ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ダウンタイム」最新記事一覧

高級ランドセルの土屋鞄、「ラン活」人気でシステムダウン
高級革製品を販売する土屋鞄製造所が7月1日、2017年4月入学用の小学生向けランドセルの注文受付を開始。注文殺到で電話やサイトが朝からつながりづらい状態になっている。(2016/7/1)

Amazon、データベースをダウンタイムほぼ0でAWSに移行するツールを公開
Amazonは、オンプレミスのSQL ServerなどのデータベースをAWSに移行するサービス「AWS Database Migration Service」のプレビュー版を公開した。ダウンタイムなしで移行できる。正式版の価格は1テラバイト当たり3ドルになる。(2016/3/17)

最新記事ランキングから編集部お勧め記事を紹介
クラウドのダウンタイム問題を考える
クラウドサービス提供側が障害を起こさないように念入りな対策を実施しても、サービスダウンが起こらないとは言い切れません。最新記事ランキングから編集部のお勧め記事を紹介します。(2016/2/5)

2016年秋ごろにPaaSで提供予定:
GMO、ブロックチェーン技術を使ったゲーム用バックエンドを開発
GMOインターネットはテックビューロと業務提携し、ブロックチェーン技術を使ったゲーム用バックエンドエンジンを共同開発する。運用コストを従来比2分の1未満に削減できる上、ダウンタイムも抑えられるとしている。(2016/2/1)

データベース運用管理をクラウド化する方法(2):
PR:Oracle DBアップグレードの実践的手法〜パッチ適用、データ移行、ダウンタイム短縮の手法
データベースをプライベートクラウドの構築に最適なOracle Database 12cに移行する際には、アップグレード作業をいかに円滑に行うかが重要なポイントとなる。また、高い安定性を確保するためのパッチ適用も忘れてはならない。今回は、Oracle Databaseの最新アップグレード手法とパッチ適用のベストプラクティスを紹介する。[プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c][Oracle Multitenant](2015/11/30)

ホワイトペーパー:
ミッションクリティカルなアプリケーションの継続的な可用性確保に求められる戦略とは
現在多くの企業が広範囲にわたるミッションクリティカルなアプリケーションのダウンタイム発生に頭を悩ませている。調査結果から高い可用性を実現する戦略について考察していく。(2015/11/19)

ホワイトペーパー:
実機検証レポート:「ゼロダウンタイム」のアプリケーションサーバは構築できるか?
ロードバランサ単体ではアプリケーションレベルで発生する予期せぬ問題への対応は難しい。アプリケーションデリバリコントローラーとHAクラスタリングソフトの連携利用による、アプリケーションサーバの可用性検証結果をレポートする。(2015/11/5)

5年間無償保証+メンテナンス品5年間無償提供も健在:
スマホ/クラウドで複合機のダウンタイムを削減――OKIデータ「COREFIDO3」
OKIデータのLEDプリンタ/複合機「COREFIDO」が第3世代へ進化。初代の「保守コスト削減」、第2世代の「ランニングコスト削減」に続き、第3世代では「ダウンタイム削減」を掲げる。(2015/7/1)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
9つの導入事例で学ぶ「オールフラッシュストレージ」の実力とは?
「ダウンタイムを減らし迅速にサービスを提供したい」「TCOを削減しながら柔軟な開発環境を構築したい」などのニーズに応えるには、ストレージ性能の向上が重要だ。「オールフラッシュストレージ」の導入でサービスや業務の効率化を実現した9つの企業・公共機関の導入事例を紹介する。(2015/5/21)

要件に応じて適正なコストで高可用性システムを実現:
PR:DBシステムの可用性を高めるベストプラクティス「Oracle Maximum Availability Architecture」
ITがビジネスに不可欠の存在となった今日、システムのダウンタイムやデータ損失が企業に与える影響は増大の一途をたどっている。そうした中、オラクルは高可用性システム実現のベストプラクティスとして「Oracle Maximum Availability Architecture」を提供している。[高可用性/災害対策](2015/4/23)

データロスとダウンタイムでの損失は1社あたり約2億円――EMC調査
EMCが実施したデータ保護に関する最新の調査結果によると、データロスとダウンタイムによる国内企業1社あたりの損失は約2億1900万円になることが分かった。(2015/1/23)

NEWS
ダウンタイム極小化の実現を――SUSE Linuxの最新版を発表 ノベル
商用Linuxディストリビューションの「SUSE Linux Enterprise」最新版を提供開始。計画停止、計画外停止を含めたダウンタイムを抑えるロールバック機能やコンテナ管理ソフト「Docker」のサポートなどが図られた。(2014/11/14)

