ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サイボーグ009」最新記事一覧

「サイボーグ009」の新作3DCG映画が11月25日から 全3章で異能力者「ブレスド」との戦いを描く
「世界が危機に迫る時、彼らはいつもそこにいた」(2016/7/19)

石ノ森章太郎本人をフィーチャーした展示会が開催 「ちばてつや」さんや「さいとう・たかを」さんも語り人として登場
4月20日から7月10日まで、東京都杉並区の杉並アニメーションミュージアムにて。(2016/4/12)

「サイボーグ009 VS デビルマン」、Netflixで世界一斉配信スタート!
「009」の“ミュートス・サイボーグ編”と、「デビルマン」の“ジンメン編”の直後にクロスしたストーリー。(2016/4/1)

歌舞伎もコスプレもアイドルも 日本文化紹介イベント「もしフェス」に潜入してきた
茶道、書道からコスプレ、ロボットレストラン、アイドルまで。外国に日本のカルチャーを紹介するイベント「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO」をリポートする。(2015/11/10)

5分でわかる最新キーワード解説:
動き出した「超人スポーツ」
人間の身体、五感、頭脳の能力をIT技術などで拡張し、誰でも「競技して楽しい」「見て楽しい」スポーツの創出を目指すのが「超人スポーツ」です。最新技術を応用した新『現代五種』競技ともいえる取り組みです。(2015/11/9)

映画「サイボーグ009VSデビルマン」のコミカライズ&ノベライズが決定 マンガは「EAT-MAN」「RAY」などの吉富昭仁さん
小説は映画の構成・脚本を手掛けた早川正さんが担当。(2015/9/15)

eBookJapanで『石ノ森章太郎デジタル大全』完結記念フェア 各作セットが40%オフに
対象作品の購入者には、『サイボーグ009』4巻に収録された「まぼろしの犬」のその後を描いた新作エピソードのプレゼントも。(2015/7/31)

「サイボーグ009VSデビルマン」メインキャスト発表 不動明は浅沼晋太郎さん
デビルマン側のキャストが発表されました。(2015/7/13)

手塚治虫と石ノ森章太郎 二人の映像作品に迫る企画展が神奈川で
テレビ放送された作品を中心に、直筆原稿などの貴重な資料を展示。作品の上映も行われる。(2015/7/9)

戦うのかよ! アニメ「サイボーグ009VSデビルマン」で2大ヒーロー激突 映画館でのイベント上映も
サイボーグVS悪魔!(2015/6/19)

幻の石ノ森作品『少年同盟』が豪華版で甦る
曙出版が発行していたものを原本に復刊ドットコムが復刊。貸本向けに作られていたもので、オリジナル版は古書市場でもなかなか目にすることのできない作品だ。(2015/6/3)

『鉄腕アトム』から『進撃の巨人』まで、TVアニメの50年を振り返る『日本TVアニメーション大全』発売
1963年から2013年までの50年間に放送されたTVアニメ約3500作品の内容や業界の評価、舞台裏などを作品のカットとともに紹介。(2014/12/17)

池袋にラスボス降臨、豊島区長はサイボーグ009に変身 「ニコニコ本社」が池袋にグランドオープンしたぞ!
小林幸子さんのCD即売会も大人気でした。(2014/10/26)

アニメ界の重鎮・木村圭市郎76歳がたった1人で描くチャンバラアニメ「GO! SAMURAI」プロジェクトがスタート
Kickstarterで出資を募っています。(2014/10/22)

タイムアウト東京のオススメ:
オタクの名人芸に驚く
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2014/9/30)

多すぎて迷う:
iPhone 6で撮りまくれ! iOS向け定番カメラアプリ5選
人気ジャンルのカメラアプリ。皆で写真を共有、キレイに編集、面白さの追求まで、定番アプリだけでもたくさんのことができる。iPhoneのカメラのすごさとApp Storeのアプリの豊富さを実感せよ!(2014/9/23)

Reader Storeで手塚治虫作品の全巻読み放題
「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから展」の開催を記念した読み放題が開始。『ブラック・ジャック』『火の鳥』『ブッダ』がそれぞれ1000円で全巻読める。(2014/9/19)

夢があるけど現実的? 現代人が使いたい必殺技や特殊能力とは
皆さんお疲れ様です……。(2014/9/12)

練馬がアニメで染まる「練馬アニメカーニバル」が今年も練馬で開催されるから練馬に来ない?
練馬がジャパンアニメ発祥の地って知ってた?(2014/8/29)

