ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コーラ」最新記事一覧

日本初の「八丁味噌コーラ」、「岡崎味噌コーラ」に名称変更していた GIブランド問題のあおりを受け
いつの間にこんなことに。(2018/4/21)

各社がシェアを奪い合う“激戦区”:
コカ・コーラ、小容量ペットボトルコーヒーに参入 「ジョージア ジャパン クラフトマン」
コカ・コーラが“激戦区”の500ミリリットルペットボトルに参入。「ジョージア」ブランドのブラックコーヒーとカフェラテで、若年層や女性層を狙う。(2018/4/18)

「檸檬堂」シリーズを九州限定販売:
コカ・コーラがお酒を発売 チューハイで“新たな挑戦”の狙いは
コカ・コーラシステムが5月28日に缶チューハイ「檸檬堂」シリーズを九州限定で発売する。男女問わず、20代以上の幅広い層がターゲット。350ミリリットル入りで、価格は150円(税別)。日本コカ・コーラの担当者に狙いを聞いた。(2018/4/13)

シャリシャリで冷え冷えのコーラ! 「コカ・コーラ フローズン レモン」発売
シャリシャリな「ファンタ フローズン」も登場します。(2018/4/13)

開発の狙いは?:
新感覚の「コカ・コーラ」登場 容器ごと凍らせる“フローズン”
コカ・コーラシステムが、フローズン飲料「コカ・コーラ フローズン レモン」を4月16日に発売する。容器ごと凍らせることで、シャーベット感覚で楽しめる。新たな顧客層を開拓する狙い。(2018/4/12)

日本の“コーラ好き”のための日本オリジナルブランド「ペプシ Jコーラ」が登場 4月17日から全国で発売
実際にコーラ好きの声を聞いて開発されました。(2018/3/26)

復調の紅茶市場に:
「甘さへの罪悪感」超えられるか コカ・コーラの新提案「紅茶花伝 クラフティー」
コカ・コーラが新ブランド「紅茶花伝 クラフティー 贅沢しぼりオレンジティー」を発売。復調の紅茶市場を背景に、“新しい紅茶”を提案する。(2018/3/8)

コカ・コーラ、2018年に日本で缶酎ハイを発売 グループ初事業で日本を選んだのはなぜか
125年の歴史の中でも、コカ・コーラ社のアルコール飲料参入は異例の取り組み。(2018/3/8)

低アルコールカテゴリーでの実験:
コカ・コーラ、日本市場で「缶酎ハイ」発売へ 初のアルコール飲料
米コカ・コーラが日本市場で缶酎ハイを発売する。ノンアルコール引力に注力してきたコカ・コーラが新たな領域へ。(2018/3/8)

なぜ味噌を使ってしまったんだ 日本初の「八丁味噌コーラ」が2月23日発売
なぜ八丁味噌を使ってしまったんだ。(2018/2/21)

「聖域なき見直し」:
リコー、コカ・コーラボトラーズ株式を売却 約560億円
リコーが、コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスの全株式を約560億円で売却すると発表。商用・産業印刷事業の成長を図る狙い。構造改革遂行のための「聖域なき見直し」の一環という。(2018/2/21)

メントスがなくても、“アレ”の破片があれば「メントスコーラ」ができる理由
いつからメントスが必要だと錯覚していた?(2018/1/30)

キリン メッツ コーラがリニューアル! 強炭酸に磨きをかけて、3月20日発売
キレ味がさらに増しました。(2018/1/18)

コカ・コーラから初の桃フレーバー 「コカ・コーラ ピーチ」登場
パッケージのラベルもピンクに。(2018/1/15)

高校化学でわかる「コーラで歯が溶ける」がウソである理由【訂正あり】
【お知らせ】記事を修正しました。(2018/1/14)

期間限定「コカ・コーラ ピーチ」:
コカ・コーラ史上初「モモ」のフレーバーが登場
コカ・コーラに「モモ」のフレーバーが初登場。1月22日に全国で発売する。(2018/1/10)

