ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バカラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バカラ」に関する情報が集まったページです。

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダの意地を賭けたCX-3の改良
マツダのCX-3が大幅な変更を加えられて登場した。主査も意地を賭けての商品改良である。どのように変化したのだろうか。(2018/6/18)

タイムアウト東京のオススメ:
きらめく街を歩く
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/11/14)

今年はイルミネーション見に行かない? 都内近郊8スポットをイルミ写真36枚で紹介
心のアルバムにおさめたくなる光がそこにある。(2017/10/29)

来週話題になるハナシ:
「体験」はウリになるのか? ブランドがホテルに参入する意味
ネット通販がどんどん便利になるにつれ、店舗を訪れる客が減っている。ブランド力をアップさせるために各社はどのような手を打っているのか。国内外で「体験」を提供する動きが出てきて……。(2017/10/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
“小さな高級車”幻想に挑むデミオとCX-3
マツダがデミオとCX-3の商品改良を行った。改良ポイントは大きく3つあるが、そもそもCX-3は単純にデミオのコンポーネンツを使っているというだけでなく、ボディも共用している。SUVでありながら室内高はデミオと変わらない。なぜそうしたクルマが作られたのだろうか?(2016/12/5)

タイムアウト東京のオススメ:
きらめく街に飛び出す
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2016/11/1)

「ONE PIECE」新作映画はキャストが超豪華 アニメ声優初挑戦の満島ひかりさんも出演
3年半ぶりの新作映画です。(2016/3/29)

タイムアウト東京のオススメ:
きらめく街に繰り出す
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2015/11/4)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
暮らしの中から生まれる創造、あるタイポグラフィデザイナーの場合
ハウスインダストリーズの仕事には生きかたの理想形がある。日々の暮らしの中で仕事が生まれ、創造が生まれる。それは人の本来の姿でもある。(2012/11/8)

羽田空港に「ISETAN HANEDA STORE」がオープン
羽田空港に三越伊勢丹グループと日本空港ビルディングとの共同事業によるライフスタイル型のショップ「ISETAN HANEDA STORE(イセタン羽田ストア)」がオープンした。(2012/4/23)

ミラノサローネ2012で「auスマートフォンの新コンセプトモデル」を展示
KDDIは、スペインのハイメ・アジョン氏がデザインを手がけたauスマートフォンの新しいコンセプトモデルを、ミラノサローネ2012で展示する。(2012/4/16)

バカラ、ワインのためのグラス「シャトーバカラ」を16年ぶりに解禁
ワイングラス「シャトーバカラ」が4月1日に発売。どんなワインでもおいしく飲めるようにと、名だたるソムリエや醸造家の舌と科学的検証によって開発されたグラスです。(2012/3/29)

アップルに学ぶ、“あいまいさ”思考
日本人は手先の器用さ・繊細な感覚を生かしハード的に優れたモノを作ってきたが、形状・性能・価格といった「form」次元だけで戦うのは難しい時代に入った。「form」を超えて、どう「essence」次元にさかのぼっていくか、そのためにどう「あいまいに考える力」を養うか──次のステージはそこにある。(2011/9/7)

ドコモ、「TOUCH WOOD SH-08C」「SH-09C」「Optimus Pad L-06C」のソフトウェア更新を開始
ドコモのシャプ製ケータイ「TOUCH WOOD SH-08C」「SH-09C」、LG製のAndroidタブレット「Optimus Pad L-06C」の不具合を解消するソフトウェア更新が開始された。(2011/6/10)

西武渋谷店でハイメ・アジョンの世界展
5月25日から東京・渋谷の西武渋谷店で「ハイメ・アジョンの世界展」が開催される。現在、世界中のブランドから引っ張りだこの、人気デザイナーの作品を一堂に集めた豪華企画だ。(2011/5/25)

