ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「野球」最新記事一覧

質問!野球→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で野球関連の質問をチェック

関連キーワード

低温プラズマ焼結法を改良:
銅インクで実現、ラジオ機能付き野球帽
産業技術総合研究所は、フィルム基板上に銅を焼結する技術である低温プラズマ焼結法を改良し、スクリーン印刷でフレキシブル銅配線板を作成する技術を開発した。また、同技術を応用することで、野球帽のツバに組み込み可能なフレキシブルなラジオを試作した。(2017/6/7)

野球帽のつばに仕込める「曲がるラジオ」 産総研が開発
野球帽のツバに仕込める「曲げられるラジオ」を産総研が開発。独自技術で低コストかつ少ないステップで製造できるようにしたという。(2017/6/5)

「輝け甲子園の星」も:
若手選手の魅力伝えた「プロ野球ai」休刊
日刊スポーツ出版社が、プロ野球情報誌「プロ野球ai」と高校野球情報誌「輝け甲子園の星」を休刊する。(2017/5/29)

千葉ロッテマリーンズ、新マスコットは進化した深海魚? うつろな表情とスリムな足にプロ野球ファン騒然
パプワくんにこんなのいた。(2017/5/29)

モフモフのベースボール犬・わさびちゃん 神宮球場で今季初登板だワン
5月11日のヤクルト×広島戦でボールを運びます。(2017/5/10)

ハッキングの手口を文系に理解できるよう野球に置き換えて説明してみる
DoS攻撃ってドスドス攻撃することではないそうです。(2017/4/28)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
だから、中日ドラゴンズは“低迷地獄”から抜け出せない
今年も「弱竜」なのか。プロ野球・中日ドラゴンズの低迷が続いている。かつて日本一2回、リーグ優勝9回も輝いた名門チームは、なぜ4年連続でBクラスに落ち込んでいるのか。(2017/4/21)

野球のDeNA-阪神戦、緊迫の場面にニャンと助っ人が乱入 同じネコ科のタイガースにエールを送る
グラウンドを疾走する謎の影が……!?(2017/4/13)

週刊「調査のチカラ」:
プロ野球のサービス満足度、「神ってる」のはどのチーム?
寒過ぎず暑過ぎず、体を動かすにはちょうど良いこの季節。一方、プロ野球も開幕して観戦の楽しみもあり。今回は健康や運動にまつわる調査データをお届けします。(2017/4/8)

名作野球漫画「キャプテン」「プレイボール」の続編が連載開始 「グラゼニ」作者が絵柄を再現
これはアツいおっさんホイホイ。(2017/4/5)

ドアラ「たべられた」 日替わりで悲惨な目に合うプロ野球開幕カウントダウン広告がシュール
ド、ドアラーーーッ!(2017/3/29)

優勝で電気代基本料が半額:
金利に電気代、ごひいきチーム優勝でお得
プロ野球の公式戦開幕を控え、金融機関や通信会社が地元球団の優勝を祈願する商品を出している。各社とも契約数を伸ばすため球団の活躍を期待している。(2017/3/29)

寝る前に読むと胃もたれしそう なぜか揚げ物たちが野球に励むシュールな絵本が話題に
斬新な飯テロ。(2017/3/28)

野球解説者も人工知能に!? AI「ズノさん」が配球や順位予測、人間にできない解析も
ズノさんの解析によると、「大谷翔平選手は満塁で打席が回ってきた時の三振率が両リーグ1位」だという。(2017/3/27)

熱戦の場は「WBC」だけではない
“つながる野球場”は金になる? 米球団が「無線LAN」強化に躍起な理由
次世代のスポーツ会場では、チームの本拠地スタジアムのネットワークが戦略的リソースの役割を果たし、ファンの関わりを促して収益を押し上げる。(2017/3/21)

21度目出場の報徳学園が21世紀枠の多治見に21安打21得点で勝利 センバツ高校野球で起きた「21」並びの奇跡
こじつけ? それともミラクル?(2017/3/20)

インターネットの力でプロ野球人気が回復してきた?
(2017/3/12)

春のセンバツ高校野球がTwitterでライブ配信 初戦「履正社VS日大三高」と決勝戦の2試合
国内のスポーツイベントとしては初となるTwitterライブ配信です。(2017/3/11)

