ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「野球」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!野球→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で野球関連の質問をチェック

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ日本のプロ野球選手に、愛煙家が多いのか
世の中は「禁煙」の動きが広がっているのに、なぜかプロ野球界はどこ吹く風といった感じ。ベンチ裏では主力選手だけでなく、スタッフもプカプカと吸っている。一方、大リーグでは禁煙化の動きが進んでいて……。(2018/12/14)

ZOZO前澤社長、「球団保有はいったん断念」
プロ野球球団保有を目指すと表明していたZOZOの前澤友作社長は12月11日、「近々での球団保有はいったん断念することにした」とTwitterで表明した。(2018/12/12)

AIがプロ野球選手の顔を自動判別 写真選定・タグ付けが4時間から30分に――日本野球機構の「NPB CIC」に実装
富士フイルムイメージングシステムズは、MicrosoftのAIを活用して、スポーツ写真の人物を特定する機能を開発。写真中のプロ野球選手を自動判別してタグ付けする機能として、日本野球機構(NPB)の写真提供サービス「NPB CIC(Contents Images Center)」に実装した。(2018/11/28)

「12歳のクオリティ超えてる」 『CanCam』読モの竹本萌瑛子、野球少女時代の姿がホームラン級のかわいさ
スポーツ少女がきれいなお姉さんに。(2018/11/24)

IoTなど幅広い分野で活用:
楽天モバイルが5G実証実験、空撮配信や配達ロボも
楽天モバイルネットワークは15日、野球場「楽天生命パーク宮城」(仙台市)で、第5世代(5G)移動通信方式を活用し、ドローン(無人航空機)で撮影した高画質な映像を大型ビジョンに伝送するなどの実証実験を行った。(2018/11/19)

戦力外になった後輩に経験伝えたい:
高卒でプロ野球を戦力外 16年後に「公認会計士」になった男の逆転人生
阪神タイガースから戦力外通告を受けたものの、その後公認会計士になった元投手、奥村武博さん(39)。引退した選手が第二の人生で成功できずにトラブルを起こすケースが多い中、いかにして成功できたのか。かつての挫折と、そこから這い上がった経験を聞いた。(2018/11/18)

楽天、野球場で5G実証実験 配送ロボ遠隔操作やドローン使い顔認証
配送ロボットを遠隔操作したり、小型無人機「ドローン」で撮影した映像から顔認証を行ったりする技術を実験した。(2018/11/16)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(10):
野球「マジック」点灯のバグ(その3:完結編)
引き続き、プロ野球でおなじみの「マジック・ナンバー(通称:マジック)」をテーマにお届けします。【完結編】の今回は、「第三者が開発した『マジック計算アプリケーション』のテストケースを設計せよ」というお題に対する「正常ケース」と「特殊ケース」の設計について解説します。(2018/11/9)

CEOがコスト効率を問題視か:
東芝、「ラグビー・野球から撤退検討」報道を否定 「今後も継続」
東芝はラグビー部・野球部の運営から撤退するとスポーツ各紙が報道。車谷CEOら首脳陣がコスト効率の悪さを問題視しているという。だが東芝は「検討している事実はない」とのコメントを発表し、報道を否定した。(2018/11/2)

戦力外通告もインスタで:
アスリートの「SNS発信」は時代の流れか
プロ野球阪神の西岡剛内野手が今季限りで縦じまのユニホームを脱ぐことになったが、戦力外通告の発表の仕方に違和感を覚えた。球団が発表する前に、西岡が自身の公式インスタグラム(写真共有アプリ)に投稿したのが“第一報”だったからだ。(2018/10/29)

TechFactory 人気記事TOP10【2018年9月版】:
プロ野球「マジック」点灯計算ソフトのテストケースを考える
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10。今回は、プロ野球でおなじみの「マジック」の点灯計算プログラムのテストケース設計を問う「組み込みエンジニアの現場力養成ドリル」が第1位に。その他、オムロン 綾部工場が実践する現場革新の取り組みを紹介した記事や、「PLMフォーラム Autumn 2018」に登壇したシンフォニアテクノロジーによるPLM導入プロジェクトの講演レポートに注目が集まりました。(2018/10/24)