まるで漫画家専用のコワーキングスペース――“描ける”漫喫「漫画空間」
東京・高円寺にある漫画を描くことができる漫画喫茶「漫画空間」に突撃取材。店長・深谷陽先生の作業風景も撮影させていただきました。必見です!(2014/8/8)

新作エピソードの配信も:
あなたはどの00ナンバー? eBookJapanで『サイボーグ009』連載開始50周年記念フェア
『サイボーグ009』の連載開始50周年を記念したフェアが開催。全巻セットの期間限定割引のほか、サイボーグ戦士たちの素顔が描かれた新作エピソードを配信する。(2014/7/24)

「サイボーグ009」全50話、Ustreamで一挙無料配信
2012年の映画「009 RE:CYBORG」の配信も予定している。(2014/6/30)

単行本500冊分:
総ページ数12万8000――『石ノ森章太郎デジタル大全』が配信開始
漫画家・石ノ森章太郎氏が44年間描き続けた作品を集めた本が電子書籍で配信開始。全15期に分割されており、毎月最終金曜日に1期ずつ配信するという。(2014/4/24)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/22)

石ノ森章太郎不朽の名作「サイボーグ009」が堂々完結
その結末を見逃すな。(2014/2/5)

小学館ビルの“豪華過ぎる落書き”、特設サイトで公開 第1弾だけで300点以上
取り壊しの決まった小学館ビルに人気漫画家が描いた“豪華すぎる落書き”の写真が小学館のスペシャルサイトで公開。(2013/9/30)

小学館ビルの「豪華すぎる落書き」一般公開の詳細 整理券は各日3000人
小学館ビルの「豪華すぎる落書き」一般公開の詳細を小学館が発表。(2013/8/21)

人気漫画家たちの“プロの犯行” 小学館ビルの「豪華すぎる落書き」、取り壊し前に一般公開決定
取り壊しが決まった小学館本社の壁が、愛着あるビルとの別れを惜しむ漫画家の「豪華すぎる落書き」でいっぱいになった。多くの要望を受け、8月24〜25日に一般公開されることに。(2013/8/16)

8月3日から8月9日:
Kindleセレクト25情報
10%ポイントバックされる毎週更新の「Kindleセレクト25」。今週は、どの書籍がオススメになっているでしょうか?(2013/8/5)

アニメビジネスの今:
『鉄腕アトム』の最大の功績は何か――50周年のテレビアニメを振り返る
2013年はテレビアニメ『鉄腕アトム』が放映開始してから、ちょうど50周年にあたる年。日本のテレビアニメの基礎を築いた『鉄腕アトム』の意味を改めて考えてみたい。(2013/1/8)

12月18日〜20日:
モバイルITがもたらす進化を、実証実験や講演で知る 「Smart Mobility Asia」開催
交通、IT、ゲームをテーマにしたコンベンション「Smart Mobility Asia」が12月18日から20日まで、福岡で開催される。(2012/12/17)

無料で電書を読みたい? よろしいならばeBookJapanの「今週の無料の本」だ
無料の電子書籍を週替わりで提供する「今週の無料の本」コーナーがeBookJapanに登場。配信第1弾は「サイボーグ009」など。これは見逃せない。(2012/10/22)

アニメビジネスの今:
『エヴァ』から『009』まで――春夏よりアツイ秋冬劇場アニメを紹介しよう
定番作品が少ないことなどから、例年それほど盛り上がらない秋冬劇場アニメ。しかし、今年は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』『009 RE:CYBORG』『魔法少女まどか☆マギカ』といった大作が公開されることもあり、いつもとは違う様相を見せているのだ。(2012/10/10)

9人のサイボーグ戦士が横浜に集結! 『009 RE:CYBORG』×横浜市営地下鉄の超大型コラボ企画が実現
10月27日公開のアニメ映画「009 RE:CYBORG」と横浜市営地下鉄がコラボ企画を実施する。(2012/10/4)

コエカタマリンが現実に! 「科学で体験するマンガ展」開催
日本科学未来館で企画展「科学で体験するマンガ展」が開催される。(2012/6/12)

イケメンすぎるサイボーグ再び:
映画版「サイボーグ009」、“002”ジェット・リンクが午後2時をお知らせします
10月27日公開が決定した映画「009 RE:CYBORG」に登場する002「ジェット・リンク」の新ビジュアルポスターを先行公開。イケメンすぎて惚れる。(2012/4/25)

