ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「陶器」最新記事一覧

関連キーワード

歴史インサイド:
平安京に大邸宅跡 光源氏モデルゆかりの寺の領地、「政所」「齋」の墨書土器片……誰が暮らしていた?
平安遷都間もない9世紀前半の嵯峨天皇の時代に、120メートル四方という広い空間に建てられた大規模な建物跡群が昨年出土した。京都市中京区の島津製作所本社内の平安京跡。京都市が出土品と遺構を精査した結果、土器片には「政所(まんどころ)」「齋」などと墨書(ぼくしょ)されていることが判明した。(2018/4/20)

タイムアウト東京のオススメ:
愛嬌たっぷりの玩具にハマる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/4/18)

仮設トイレが独自の進化を遂げていた! 高級VIP用にIoT機能、知られざる“密室”の歴史
仮設トイレの進化について、メーカーに取材しました。(2018/4/15)

純白の瀬戸焼きが美しい! 「夏目友人帳」ニャンコ先生の招き猫型貯金箱が登場
ニャンコ先生がうちにやってくる!(2018/3/26)

「お箸でケーキ、はじめましょう」 コージーコーナーがむちゃを言い出す
でも実は意外と食べやすい……?(2018/3/15)

省エネ機器:
太陽からエネルギーを取り出す屋根材、熱電併給も可能に
エフウエイブは、「スマートエネルギーWeek 2018」で、同社が開発を進める樹脂屋根材や太陽電池セルを展示した。太陽電池セルを屋根材でモジュール化することで、屋根による熱電併給も可能になるという。(2018/3/12)

陶器製でちょっと高級感 あまりにもかわいいミッフィーのミニ食器コレクションがガチャで登場
豆皿やマグカップなど、かわいいものばかり。(2018/3/12)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
「LED発祥の地」が目指す世界展開――LEDバレイ構想(徳島県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第11回。LEDを活用した技術集積、応用製品による世界展開、街のにぎわいの演出に取り組んでいる、徳島県の「LEDバレイ構想」を取り上げる。(2018/2/7)

美しすぎて食べられない! レトロな和柄のアイシングクッキーにうっとり
繊細に描かれた柄がすばらしい。(2018/2/5)

メントスがなくても、“アレ”の破片があれば「メントスコーラ」ができる理由
いつからメントスが必要だと錯覚していた?(2018/1/30)

陶器製の列車から焼酎を注げちゃう 列車プレミアムボトル焼酎「特急かわせみ やませみ」発売
丁寧な再現で人気のシリーズ。(2018/1/23)

まるで宝石みたい! 見ているだけでワクワクする「お菓子のミカタ」の缶がかわいい
お菓子を食べ終わったあとも取っておきたい。(2018/1/14)

うちの母のお弁当、ちょっと変わってますか? 編集部員の母弁、2017年振り返り
年末、母にお弁当を作ってもらえない大ピンチが発生……!(2018/1/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」2017総集編:
滅亡する50ccバイク、トヨタのGoogleキラー
筆者が書いた記事で2017年のページビュー・ベスト5を取りまとめた。今回は昨年を振り返る意味でも、そのトップ3について改めて述べたいと思う。(2018/1/1)

SCF2017:
中国製造2025が目指すもの
「SCF2017/計測展2017 TOKYO」では、テーマセッションに広東省自動化学会理事長の劉奕華氏が登壇。「中国製造2025の最新事情、広東省の製造業とスマート製造」をテーマに、広東省の製造業の現状および中国製造2025の活用、戦略などを紹介した。(2017/12/26)

油圧ショベル型コーヒーカップにリッパーバケット型の新作登場 その名も「鉄さび」
やっぱりコーヒーがよく似合いそう。(2017/12/18)

コンピュータで“錯視”の謎に迫る:
真っすぐなのに斜めに見える“不思議な図形”の正体 「歴史から消えた錯視の発見者」とは
東大・新井仁之教授が解説する錯視の世界。第7回では、直線でありながら斜めに見える不思議な図形が登場。錯視にまつわる歴史もご紹介します。(2017/12/9)