Google、動画内検索を可能にするディープラーニング採用APIのβ提供開始
Googleが、例えば「犬」「野球」などのキーワードで関連する動画を検索し、動画のどの部分に関連シーンがあるかを特定するためのディープラーニング採用API「Cloud Video Intelligence API」のプライベートβ版を公開した。(2017/3/9)

アイエエエ!? 日本通運がニンジャすぎるPV「NINJA BASEBALLER」を公開 ニンジャが出て野球する
ニンジャナンデ!?(2017/2/28)

メジャーリーガーのダルビッシュさん、YouTuberになる 制作してほしい動画をTwitter上で募集中
筋トレ、野球好き御用達のYouTubeチャンネルになりそう。(2017/2/22)

「バットを使った野球は禁止」ってナニ? 公園の垂れ幕に疑問噴出 掲示の意図を聞いてみた
なぜダメなのか。(2017/2/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
WBC消滅危機で侍ジャパンが抱え込む苦悩
いよいよワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開幕する。侍ジャパンも2月22日に合宿がスタートし、本番に向けて準備を整えていくのだろう。しかし、その一方で気になる情報がある。それは、今回限りでWBCは終了するという報道だ。(2017/2/17)

名作野球漫画「キャプテン」「プレイボール」の続編が連載開始へ 手掛けるのはコージィ城倉さん
グランドジャンプ9号(4月5日発売)でスタート。(2017/2/15)

国内外のスポーツ映像130種の見放題サービス、ドコモが開始 月額1750円、ドコモユーザーだと1000円以下に
野球やサッカーをはじめ、格闘技やバスケ、モータースポーツなど年間6000試合以上を配信。(2017/2/8)

ホークス球団、チケット代をAIで値決め 主催66試合で各100席に試験導入
プロ野球の福岡ソフトバンクホークスが、ヤフオクドームで主催する公式戦全66試合で、ヤフーの人工知能を使ってチケットの一部を価格変動制で販売する。(2017/2/6)

33歳の本気! 磯山さやか、セーラー服姿で全野球部員のマドンナになる「まだまだいける」「漂う現役感」
積極的にケガしていきたい。(2017/2/4)

最終試合プレイボールッ! 1972年から続く国民的野球漫画「ドカベン」シリーズ、まもなく完結か?
“ドカベン”山田太郎と、“球道くん”中西球道の最終決戦が始まる。(2017/2/2)

プロ野球初、チケット価格を「時価」に 楽天がスタート
東北楽天ゴールデンイーグルスは、チケット価格を需要に応じて変動させる「価格変動制」を始めた。(2017/1/30)

そして私は起業した:
ビズリーチ社長が明かす創業秘話
金融業界、プロ野球界、人材業界――と、さまざまな領域で活動をしてきた異色の経歴の持つ起業家、南壮一郎氏――。会員制転職サイトを運営するビズリーチを立ち上げるまでにどんな苦労があったのか。創業秘話と今後の展望を聞いた。(2017/1/17)

第89回センバツ高校野球大会の入場曲が星野源さんの「恋」に決定
球児たちの恋ダンスが見れる?(2017/1/11)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「補強に30億円も」巨人が崩壊する危険性
プロ野球の巨人が今オフ、例年にない大型補強を敢行中だ。関係者からは「まだまだ終わらない」といった声も出ているが、主力選手をたくさん獲得することでチームはうまく機能するのだろうか。過去の歴史をさかのぼると……。(2016/12/21)

自然エネルギー:
ドーム球場で世界初の太陽光発電、屋根に1152枚の太陽電池シート
プロ野球の中日ドラゴンズの本拠地「ナゴヤドーム」で太陽光発電設備が完成した。シート型の太陽電池1152枚を屋根に設置して、年間に17世帯分の電力を供給できる。太陽光で発電した電力によるCO2削減効果は、ナゴヤドームの敷地面積と同程度の広さの森林が吸収する量に匹敵する。(2016/12/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ハンカチ王子にうんざり、やっぱりの理由
プロ野球界の1年を振り返ると、やはり「二刀流・大谷」を避けて通ることはできない。「2018年にメジャー移籍か?」といった話で盛り上がっている一方、“スーパースターになりそこねた投手”の存在が気になる。言わずもがな、斎藤佑樹だ。(2016/12/8)

「神ってる」流行語大賞発表でなぜか「トリプルスリー」がトレンド入り 2年連続の野球ワード選出に違和感?
あらためて見ると「トリプルスリー」はおかしい。(2016/12/1)

