ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Barnes&Noble」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

愛用スマホとは違うOSを選ぶのもあり
iPadの「iOS」か、Surfaceの「Windows 10」か OSで選ぶ最高のタブレット対決
タブレット端末を選ぶには、まずOSを選ばなければならない。iOS、Windows、Androidといった3つのOSそれぞれの長所と短所を比べてみよう。(2017/7/16)

ディスプレイの満足度はお値段以上
徹底レビュー: 4000円台からの爆安タブレット「Fire 7」、安過ぎて心配なので検証した
7型ディスプレイを備えるAmazon.comの新型タブレット「Fire 7」は、49.99ドルからという驚きの低価格が特徴だ。“安かろう悪かろう”ではないのか。さまざまな角度から検証する。(2017/7/15)

3D設計推進者の眼(18):
まだ“雲の上”感否めぬIoTと、SWオタクが腕を競うコンテスト
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は2017年2月5〜8日に米国で開催された「SOLIDWORKS World 2017」の内容の一部を紹介する。(2017/2/28)

来週話題になるハナシ:
なぜ「大人のぬり絵」が世界中で売れているのか
いま世界で、すごい勢いで盛り上がっているトレンドがある。「大人のぬり絵」だ。ヒットしている理由のひとつに、現代社会のストレスが関係しているようだ。(2016/3/29)

伝統的な大企業でも、変化に対応できなければ必ず破綻する:
米HPE、「DevOpsで“やるべきこと”は、はっきりしている」
2013年ごろから注目を集めているものの、いまだ理解が十分に浸透しているとは言いにくい「DevOps」。だが昨今は、市場変化の激しさを受けて実践に乗り出す企業が着実に増えつつある。米HPE(ヒューレット・パッカード・エンタープライズ)で多数のコンサルティングを手掛けているカン・タン(Kan Tang)氏に、今あらためてDevOps実践の要件を聞いた。(2015/8/28)

電子書籍リーダー端末に搭載されているフロントライト技術の変遷
現在市場で販売されている電子書籍リーダー端末の大半に搭載されている「フロントライト」。あまり語られることのないこの技術がどのように変化してきたか、時系列で調べてみた。(2015/7/30)

「iBooks」か「Kindle」か、それとも……
iPad/iPhone用電子書籍アプリの一押しは? 定番アプリ4種を徹底比較
米Appleの「iPad」「iPhone」で利用できる電子書籍リーダーアプリが充実している。標準搭載の「iBooks」と、サードパーティー製アプリ3種の計4種を徹底比較する。(2015/6/21)

IT用語解説系マンガ:食べ超(68):
電子書籍451度
電子書籍サービスが終了するとき、ファイアマンのドット絵があなたのメモリを燃やしにきます。(2015/4/10)

米OverDrive、 米Barnes & Nobleと提携し、図書館に電子雑誌1000誌を開放
アプリの連携による電子雑誌の無料配信。(2015/2/12)

Kobo、E Inkのパートナー企業向けにインセンティブプログラムの提供へ
Androidベースの電子ペーパー端末メーカーに対し、Koboのアプリをプリインストールさせる金銭的インセンティブプログラムは功を奏すか。(2014/12/10)

Barnes & Nobleの電子書籍ビジネスからMicrosoftが撤退、保有株式を売却
(2014/12/5)

電子書籍が紙の書籍を超えるには?
電子書籍はあと数年で紙の書籍を超えると多くのアナリストが主張している。そのためには実現すべきことが幾つかありそうだが、どんなことが必要だろう?(2014/12/1)

Barnes & Noble、2015年に向けてWebサイトを刷新中
検索機能に重点を置き、反応の良い設計になる新しいWebサイトは、オンラインの世界で歓迎されるだろうか?(2014/9/22)

Kobo Aura H20は暗闇の中だとこう見える
海外では10月1日に発売予定の「Kobo Aura H20」。防水機能が特徴的な端末だが、暗闇の中での読書性能はどうなっているのか、動画で見てみよう。(2014/9/1)