神山健治×博報堂:
スティーブンスティーブンが目指すアニメと広告の融合とは(前編)
アニメーションのノウハウを広告に生かすため、『東のエデン』の神山健治監督と博報堂クリエイティブディレクターの古田彰一氏という業界の第一人者が手を組んで、2011年4月に誕生したスティーブンスティーブン。アニメーションを広告で活用する上での難しさと可能性について尋ねた。(2012/3/30)

デジタルとアナログが融合――「GALAXY Note」で新市場の創出を狙うSamsung
スマートフォンでもタブレットでもない――そんな新しいジャンルの「GALAXY Note」が日本でも発売される。GALAXY Noteではどんな利用シーンをイメージしているのだろうか。サムスン電子ジャパンのチョウ・ホンシク氏と石井圭介氏が説明した。(2012/3/28)

意外に楽しい映像配信 「dマーケット VIDEOストア」を使ってみた
2012年2月から、多くのドコモスマートフォンやタブレットで利用可能になった「dマーケット VIDEOストア powered by BeeTV」。アニメや特撮ヒーロードラマなどをよく見る筆者が、実際に加入してサービスを体験してみたところ、思った以上に楽しめた。1カ月だけでも試しに加入してみる価値がある。(2012/3/16)

イケメンすぎるサイボーグ:
来秋公開の映画版「サイボーグ009」、“002”ジェット・リンクのビジュアルをねとらぼ限定で初公開
2012年秋に公開される映画「009 RE:CYBORG」に登場する002「ジェット・リンク」の画像を初公開します。テレビアニメ版とはかなり違ってますよ!(2011/11/29)

相場英雄の時事日想・震災ルポ(1):
大津波で崩れ去った石巻市――そこで見たものは
津波で崩れ去った宮城県・石巻市――。友人からは「こっちは地獄だ。覚悟して来い」と言われたが、足を運ばずにはいられなかった。現場は一体どうなっているのか。生々しい傷が深く刻まれていた街の姿を、写真を交えて報告する。(2011/4/26)

伊藤忠商事、北米向け電子書籍事業に参入
北米向け電子書籍事業への参入を発表した伊藤忠商事は、iPhone向けに電子コミックストア型アプリ「GET YOUR COMIC」の提供を開始した。(2010/12/27)

CEATEC JAPAN 2010:
3Dは“観る”から“自分で撮る”時代へ、パナソニック
IT・エレクトロニクス関連の総合展示会「CEATEC JAPAN 2010」のパナソニック・ブースでは、3D対応ムービーや3D写真の撮影を実体験できるコーナーが人気だ。(2010/10/5)

今年もすごいぞ! エイプリルフールネタ合戦、円谷プロから2ちゃんまで
円谷プロ、2ちゃんねる、ニコ動、Google……今年もエイプリルフールネタ合戦が熱い!  (2010/4/1)

「サイボーグ009」で2次創作を 「OPEN POST」で
日本動画協会の投稿サイト「OPEN POST」で、「サイボーグ009」など石ノ森章太郎作品の2次創作を投稿できるようになった。(2009/9/10)

産経新Web面にTwitterやひろゆき氏、「エンドレスエイト」も 「ネットは政治や経済と同列」
「ネットのニュースは、政治や経済、社会のニュースと同列」――産経新聞に30日から週1回「Web面」が。ひろゆき氏など“ネット人”や、「エンドレスエイト」などネットのディープな話題も取り上げる。(2009/7/30)

三洋「eneloop」とサイボーグ009がコラボ 島村ジョーがブログで発信
「ヒーローと充電池が力を合わせ、地球環境を守る」――「サイボーグ009」と充電池「eneloop」のコラボレーションを、Webサイトなどで展開する。(2009/7/16)

杉山淳一の +R Style:
第9鉄 仙石線マンガッタンライナーと“キレンジャーのカレー”
仙台から松島を通り、石巻へ至る路線「JR仙石線」。終点・石巻駅を降りるればそこは漫画の街だ。石ノ森章太郎が生み出したたくさんのキャラクターが旅人を待っている。そして、“あのカレー”も……。(2009/7/3)

「サイボーグ009」から“006”が参戦――「ストリートファイターオンライン マウスジェネレーション」
(2009/3/25)

「サイボーグ009」から“005”が参戦――「ストリートファイターオンライン マウスジェネレーション」
(2009/2/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。