ムービー:「BACCARAT HIGHLIGHT」
今年のミラノサローネで公開された「BACCARAT HIGHLIGHT」のプロモーションムービー。バカラと一流デザイナーの競演! 参加デザイナーは、フィリップ・スタルク、ハイメ・アジョン、アレック・レヴィ氏ほか。日本からも堀木エリ子氏。(2011/5/10)

5000台限定のバカラケータイ「SH-09C」、3月11日発売
バカラとコラボレートしたドコモ端末「SH-09C」が3月11日からドコモオンラインショップ限定で発売される。(2011/3/7)

価格は7万円台:
新しい贈り物の形を実現したい――バカラケータイ「SH-09C」に込められた想い
フランスのガラスメーカー「バカラ」とコラボレートしたケータイ「SH-09C」をドコモが発表。これまでも数々のコラボケータイを発売してきたドコモがバカラと連携した理由とは。またバカラとはどんなブランドなのか。ドコモの伊藤氏とバカラ パシフィックの小川社長が説明した。(2011/2/3)

バカラの輝きがケータイに、モチーフは燭台――ドコモの「SH-09C」
ドコモとクリスタルガラスのメジャーブランド、バカラのコラボによる携帯電話が登場。背面にバカラのカットをイメージしたパネルを採用し、ブランドの象徴である燭台のイメージをあしらった。(2011/2/3)

インタビュー:ハイメ・アジョンが九谷焼に挑んだ足跡
今年のデザインウィーク期間中、もっとも注目されたのが、ハイメ・アジョン氏と石川県の伝統工芸「九谷焼」の窯元、上出長右衛門窯によるプロジェクト。その足跡に迫る。(2010/11/22)

ハイメ・アジョン×九谷焼:速報! 秋の東京デザイン祭り
この秋、東京都内各所で開催されるデザインイベントから速報。世界的に注目を集め続けているスペイン人デザイナーのハイメ・アジョン氏が、石川県の代表的な伝統工芸「九谷焼」の窯元、上出長右衛門窯とコラボレーションする。(2010/9/10)

巨大歓楽街“神室町”をガイドする――「クロヒョウ 龍が如く新章」
ゲームの舞台となる神室町では、遊んで稼いで癒されて……。刺激的な場所が待っている。(2010/8/25)

+D Style News:
アサヒ、1本420万円の高級ブランデーを発売
アサヒビールは、フランスの高級ブランデー「ルイ13世ブラックパール・マグナム」を発売した。ボトルはバカラ製で、価格は1本420万円。世界でも販売本数が限られ、日本への入荷はわずか30本。(2008/5/1)

“セレブ向けカード”の実態とは?:
知られざる「プラチナカード」の世界
「プラチナ」「ブラック」といわれる最上位カードについて聞いたことがある人は多いだろう。しかし持っている人が極端に少なく、カード会社も積極的にPRしていないので、そのサービス内容はほとんど知られていない。プラチナカードとはいったいどういうものなのか? 取材で分かったことを紹介する。(2008/2/22)

クローズドβテストで実装されるクエストと登場人物を公開――「北斗の拳ONLINE」
(2007/11/13)

写真で見る、名古屋・電子マネー事情
Edy対応の店舗が活発に増えてきた名古屋。しかしここ数カ月QUICPayの導入が爆発的に進んだことで、名古屋の電子マネー事情は大きく変わりつつある。導入競争が激化する、名古屋のFeliCa決済事情を取材した。(2007/7/14)

+D Style News:
光の加減で色が変化!?――バカラ製のボトルに入った高級ブランデー「ルイ13世ブラックパール」
バカラ製のシリアルナンバー入りクリスタルボトルに、高級ブランデー「ルイ13世」を詰めた「ルイ13世ブラックパール」が、105万円で発売される。販売は完全予約制。(2007/2/5)

3Dカジノゲームサイト「livedoor ラスベガス」β版提供開始
(2005/2/4)

iモード「アプリキャロットナムコ」に新コーナー「アプリベガス」
(2005/2/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。