「テロップは全て人力でした」 史上初の「パワプロ風野球中継」 実現の陰にあった3つの壁とパワプロ愛
プロ野球の試合中継をゲーム「実況パワフルプロ野球」風に配信し、大きな反響を呼んだAbemaTV。実現までにはさまざまな苦労が――プロデューサーの押目隆之介さんに話を聞いた。(2018/10/21)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(9):
野球「マジック」点灯のバグ(その2:解説編)
前回に引き続き、プロ野球でおなじみの「マジック・ナンバー(通称:マジック)」をテーマにお届けします。今回は、「第三者が開発した『マジック計算アプリケーション』のテストケースを設計せよ」というお題に対する「形式テスト」と「正常テスト」について取り上げます。(2018/10/12)

より大きなPR効果があった:
金足農、PR効果約70億円 秋田銀行系シンクタンク試算
今夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した秋田県立金足農業高校(秋田市)について、地域のPR効果は約70億円とする試算を、秋田銀行系のシンクタンクが10日、明らかにした。新聞やテレビの全国への報道量を広告費に換算した推計で「金足農ナインのプレーが全国の人々に感動を与え、秋田の地域PRに大きな効果をもたらした」と位置づけている。金足農に関する経済的な効果を試算した調査は初めて。(2018/10/11)

KDDI、札幌ドームでARグラスを用いたプロ野球観戦の実証実験
KDDIは、札幌ドームでARグラスグラス「R-9」を用いた野球観戦の実証実験に成功。スタッツ情報や中継映像、実況・解説音声のリアルタイム配信をARで表示するという新しい体験を提供する。(2018/10/4)

野球観戦の楽しさは何で決まる? 球場あるある漫画に「ものすごく共感できる」と賛同の声
マナーを守って楽しく観戦したいですね。(2018/10/4)

KDDI、プロ野球のAR観戦で実証実験 スマートグラスに選手データ表示
KDDIが、プロ野球のAR観戦に関する実証実験を札幌ドームで行った。スマートグラスを活用し、選手データをグラス上に表示するなどの取り組みをした。(2018/10/3)

メイドインジャパンの現場力(20):
“選球眼”でヒット率向上、“全員野球”で2割成長を持続するOKI電源工場
「人の力」を中心に位置付けたOKIテクノパワーシステムズの成長戦略と生産性改善の取り組みについて紹介する。(2018/9/25)

PR:横浜DeNAベイスターズの“良質な非常識への挑戦”をチームワークが支える
プロ野球セントラル・リーグの人気球団、横浜DeNAベイスターズ。同社は横浜ベイスターズのオーナーがDeNAに切り替わった2011年12月1日に誕生した。誕生後の2012年シーズン以降、次から次へとユニークな集客施策を打ち出し、ホームゲームの観客動員数を急伸させたことで広く知られる。その躍進を支えているのは、組織の縦横を貫くチームワークであるという。(2018/9/11)

野球中継を「パワプロ」仕様で生配信、AbemaTVが実施 プロ野球中継史上初の試み
9月14日・15日のDeNA対巨人戦の2試合で企画。(2018/9/10)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(8):
野球「マジック」点灯のバグ(その1:問題編)
終盤を迎えたプロ野球、「マジック」が気になるところ。複雑な印象があるマジック算出を例に、誰かがマジック計算ソフトを開発したとして、そのソフトをテストするためのテストケースを設計してもらいます。(2018/9/10)

野球・ソフトボール中継におけるボールのCG軌道映像に広告枠:
博報堂DYメディアパートナーズが 「ベースボールCGアド」の販売を開始
博報堂DYメディアパートナーズは、野球・ソフトボールの中継内において、球の軌道のトラッキングデータをCG化した映像に広告枠を設定し、販売を開始する。(2018/8/28)

AbemaTV、野球中継でカープ投手とカピバラの比較データを表示 「なぜ比べた」「カピバラ大きい」とツッコミ続出
過去にはDeNA神里外野手の50メートル走タイムを犬と比べる暴挙も。(2018/8/27)

