ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「横浜ベイスターズ」最新記事一覧

赤坂8丁目発 スポーツ246:
どうなるのか 巨人、山口俊投手の不祥事
前代未聞の不祥事だ。2017年にFA移籍で加入したばかりの巨人、山口俊投手が暴力トラブルを起こしていた疑いが発覚。事態を重くみた球団側は、山口投手を登録抹消としたが、ネット上では「解雇が望ましい」といった声が出ている。(2017/7/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「引退」がささやかれても、なぜハンカチ王子はたまに結果を出すのか
ある意味で「スゴい」と認めざるを得ない。日本ハム、斎藤佑樹投手のことだ。入団以来、ブレイクすることなく何度も「引退」がささやかれながら、なぜたまに結果を出すのか。(2017/6/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
低迷「巨人」の責任は、誰にあるのか
かつて常勝軍団だった巨人が、危機に瀕している。球団史上ワーストの12連敗を喫し、借金も「9」まで膨れ上がった。チーム低迷の要因はどこにあるのか。高橋由伸監督だけでなく、球団フロントにも責任があるはずだ。(2017/6/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
千葉ロッテに「身売り説」が再燃する裏事情
千葉ロッテマリーンズの「球団身売り説」が再燃している。チームが低迷している中で、なぜこのようなウワサが飛び交っているのか。(2017/5/18)

「新たな柱を築く」:
DeNA、まとめサイトは「再開難しい」
「WELQ」などを運営するキュレーションメディア事業が問題になったディー・エヌ・エー(DeNA)。サイトの閉鎖はどのような影響があったのか、今後のDeNAはどのような体制になるのか――決算会見で守安功社長と南場智子会長が語った。(2017/5/11)

水曜インタビュー劇場(ムダ公演):
閑散としていた「競輪場」に、なぜ人が集まってきたのか
バブル崩壊後、公営レースは「氷河期」が続いていた。売上減が続いていたが、ここ数年、反転しつつある。レース場といえば、ゴミが落ちている、トイレが汚い、高齢者が多い、といったイメージがあるが、なぜ売り上げが伸びつつあるのか。その理由は……。(2017/5/10)

「AI搭載自動運転バス」の運用を見据え:
DeNAと横浜市、「AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト」を共同で開始
DeNAと横浜市が、自動運転社会を見据えた新しい地域交通の在り方を提案する「無人運転サービス・AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト」を共同で開始。自動運転バス「Robot Shuttle」の一般試乗イベントを2017年4月に行う。(2017/4/25)

ドアラ「たべられた」 日替わりで悲惨な目に合うプロ野球開幕カウントダウン広告がシュール
ド、ドアラーーーッ!(2017/3/29)

インターネットの力でプロ野球人気が回復してきた?
(2017/3/12)

DeNA、キュレーション問題で38億円減損 「事業計画が未定」
DeNAがキュレーションメディア問題を受けて運営子会社の資産価値を見直し、38億5900万円の減損を計上。(2017/2/8)

国内外のスポーツ映像130種の見放題サービス、ドコモが開始 月額1750円、ドコモユーザーだと1000円以下に
野球やサッカーをはじめ、格闘技やバスケ、モータースポーツなど年間6000試合以上を配信。(2017/2/8)

ドコモ、スポーツ見放題「DAZN for docomo」提供 英DAZNとタッグでソフトバンクに対抗
NTTドコモが英企業と協業し、Jリーグなどの試合が見放題になる「DAZN for docomo」を提供。(2017/2/8)

オタクはどうやって情報収集するの?
(2016/12/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「補強に30億円も」巨人が崩壊する危険性
プロ野球の巨人が今オフ、例年にない大型補強を敢行中だ。関係者からは「まだまだ終わらない」といった声も出ているが、主力選手をたくさん獲得することでチームはうまく機能するのだろうか。過去の歴史をさかのぼると……。(2016/12/21)

DeNAは増収増益 好調のベイスターズ、ゲーム事業の落ち込みを救う
DeNAの17年3月期第2四半期の連結決算は増収増益。横浜DeNAベイスターズ関連のスポーツ事業と新規事業が好調だった。(2016/11/4)