KoboのCCO、ソニーからの顧客移管について初めて語る
(2014/8/25)

Barnes & Noble、Samsungと共同開発のNOOKタブレット「Galaxy Tab 4 NOOK」を発表
(2014/8/21)

Googleの当日配送サービスに書店大手Barnes&Nobleが参加
Amazon.comの当日配送サービスと競合するGoogleの「Google Shopping Express」のショップパートナーとして、米書店大手のBarnes&Nobleが参加した。(2014/8/8)

Barnes & Noble、NOOK Mediaの分社化を決定
分社化は2015年3月末までに完了させる予定。(2014/6/26)

Barnes & Noble、タブレットの開発でSamsung Electronicsと提携
ハードウェア開発からは事実上の撤退となる。(2014/6/6)

インディー著者差別、始まる
インディー著述家の差別は妄想ではなく、業界イベントで実際に起きはじめている。(2014/6/4)

2014年上半期、世界の電子書籍リーダー端末新モデル6選
Amazonなどは新モデルを9月以降に発表することが多いが、2014年上半期、世界ではどんな電子書籍リーダー端末が登場したのだろうか。ここでは6製品、紹介しよう。(2014/5/27)

米Smashwords、Overdriveに個人作家作品を供給開始
Overdriveの図書館向け電子書籍プラットフォームに対して提供。図書館で個人の電子書籍作品が楽しめるようになる日はそう遠くなさそうだ。(2014/5/21)

海外の電子書籍市場で日本の小説を売るということ――プロデューサー清涼院流水に聞く
作家自ら作品を英訳し、電子書籍として海外の市場で販売するという、清涼院流水氏が立ち上げたプロジェクト「The BBB」。その取り組みと展望について聞いた。(2014/5/16)

Microsoft、Motorola SolutionsとAndroid/Chrome関連特許で契約
MicrosoftがDellとのクロスライセンス契約締結に続けて、Motorola Solutions(Google傘下だったMotorola Mobilityではなく)ともAndroidおよびChrome製品に関するライセンス契約を結んだ。(2014/4/22)

Nielsen BookScan、自社のベストセラーリストに操作されたデータを提供
お金を払い、自身の著書をベストセラーであるかのように仕立て上げる手法が、ベストセラーリストに混乱を与えている。(2014/4/7)

Amazon Publishing、2014年の成長戦略を概説
Amazonの出版部門、Amazon Publishingは2014年、どういった方針を掲げているのだろうか。他書店での在庫拒否などは起こっているが、中には本当によく売れるものもある。(2014/3/27)

MicrosoftとDell、Android、Chrome OS、Xboxに関するクロスライセンス契約を締結
MicrosoftとDellが、DellのAndroidおよびChrome OS搭載端末と、MicrosoftのXboxのそれぞれの特許に関するクロスライセンス契約を締結した。(2014/3/27)

セルフパブリッシング作品、ベストセラーリストを支配
海外では、The New York Times、Amazon、Barnes & Nobleなどのベストセラーリストにセルフパブリッシング作品が数多く並ぶようになってきている。(2014/3/27)

EXCITICA、発禁処分となったエロティカ電子書籍を取り扱い
多くの電子書店が取り扱いに厳格なルールを設けている好色文学。そんなジャンルに特化したストアがEXCITICAだ。(2014/3/26)

スクウェア・エニックス、米Yen Pressを介して電子コミックを200カ国以上に配信
Hachette傘下の米Yen Pressを介して配信する。(2014/3/25)

Barnes & Noble、「NOOK Press」を欧州7カ国でもオープン
個人出版サービス「NOOK Press」を英国など欧州圏の7カ国でスタート。(2014/3/20)

Barnes & Noble、NOOKで10億ドル以上の損失
米国最大の書店Barnes & Nobleに明るいニュースはやってくるのだろうか。(2014/3/6)

非透明性:なぜ、電子書籍の売り上げ情報は秘密にされるのか?
電子書籍の領域では、部数が喧伝されることはほとんどない。利用規約などで制限されていることなどによるものだが、オープンな透明性は業界にとって不要なのだろうか。(2014/3/5)