PR:“オシアナスブルー”誕生秘話――青き革命児のクロニクル
ギリシャ神話で“海の神”を意味する「オケアノス」にちなんで名付けられた、カシオ計算機のアナログウォッチ「OCEANUS」(オシアナス)。シリーズのアイデンティティにもなっている「ブルー」は、いかにして生まれ、育まれてきたのか。(2017/12/1)

約束されたおかわりの剣? Fateコラボカフェ限定グッズで「エクスカリバーしゃもじ」なる謎アイテムが発売
食卓の騎士にご飯をよそうのにピッタリ。(2017/11/1)

駅弁「峠の釜めし」が陶器ではなくなる? 益子焼から「紙容器へリニューアル」発表で誤解
実際には益子焼、紙製容器の並行販売。(2017/10/23)

宋時代の汝窯青磁筆洗が世界記録となる約42億円で落札 スタート価格は約12億円
現在確認されている個人所蔵品は4点のみ。(2017/10/9)

「裏切らないクオリティ!」 「眠れる森の美女」マレフィセントになりきるダレノガレ明美からあふれでる魔女感
美しさと怖さがそこにはある。(2017/9/17)

オフィスでもホカホカご飯 一人用のご飯とおかずも作れる弁当箱みたいな炊飯器「ハンディ炊飯器」が発売
レトルトカレーも同時にできあがるのがステキ。(2017/9/12)

会社で炊きたて! おかずも作れる「お一人様用 ハンディ炊飯器」
サンコーが「お一人様用 ハンディ炊飯器」を発売した。蒸気の熱でお茶碗2杯分のご飯を同時に炊ける小型炊飯器だ。(2017/9/11)

お願い、開けないで…… 「少女革命ウテナ」ひつぎ型アクセサリーケースが登場
次の日、彼女は棺から出ていた。何かを感じさせる目をして……。(2017/9/8)

素材のクオリティー高すぎぃ! 声優・小倉唯、「中学生みたいな顔」のすっぴん公開
きれいな顔してるだろ、うそみたいだろ、すっぴんなんだぜ。(2017/8/31)

刀剣乱舞とコラボした京座布団&コースターが発売決定! 各キャラをイメージした有馬焼12種も
和室でまったりお茶飲みたい。(2017/8/1)

えんやの銭湯イラストめぐり:
モダンなデザインで楽しむ“非日常”の銭湯 千駄木「ふくの湯」
「えんやの銭湯イラストめぐり」、第3回は粋でオシャレな千駄木の銭湯「ふくの湯」を紹介します。(2017/7/15)

PR:ビジネスPCにオールインワンの安心感 「VAIO S15」だからできること
日本のオフィス環境が多様化しているとはいえ、今後も内勤中心で働くケースは多いはず。その場合、どのようなクライアントPCを選べばよいのだろうか。(提供:VAIO株式会社)(2017/7/10)

新「トルネード洗浄」も:
TOTO、「ふたを開けても美しい」57万円のトイレ発表
TOTOが、新型トイレ「ネオレストNX」を発表。美しさと機能性を併せ持ち、「ふたを開けても美しい」点が特徴だ。(2017/6/29)

「渡部さんうらやましい」 新婚・佐々木希のウエディングドレス姿が国宝級の美しさ
美しいどころではない。(2017/6/14)

既成概念にとらわれない:
社食なのに夜メイン? 発想を変えて理想を実現
「こんな社食があったらいいな」を実現するために、従来の社食のイメージから発想を大きく転換した企業の取り組みとは……。(2017/6/13)

新連載・クルマの未来はIoT:
最近のクルマ、顔つきが“反抗期”っぽいのはなぜ? カーデザインのプロに理由を聞いた
乗り物とIoTの関係性をITmedia NEWSの車好き記者・ヤマグチが追う新連載がスタート。第1回目はSNSで話題になった“カーデザインの反抗期”について専門家に聞いてみた。カーデザインは「女性の化粧」と関係があるらしい。それってどういうこと?(2017/6/13)

