ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「陶器」最新記事一覧

TOTO、ベトナムの工場でIoT活用の生産システムを構築
「TOTOベトナム」の製造現場に原料とひも付けて全工程の生産状況や品質情報を可視化するシステムを導入した。(2016/7/21)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
中川政七商店が考える、日本の工芸が100年先も生き残る道とは?
全国各地の工芸品を扱う雑貨屋「中川政七商店」が人気だ。創業300年の同社がユニークなのは、メーカーとしてだけでなく、小売・流通、そして他の工芸メーカーのコンサルティングにまで事業領域を広げて成功している点である。取り組みを中川淳社長が語った。(2016/7/20)

中小企業のモノづくりイノベーション(1):
石こう型技術で人工乳房事業を創出、事業継続へ――女性として、経営者として
大学で教鞭を取る准教授が日本のさまざまなモノづくり中小企業の事例を紹介する本連載。今回は愛知県常滑市のマエダモールドを訪問。同社の人工乳房事業が誕生した経緯を聞いた。(2016/7/20)

ダッソー DELMIA Apriso:
LIXILが製造実行システムにダッソー・システムズのMESを採用
新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は、LIXILに対してダッソー・システムズの「DELMIA Apriso」を導入したことを発表した。(2016/7/12)

沖縄モノづくり新時代(4):
3Dゲーム開発の第一人者が地方都市「沖縄」で今考えていること
エンジニアリングやモノづくり分野の技術進化が、今まで以上に地方の課題解決や魅力発掘の後押しとなる。本連載の主役は、かつて“製造業不毛の地”といわれていた沖縄。第4回では、日本の3Dゲーム開発の第一人者で、現在沖縄に拠点を構える武田政樹氏に焦点を当てる。長年ゲーム開発に携わってきた同氏が、なぜ沖縄観光に興味を持ったのか?(2016/7/8)

製造IT導入事例:
統合生産管理システムにダッソー・システムズのMESを導入
LIXILは、製造実行システム(MES)として、ダッソー・システムズの「DELMIA Apriso」を導入し、稼働を開始した。導入にあたっては、新日鉄住金ソリューションズが支援した。(2016/6/29)

ひと晩寝かせたカレーで食中毒!? 加熱しても死なないウェルシュ菌とは
「2日目カレー」は危険という話。(2016/6/22)

絶対にプラスチックのカップで「焼きプリン」を作るという執念 森永「焼きプリン」の製法特許がすごいと話題
この人たち本気だ……!(2016/5/20)

北欧の陶芸作家リサ・ラーソンのミニチュアフィギュア しましまネコ「マイキー」など5種類が登場
空気感がステキ。(2016/5/18)

さすがのお値段で1枚100万円! 片岡愛之助さんのマスクが洋食器メーカーから発売
高級磁器を使用しています。(2016/5/10)

男子ゴコロをくすぐる 建設機械メーカーのアースマシンが油圧ショベル型コーヒーカップ発売
うなれ! オレのショベル型コーヒーカップ!!(2016/4/15)

法制度・規制:
太陽電池廃棄物のリサイクル、ガイドラインが公開へ
環境省は、固定価格買取制度などの後押しもあり設置が増え続ける太陽電池に対し、リサイクルに向けたガイドラインの第1版を策定した。今後増加が見込まれる太陽電池関連廃棄物の処理を円滑に行えるようにする狙いだ。(2016/4/7)

「ガンダム」雑貨5つを厳選! 玄人好みの九谷焼からぐいのみまで
ガンダム好きなら思わず買わずにいられない? 食器から文具まで、さまざまな“ガンダム雑貨”を紹介。(2016/4/2)

水洗浄だけで手入れいらず 汚れない、垢がつかないトイレ、LIXILが開発
水洗浄だけで汚れや水垢を防ぐトイレ用の陶器「アクアセラミック」をLIXILが開発した。(2016/2/24)

エネルギー列島2015年版(41)佐賀:
バイオマス発電+人工光合成で一歩先へ、海洋エネルギーの挑戦も続く
家庭から出る廃棄物を活用するプロジェクトが佐賀市で進んでいる。下水と生ごみから電力を作り、同時に発生するCO2を人工光合成に利用して野菜の栽培や藻類の培養に生かす。沖合では海洋エネルギーの実証実験を進める一方、田んぼでは稲を栽培しながら太陽光発電に取り組む。(2016/2/2)

