ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「顔文字」最新記事一覧

PR:無料で使える翻訳機能が「Simeji」に登場! 英語翻訳の精度も向上
バイドゥの「Simeji」に翻訳機能が追加。これまで有料版で提供していた翻訳機能をリニューアルし、無料版でも使える。どんなシーンで役に立つのだろうか?(2017/9/19)

Apple、最上位モデル「iPhone X」発表
米AppleがiOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone X」を発表。(2017/9/13)

「Android 8.0 Oreo」リリース 新機能をおさらい
Googleの次期モバイルOSの正式名称は「Android 8.0 Oreo」に決まった。一部のオリジナル端末へのOTAが間もなく始まる。2倍速い起動や「通知バッジ」などの新機能が追加される。(2017/8/22)

メカ設計メルマガ 編集後記:
メカ設計フォーラムが10歳になりました
ありがとうございます。(2017/8/1)

AIによる音声入力機能を「Simeji」に提供 顔文字をレコメンド、句読点も自動で
バイドゥが、日本語入力アプリ「Simeji」に音声入力機能を提供。バイドゥのAI技術を活用しており、自動で句読点を入れてくれる。顔文字の変換にも対応している。(2017/6/14)

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(後編)
現役ネカマに聞く、ネカマを見破る方法やネカマにだまされないための自衛手段。そして「悪のネカマ」の恐ろしい手口を公開。(2017/4/27)

「love Y10」「テンション高いな...笑」 平愛梨、公式インスタ開設で夫・長友佑都とイチャつく
存分にイチャついてください。(2017/4/27)

クロネコヤマトの委託配送員が伝票の個人情報盗み見て女性に連絡 愛知県警が元ドライバーを厳重注意
これは怖い。(2017/4/14)

ねっと用語知ったかぶり:
使われるとイラッとする? ついつい多用しがちな「それな」は使い方に注意!
同じような言葉で「やばい」もありますね。(2017/4/8)

「ヤッホー^^ ご飯いこうよー!」 オジサンが書きそうな文章を解説したイラストツイートに反響続々
魚でもひぐらしのキャラでもなく、本物のオジサンについての真面目な解説です。(2017/4/2)

「auおもいでケータイグランプリ」が決定 1位は初代「INFOBAR」
auケータイの中で思い出深い一台に投票できる「auおもいでケータイグランプリ」が決定。1位は初代「INFOBAR」。au design projectのケータイが人気を集めた。(2017/3/30)

「のんちゃんの事情聴取 まぢできついよ、、」 不倫報道のアレクサンダー、川崎希の怒りにやつれる
「このまま済むと思うなよ 私は本当にぶちぎれたからね」(川崎希)(2017/3/24)

文字入力アプリ「Simeji」が「ジャイロきせかえ」に対応 スマホの傾きとデザインが連動
日本語文字入力・顔文字キーボードアプリ「Simeji」が、ジャイロセンサーを活用したきせかえデザインに対応する。端末の傾きに合わせて、背景デザインに変化が出ることが大きな特徴だ。(2017/3/13)

凸(☎︎ω☎︎)凸<ポプテピピックの顔文字できたよー
似てる。(2017/2/17)

やしろあずきの調査―― 懐かしき「面白Flash」時代、思い出に残る数々の名Flash作品を振り返ってみた
懐かしさとともに封印したい記憶まで呼び起こされるやつ。(2017/2/17)

ピースサインの“新八”菅田将暉、居眠りする“神楽”橋本環奈 福田監督が実写「銀魂」のオフショットを公開
橋本環奈さんは寝顔流出に「このバカチンが!!」。(2017/1/11)

コイケヤ、カタカナを人文字アニメGIFに変換できるWebサイト公開
カタカナや記号、顔文字を人で表現した画像でダウンロードし、SNSなどで共有できる。(2016/12/21)

PR:初代Simejiさん、テレビCM、顔文字大賞――Simejiのプロモーション戦略を聞く
バイドゥは2016年、文字入力アプリとしては異例のテレビCMを展開。トレンディエンジェルを起用して、大きなインパクトを与えた。累計2400万ダウンロードを誇るSimejiのプロモーションを強化した理由とは?(2016/12/21)

