ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「野球」最新記事一覧

質問!野球→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で野球関連の質問をチェック

“畜ペン”ことつば九郎さんがまさかの公式漫画化 スワローズ監修の下で鬼畜の所行
野球とあまり関係ない、つば九郎の自由な日常が展開。(2016/9/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
やっぱり“にわかカープ女子”は、批判されても仕方がないのか
プロ野球の広島カープが25年ぶりにセ・リーグ優勝を果たした。ただ、ちょっと気になることがある。自称「カープ女子」が増えているのではないか。芸能人の中にも“売名行為”と疑われても仕方がない人がいるが、こうした傾向に球団関係者はどのように感じているのか。(2016/9/23)

野球漫画「Dreams」最新号の展開がヤバイとしか言えないくらいやばくて話題に
一体何が起きたんだ……(2016/9/22)

千葉ロッテ本拠地にビーコン400個以上を配置、国内最大級
プロ野球、千葉ロッテマリーンズの本拠地に400個以上のビーコンが配置され「1つの施設におけるビーコン整備の実績としては国内最大級」となった。(2016/9/12)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
昨季は嫌われていたのに、いかにして「名将」になったのか 広島カープの緒方監督
プロ野球の広島カープが、25年ぶりにセ・リーグ優勝を果たそうとしている。長く暗黒時代から抜け出せなかったのに、なぜこれほどまでに大きな変貌を遂げることができたのか。(2016/9/8)

地方創生のヒントがここにある:
廃止寸前から人気路線に復活した「五能線」 再生のカギは“全員野球”の組織
観光列車ブームの火付け役となった「五能線」――。実はもともと廃止寸前の赤字路線だった。五能線を観光路線として復活させたJR秋田支社の取り組みから、地方企業活性化のヒントを探る。(2016/9/6)

新人記者(応援団長)が行く:
“もう一つのプロ野球” 独立リーグはどのくらい稼げる?
平成生まれの新人記者2人による連載。第3回はもう一つのプロ野球、独立リーグの実態について。現役選手にあれこれ聞いてきました。(2016/8/23)

好みの作品を選んで“自分だけのジャンプ”を編集 集英社が新漫画アプリ「Myジャンプ」をリリース
「プレイボール」「Mr.FULLSWING」「ROOKIES」の世代別野球漫画特集とか楽しそう。(2016/8/8)

新連載・新人記者(応援団長)が行く:
高野連ってどんな組織なの?(冬とか何してるの?)
平成生まれの新人記者2人による連載。第1回は、高校野球を運営する組織、高校野球連盟(高野連)について。どんな人が働いていて、どんな仕事をしているのか。あれこれ聞いてきました。(2016/8/8)

東京五輪の追加種目5競技18種目が正式決定 「野球・ソフトボール」は3大会ぶりの復帰
「野球・ソフトボール」「空手」「スケートボード」「スポーツクライミング」「サーフィン」が追加決定。(2016/8/4)

高校野球の定番応援曲といえば? 1位はあの名作アニメ曲
高校野球の定番応援曲といえば?――ミクシィ調べ。(2016/7/28)

死球と3振を同時に奪う野球×バトル漫画「デッド・オア・ストライク」がついに単行本化 1・2巻を同時発売
読んでるとだんだん慣れてくるから困る。(2016/7/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ斎藤佑樹は“おねだり王子”になったのか
『週刊文春』で斎藤佑樹投手の醜聞が報じられ、大きな波紋を呼んでいる。同誌によると、ベースボール・マガジン社の社長に斎藤がクルマを“おねだり”したようだが、一流とは言えない選手とメディアがなぜこのような癒着をするのか。(2016/7/21)

Macのシステムエラーにおびえながら野球ゲームをプレイしていた頃の話
三振か爆発か。少年の選択は。(2016/7/5)

試合が頭に入ってこねえ! 野球観戦中にずーっとカメラ目線を絶やさない少年がジワジワくると人気に
こ、こっち見んな!(2016/7/1)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清原被告の“復帰”は難しい、これだけの理由
プロ野球界の“元番長”に審判が下った。覚せい剤取締法違反の罪に問われていた清原被告は、国側の手助けを受けることなく、今後は自力で更生の道を歩むことになった。しかし、本人が望んでいるプロ野球界に復帰することはできるのだろうか。(2016/6/2)