ショボいけど、勝てます。 竹島水族館のアットホーム経営論:
内気な野球少年が悲しみを乗り越えて大人気水族館の「カピバラ王子」になるまで
休日には入場待ちの行列ができ、入館者数の前年比増を毎月達成している水族館が、人口8万人ほどの愛知県蒲郡市にある。飼育員たちのチームワークと仕事観に迫り、組織活性化のヒントを探る。(2018/8/21)

ねっと部:
金足農業の決勝進出に沸く秋田県 企業Twitterが喜び爆発で絶叫の嵐
夏の全国高校野球選手権・準決勝で秋田県の金足農業高校が、秋田県勢として103年ぶりの決勝進出を果たした。Twitterでは同県の企業アカウントが喜びを爆発させた。(2018/8/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
夏の甲子園に潜む“無限ループ”は「最悪の事態」が起きるまで続くのか
酷暑が続く中、高校野球の熱戦だけでなく、その大会運営に対する議論も白熱している。ただ、これまでの伝統や球児、関係者の思いを考慮すると、大きな変革は望めない。「夏の甲子園」と暑さ対策、“無限ループ”が続いていくだろう。(2018/8/17)

プロ野球選手の投球をVRで体験 楽天生命パーク宮城で8月17日から
現役プロ野球選手の投球を再現したVRでバッティングを楽しめるアミューズメントブースが楽天生命パーク宮城で8月17日にオープンする。1プレイ(5球)を500円。(2018/8/16)

「高校野球の戦評記事」書く“AI記者” 朝日新聞社など開発
朝日新聞社とみんかぶが、高校野球の戦評記事をAI(人工知能)で自動生成するシステムを共同開発した。電子スコアブックに入力したデータを基に文章化する。(2018/8/16)

「アレクサ、高校野球で注目の選手は?」 Amazon Alexaが高校野球の情報に対応
夏の高校野球の情報はアレクサに聞こう。(2018/8/9)

阪神甲子園球場をモチーフにしたお皿が発売 特徴である大きな外野スタンドを再現!
日常使いから野球好きへのプレゼントまで。(2018/8/3)

転職バーのハルカさん(9):
PR:あなたの“そんなとこ”が好き――七色の魅力を持つ男
そこそこのエンジニア「シュウヘイ」が足しげく通う「転職バー」には、いつも変わった人がいる。地域限定アイドル、スパイを名乗る3人組、顔色の悪い男……。さあ、今日は野球界のレジェンド(?)がお待ちかねだ。(2018/8/1)

夏の甲子園の全試合、スマホアプリで視聴可能に 朝日新聞などライブ配信
朝日新聞社が朝日放送テレビと共同で、「第100回全国高校野球選手権記念大会」の全試合をライブ中継。運動通信社のスポーツメディア「SPORTS BULL」のスマホアプリなどで無料で視聴できるようにする。(2018/7/31)

VR技術でプロ野球パ・リーグ観戦 KDDIが提供開始
バックネット裏やセンターバックスクリーンなど5つの視点の映像を楽しめるのが特長だ。(2018/7/26)

高校野球の戦評、AIが「1秒あまり」で自動作成、Twitter配信 神戸新聞「経過戦評ロボットくん」運用スタート
高校野球の一打席速報の内容を、機械学習を使った人工知能で解析し、戦評を自動作成するプログラム「経過戦評ロボットくん」を、神戸新聞社が開発した。試合終了後わずか1秒あまりで戦評を執筆。Twitterに配信中だ。(2018/7/24)

プロ野球、eスポーツに参入 NBPとコナミ、「パワプロ・プロリーグ」開幕
プロ野球がeスポーツに本格参入。NBPとコナミが「パワプロ・プロリーグ」を開催。12球団のeスポーツ選手がパワプロシリーズで戦い、「日本シリーズ」で優勝者を決める。(2018/7/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ZOZO前澤社長の球界参入に「NO」を突きつける人が多い背景
スタートトゥデイの前澤友作社長がTwitter上で「プロ野球球団を持ちたいです」と発信し、大きな波紋を広げている。資金面などの問題はないかと思うが、前澤氏の発言に対して、プロ野球の関係者からは疑問の声が噴出しているのだ。どういうことかというと……。(2018/7/19)