Barnes & Noble、NOOKで大規模な組織変更
ここ最近のBarnes & Noble関連のニュースには明るい話題が少ない。幾つかの施策は、立て直しを図る同社の未来を予見させる。(2014/2/27)

電子書籍に欠如する所有権についての理解
電子書籍・電子教科書・電子コミック・電子マンガの所有権が存在しないのは書籍のさらなる電子化を進める障害の1つとなっている。(2014/2/18)

筋金入りの読者はAmazonとKoboからの書籍購入を好む
Good e-Readerの調査によると、AmazonとKoboは筋金入りの読者が選択するオンライン書店として基本的に互角のようだ。(2014/2/17)

電子書籍価格はいまだに著者・出版社にとって繊細な問題
作品の品質や著者を考えずに、電子書籍はたかだか数ドルで買えるものだと消費者が考えるようになったとき、何が起こるだろうか。(2014/2/17)

スタートアップ企業、電子書籍読書データのトラッキングに集中
読者が電子書籍をどのように読んでいるかというデータは、今後さらに活用が進みそうだ。(2014/2/12)

電子書籍端末ショーケース:
NOOK HD+――Barnes & Noble
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、米書店大手Barnes & Nobleの9インチタブレット「NOOK HD+」を紹介する。(2014/1/29)

電子書籍端末ショーケース:
NOOK HD――Barnes & Noble
古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、米書店大手Barnes & Nobleの7インチタブレット「NOOK HD」を紹介する。(2014/1/29)

電子書籍リーダー、米国のスペイン語書籍に爆発的売り上げをもたらす
米国における非英語圏のコンテンツ、例えばスペイン語のコンテンツをみるとその売り上げは伸びている。その理由としてハードウェアの普及も一役買っていることは間違いないだろう。(2014/1/20)

出版業界はタブレットに時間を浪費しているか
出版社が提供する電子書店型のアプリは、小売業者の依存度を下げるかもしれないが、まずそのアプリを見つけてもらい、そしてインストールさせるハードルのほかにもさまざまな課題がある。(2014/1/15)

詩と短編を集中的に取り上げるAmazonのDay Oneレーベル
Amazonの出版部門として複数のレーベルを持つAmazon Publishingだが、新たな方向性は「Day One」に見て取れるのかもしれない。(2014/1/7)

作家J.A.コンラス氏が今年を大予想「図書館は個人作家から直接作品を購入する」「Barnes & Nobleは破産する」
10の予想、どれくらい当たるか。(2014/1/6)

NOOK、フランクフルトでデバイス・個人出版・将来展望について語る
Barnes & Nobleは米国依存の企業からの脱却を図るべく、NOOKに全力を傾ける考えが改めて示された。(2013/11/12)

6カ月返品OK:
米Amazon、Kindleの販売代理店制度「Amazon Source」を発表
中小書店向けの販売代理店制度。販売した端末から書籍が購入されると書店にもレベニューシェアするモデル。(2013/11/8)

Kindle MatchBook、書籍販売業界を混乱させる
読者が紙書籍を買うと電子書籍を低価格で提供する「Kindle MatchBook」は、『一度購入すれば、どこでも読める』という考え方を促進し、従来の書籍販売業界への警鐘となるだろう。(2013/10/18)

Google、電子書籍内のイベントトリガー型音声向け新特許を申請
Googleが特許を申請している電子書籍関連の新特許。読者が特定の語りや音声効果を体験できれば、書籍はどう変わるだろう。(2013/10/16)

Amazon、英国電子書籍市場の79%を支配
英国情報通信庁が発表した英国電子書籍市場に関するリポートでは、Amazonが圧倒的な存在感を放っている。(2013/10/4)

Barnes & Noble、タブレットと電子書籍リーダーの製造を継続
ハードウェアビジネスから撤退し、事業の見直しを進めようとしていた米書店大手のBarnes & Nobleがその戦略を撤回、今後もハードウェアビジネスを展開する。(2013/8/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。