)

Lunascape、タブブラウザ「Lunascape for WILLCOM」の最新版を提供
Lunascapeが、通信状態の管理機能を備えたタブブラウザ「Lunascape for WILLCOM」を提供開始した。利用料金は無料。(2006/7/5)

高度化PHS「W-OAM」対応端末「AX420S」発売──6000円台後半
ウィルコムが4xパケット方式で最大204kbpsの通信が可能な高度化PHS「W-OAM」に対応したCFカード型端末「AX420S」を発売した。価格は6000円台後半。(2006/3/9)

ウィルコム、W-OAM対応端末「AX520N」「AX420N」を発売
データ通信速度を約2倍に高めるW-OAMに対応したNECインフロンティア製新端末「AX520N」と「AX420N」が発売になった。ウィルコムストアでの価格は1万4800円と6800円。(2006/2/23)

ウィルコムの高度化PHS「W-OAM」端末群、発売日決定
ウィルコムは、高度化PHS規格「W-OAM」に対応した端末3機種の発売日を発表した。2月23日から随時リリース予定。(2006/2/16)

「W-OAM」対応の新データ通信カード3機種
NECインフロンティアとセイコーインスツル(SII)が「W-OAM」に対応したデータ通信カード3機種を発表した。(2006/1/27)

料金据え置きで通信速度を3倍に――ウィルコム
ウィルコムは新変調方式を導入し、最大通信速度を従来の1.6倍に引き上げる。また1xパケット方式(最大32kbps)を料金据え置きで2xパケット方式(最大64kbps)に高速化する。(2006/1/27)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。