ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「野球」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!野球→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で野球関連の質問をチェック

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR北海道の“大改造”構想 「新・新千歳空港駅」「ベースボールパーク新駅」
新幹線札幌駅が決着したJR北海道に新たな動きがあった。北広島市のベースボールパーク新駅構想に引き込み線方式の大胆案、新千歳空港駅も大改造構想が立ち上がる。JR北海道だけではなく、北海道全体にとっても良案だ。(2018/5/18)

プロ野球視聴、低価格か高画質か 動画配信とTV放送、利用者獲得へ「熱戦」
通信・放送各社が、プロ野球視聴をめぐり割安なプランや豊富なコンテンツを打ち出し、利用者獲得に“熱戦”を繰り広げている。(2018/4/10)

価格か画質か? プロ野球視聴をめぐって通信・放送各社“熱戦”
プロ野球の公式戦の視聴をめぐり、各社が利用者獲得に向けて“熱戦”を繰り広げている。衛星放送など「既存勢力」が、通信など「新興勢力」を迎え撃つ構図だ。(2018/4/9)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(7):
プロ野球ユニフォーム戦争の裏側 〜やはりユーザー体験が生命線〜
今回は、自社が持つコアコンピタンス(企画力やIT/ITサービスマネジメント)を結集させれば、思わぬ新規顧客開拓のポテンシャルがあるのではないか? という可能性を一緒に探ってみたい。(2018/4/6)

蓄電・発電機器:
楽天イーグルスの本拠地、太陽光で作るCO2フリー水素を活用
プロ野球、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地である「楽天生命パーク宮城」で、東芝の自立型水素エネルギー供給システム「H2One」が稼働を開始。球場内のデジタルサイネージや地域ラジオ局に電力を供給する。【訂正あり】(2018/4/4)

エポック社、60周年記念仕様の野球盤をリリース 全71機種の資料が載った小冊子付き
ドラえもんやスーパーマリオとのコラボ野球盤も。(2018/3/30)

2018年プロ野球の記念すべきシーンをオンデマンド印刷でいち早くトレカに エポック社、「EPOCH-ONE」始動
大記録達成の瞬間や劇的な試合をすぐにカード化。(2018/3/29)

「スタジアムのような臨場感」 プロ野球の試合、VRでライブ配信 ソフトバンクが実験
ソフトバンクホークスの試合をVRでライブ配信する実証実験が始まる。VRアプリとゴーグルを使って好きな視点から視聴でき、「まるでスタジアムで観戦しているかのような臨場感を楽しめる」という。(2018/3/22)

PR:女子野球部育成ゲーム「ハチナイ」を柳沢慎吾が独り芝居で応援 監督オレ投手オレ代打オレ実況オレとにかく「全部オレ」
ほぼ無音の球場に、柳沢さんの叫びがこだまする。(2018/3/20)

なぜその組み合わせ スクエニの最新三国志ゲーム「諸葛亮孔明(古田敦也Ver)」を事前登録景品に
三国志の英傑が野球をするゲームではない。(2018/3/15)

中学野球開幕式で選手数千人が稲村亜美に駆け寄り密着→炎上 協会は謝罪の上「反省している」とコメント
ネット上では怒りの声が多数あがっています。(2018/3/12)

“巨人戦対応”の野球中継が命綱:
DAZN参入で「解約者続出」のスカパー、どう生き残る?
スカパーJSATが、報道陣に「『スカパー!』のプロ野球中継が限定的であるとの報道は誤解だ」との文書を送付。同社はなぜ、マイナスイメージの定着に嫌悪感を示しているのか。スカパーJSATに文書送付の真意を聞いた。(2018/2/22)

全盛期の藤川球児選手と、ホームランバッター以外いなくなる? 「月面で野球をしたらどうなるのか」物理学で妄想してみた
月面からの試合中継、めっちゃ見たい。(2018/2/19)

「プロ野球」も手中に:
スポーツ中継の“黒船”DAZNが日本市場を制覇するのか
DAZNが、2018年シーズンからプロ野球のコンテンツ配信を本格化すると発表。11球団のオープン戦の一部と公式戦全試合をライブ配信する。残る読売ジャイアンツとも交渉中という。(2018/2/16)

「DAZN」がコンテンツ拡充 プロ野球11球団の放映決定
スポーツのライフ中継を楽しめる「DAZN」のコンテンツが拡充。読売ジャイアンツを除く11球団が主催する試合を視聴できる。海外サッカーの試合も拡充する。(2018/2/16)