ミッションクリティカルで培った技術、信頼性はそのままで低価格を実現
システムダウンが許されない今、SI企業が自信を持って勧めるロードバランサとは?
企業システムの重要度が増すにつれ、サービスダウンの回避はシステム管理者の重要任務だ。小規模でも決して落とせないアプリケーションを管理するために欠かせない仕組みを国内有数のSI企業の担当者に聞いた。(2014/3/19)

米ITベンダーなど350社に調査
クラウドサービス導入を決めた「ひと声」、ベンダー調査で明らかに
中堅・中小企業の多くは、クラウドを使ったデータ保護にさまざまな懸念を寄せている。だが、データ損失やダウンタイムなどを機に、クラウドバックアップを導入する企業もあるようだ。米国の調査リポートを紹介する。(2014/1/23)

韓国の大規模なシステム障害、攻撃者の目的は「システムダウン騒ぎ」か
韓国のメディアや金融機関のシステムが相次いでダウンした問題で、セキュリティ企業各社がこの攻撃に使われたとみられるマルウェアの解析作業を進めている。(2013/3/22)

ホワイトペーパー:
サイロ化したシステムのコンソリデーションからBCPまで行う賢い方法
複数システムのデータ統合や高可用性担保による事業継続計画に関する課題の相談が増えている。ダウンタイム極小化、高速なデータ変換への厳しい条件に加え、IT投資へのコスト削減圧力は強い。年間総コストを3分の2に削減しながら期待に応えた事例を交え、解決策を紹介する。(2013/2/4)

大規模DCの課題を解決するネットワーク最新技術【第5回】
【技術解説】ネットワーク運用管理業務を効率化・自動化する技術
ネットワークの運用管理コストは下げられるにこしたことはない。しかし、ダウンタイムやパフォーマンスの低下につながるのでは本末転倒だ。運用コスト低減とサービスレベル維持を両立させる新技術を紹介する。(2012/10/18)

仕事耕具:
コストとダウンタイムの削減に効果あり、「事務機のセルフメンテ」って知ってる?
多くの人は業者にまかせっきりなオフィス機器のメンテナンス。そんな中、デスク上に設置するような小型のプリンタやドキュメントスキャナの中には、ユーザー自身が保守、点検できるセルフメンテナンス対応の機種が最近増えつつある。(2012/9/24)

就活サイトにアクセス殺到 リクナビは4時間ダウン
2013年春の就職を目指す大学生の就活が本格スタート。リクナビには昨年のピーク時の3倍のアクセスが殺到し、システムダウンした。(2011/12/1)

CTCSP災害対策ソリューション「Double-Take」
データ損失とダウンタイムを最小化 事業継続に効くレプリケーションツール
事業継続を支援するソリューションは数多くあるが、コスト面から実際の導入に踏み切れない企業も多い。そんな中、データ損失やダウンタイムの最小化を手軽に実現するツールが注目されている。(2011/6/20)

システムダウンの原因はIT部門内にあり!?
ギャップ分析でダウンタイムを最小限に
ギャップ分析でITプロセスの欠点を洗い出すことにより、システムダウンの発生を大幅に減らすことができる。(2009/9/8)

これからのシステム管理の必要条件「アプリケーション性能管理」
システム可用性の管理粒度は“サービス”単位へ
サーバやネットワークの稼働状況を監視すれば、システムダウンの防止策は十分だと考えてはいないだろうか? 複雑化する現在のWebアプリケーションでは、従来とは異なる管理手法が必要となりつつある。(2009/8/19)

ヱヴァ携帯、予約殺到でシステムダウン 手作業で「仮予約」
ヱヴァ携帯は、予約受け付け開始直後にドコモショップのシステムがダウン。紙ベースの手作業で「仮予約」を受け付けた。(2009/6/11)

Cosminexus V8 Review:
メモリリークが多発! メモリの開放漏れはこうやって見つける
システムダウンやスローダウンを招くWebアプリケーションサーバのメモリリーク。Cosminexusのメモリ解析機能はこのメモリリークの回避を支援する。(2009/2/9)

ホワイトペーパー:
予期せぬシステムダウンを回避するために不可欠な要素
十分な検討を踏まえず高密度なIT機器を導入してしまうと、電力や空調環境で過負荷、冗長性の喪失、熱問題といった予期せぬ問題が発生する可能性を高め、ダウンタイムを引き起こす。このような事態を回避するため、キャパシティー管理が不可欠だ(提供:APCジャパン)。(2008/8/1)

