ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コンテンツ連動型広告」最新記事一覧

関連キーワード

Googleの対策が結実か
“危険なAndroid”の終わりを感じた「Google AdSense悪用ウイルス」の思わぬ功罪
Google AdSenseのマルウェアがAndroid搭載デバイスに忍び寄っている。だが、この危険因子はGoogleによって抑制されているようだ。(2016/9/12)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
「GIZMODO」「Lifehacker」のユーザー分析の活用とは? デジタルマーケティング最新動向
Webでの効果的な情報発信のためには、良質なコンテンツを最適な経路で配信する必要がある。アドネットワーク基盤上でビッグデータ解析を用い、ユーザーデータを活用したコンテンツマッチングでクリック率(CTR)向上を実現したWebメディアの取り組みを紹介する。(2015/11/26)

Google配信のAdSenseで悪用発生、不正サイトに誘導される
AdWordsのアカウントが何者かに乗っ取られ、正規の広告が改ざんされて、その広告の掲載サイトが表示されると自動的に不正サイトにリダイレクトされる仕掛けになっていたという。(2015/1/16)

Google、3億5000万件の悪質広告をAdWordsから削除──2013年報告
Googleが、AdWordsとAdSenseで良質な広告を健全なWebページに掲載するための取り組みの2013年の成果について報告した。(2014/1/20)

「リーチ力」「支出喚起力」を算出:
博報堂グループ、企業のコンテンツ活用を支援する「コンテンツマッチング・サービス」を提供
博報堂と博報堂DYメディアパートナーズは7月29日、2社共同の研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」において、企業の効果的なコンテンツ活用を支援する「コンテンツマッチング・サービス」の提供を開始した。(2013/7/30)

「AdSenseの終了」Googleの告知に一時騒然 実は……
紛らわしい告知にびっくりした人多数。(2013/7/26)

Googleと米Yahoo!がディスプレイ広告で提携 Y!がAdSenseとAdMob採用へ
昨年Googleの広告責任者を引き抜いた米Yahoo!が、Googleとディスプレイ広告で提携したと発表した。(2013/2/7)

Google、サービス終了予告第8弾――「フィード向けAdSense」など8件
今回の“大掃除”では、「フィード向けAdSense」や検索トップページの背景画像追加機能の終了、Picasa用ストレージのGoogle Driveとのマージなどが発表された。(2012/10/1)

Barnes & Nobleの世界展開来るか:
Microsoftのコンテンツ連動型広告向け新特許
MicrosoftとBarnes & NobleはWindows 8上で新手法を用いた電子書籍配信を行うことで合意した。これにより現在米国のみのサービスに留まるBarnes & Nobleが新たな展開を見せることが予想される。(2012/8/10)

Google、モバイル広告をAdSenseに統合
Google AdSenseで、デスクトップ、タブレット、スマートフォン向けの広告を一元管理できるようになった。(2012/2/17)

「NAVERまとめ」にAdSense配信停止 理由は「著作権侵害動画」だが……
「NAVERまとめ」に対し、GoogleがAdSenseの配信を停止。アニメなど著作権を侵害した動画を使ったまとめページが原因というが、YouTubeにアップロードされたものをリンクしていたケースも多く、運営側は困惑。(2011/9/27)

楽天がAdSenseを導入 Googleと提携
楽天がGoogleと提携し、AdSenseを楽天ツールバー、インフォシーク、前略プロフィールに導入する。(2011/5/10)

Google、Android Marketにもターゲティング広告防止オプションを追加
Android Marketの「設定」ページで、AdSenseとAdMobによるcookieを利用した行動追跡を拒否できるようになった。(2011/4/18)

Google、AdSenseの広告表示を高速化――新広告挿入スクリプトで実現
Web高速化を目指すGoogleが、AdSenseの広告表示によるWebページのレンダリング遅延を解消する新しいスクリプトを公開した。(2011/3/18)

Google、AdSenseの管理画面を更新
Googleが、オンライン広告サービスAdSenseの管理画面を更新した。200万人のユーザーは数週間のうちに新画面を利用できるようになる。(2010/11/11)