週刊「調査のチカラ」:
購買行動に大きな影響、生き残る企業の「コミュ力」とは?
企業に求められるコミュニケーションチャネルに注目の「消える系SNS」、ビジネスパーソンが健康で働くためのポイントなど、今回は「コミュニケーション」にまつわる調査データをピックアップしてお送りします。(2016/10/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「巨人有利」の判定はあるのか? CSでも勃発していた「ジャンパイア問題」
「ジャンパイア」という言葉を聞いたことがあるだろうか。「ジャイアンツ」と「アンパイア」を掛け合わせた造語で、審判が巨人に有利な判定をしているのではないかという意味だ。実際、審判はそのような行為をしているのか。関係者に話を聞いたところ……。(2016/10/11)

オタクが「iPhone 7」に興味を示さない理由
オタクは「iPhone 7」をどう見る?(2016/10/1)

JR関内駅が電光掲示板でDeNA三浦選手にメッセージ 「ハマの“永遠”番長、25年間おつかれさま」
Twitterでは「粋な計らい過ぎる」といった声も。(2016/9/29)

「ハマの番長」横浜・三浦大輔投手、今季で引退 20日会見で本人の口から発表
25年間で532試合に登板、通算172勝をあげていました。(2016/9/20)

月額1750円で見放題! スポーツファン目線の動画配信「DAZN」が始動
スポーツのライブ&オンデマンド配信サービス「DAZN」(ダ・ゾーン)が8月23日、正式にスタートした。月額1750円で国内外の幅広いスポーツコンテンツ、年間6000試合以上が見放題となる。(2016/8/23)

推しに届け:
オタクが「ガラケー」を手放せない理由とは? とある都市伝説と“一般戦争”
ガラケーをオーパーツっていうな。(2016/7/14)

DeNAの社名は遺伝子の“DNA”と関係がある?
(2016/7/6)

菊地亜美が似てるとウワサのDeNAエリアンに「ベイスターズのお兄ちゃん」 ネット上で「似てる」「本人も知っていたのか」の声
一部ネット上で「顔が似ている」と言われていたのが本人に伝わったもよう。(2016/6/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清原被告の“復帰”は難しい、これだけの理由
プロ野球界の“元番長”に審判が下った。覚せい剤取締法違反の罪に問われていた清原被告は、国側の手助けを受けることなく、今後は自力で更生の道を歩むことになった。しかし、本人が望んでいるプロ野球界に復帰することはできるのだろうか。(2016/6/2)

今年はロボで攻めてきた! 千葉ロッテマリーンズ、交流戦恒例のセ・リーグ球団挑発ポスターを公開
「非交流戦士マジワラン」、出撃! 迫り来るセントラルたちをなぎ倒せ!(2016/5/31)

畜ペンの勢いは止められない ヤクルトスワローズのマスコット・つば九郎のレギュラー番組が爆誕!
いいのか……本当にいいのか?(2016/5/27)

ファミスタとプロ野球がコラボ おなじみのドット絵がオシャレアイテムに!
残念ながらナムコスターズは未登場。(2016/5/23)

ヤクルトスワローズの“畜生ペンギン”つば九郎、対戦チームのチアに“クチパク疑惑”を直撃する
火のないところに油を注いでいくスタイル健在。(2016/4/10)

「野球選手になったんだと実感」 ベイスターズ山崎選手、"プロ野球チップス”で自身のカードを引き当てる
プロ野球選手の夢はこのカードとパワプロに出ること。(2016/4/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「日本人より日本人らしい」DeNAラミレス新監督の“人間力”
横浜DeNAベイスターズの新指揮官にアレックス・ラミレス氏が就任した。監督の力量は未知数だが、筆者の臼北氏は「うまくフィットすればチームを大きく変えることができる」という。その理由は……。(2016/2/10)

池田球団社長が語る:
早期黒字化も視野に 横浜DeNAベイスターズ、スタジアム買収でどうなる?
今年1月末、悲願だった横浜スタジアムの運営権を手に入れた横浜DeNAベイスターズ。具体化してから急ピッチで進められたTOB成立までの経緯、これからのビジョンなどを池田社長が語った。(2016/2/5)

横浜スタジアムを改修、キーワードは「カラー」
横浜DeNAベイスターズと横浜スタジアムは「2016年横浜スタジアム改修プロジェクト」を発表した。改修のポイントはスタジアムの「カラー」。(2016/1/27)

DeNA、横浜スタジアム運営会社を買収へ 球団と一体経営で「より市民に愛される球場を」
横浜DeNAベイスターズが、横浜スタジアム運営会社の子会社化を目指すTOBの実施を発表。(2015/11/20)

DeNA、横浜スタジアム運営会社を買収か 報道にコメント
DeNAが横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアム運営企業を買収するとの報道。(2015/10/14)