台湾で見つけた「壁ドンしている塩こしょう入れ」がステキ シンプルなのに、あふれるドキドキ感
目、口から塩こしょうをファサファサ。(2017/5/25)

スマホでペット供養できる日本初のサービス、クラウドファンディング開始 スマホ端末が小さな仏壇に
線香が立てられる専用のスマホスタンドも。(2017/3/27)

日本全国のレトルトカレーが集結する「カレー大使館」でカレー食べ比べしてきた
レトルトカレーの魅力を伝える大使館です。(2017/3/20)

オンキヨーとパイオニアの入門ハイレゾDAPはどこが違う? 開発者に聞く
(2017/3/15)

作っているのは元給食のお姉さん! イマドキ給食を食べられるカフェに行ってきた
昔懐かしい給食ではなく、イマドキの給食を提供するカフェ「cafe OGU1」に行ってきました。(2017/3/13)

「テレビで話題になってしまった茶碗」奈良大が分析 「実物を見ず真贋云々に疑問」
「なんでも鑑定団」で「国宝級」と鑑定された後、視聴者から「偽物では」と疑問が出ていた茶碗の成分を分析した結果を、奈良大学が発表した。(2017/3/3)

Mobile World Congress 2017:
ライカ品質のカメラがさらに進化 「HUAWEI P10/P10 Plus」発表会で分かったこと
Huaweiの新スマートフォン「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 Plus」が発表された。26日に行われたプレスカンファレンスの中でも、特に注目度が高かった。発表会の様子とファーストインプレッションをお届けする。(2017/2/27)

トーマスかな? 個性派ブランド「あちゃちゅむ」の顔付きバッグがガン攻めデザインですごい
個性が尊重される時代です。(2017/2/22)

全国各地のカップ酒がずらりと集結!「I LOVE SAKE 日本酒マニアック博 in 東京」に行ってきた
おもしろカップ酒がたくさん。(2017/2/16)

「量産ザクサラダ」や「ア・バオア・クー」のパフェ!? ガンダムカフェの新メニュー、1月25日登場!
店舗限定メニューもあります。(2017/1/25)

口で噛んではおりません 巫女さんが描かれた「聖地の酒 巫女ラベル」、飛騨の酒蔵から発売
「君の名は。」の「口噛み酒」風のお酒で話題になった渡辺酒造店が制作。(2017/1/25)

住宅展示場にミッフィーちゃんの外壁塗装用見本? ミサワホームに意図聞いた
ミッフィーちゃん本体は陶器でできているそうです。(2017/1/22)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(3):
フェライト(3) ―― 電子部品としてのフェライト
電子部品について深く知ることで、より正しく電子部品を使用し、「分かって使う」を目指す本連載。フェライト編第3回は、フェライトに代表される脆性(ぜいせい)材料の使い方と電子部品としてのフェライトの製造法について詳しくみていきます。(2016/12/20)

ねっと部:
iPhone 7専用の「白子ポン酢」ケースにお酒がはかどる Hameeから発売
白子ポン酢好きの皆さんに朗報だ。(2016/12/5)

4.6インチHDディスプレイを採用
徹底レビュー:「Xperia X Compact」は最新ソニー技術を小型ボディーに集約、その実力は?
ソニーが5インチ未満のAndroidスマートフォンとして市場に送り出している「Xperia X Compact」。小型スマートフォンの中でトップクラスの性能を誇るが、その実力とは。実機ハンズオンレポートを紹介する。(2016/11/19)

こんなのうれしいに決まっとるやろ! 「君の名は。」の“口噛み酒”風のお酒が聖地・飛騨で販売を開始
なお、生写真とメイキング動画はないもよう。(2016/11/3)

カメラや電源周りが進化――写真で解説する「Xperia XZ SO-01J」「Xperia X Compact SO-02J」
ドコモの「Xperia XZ SO-01J」と「Xperia X Compact SO-02J」が11月2日に発売される。これまでのXperiaと同様に同じく日本向けの機能が追加されている。従来モデルからの進化点について写真で見ていこう。(2016/11/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。