ファミスタとプロ野球がコラボ おなじみのドット絵がオシャレアイテムに!
残念ながらナムコスターズは未登場。(2016/5/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
野球評論家の張本勲氏は、なぜ失言を繰り返すのか
人気情報番組『サンデーモーニング』に出演している野球評論家・張本勲氏のコメントが、ネット上でしばしば“炎上”する。現役時代の張本氏は偉大な選手だったのに、なぜ失言を繰り返すのか。スポーツライターの臼北氏が分析したところ……。(2016/5/12)

選手との疑似LINEにドキドキ? IoTやAIで野球を面白くする方法
ITで野球の楽しさをもっと多くの人に伝えられるか――。サムライインキュベートとIBM、そして読売ジャイアンツが協力し、ファン増につながるアプリ開発を競う「ジャイアンツハッカソン」が開催された。最新のITトレンドを駆使した、そのアイデアとは?(2016/5/6)

ニコニコ超会議2016:
野球選手の座ってるベンチはフカフカ! 普段は入れない野球場の裏側が見られる「球場施設ツアー」に潜入してきた
選手たちもめっちゃ近くで見られます。(2016/4/29)

ニコニコ超会議2016:
「超野球」応援団長に千葉の英雄・ジャガーさん就任! なお野球をしたことはないもよう
相変わらず独特のトークを展開してました。(2016/4/29)

水曜インタビュー劇場(軽く感じる公演):
重くなったのに、なぜ軽く感じるのか 売り子が背負うビールサーバー
野球場などでキャストと呼ばれている“売り子”が生ビールを販売している。彼女たちが背負っているサーバーは重いので、アサヒビールとデサントは共同で新しいモノを開発。さざかし「軽く」なったんだろうと思っていたら、実は「重く」なっていた。えっ、どうして……?(2016/4/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
巨人は開幕ダッシュに成功したが、新人監督の手腕は「賛否両論」
プロ野球開幕から間もなく3週間が経過しようとしている。セ・リーグは巨人が好スタートを切ったが、新指揮官の高橋由伸監督はどのように評価されているのだろうか。(2016/4/13)

「野球選手になったんだと実感」 ベイスターズ山崎選手、"プロ野球チップス”で自身のカードを引き当てる
プロ野球選手の夢はこのカードとパワプロに出ること。(2016/4/8)

ヘイSiri、プロ野球のこと教えてくれるんだって?
やっと大リーグじゃなくて日本の話をしてくれるようになった。(2016/4/5)

一大ブームの仕掛け人たち:
元千葉ロッテ・里崎さん「僕がビックリマンPR大使になった理由」
ロングセラーのお菓子商品「ビックリマンチョコ」をもっと世の中に広めるため、2年前にビックリマン終身名誉PR大使に就任したのが、プロ野球・千葉ロッテマリーンズで活躍した里崎智也さんだ。里崎さんとビックリマンのかかわりとは? また里崎さんが選ぶビックリマンベストナインとは?(2016/4/2)

ラスボスが放つ一球とは ニコニコ超会議「超野球」、始球式に小林幸子が登板决定
ほかプロ野球OBと野球対決、チアガールとグラウンドで踊れる「踊ってみた」など、豪華野球企画が盛りだくさん!(2016/3/28)

プロ野球のオリックス、スポンサー契約によりヘルメットに「毛髪大作戦」のロゴが入ることに そこにその字入れちゃうのか……
また髪の話してる……。(2016/3/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
賭博問題からどう這い上がるのか 地に堕ちた読売巨人軍
2015年10月に発覚した巨人所属選手による野球賭博問題。3選手が野球賭博に関与していたとしてNPBから無期失格の処分が下され、巨人からも契約を解除されていた。今回、新たにもう1人の選手が問題にかかわっていたことが明らかになった。(2016/3/9)

選手が活躍するほどポイントがたまる――リアル連動プロ野球ゲーム「ベースボールマニア」
ゲオが野球ゲーム「ベースボールマニア」を3月1日に提供開始。ユーザーが組んだチームの選手が公式戦で好結果を残すと、ポイントが加算される。料金は月額300円で、iOSやAndroidのブラウザで利用する。(2016/3/1)

巨人の試合・選手データを提供 野球を楽しむアプリ開発「ジャイアンツハッカソン」、4月に開催
読売ジャイアンツの試合データなどを活用したアプリを開発する「ジャイアンツハッカソン」を日本アイ・ビー・エムなどが開催する。(2016/2/22)

「ニコニコ超会議2016」さらに会場を拡大し過去最大規模に 「超野球」「超刀剣」「超・真田丸」など新企画も
ついにQVCマリンフィールドまで超会議エリアに。(2016/2/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何が起きていたのか? 清原和博容疑者が古巣・巨人を「震撼」させていた
元プロ野球選手・清原和博容疑者が覚醒剤所持容疑で逮捕されたが、その衝撃はいまだ沈静化していない。新たな疑惑がたくさん浮上してきているからだ。その中の1つ……。(2016/2/18)

