ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「明日を変える働き方」最新記事一覧

明日を変える働き方:
「会社の方針」と「自分の価値観」のすり合わせ
仕事の不満は、会社の目指す方向と自分の目指したいもののギャップに原因があることも。第三者に仕事の不満をロジカルに説明すると、自分の価値観と仕事の何が対立しているのかが明確になるでしょう。(2014/11/10)

明日を変える働き方:
「このままではダメだ」という危機感を抱く
組織の中で、誰も危機感を感知することがなければ何も起こりません。変革の第一歩は、リーダーが危機感を他の誰よりもディープに感じることから始まるのです。(2014/10/27)

明日を変える働き方:
変革の必要を感じたら、若手でも指示を待つな!
変革の必要を感じたら、20代でも上司からの指示を待ってはいけません。目標づくりの段階から積極的にかかわり、意見を出し、ビジョンを共有することが大切です。(2014/10/20)

明日を変える働き方:
「サーバント・リーダーシップ」という考え方
リーダーシップというと、一般的には「周囲の人をぐいぐい力強く引っ張る親分肌の人」というイメージがあります。今回は、部下を“支配”ではなく“支援”する、「サーバント・リーダー」について紹介します。(2014/10/14)

Biz.ID Weekly Top10:
ひそかなブーム? ちょこっとクルージングで非日常を味わう
クルージングというと、「お金持ちの遊び」という先入観があったのですが、実は意外と気軽に楽しんでいる人たちがいるということを知りました。参加してみて得られた収穫は……。(2014/10/11)

明日を変える働き方:
「会社」としたたかに付き合う
会社からはときに、希望しない部署への異動を命じられたり、まったく未知の仕事を与えられることがあります。とくに若い世代が、新しくリーダーとしての仕事を任されたときには、戸惑うことも少なくないのではないでしょうか。(2014/10/6)

明日を変える働き方:
学生のうちに経験したい「自己決定ポイント」とは
学生のうちに、とことんがんばった経験が何か1つでもあれば、仕事の世界に入ってもへこたれません。まずは「自分はこれをがんばる」と強く心に決め、実際に努力することが大切なのです。(2014/9/29)

明日を変える働き方:
「不満」をアピールの原動力に変える
会社や仕事への不平や不満は誰でもあります。しかし、会社にそれをぶつけたところで、ただの愚痴では相手にしてもらえません。不満をバネにし、自分のやりたいことを始めて、アピールしてみてはどうでしょうか?(2014/9/22)

明日を変える働き方:
仕事に「大きい、小さい」はあるか
仕事におけるマネジメントの原則として「仕事の大きい小さい」は、なくては困ります。大きな目標に向かって小さな仕事を積み上げていく。優先順位があるからこそ、ときには比較的重要度が低い仕事を切り捨て、戦略的に動くことができます。(2014/9/16)

明日を変える働き方:
どんな仕事にも「加入儀礼」がある
社会人になりたてのうちは、実際に仕事をするとその現実の厳しさに驚きます。しかし、それを乗り越えてこそ一人前。組織が求める「加入儀礼」をくぐり抜けてはじめて存在が認められるのです。今回は、2つの加入儀礼について紹介します。(2014/9/8)

明日を変える働き方:
仕事の「リアル」をつかめるか
期待を胸に入社しても、自分が希望する部署に配属されるとは限りません。むしろ、希望どおりになることのほうがまれかもしれません。そういうときは、どういう姿勢で仕事と向き合えばいいのでしょうか?(2014/9/1)

3分LifeHacking:
働く意欲がなくなったときのために、覚えておくべき4つのポイント
やる気が何となく、わかなくなることは誰にでもあります。そんなときでも覚えておくと、ポジティブな気持ちを取り戻せる、4つのポイントを紹介します。(2014/5/9)

入社して早々“この会社と合わない……”と思ったら
新社会人となった皆さんが、将来「あの経験があったから今がある」といえるキャリアを積むために必要な考え方を紹介。(2014/4/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。