自動運転技術:
国家戦略特区で自動運転の実験、小泉進次郎氏「できるとこからガンガンやる」
ロボットタクシーの自動運転実験車を用いる「完全自動走行に向けた国家戦略特区プロジェクト」は、湘南エリアを皮切りに国内3カ所で2015年度内に実証実験を開始する。内閣府大臣政務官の小泉進次郎氏「できるとこからガンガンやっていく」と語っており、スピード感を重視したプロジェクトになっている。(2015/10/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「名将」の予感を漂わせる、ソフトバンク・工藤監督の“人心掌握術”
プロ野球の福岡ソフトバンクホークスがパ・リーグ連覇を成し遂げた。就任1年目の工藤公康監督は、どのような手法でチームを引っ張って来たのか。手腕と人間性に迫ってみた。(2015/9/24)

始球式とは思えない長さ! 柳沢慎吾さんの「日本一長い始球式」が長すぎて野球コントの領域に達している
なんと約七分! もしかしたら来年はもっと長いかも……?(2015/8/11)

プロ野球選手もハマったファンブログがついに書籍化! 野球の見方が変わる本
(2015/6/30)

ベイスターズの選手が少女漫画風イラストに 横浜スタジアムにフォトスポット登場
キラキラしてる!(2015/5/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
巨人が新外国人選手をなにがなんでも“更生”させたい理由
巨人の新外国人選手、ホアン・フランシスコ内野手が話題を集めている。とはいっても「いい意味」ではない。期待を裏切るプレーとグランド外の寄行によって、球団関係者は頭を悩ませている。(2015/5/12)

「SPAJAM2015」の豪華賞品発表――シリコンバレーツアーから"お金で買えないお楽しみ賞”まで
「SPAJAM2015」の最優秀賞や優秀賞などに贈られる豪華賞品が発表。お金で買えない思い出となる「お楽しみ賞」も用意している。(2015/4/30)

R25スマホ情報局:
チケット、ナビetc.「スマホ×プロ野球」最前線
横浜スタジアムで開催されるベイスターズのホームゲームチケットが、「スマホ化」したという。プロ野球観戦をさらに便利に、快適にするアプリをご紹介します。(2015/4/6)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
あのゴジラをも説き伏せた、DeNA中畑監督の「力」
ヤンキースや巨人などで活躍した松井秀喜氏が、DeNAのキャンプを視察した。巨人からも臨時コーチ就任のオファーがあったのにもかかわらず、なぜDeNAのキャンプ地を訪れたのか。それは……。(2015/2/12)

LED照明:
横浜スタジアムのナイター照明が全面LEDに、消費電力を56%削減
プロ野球の試合に使う屋外球場で初めて、「横浜スタジアム」のナイター照明が2015年のシーズン開幕を前に全面的にLEDに切り替わる。スタジアムを囲んで6基ある照明塔の光源をLEDに交換することで、ナイター照明の消費電力が56%も少なくなる。(2015/1/23)

仕事をしたら“ファン”が増えた:
過去3年で42%増! 横浜DeNAベイスターズのファンが増えている理由
プロ野球のペナントレースが終了した。3年前に誕生した「横浜DeNAベイスターズ」の成績は6位、5位、5位と低迷しているが、観客動員数は増え続けているという。その理由について、同社の池田純社長に聞いた。(2014/10/22)

ベイスターズのプロテストが体験できるぞ! 野球少年(20歳以上)、あつまれー!
遠投・50メートル走の1次テストを通過すると、スペシャルゲストから指導してもらえるぞ。(2014/6/13)

マイクロソフトが福岡で「Discover」イベント:
リーダーが備えるべき5つのこと 元プロ野球選手・仁志敏久氏
日本マイクロソフトが全国で展開する中堅・中小企業向けセミナーイベントが先月末に福岡で開催。基調講演に仁志敏久氏が登壇し、リーダーシップ論を語った。(2014/6/2)

「『惨劇の巨人』? 面白いよねえ!」千葉ロッテマリーンズの交流戦ポスターがあおっていくスタイル
今年もあおっていきます。(2014/5/20)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
懲罰降格「Facebookノリ騒動」に学ぶこと
采配批判などを理由に二軍へ降格した、DeNA中村紀洋内野手の「ノリ騒動」。この騒動の裏側で「ゴースト・ノリ」と呼ばれる第三者が介在していたようである。また、この騒動を冷静にひもとくとビジネスパーソンへの教訓がいくつか垣間見えてくる。(2014/5/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。