2016年PC/タブレット春モデル:
普通のA4ノートじゃない――Skylake-H採用でワンランク上のプレミアムオールインワンノートPC「VAIO S15」
VAIOが、15.5型のオールインワンノートPC「VAIO S15」を発表。「VAIO Fit 15E | mk2」の後継機種ながら、プロセッサにハイスペックノートPC向けの「Skylake-H」を採用するなど、パフォーマンスを大幅に向上。高付加価値のあるマシンに仕上げた。(2016/1/27)

Googleが「Made in Japan: 日本の匠」プロジェクト公開 日本の工芸品を高画質な画像で閲覧可能
制作風景の動画もあって、画像検索より役に立つかも。(2016/1/26)

和柄のキティさんがカワイイ! 「ドリームトミカ はろうきてぃ これくしょん」1月30日発売
全6種類。(2016/1/25)

訪日外国人向け:
キティとトミカがコラボ 着物、法被、茶室で日本のkawaiiを発信!
和をテーマに、ハローキティがトミカとコラボ。訪日外国人の需要を狙う。(2016/1/25)

ノッている会社は、ここまでやっている!:
競合店ができても、ドトールの売り上げがあっさり元に戻るワケ
コーヒー業界が熾烈な競争を極めている。喫茶店、ファミリーレストラン、コーヒーチェーン、コンビニ、サードウェーブなど、さまざまな業界が参入しているが、そんな中で堅調な売り上げを伸ばしているコーヒーチェーンがある。ドトールだ。(2016/1/22)

頑固な茶渋を“アノ調味料”でスッキリ落とす方法
(2016/1/21)

歴ドル・小日向えりの「もしあの武将がネットサービスを使ったら……」:
生涯で93回も引っ越し!? クレイジー絵師・葛飾北斎の素顔
江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の「富嶽三十六景」を一度はご覧になったことがある人は多いでしょう。富士山の世界文化遺産にも貢献したと言われる北斎ですが、実はかなりの変わり者だったようです。(2015/12/26)

レプリカだけの展示にもかかわらず、日本一高い入館料(?)といわれる美術館がすごい
訪れた人は「納得の料金」「それ以上の価値がある」「偽物なのにすごい!」などと大絶賛だそう。(2015/12/12)

これ使って大丈夫か!? リアルなプーチンと金正恩の頭から音が鳴るスピーカーで我が家の平和がやばい
コンセプトは「世界を動かす人物で聴く」。(2015/12/8)

Meet Recruit:
地方の魅力を伝えるクリエイティブ・コミュニケーション
地方が主体となって、その土地の魅力を伝える活動が活発化している。今回は、情報発信で地方をリードするクリエイティブやコミュニケーションを紹介したい。(2015/11/26)

タイムアウト東京のオススメ:
買うより作る
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2015/11/10)

これはいいティーカップだ…… 「機動戦士ガンダム ザビ家のティーカップ」第2弾、予約受付スタート
「デギン・ソド・ザビ」「ドズル・ザビ」「キシリア・ザビ」をイメージした全3種。(2015/11/6)

戦いは数だよ:
ノリタケとコラボした「ザビ家のティーカップ」再び――今度はデギン、ドズル、キシリアの3セット
プレミアムバンダイから「ザビ家のティーカップ」第2弾が登場。キャラクターをイメージしたカラーに金色の彩色を施し、ソーサーの表面にはジオンの紋章、カップにはキャラクターの名前を入れた。(2015/11/6)

リフォームにも対応!:
パナソニック、ラクにお掃除ができるタンクレストイレ「アラウーノV」を12月21日に発売
有機ガラス素材の節水タンクレストイレ「アラウーノV」がパナソニックから登場。「サッとふける」フラットなデザインを採用し、無駄な凹凸がなく掃除がしやすい。(2015/11/2)

めんこい! ペンギン達のキッチングッズがフェリシモで買えるよー
しょうゆ差し&塩入れとキャニスター。(2015/10/23)

エヴァ新幹線、親子関係を表現したお弁当やお土産が激戦の予感 「500 TYPE EVA」実車披露
博多〜新大阪行かなきゃ!(2015/10/21)

カドカワがネットで学べる「N高等学校」を来春開校 川原礫・いとうのいぢが教え、刀鍛冶・マタギ体験も可能
生徒全員にメルアド、Slack、GitHubのアカウントを発行。全日制高校と同じ卒業資格を得られる。(2015/10/14)

タイムアウト東京のオススメ:
スヌーピーのカフェで休憩する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2015/10/14)

セーラームーンが陶磁器に! セーラー戦士モチーフのティーカップ&ソーサーセットに第2弾
飾っても良し、使っても良し。(2015/9/27)