ジャパン アミューズメント エキスポ2018:
”業界盛り上げる”! コナミ、アーケード向け「野球カードゲーム」復活へ 【画像60枚】
ゲーム筐体の総合展示会「ジャパン アミューズメント エキスポ2018」を取材した。コナミアミューズメントの野球カードゲーム「BASEBALL COLLECTION」を中心に、最新アーケードゲームを画像と共に紹介する。(2018/2/10)

野球少年たちが大出世! 上地雄輔、小泉進次郎ら豪華メンバーと同郷の宴でニッコリ
横須賀出身じゃないけど松坂大輔選手も呼んでほしい。(2018/1/30)

今年の楽天は“VR”で強い? 名投手データそろった新兵器 大リーグも採用
まるで打席に立っているかのように、プロ野球投手のボールを仮想体験できるVR装置が活躍中だ。楽天のほか米大リーグの一部球団も採用されている。(2018/1/22)

ワイヤレス充電で差別化:
投球の「伸び・キレ」、スマホで分かる ミズノ“IoT野球ボール”の勝算
ミズノと愛知製鋼が“IoT野球ボール”を「ウェアラブルEXPO」に出展。投げたボールの速度や回転数を分析できるという。競合製品の「i・Ball Technical Pitch」とどのような点で差別化を図っているのだろうか。(2018/1/18)

星野仙一さん死去 息を引き取る直前まで野球に情熱を注ぐ
2016年7月に急性膵炎(すいえん)を発症したことをきっかけに膵臓がんであることが判明。(2018/1/6)

「いい親父」と慕われた名将:
仙台育英野球部の名将、佐々木監督の辞任にOBたちは……
高校野球の強豪、仙台育英学園高の佐々木順一朗氏が野球部監督を辞任。突然の発表に、野球部のOBたちからは戸惑いの声も……。(2017/12/11)

休刊中の『輝け甲子園の星』、復刊支援のクラウドファンディングが高校野球ファン胸熱
また輝いてほしい。(2017/12/16)

65年の歴史に幕:
TBSラジオがプロ野球中継から撤退
TBSラジオは、プロ野球中継を今年度で終了する。(2017/11/30)

TechFactory通信 編集後記:
「野球盤」を生んだエポック社が挑戦する3Dモノづくり
「シルバニアファミリー」の製品開発がすごい! というお話。(2017/11/25)

ねっと用語知ったかぶり:
他人の不幸で飯がうまい 「メシウマ」起源は「2ちゃんねる」の野球板
メシウマは人間のダークな概念を表しているのかも知れません。(2017/11/19)

託された経営改革:
ポップコーン会社の再建を 野球界から転身した男の奮闘
東北楽天ゴールデンイーグルスのチーム戦略担当、そして球団経営を担う一員としてどっぷりと野球界に身を置いていた男が異業種に飛び込んだ。現在、ポップコーン会社の経営再建に奮起する彼を追った。(2017/10/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“泥試合”を強行した日本のプロ野球は、やっぱりおかしい
10月15日、甲子園球場がある兵庫県西宮市は雨。グラウンドに水たまりがたくさんあるなかで、阪神対横浜のクライマックスシリーズは行われた。レギュラーシーズンであれば「中止」レベルであるにもかかわらず、なぜ試合は行われたのか。その裏には……。(2017/10/19)

待ってた! 野球漫画「MAJOR」の続編アニメ化決定で楽しみしかない
吾郎の息子・大吾が主人公。(2017/10/18)

アルプス電気のハプティクス技術:
イヌの鼓動までも再現、VRでリアリティーを追求
アルプス電気は「CEATEC JAPAN 2017」で、VR(仮想現実)でよりリアルな感覚な再現できる独自のハプティクス技術や、9軸センサー内蔵の野球ボールを投球するデモを披露した。(2017/10/13)

野球だけ「監督がユニフォームを着ている」のはなぜか?
スーツじゃダメなの?(2017/10/8)

楽天イーグルスも採用:
プロ投手の球筋を体感できる! NTTのVRシステム
NTTデータは、「CEATEC JAPAN 2017」(2017年10月3〜6日、幕張メッセ)のNTTグループブースで、実際のプロ野球選手が投球した球筋を体感できる"VRスポーツトレーニングシステム"を体験展示した。(2017/10/6)

CEATEC JAPAN 2017:
投球の“キレと伸び”見える化 センサー内蔵“IoT野球ボール”
9軸センサー内蔵の野球ボールが登場。ピッチングデータを分析できる。(2017/10/4)