日本酒をソフトドリンクで割る:
コカ・コーラがぐるなびと「飲食店支援」 若年層向けのレシピ提案
日本コカ・コーラはぐるなびと業務提携し、日本酒や焼酎などをソフトドリンクで割った低アルコール飲料のレシピを飲食店に提案していくと発表した。「若年層を集客できるレシピを提案することで飲食店を支援する」という。(2017/11/25)

11月21日に全国発売:
クリスマスケーキ味の白い「ペプシクリスマスコーラ」登場
季節限定商品「ペプシクリスマスコーラ」が11月21日に発売。クリスマスケーキをイメージさせるような白いコーラ。(2017/11/8)

ペプシコーラから「クリスマスケーキ味」が限定発売 クリームの味わいとイチゴの香り広がる白いコーラ
さすがペプシコーラ。(2017/11/7)

あの「うんこ漢字ドリル」がお菓子になったよ! うんこ先生と“べん強”できるグミとソフトキャンディー発売
グミはうんこ先生の形をした“うん!コーラ味”。(2017/11/6)

しなの鉄道、「115系幻のコカ・コーラレッドカラー」復活プロジェクトが熱い
目指せ全色フルコンプ! ファンも社員も熱い。(2017/10/16)

サントリー、ペプシコーラなど一部商品にプラスチック片が混入したとして自主回収
「ペプシストロング5.0GV」や「POPメロンソーダ」なども。(2017/7/29)

くら寿司の新スイーツ「シャリコーラ シュークリーム」誕生
シャリに関係していればくら寿司の守備範囲です。(2017/7/7)

コカ・コーラもシーチキンもボタン一発で注文できる Amazon Dash Buttonのラインアップが100ブランド以上に拡大
アルコール飲料やオフィス文房具など新カテゴリが設けられ、幅広いラインアップに。(2017/6/28)

ボタン1つで商品届く「Amazon Dash Button」拡充 コカ・コーラ、ハッピーターンなど100種以上に
「Amazon Dash Button」に74種の新ブランドが追加された。(2017/6/28)

コカ・コーラのアプリがパックマンとコラボ ジョージア風アレンジの「EME-MAN」で遊べるぞ
パワークッキーがコーヒー豆に、フルーツターゲットはジョージアの缶コーヒーに。(2017/5/25)

「これはタカシですか?」「いいえ、それはゴキブリです」 とある英語学習アプリの例文が狂気しかない
タカシ「とても美味しいコーラですね(しょうゆを飲みながら)」(2017/5/21)

世界初“透明なコーヒー”謎製法で爆誕 歯が汚れにくいメリットも
「コーラと思って飲んだらめんつゆ」的な事故が起きそう。(2017/4/18)

全国のお兄ちゃん注目! アニメ「干物妹!うまるちゃん」第2期が秋に放送決定
コーラとポテイトで宴の準備だ!(2017/4/8)

米ペプシ「まと外れでした」デモ連想させる広告を謝罪 公式Twitterには「コカ・コーラ飲むわ」などクソリプも押し寄せる
米ペプシが謝罪しています。(2017/4/6)

125歳で同い年のコカ・コーラとセイコーがコラボ 双方の同年代デザインを融合した掛け時計を発売
1890・1960年代のビンテージデザインがステキ。(2017/3/17)

米コカ・コーラ、恋愛の多様性を意識したCM公開 たくましい使用人を巡り男女の姉弟が恋の争奪戦
さあ、勝者はどっちだ!?(2017/3/11)

コーラこぼしてごめんにゃさい…… 叱れなかった飼い主さんを物陰から気遣う猫ちゃんがかわいい!
落ち込んでにゃい? だいじょうぶ?(2017/2/25)

トクホ認定の「コカ・コーラ プラス」新発表 コカ・コーラ飲んで健康になれる時代
開発に10年を費やしました。(2017/2/1)

健康志向のニーズに応える:
コカ・コーラ初のトクホ 「コカ・コーラ プラス」発売
コカ・コーラシステムは、「コカ・コーラ」シリーズ史上初となるトクホの「コカ・コーラ プラス」を3月27日から販売する。(2017/2/1)