ITIL Managerの視点から:
確率論を究める――交通事故とシステムダウンの関係
今回は、可用性を高めるために先人が残した分析手法を紹介する。温故知新という言葉もある。昔から色々と研究され、編み出された手法を使わせてもらうのは非常に有効な手段である。(2008/6/5)

Googleの年間ダウンタイムは国別で3分から48分まで
Googleが検索サービスを提供している主要32カ国での年間アップタイムはいずれも99.9%以上だった。(2007/10/2)

攻めの性能マネジメント(4):
失敗事例に学ぶ運用性能品質向上策
本番システムに何らかの問題が発生すると、現場はお祭り騒ぎとなるが、その中でも性能問題は厄介だ。適切な対処をしないと全く改善されないうえに、最悪の場合はシステムダウンを引き起こすこともある。連載第2回で開発時の性能管理について整理したが、今回は運用時に役立つノウハウを、事例を通して整理する。(2007/9/20)

オルタナブログ通信:
なぜシステムダウンは起きたのか?――オルタナブロガーの視点
ANAのシステムトラブルは、利用客に多大な影響を与えた。そして、ひかり電話でも再びトラブルが。ネットにまつわる障害が続いた。このような時事に対し、オルタナブロガーが、独自の視点から発信していくのがオルタナティブ・ブログである。(2007/6/1)

ITトレンド 〜データマネジメント編〜:
PR:時代が求める新たなストレージ選択 「容量だけでなく、信頼性で選ぶ」
「これまで企業はストレージを容量だけで考える傾向があった」――ストレージはサーバの付属品としてしか考えられない傾向にあったが、データのロスやシステムダウンが事業に大きな影響を及ぼす。信頼性の高いストレージを選択する必要が出てきた。(2007/4/13)

ホワイトペーパー:
サーバ運用監視を外部委託――障害対応の遅れは情報共有の失敗にあった!
障害によるダウンタイムの長期化は、運用監視を行う上で最も避けたい問題である。特に、サーバの運用監視をホスティングサービスなどで外部に委託している場合には、迅速な障害対応が可能で、システム構築にも熟練しているMSP(マネジメントサービスプロバイダ)選びが鍵となる。その選択ポイントを事例とともに紹介する。(2007/3/12)

Windows Server 徹底活用:
ベールを脱いだWindows Server "Longhorn"その3――可用性を実現するダウンタイム軽減機能
Windows Server "Longhorn"は、稼働時間と生産性を最大限に高めるために、可用性を向上させる機能改良が図られた。可用性を高める新機能は、サーバの状態を積極的に監視し、ダウンタイムの可能性を減らす応答性の高いシステムを実現する。(2006/9/27)

進化する!データベーステクノロジー:
蓄積されたデータの有効活用に必要な機能とは?
 2006年2月、マイクロソフトの最新データベース「Microsoft SQL Server 2005」の出荷が開始された。約5年ぶりのバージョンアップとなる新製品では、安定性に定評のあった「SQL Server 2000」の機能をベースに、ダウンタイムを最小にするデータ管理機能など、可用性が大きく改善。また、管理ツールが統合され、ビジネスインテリジェンスのための機能が追加されるなど、洗練された要素機能が集約されている。(2006/6/5)

東証ダウン、原因は東証と富士通の連絡ミス
11月1日に発生した東京証券取引所のシステムダウンの原因は、システム開発の委託先であった富士通の担当者が東証側に送付した資料に記載漏れがあったことが原因だった。(2005/11/7)

ウイルスバスター原因でシステムダウン、月曜朝は注意を
トレンドマイクロが4月23日朝に配布したウイルスバスターのパターンファイルが原因で、PCやサーバに多数の不具合が起きた。月曜日朝にも注意が必要だ。(2005/4/24)

dev blog/CMS
7分で分かる2月のBlog界
システムダウンの悲観的な面をよそに、Blogサービスは多様性へと向かっている。2月は、Blogスペース容量競争の激化、スパム行為への対抗策、新たなファイルフォーマットアップのサポート、そして企業向けサービスの拡大などが目立った。(2005/3/3)

Interview:
Itaniumは「ダウンタイムの許されない基幹システムを支える」とIntel
Intelのジェイソン・ワクスマン氏いわく、エンタープライズアプリケーションを支えるプラットフォームには「パフォーマンス、高信頼性、拡張性」の3つが不可欠という。(2004/6/8)

DB2マイスター養成講座(5):
止められないデータベースの高可用性と災害対策
ダウンタイムが許されないシステムにおける可用性の確保は、最重要課題である。ストレージやHAクラスタの導入が必要になるだろう。(編集局)(2004/2/10)

eマーケティングの現場から技術者向けの、eマーケティングTIPS(4):
システムダウンに思うこと
(2001/1/6)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。