「プロ野球球団持ちたい」ZOZO前澤社長、Twitterで表明 意見も募集
「プロ野球球団を持ちたいです」――「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長が17日、Twitterに「大きな願望」として、こんな内容を投稿した。(2018/7/17)

地方には伸びしろがある:
静岡を野球王国に! 私が20年間暮らした東京を離れたわけ
昨年末、大学に進学してから約20年暮らした東京を離れ、生まれ育った静岡県静岡市に生活と仕事の拠点を移しました。地方で仕事することに対して「不便ではないか?」といった声がありますが、それ以上にメリットを感じています。(2018/7/11)

野球スタジアムの売り子販売で「楽天ペイ」が利用可能に
楽天は、スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ」を「楽天生命パーク宮城」観客席でのドリンク販売に導入。7月7日からQRコード決済が利用可能となる。(2018/7/6)

野球スタジアム観客席のドリンク販売、QRコード決済で 楽天が国内初
楽天が決済サービス「楽天ペイ」を「楽天生命パーク宮城」の観客席でのドリンク販売に導入する。売り子が首から提げたQRコードをスマホアプリで読み取り、金額を入力して決済する。(2018/7/6)

常にハイライト:
プロ野球選手からビジネスマンに “生涯現役”貫く江尻慎太郎さんの人生
2001年にドラフトで日本ハムファイターズに入団。その後、横浜ベイスターズ、福岡ソフトバンクホークスでプロ野球選手としてのキャリアを過ごした江尻慎太郎さん。現役引退後、彼が選んだ道はビジネスマンだった。江尻さんの仕事観、人生観に迫った。(2018/7/3)

プロ野球を好きな角度からライブ観戦 KDDIなどが実験に成功
次世代移動通信システム5Gを活用。(2018/6/29)

プロ野球を好きな角度で観戦 KDDI、5Gを活用した自由視点映像のリアルタイム配信
KDDI、KDDI総合研究所、沖縄セルラー電話は、国際電気通信基礎技術研究所、サムスン電子の協力の下、5G対応タブレットを活用した自由視点映像のリアルタイム配信に成功したと発表。任意のアングルでスポーツ観戦が可能になるとしている。(2018/6/28)

「野球も出来て、カツドンマンも書けるパパ!」 息子のおねだりに剛腕奮ってお絵かきする田中将大画伯にファンほっこり
こんなお父さんがほしい。(2018/6/23)

「あどけないのに美人」 おのののか、22歳のころのサッカーユニ姿が幼いかわいさ全開
野球以外のユニフォームも似合う。(2018/6/19)

電通、VRを活用したスポーツ観戦ツール「fanglass」を開発 ゴーグルを通して様々なアングルから楽しめる
サッカーをゴール裏から見たり、野球を打者の目の前から見たり。(2018/6/19)

朝日放送出身のアナウンサーがeスポーツ実況に特化した新会社設立 代表は過去にプロ野球、Jリーグの実況を担当
「RAGE」や「パワプロチャンピオンシップ」などで実況を担当。(2018/6/18)

野球拳には「トーナメント方式の全国大会」がある
本当の野球拳は負けても脱がない。(2018/6/14)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(11):
日本ハムファイターズの本拠地移転、本当の狙いとは?〜野球場とERPの意外な共通点〜
前回はサービスマネジメント=運用ではない! 新しいサービス、素晴らしい体験、新たな価値を創造する取り組みもサービスマネジメントそのものである! と述べた。今回は野球場を題材に、ビジネス革新へのサービスマネジメントの適用を一緒に考えてみたい。(2018/6/8)

門戸を開く:
プロ野球界の人材登用に風穴 DELTAがビジネスマンなどに向けたセミナー
野球データ分析を専門とするDELTAが、プロ野球の球団フロントなどを講師にしたセミナー「リーダーズ・オブ・ベースボール・オペレーションズ」を開催している。そこにはビジネスパーソンや学生などが多く詰め掛けているのだ。(2018/6/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。