野球を取り巻く環境をITで変化させる:
IoT野球ボール「Technical Pitch」が登場
硬式野球ボール型のIoT製品が登場する。ボールの中に各種センサーを埋め込み、球速や回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さなどを計測できる。玩具用途だけでなく、得られたデータを生かした選手育成やスカウト業務の支援など、スポーツ業界の支援や発展にITを役立てる。(2017/9/27)

ワンツーワンのファンサービスを実現:
楽天イーグルス、スポーツマーケティングのデジタルシフトへ「b→dash」を導入
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」が楽天イーグルスを運営する楽天野球団に導入されたと発表した。(2017/9/20)

フライをキャッチ → 「ストラィクバッターアウ!」 野球漫画で全読者総ツッコミのせりふミスが発生
審判が寝不足だったのかな。(2017/9/13)

シャープが横浜ベイスターズ専用ウェアラブル端末を9月上旬発売 腕の動きを感知して試合の盛り上がりを共有
野球観戦が楽しくなりそう。(2017/8/30)

「パワプロチャンピオンシップス」がNPB公認大会として開催 熊崎コミッショナー「プロ野球の盛り上がりに繋げる」
「実況パワフルプロ野球 チャンピオンシップ2017」と、モバイルゲーム「実況パワフルプロ野球」「プロ野球スピリッツA」で開催。(2017/8/25)

主人公は弱気で卑屈! “異色”野球コミック『おおきく振りかぶって』が舞台化決定!
おお振り舞台化きた!(2017/8/25)

不正投票によるシステム障害で、日本女子プロ野球オールスター戦ファン投票が中止に
2016年開催時にも、ルールを守らない投票が相次いでいたもよう。(2017/7/27)

「不正投票によるシステム障害」でファン投票中止 女子プロ野球オールスター
女子プロ野球オールスターゲームのファン投票が「不正な投票によるアクセス集中」による障害で中止。オールスター選出選手は実績から判断して改めて発表する。(2017/7/27)

ヤフー、プロ野球ホークス戦チケット販売に価格変動制導入 AIの需要予測をもとに各試合の観戦料を設定
過去の対戦成績やリーグ内順位をもとに、AIが需要を予測して価格を設定。(2017/6/30)

低温プラズマ焼結法を改良:
銅インクで実現、ラジオ機能付き野球帽
産業技術総合研究所は、フィルム基板上に銅を焼結する技術である低温プラズマ焼結法を改良し、スクリーン印刷でフレキシブル銅配線板を作成する技術を開発した。また、同技術を応用することで、野球帽のツバに組み込み可能なフレキシブルなラジオを試作した。(2017/6/7)

野球帽のつばに仕込める「曲がるラジオ」 産総研が開発
野球帽のツバに仕込める「曲げられるラジオ」を産総研が開発。独自技術で低コストかつ少ないステップで製造できるようにしたという。(2017/6/5)

「輝け甲子園の星」も:
若手選手の魅力伝えた「プロ野球ai」休刊
日刊スポーツ出版社が、プロ野球情報誌「プロ野球ai」と高校野球情報誌「輝け甲子園の星」を休刊する。(2017/5/29)

千葉ロッテマリーンズ、新マスコットは進化した深海魚? うつろな表情とスリムな足にプロ野球ファン騒然
パプワくんにこんなのいた。(2017/5/29)

モフモフのベースボール犬・わさびちゃん 神宮球場で今季初登板だワン
5月11日のヤクルト×広島戦でボールを運びます。(2017/5/10)

ハッキングの手口を文系に理解できるよう野球に置き換えて説明してみる
DoS攻撃ってドスドス攻撃することではないそうです。(2017/4/28)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
だから、中日ドラゴンズは“低迷地獄”から抜け出せない
今年も「弱竜」なのか。プロ野球・中日ドラゴンズの低迷が続いている。かつて日本一2回、リーグ優勝9回も輝いた名門チームは、なぜ4年連続でBクラスに落ち込んでいるのか。(2017/4/21)

野球のDeNA-阪神戦、緊迫の場面にニャンと助っ人が乱入 同じネコ科のタイガースにエールを送る
グラウンドを疾走する謎の影が……!?(2017/4/13)

週刊「調査のチカラ」:
プロ野球のサービス満足度、「神ってる」のはどのチーム?
寒過ぎず暑過ぎず、体を動かすにはちょうど良いこの季節。一方、プロ野球も開幕して観戦の楽しみもあり。今回は健康や運動にまつわる調査データをお届けします。(2017/4/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。