Google対Appleのモバイル広告戦争、夏の陣へ
GoogleはAdMob買収を完了し、AdSenseとの連係作業を開始する。一方Appleはこの夏、新型iPhone上のiAdを通じて広告配信を始める。(2010/5/31)

「Googleの米国での経済効果、540億ドル」の報告
Googleは、2009年にAdWordsやAdSenseを通じて、米国に540億ドルの経済効果をもたらしたとしている。(2010/5/27)

Google、AdSenseでの分配率を一部公表
Googleは、コンテンツ向けAdSenseの収益の68%、検索向けの場合は51%をパブリッシャーに支払っていることを初めて公表した。(2010/5/25)

Google、広告機能紹介ラボ「Google Ad Innovations」立ち上げ
Googleが、AdWordsやAdSenseを利用している広告主向けの新機能を公開前に紹介するサイトを立ち上げた。(2010/4/1)

AdSenseの管理画面がリニューアル クリック数、表示回数などグラフ表示
GoogleがAdSense」の管理画面をリニューアル。指標をグラフ表示する機能を追加するなど、「収益トレンドが分かりやすく、ユーザーフレンドリーなUI」に変更した。(2009/11/24)

Google、携帯アプリ向けAdSenseをβ公開
AdSense for Mobile Applicationsでは、iPhoneアプリやAndroidアプリにテキスト広告、画像広告を表示できる。(2009/6/25)

リリースダイジェスト(5月11日)
NECがUQのモバイルWiMAX基地局装置ベンダーに選定、インタースペースとモバセンスが売れ筋商材でコンテンツマッチ広告、ビービーシステムがExchange Server対応のモバイルソリューション「ExLook Infinity」を6月初旬に提供、など。(2009/5/11)

Google、携帯サイトに検索ボックスを表示できる「AdSense for mobile search」立ち上げ
携帯キャリアやWebサイトオーナーは、Google検索ボックスを携帯サイトに組み込むことで、AdSense広告収益を得られるようになる。(2009/2/12)

SourceForge.JP、Google AdSenseを全面開放
SourceForge.JPでは、ホスティングされている各プロジェクトのWebスペースにもGoogle AdSenseの無料開放を発表した。Adsense APIを使用して、ホスティングの運用者がユーザーにAdsenseを開放する日本ではじめての事例となる。(2009/1/22)

ページに関連した広告を配信:
ミクシィ、mixiモバイルでGoogleのコンテンツ連動型広告サービス
ミクシィはGoogleのモバイルサイト向けコンテンツ連動型広告サービスの運用を開始した。音楽や美容などのコミュニティーをはじめとしたページで、関連のある広告を配信する。(2008/12/1)

「Google Analytics」がよりビジネス向けに――AdSenseと統合も
GoogleのWeb解析サービスがAdSenseに統合され、AdSenseのパフォーマンスをページや参照サイトごとに細かく分析できるようになった。(2008/10/23)

Google、ゲームにもAdSense広告
広告主はゲームに動画広告や、画像広告、テキスト広告を挿入できる。(2008/10/8)

Google、RSSフィードにも広告を挿入可能に
広告主はRSSフィードと一緒にAdSense広告を配信できるようになる。(2008/8/18)

Google、ロシアの広告企業を1億4000万ドルで買収
ロシアでは地元のポータルYandexに水をあけられているGoogleが、シェア拡大を目的にコンテンツ連動型広告企業のBegunを買収した。(2008/7/19)

ヤフーが「世界初」広告商品 コンテンツマッチ×行動ターゲティング
ヤフーが新広告商品「インタレストマッチ」を秋から提供する。ユーザーが閲覧中のページの内容と、閲覧・検索履歴から把握した興味・関心を組み合わせ、最適な広告を表示する仕組みだ。(2008/7/17)

Proximic、AdSenseキラーの広告システム立ち上げ
Googleキラーと言われるコンテンツ連動型広告プログラム「Proximic Publisher Program」がスタートした。(2008/6/18)

Yahoo!とGoogle、オンライン広告で提携
Microsoftとの交渉終了と同時に、Yahoo!はGoogleの検索広告およびコンテンツ連動型広告を掲載することを発表した。(2008/6/13)

グーグル、モバイルインターネット向け広告を拡充
モバイル向けAdSenseがNTTドコモに対応した。(2008/5/1)