コカ・コーラ「い・ろ・は・す」に九州エリア限定「あまおう」が登場 Twitterで先行体験キャンペーンも
九州以外はキャンペーン応募で体験可能です。(2017/1/6)

聖帝サウザーがコーラ界にも君臨 「北斗の拳 イチゴ味」がメッツコーラとコラボ、オリジナル作品も読める
描き下ろし作品の名は「北斗の拳 コーラ味」。(2016/12/28)

山口義宏が聞く「最強ブランドのデジタル戦略」:
日本コカ・コーラにしかできないこと――ブランドの価値から“本物”の体験を創造するデジタル施策とは
モバイル+自販機で展開する日本コカ・コーラの新デジタル戦略について山口義宏氏が斬り込むインタビュー企画の後編。最先端の施策で同社が目指すものとは何か。(2016/12/23)

山口義宏が聞く「最強ブランドのデジタル戦略」:
「コカ・コーラ パーク」から「Coke ON」へ、日本コカ・コーラがモバイル+自販機で打つ次の一手
会員数1300万人の「コカ・コーラ パーク」を2016年12月21日で終了する一方、自販機と連動するアプリ「Coke ON」を軸に展開する日本コカ・コーラの新たなデジタル戦略とは?(2016/12/22)

コカ・コーラ史上初の“しょうが”フレーバー 「コカ・コーラジンジャー」1月23日発売!
日本の冬のために開発されたそう。(2016/12/19)

飲料業界が脱紙書類!
北陸コカ・コーラボトリングが電子帳票システムを大幅改修する4つの目的
帳票電子化により、帳票運用と業務はどう変わるのか? 大手飲料販売会社の導入事例をカギに、帳票電子化の生産性向上効果を考える。(2016/12/9)

「なし」新発売:
「いろはす」ブランドが支持されるワケ
11月28日に新商品「い・ろ・は・す なし」を発売し、ますますラインアップを拡大する「いろはす」ブランド。ミネラルウオーター市場をけん引し、日本コカ・コーラの他ブランドのマーケティングにも生かされる“強さ”の秘密はなんだろうか。(2016/11/29)

良い子も悪い大人もまねしちゃダメ コーラのボトルに液体窒素を入れたらどうなるか
呆然と見上げるしかない。(2016/11/28)

贈答用コーラみたい ラベルがリボンに変身する「コカ・コーラ リボンボトル」のギミックがスゴイ
ラベルを剥がして仕掛けの紐を引くとリボンに早変わり。(2016/11/9)

中にコーラ瓶入ってる……! コカ・コーラで液冷してる風のカスタムPCが製作される
自販機に見えてくるPC。(2016/10/15)

見たことある? 自販機でしか売ってない「ファンタ白桃」 その秘密をコカ・コーラに聞いてみた
ぜひ1度飲んでみたい。(2016/10/12)

Dreamforce 2016:
米コカ・コーラとGMの、最先端ビジネス事情
海外大企業はどのようにITツールをビジネスに活用しているのか。米Salesforce.comの年次イベント「Dreamforce 2016」では、先駆的な企業の取り組みを知ることができる。北米Coca-ColaとGMは、何を目指してITを使っているのだろうか。(2016/10/7)

活動休止中のセレーナ・ゴメス、世界で初めてInstagramフォロワー数1億人を超える
コーラを飲んでいるだけの画像で史上最多となる400万件以上の「いいね」を得たことも。(2016/9/30)

コカ・コーラ初のコミュニケーションロボ「CoRoBo」 USJに登場
コカ・コーラのコミュニケーションロボット「CoRoBo」がUSJに期間限定で登場。(2016/9/26)

「ファンタ 真っ赤なオレンジ」出荷停止 想定以上の売れ行きで
日本コカ・コーラは「ファンタ 真っ赤なオレンジ」の出荷を一時停止すると発表した。(2016/9/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。