約1万4000票から選ばれた「Simeji 今年の顔文字大賞 2016」が決定
日本語文字入力&顔文字キーボード「Simeji」で、総投票数約1万4000票から選ばれた「Simeji 今年の顔文字大賞 2016」が決定。「適度な意味のなさ」と「キモかわいい表情」が使いやすいと好評だった「(☝ ՞ਊ ՞)☝ウェーイ」となった。(2016/12/12)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(72):
Windows 10のSTOPエラーで「QRコード」に救われる人、救われない人
“死のブルースクリーン(Blue Screen of Death)”と呼ばれ、誰もが恐れるWindowsの「STOPエラー」。Windows 10 Anniversary Updateからは、ここに「QRコード」が表示されるようになりました。さて、このQRコードはトラブルを解決に導いてくれるのでしょうか。(2016/12/6)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
光で絵が描けるスマートLEDライト「Tittle Light」で遊んでみた
「Tittle Light」は、お部屋を鮮やかに彩るインテリア系スマート家電だ。スマートフォンと連携し、絵文字やビジュアライザーといったユニークなライティングを楽しめる。体当たりレポートをお届けしよう。(2016/11/21)

PR:「Simeji」のiOS 10対応、iMessageで使える「1Snap」アプリでコミュニケーションがもっと楽しく!
Simeji iOS版が、いち早くiOS 10に対応し、絵文字と顔文字がさらに使いやすくなった。着せ替えキーボードには、ある“特典”が追加された。iOS 10のiMessengeで利用できる新アプリ「1Snap」にも注目したい。(2016/11/1)

「これから、企業が考えるべきこと」をマイクロソフトが提言:
「在宅勤務」の効果を上げる、5つの簡単なポイント
マイクロソフトが、企業の担当者が悩みがちとされる「在宅勤務制度を成功に導く」ための留意点を紹介。IMやモバイル通信環境を有効に使う方法を提供し、時には定期的に顔を合わせる機会を会社として用意することなども肝要だという。(2016/10/11)

温めるとハゲるスマホカバーをプレゼント 「#Simejiさんの超変換芸」キャンペーン
日本語文字入力&顔文字キーボード「Simeji」で「クラウド超変換」にフォーカスした「#Simejiさんの超変換芸」キャンペーンがスタート。抽選で100人にトレンディエンジェルがデザインされた「温めるとハゲる!毛髪変換スマホカバー」をプレゼントする。(2016/10/7)

「りんな」の技術を使ったローソン「あきこちゃん」は、なぜ「マジで!? やば!」などの“女子高生”口調にならないのか
女子高生AI「りんな」のシステムを用いたローソン公式アカウント「あきこちゃん」の技術の裏側が、LINE DEVELOPER DAY 2016で明かされた。(2016/9/30)

「BA-90」って言うんだこれ! “漫画などでよく見る謎の顔マーク”の名称が話題に
なぜか懐かしの漫画、雑誌を思い出す不思議な記号。(2016/9/29)

「AI会話」の進歩を見る【前編】
今後5年で営業メールの相手はAIのチャットボットになる
今後5年以内には、自然言語処理や深層ニューラルネットワーク、会話機能を備えた「人工知能」(AI)が、あらゆる業務アプリケーションに普及するだろう。(2016/9/8)

ざわちん、「最上もが」なりきりメイクを公開 本人からも「すごい!」と驚嘆の声
メイク界のウルトラC。(2016/8/30)

驚異の数字! ダレノガレ明美、ウエストサイズ公表に反響「神のスタイル」
よく頑張った。感動した!(2016/8/19)

太田智美がなんかやる:
女子高生AI「りんな」開発チームに呼び出された
botとは何か。(2016/7/28)

初代「Simejiさん」はトレエン斎藤さん 新CMに合わせて“ペッ”な着せ替えを配信
トレンディーですね。(2016/7/14)

草刈正雄さん、大泉洋さんと真田家“親子ツーショット” ブログで公開
真田昌幸&信幸の写真を「父と長男ツーショット(*^^*)」とブログに投稿しています。(2016/7/5)

あれから5年:
初めてLINEに触れた興奮と“あのスタンプ”の衝撃
今や誰もが当たり前にLINEを使っていますが、初めてLINEに触れたときの興奮を覚えていますか?(2016/7/3)

“ちょうど良い”機能が充実!――「arrows SV F-03H」機能レビュー
「arrows SV F-03H」はミドルレンジのスマートフォン。スペックこそ抑え気味だが、使って便利な“ちょうど”良い機能は充実している。さっそくチェックしてみよう。(2016/6/27)