DoubleClick、携帯広告サービスをGoogle AdSenseなどの広告ネットワークに統合
Google傘下に入ったDoubleClickが、同社のモバイル広告サービスを複数のモバイル広告ネットワークと統合した。(2008/5/1)

オルタナブログ通信:
YouTubeがJASRACの殿様体質に喝っ!? ――JRCと契約した深意
桜が満開となった4月、値上げラッシュのさなかにガソリンが値下げした。政治の無策が生んだこの状況は、これからどうなっていくのか。その一方で著作権絡みの話題も尽きない。WindowsにインストールできないWindows版アプリ、動画AdSenseなど、ITにまつわる時事ネタを、オルタナブロガーが掘り下げていく。(2008/4/14)

Facebook、Google幹部を新COOに任命
3月24日付でFacebookの最高執行責任者に就任するシェリル・サンドバーグ氏は、GoogleでAdWordsやAdSenseのセールスチャンネル開拓に当たった人物。(2008/3/5)

Google、「ビデオ用AdSense」をβ公開
YouTubeで使用している広告フォーマットを採用。また、ビデオや掲載サイトの内容に合わせたテキストオーバーレイ広告も配信できる。(2008/2/22)

AdSense対応のFlash文書ビュワー、Scribdが発表
ScribdのiPaperはブラウザからFlashドキュメントを閲覧できる。Google AdSense広告を挿入して、収入を得ることも可能だ。(2008/2/21)

Google AdSenseの広告を乗っ取るトロイの木馬
Google AdSenseで配信されるテキスト広告を乗っ取り、別の広告を表示してしまうトロイの木馬が見つかったという。(2007/12/20)

「検索連動だけがAdWordsではない」――リッチ化するGoogle広告
テキスト広告のイメージが強い「AdWords」「AdSense」だが、広告主が掲載先を選べたり、動画やミニゲームを広告にする仕組みもあり、大手企業のブランディング広告の引き合いも増えつつあるという。(2007/12/14)

MS、広告配信でCNBCと提携
MicrosoftはCNBC.com向けディスプレイ広告とコンテンツ連動型広告の独占配信企業となる。(2007/12/11)

AdobeとYahoo!、広告付きPDF配信サービスを提供
Webパブリッシャーは「Ads for Adobe PDF Powered by Yahoo!」サービスを利用して、コンテンツマッチ広告付きのPDFコンテンツを配布できる。(2007/11/29)

Google、ビデオ版AdSenseを開始
AdSenseと同様に、Webサイトオーナーは自分のサイトに広告付きビデオを表示して、広告収入の一部を受け取ることができる。(2007/10/9)

公式サイトや勝手サイトに新たな収入源を──モバイル版コンテンツ向けAdSenseの可能性
コンテンツの内容に合った広告を自動で表示──。グーグルがPC向け広告配信で実績がある「コンテンツ向けAdSense」を携帯向けにも提供する。同社のラーゲリン氏は、公式サイトや勝手サイトの新たな収入源になると話す。(2007/9/18)

携帯サイト向け「Google AdSense」、10月に登場
グーグルは、携帯サイト向けのターゲット広告プログラム「モバイル版コンテンツ向けAdSense」を10月初旬に提供開始すると発表した。(2007/9/18)

MS、コンテンツマッチ広告「Content Ads」をβ公開
Microsoftが、adCenterの一環として、コンテンツマッチ広告サービスのβテストを米国で開始した。(2007/9/1)

Google、CNN.comとAdSense広告契約を締結
CNN.comに、Google AdSenseによる広告が掲載されるようになる。(2007/8/29)

DNPとマイポイント、トレンドキーワードサイトに連動型広告を採用
DNPとマイポイントは、2社が運営するキーワード配信サイトにコンテンツ連動型広告を取り入れた。(2007/8/28)

モバゲーにオーバーチュアの連動広告
モバゲータウンがオーバーチュアのコンテンツ連動型広告を採用。(2007/8/2)

楽天市場の商品がコンテンツ連動広告に
楽天は、ブログやWebサイトの内容に合った商品の広告を自動表示する「楽天ダイナミックアド」を開始した。指定のJavaScriptコードをサイトに貼り付けるだけで利用できる。(2007/7/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。