道銀地域総合研究所調べ:
プロ野球日本一の日ハム、その経済効果は?
道銀地域総合研究所は今年のプロ野球で日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズがもたらした道内への経済波及効果を発表した。(2016/11/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
侍ジャパンはこのまま“終わる”のか
野球日本代表・侍ジャパンが、いまひとつパッとしない。第4回ワールド・ベースボール・クラシックの開催まで残り4カ月を切っているのに、なぜ盛り上がらないのか。その最大の要因は……。(2016/11/25)

ひかりTV、HDR対応4K-IP放送で初の生中継を実施――「侍ジャパン」の強化試合4戦
「ひかりTV」は、「ひかりTVチャンネル 4K」において、11月10日から13日まで東京ドームで行われる野球日本代表「侍ジャパン」の強化試合をHDR対応の4K-IP放送で生中継する。強化試合は、メキシコおよびオランダと2戦ずつ行われる。(2016/11/7)

JR北海道、野球部を休部 現存する日本最古の企業チーム
JR北海道が伝統ある野球部を今季限りで休部する。(2016/11/4)

檻に見えたのは「通気口」 岩手・高校野球部員いじめ疑惑、校長が状況を説明
校長と県教育委員会が学校で記者会見を開きました。(2016/11/2)

「いじめには該当しない」 岩手・高校野球部員いじめ疑惑で校長会見
現在も会見は続いています。(2016/11/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日本シリーズを制するのは? 「昭和的な闘将」と「平成的な策士」に注目
プロ野球の日本シリーズが盛り上がっている。両チームとも全力を出し切っている感が伝わってくるが、ベンチワークに目を向けるとちょっと違う楽しみ方ができる両軍指揮官の性格が対照的で、メディア対応もずいぶん違う。例えば……。(2016/10/29)

Apple、アプリ横断で映画や番組を検索・視聴できるアプリ「TV」や「Apple TV」のSiri強化を発表
AppleのMacBook Pro発表イベントでは、「Apple TV」の新機能も発表された。新アプリ「TV」は米国でのみ提供だが、日本でもSiriで「今日の野球」などで試合のスケジュールやスコアをチェックできるようになった。(2016/10/28)

「(生徒のため)動画削除に協力を」 岩手・高校野球部員いじめ疑惑で学校側が取材にコメント
野球部の活動については10月26日現在未定とのこと。(2016/10/26)

日ハム・大谷の母校「当校ではございません」 岩手・高校野球部いじめ動画騒動で校名類似の風評被害
花巻東高校は、動画騒動と全く関係のない学校です。(2016/10/26)

「野球部員を檻に閉じ込めて携帯没収」 岩手の高校でいじめ発生か、Twitterで動画が炎上中
学校側は担当者不在の状況が続いています。(2016/10/25)

ドラフト会議、TBSがライブ配信 「育成枠までトコトン中継」
プロ野球のドラフト会議のライブ配信サイトをTBSがオープン。「育成枠までトコトン中継」するという。(2016/10/20)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(13):
PR:False! True!! ヨヨイのヨイ! 開発合宿でプレイ☆ボール
ぼく、エンジニアの梧籐 剛。上司のリナさん、可愛過ぎる後輩椎子ちゃんと、部下のアンドロイドたちを引き連れて、野球の交流試合にやってきました。でも、あんまりにもアンドロイドたちが独創的過ぎて、ぼく、また職場を辞めたくなってきちゃったよ……。(2016/9/30)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
イチローも悲しむ若手右腕の事故死 「悲劇」で語った大物たちの言葉とは
悲しくショッキングなニュースが野球界に入ってきてしまった。マイアミ・マーリンズのエース、ホセ・フェルナンデス投手がボート事故で突然の死去――。メジャーリーグを代表する投手の死に、全米中が深い悲しみに包まれた。(2016/9/28)

新人記者(オタク女子)が行く:
25年ぶりのリーグ優勝に抱く思いは? アラフォー広島カープファン座談会
25年ぶりのセ・リーグ優勝を果たしたプロ野球の広島東洋カープ。ファンの歓喜はもちろん、経済効果は331億4916万円にも上るという盛り上がりぶりです。アラフォーのカープファンに、カープの魅力や野球観戦の楽しさについて語ってもらいました。(2016/9/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。