海に眠る“幻の小判”を探す ガチすぎるトレジャーハンティングを体験
幻の小判は1枚の時価約40万円……。(2015/8/29)

目黒川沿いの一軒家がスヌーピーのテーマカフェ「PEANUTS Cafe」としてオープン
本格的なカリフォルニアダイニングで10月2日の「PEANUTS」65周年に合わせて。(2015/8/29)

司書メイドの同人誌レビューノート:
漂流物との出会いを趣味に ビーチコーミングの魅力が詰まった『東京湾のひとひら』
秋葉原のカルチャーカフェ「シャッツキステ」の司書メイドことミソノが、同人誌のディープな魅力を紹介する連載企画。同人誌の用語を解説していく「ミソノ流ワンポイント用語解説」も必見。(2015/8/28)

フォーラムエンジニアリング活用事例(2):
PR:地元志向の優秀な派遣エンジニアで品質を高める/TOTO
地方在住の優れたエンジニアが、住み慣れた地元で職を求めるのは難しい。だがフォーラムエンジニアリングの技術者派遣を活用すれば「地元」で「自分のスキルを生かす」を実現できる。地元での就業を希望する派遣エンジニアを積極的に活用しているTOTOに話を聞いた。(2015/8/25)

相撲女子(スージョ)のためのおすもうグッズ登場 力士の手作りブローチがほっこりかわいい
猫力士の「猫乃花」が気になる。(2015/8/6)

不明だった模様を元乗組員からの資料で復元「矢矧進水記念杯」ワンフェスに登場
なぜ復元したのか? 製作裏話を聞いた(2015/7/21)

DMS2015リポート【CAD/CAE編】:
CAEは高度化と簡易化に分かれる、生産技術CAEも充実
「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」では、VDI環境でのCAE実施や、高度な解析が社内でも使えるようになるなど、一層CAEの利用範囲の拡大が感じられた。(2015/7/21)

これ新垣結衣さんが使っているやつだ! 「チキンラーメン」のふた付どんぶり発売
ふたがひよこちゃん。(2015/7/17)

吉幾三さん手作りの壺、「minne」で販売中 親友の山本譲二さんが出品
「minne」で吉幾三さん手作りの壺が販売されている。出品者は演歌歌手の山本譲二さんだ。(2015/7/16)

新マシーンを導入:
NewDaysのコーヒー、炭火焙煎に
エキナカコンビニ「NewDays(ニューデイズ)」を展開しているJR東日本リテールネットは6月23日に、カウンターコーヒーに新しいメニューとサービスを追加する。(2015/6/17)

「自分だけのお気に入り」との出合いを 作品数100万点超のハンドメイドマーケット「minne」が近づける、作家とファンの距離
作品数100万点を超え、国内1位の規模になったハンドメイド作品のオンラインマーケット「minne」。「単なるECサイトではなく、作家とファン、作家と作家がつながれるコミュニティーに」(2015/6/5)

伝統工芸の「和」にほっこり 波佐見焼のカップを博多曲物のスリーブが包み込む「Haori Cup」が海外で人気
いいものは、いい。(2015/6/4)

スマホとタブは全機種Android 5.0:
ドコモ、「Xperia Z4」や「ARROWS NX」など2015年夏モデル10機種を発表――Androidケータイも登場
ドコモは、Xperia Z4/Xperia Z4 Tablet、虹彩認証対応のARROWS NX、指紋認証に対応したAQUOS ZETAなど、夏モデル10機種を発表した。OSにAndroidを採用したフィーチャーフォンも用意している。【写真追加】(2015/5/13)

「Product for 1000」挑戦記(4):
「『ゆ』のみ」本開発スタート!! 真面目に「開発」し、とことん「遊ぶ」
「Product for 1000×3Dモデラボ×Mozilla Japan」特別企画。モノづくりド素人が「Product for 1000」というフレームワークを使い、デジタルモノづくりに挑戦するプロジェクトで「『ゆ』のみ」開発がついにスタートした。(2015/4/13)

新連載・スピン経済の歩き方:
なぜ成田空港が「ウォシュレット押し」なのか
成田空港内のトイレで、TOTOのウォシュレット設置率がアップする予定だ。現在、第1・第2ターミナルでの設置率は3割ほどだが、今年の9月には100%にするとか。それにしても、なぜ成田空港が「ウォシュレット押し」なのか。その理由は……。(2015/4/7)

トトロの「とうもころし!」を再現できる! とうもろこしの形の母の日ギフトセットが発売
「メイがとったとうもころし、お母さんにあげるの!」(2015/3/26)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。