PR:え、日本語入力アプリなのにスタンプが作れる? 「Simeji」の“クリエイティブ”な機能に迫る
日本語入力アプリとしては珍しくスタンプが作成できる「Simeji」。なぜお絵かき機能を設けたのか、さらに投稿してほかのユーザーと共有できるサービスの狙いを聞いた。(2016/6/21)

Simejiに「柴犬まる」のきせかえデザイン登場――ランチャーアプリ「+HOME」とコラボも
日本語文字入力&顔文字キーボード「Simeji」に「柴犬まる」のオリジナルきせかえデザインが登場した。さらに、エイチームのランチャーアプリ「+HOME」とのコラボも開始。(2016/6/20)

Simeji、震災チャリティーきせかえに「くまモン」「めじろん」を追加
日本語文字入力&顔文字キーボード「Simeji」は、熊本地震の支援として実施していた震災チャリティーきせかえに「くまモン」「めじろん」を追加した。(2016/6/17)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(59):
厳選! 人に教えたくなる、Windows 10の七不思議[第2弾]
本連載第48回では、Windows 10のちょっと気になるもの、思わず目を疑いたくなるものなどを紹介しました。今回はその第2弾です。役に立つ、立たないWindows 10の“不思議”をまた集めてみました。(2016/6/6)

App Town ユーティリティ:
iPhone版「Simeji」がアップデート 友達招待の回数に応じて特典を付与
日本語文字入力&顔文字キーボード「Simeji for iOS」がver5.3にアップデート。友達招待の回数に応じて特典が貰えるようになり、スタンプ機能が強化された。(2016/5/25)

意外? ゆうたろう、りゅうちぇると初共演 2ショット写真に「お友達居ないから……」と感激
人気の2大ジェンダーレス男子。(2016/5/25)

JKらしくない女子高生AI「りんな」の“迷回答”3選
りんなは本当に女子高生なのでしょうか。もう分からなくなってきました。(2016/5/8)

Tech Basics/Keyword:
Unicode絵文字(Emoji)
人物や顔、感情、物など、さまざまな事象や物事を簡潔な絵柄で表現する絵文字は、カジュアルなコミュニケーションには欠かせない。日本の携帯電話から始まった絵文字は今では世界中で使われている。(2016/4/27)

Twitter、シェークスピア没後400年で記念絵文字やPeriscopeでの演劇ライブ
4月23日は英劇作家ウィリアム・シェークスピア没後400年。これを記念してTwitterがハッシュタグ「#ShakespeareLives」で顔文字を表示できるようにした。英国時間の23日を通して英国の名門シェークスピア劇団が、TwitterやPeriscopeで演劇をライブ実況する計画だ。(2016/4/23)

Simejiに菅野結以さんのきせかえキーボード登場――7月31日までの期間限定
日本語文字入力&顔文字キーボード「Simeji」に、菅野結以さんのきせかえキーボードが登場。ダウンロードは7月31日までの期間限定となる。(2016/4/21)

Windows 10 Mobileプレビュー版の最新ビルド「14322」公開
米Microsoftが、Windows 10 Mobileプレビューのビルド「14322」を公開した。内容はユーザーインタフェースの改善や新規絵文字の追加など。(2016/4/15)

iPhoneの文字入力を超快適にする小技まとめ(iOS 9.3版)
フォントサイズや仕様が変わったiOS 9.3版。今回はより快適に操作するための小技やオススメのキーボード設定などを紹介しよう。(2016/4/12)

シャープさんどこ住み? てかLINEやってる? シャープ公式が「りんな」インターン終了後もナンパ攻めに遭う
モテモテ公式Twitter。(2016/4/11)

俳優、声優、お笑い芸人―― 芸能人のエイプリルフールまとめ
なんだかんだ皆この日が好き。(2016/4/1)

今年も来ちゃった! 2016年エイプリルフールまとめ
みんなよくやるなーもー。(2016/4/1)

PR:「Simeji」が2000万ダウンロード達成 Android版をリニューアルした理由とは?
日本語文字入力システム「Simeji」が累計2000万ダウンロードを達成。同時にAndroid版の大幅リニューアルを行った。その道のりとリニューアルの狙いを「生みの親」に聞いた。(2016/3/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。