ファミコン時代の「燃えプロ」を忠実に再現した「燃えろ!プロ野球2016」が登場 もちろん「例のバント」も
燃えプロというジャンル。(2016/2/14)

「てーきゅう」のLINEスタンプが登場! 謎ポーズ「夜叉の構え」はテニスVer.と野球Ver.の2種類を用意
無駄に充実してる。(2016/2/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清原和博が「スーパースター」から「容疑者」となった日
西武や巨人などで活躍した元プロ野球選手・清原和博容疑者が、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。かつての「スーパースター」はなぜ「容疑者」になってしまったのか。関係者に聞いてみたところ……。(2016/2/3)

元プロ野球選手・清原和博容疑者の逮捕報道に「ショック」の声
元人気選手の逮捕に衝撃を受けた人が多いようです。(2016/2/3)

すげええええ! 野球ものまね芸人・360°モンキーズ杉浦双亮さんが四国IL入りでプロ野球選手に
ヴェー、ヴェーヴェーヴェー。(2016/1/22)

野球エリート養成高校が舞台! Web漫画「デッド・オア・ストライク」
(2016/1/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
ベースボールの“情報漏洩事件”から見えるスポーツのサイバースパイ
2014年、米大リーグで情報漏洩事件が発生し、全米で話題になったことをご存じだろうか。カージナルスの幹部がライバルチームの情報を盗んでいたことが明らかになったわけだが、彼はどのようにしてハッキングを行ない、極秘情報を盗みとったのか。(2016/1/14)

今の子どもが将来なりたい職業は「野球選手」より「サッカー選手」? 「大人になったらなりたいもの」調査結果発表
時代によって人気の職業にも変化が。(2016/1/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
巨人・高橋由伸監督が過去2度に渡って直面した「悲哀な運命」
2016年のプロ野球で注目すべきことのひとつに、12球団で最年少指揮官となった巨人・高橋由伸監督の存在が挙げられる。40歳の若さで人気球団の現場トップとなるわけだが、半生を振り返ってみると、光だけでなく影の部分も見え隠れしてくる。(2016/1/7)

なにその番組名! MBSの番組「西川貴教と松井玲奈の年末やからアニマゲーまとめてみたいと思うンゴ」にツッコミが殺到
なんでや! 野球関係ないやろ!(2015/12/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「年俸固定、複数年」は是か非か プロ野球選手の契約事情
プロ野球選手の契約更改交渉が連日のように行われている。たいして活躍していないのにもかかわず、下がっていない「推定年俸」を見て、「もらい過ぎだろう」と思ったことがある人も多いのでは。下がっていない理由に、契約内容があるようで……。(2015/12/3)

ひっく……ひっく…… 全豪プロ野球でしゃっくりと闘いつつも最後まで国歌斉唱した7歳の少年がかわいすぎる
何があってもあきらめない!(2015/11/29)

高校野球に学ぶ組織マネジメント論:
甲子園で準優勝した仙台育英の監督がグラウンドに顔を出さない理由
今年の夏の甲子園で準優勝を果たした仙台育英学園高校。部員100人を超すチームをまとめるために、どのようなチームマネジメントを実践しているのか、仙台育英野球部の佐々木順一朗監督に話を聞いた。(2015/11/19)

東京モーターショー2015:
イチローが代弁する豊田章男氏の志「後退も成長に向けた大切なステップ」
「東京モーターショー2015」のプレスブリーフィングで最も報道陣を集めたトヨタ自動車。同社社長豊田章男氏のスピーチのゲストにプロ野球選手のイチロー氏がサプライズ登場し、「後退も成長に向けた大切なステップ」などと自身のアスリートとしての信念を述べた。豊田氏の考えるクルマづくりや企業経営の姿勢を代弁した形だ。(2015/11/4)

“野球版テニプリ”と話題の漫画「デッド・オア・ストライク」 作者の西森生さんに突撃インタビューしてみた
野球漫画ではなく、バトル漫画です。(2015/10/29)

「もしドラ」第2弾は「もしイノ」 12月に発売
タイトルは「もしも高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら」。(2015/10/27)

キリストやモーセが野球選手に! 聖書が題材の野球ゲーム「バイブルリーグ」爆誕
聖書に登場する人物で「夢の球団」(ドリームチーム)を結成して対戦!(2015/10/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。