ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キャリア」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!ビジネス&キャリア→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でビジネス&キャリア関連の質問をチェック
「キャリアとスキル」分野の調査データ一覧 | 調査のチカラ

DODA 知識・スキルに関する調査:
あなたは、自分磨き・スキルアップにいくら使っている?
転職サービス「DODA(デューダ)」は「ビジネスパーソンが仕事において必要だと思う知識・スキルに関する調査」を実施し、その結果を発表した。(2016/6/23)

キャリアニュース:
新入社員の失敗は「上司・先輩のサポート不足」が原因
キャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」が、「新入社員の失敗」に関する調査結果を発表。新人の失敗について「仕方がない」とし、「上司・先輩のサポート不足」が原因だと考える人が多かった。(2016/6/17)

育児は俺に任せろ!:
PR:育休1年、残業ゼロ――イクメン エンジニアが選んだ家庭の守り方
妻のキャリアを守るために、育児全般を引き受けることを選択したパパエンジニア。「自分はイクメンという自覚はない」と言う彼が考える仕事と育児の両立とは?(2016/6/10)

企業ファイナンスの視点:
ITの“現場”を離れて、はじめて見えた景色――吉田優子さん
「ファイナンス」というと経理や会計の分野をイメージしがちだが、外資系の企業でその仕事は、財務戦略や資金調達、事業投資まで多岐にわたる。そんなITとは離れた業務にSEから転身した人がいる。会社の“裏側”を見ると仕事の見え方が変わるのだという。(2016/6/3)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(11):
PR:脳が辞めたがってるんだ!!!
梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業でアンドロイド駆動開発プロジェクトのマネジャーに従事しています。仕事が忙し過ぎて会社を辞めたいのに、なぜか先を越されそうな予感……。(2016/6/1)

中国のIT戦士、会社公認の「昼寝」で鋭気を維持
ある中国人起業家の最初の仕事は、オフィスにベッドを設置することだった。「ITの仕事は結構脳を使う。従業員にはインスピレーションを得るための時間が必要だ」。(ロイター)(2016/5/31)

キャリアニュース:
適正テスト結果から見える2016年度の新入社員
エン・ジャパンが、2016年度の新入社員を対象に適正テスト「3E-IP」を実施。その結果をもとに、新人の特徴や5年前との比較、育成ポイントを発表した。それによると、周囲への興味関心が薄く、仕事と私生活のバランスを重視する新人が多いようだ。(2016/5/27)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(17):
反省しても後悔しない! 35歳からの仕事と生き方
35歳は人生の中盤。仕事のキャリアやこれからの生き方に悩む時期です。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「35歳からの仕事と生き方」です。(2016/5/25)

倍率300倍? 1年間、世界中を旅しながら働けるプログラムが参加者募集中
Remote Yearは、応募者の中から審査で選ばれた75人の参加者が、1年間、ひと月に1都市のペースで世界を点々としながらリモートで各自の仕事をするというもの。旅好きのノマドワーカーにもってこいのプログラムだ。(2016/5/24)

Go AbekawaのGo Global!〜Tom Lagatta編:
私は技術オタク――エンジニア出身社長の「フロリダでのゴルフ三昧よりも楽しいこと」
クラウドでアプリケーションのオンデマンド提供を行う「Numecent」CEOのTom Lagatta氏。元エンジニアであるLagattaに、エンジニアのキャリアパスや、エンジニアが活躍するために必要なマインドを伺った。※Lagatta氏から日本のエンジニアへのメッセージ動画付き(2016/5/24)

キャリアニュース:
AIに代替される仕事、されない仕事は
人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が「AIに代替される仕事、されない仕事」についての調査結果を発表。AIに代替される業務が「あると思う」と76%が回答し、可能性のある職種として「一般事務」「経理」「コールセンター」が挙げられた。(2016/5/20)

キャリア調査:
仕事で使うツール/システムは今後のキャリアパスに大きな影響を与える
「fabcross for エンジニア」は、「仕事で利用するツール/システム」に関するアンケート調査を実施し、2016年4月にその結果を発表した。(2016/5/11)

人工知能が発達したら今の「エンジニア」という職種がそのままで通じるとは限らない:
PR:ヤフー「myThings」とAzureのエバンジェリストがこれからのエンジニア像について語る
ヤフーでmyThingsのエバンジェリストを務める水田千惠氏と、日本マイクロソフトでMicrosoft Azureのエバンジェリストを務める砂金信一郎氏との対談を通じて、「若手エンジニアのキャリア」について探る。特に、今後エンジニアとしてのキャリアパスを模索している若手エンジニアの参考としてもらいたい。(2016/4/28)

キャリアニュース:
2016年度の新入社員――専門職志向で「優しく相談できる上司」が理想
トーマツ イノベーションが「新入社員のキャリアに対する意識」についての調査結果を発表。専門職志向で、相談に乗ってくれる優しい上司を求める新人が多いようだ。また、男女ともに「定時に帰りたい」層が増えていた。(2016/4/26)

キャリアニュース:
仕事で使うツールが「今後のキャリアに大きな影響を与える」と49%が回答
Webサイト「fabcross for エンジニア」が「仕事で利用するツール/システム」に関するアンケート調査結果を発表。回答したエンジニアの49.0%が、ツールやシステムが「今後のキャリアパス(職務の変遷)に大きな影響を与える」と考えていた。(2016/4/22)

「全力疾走」という病:
漫画が売れたら終わりではない 敏腕編集者・佐渡島氏が描く『宇宙兄弟』の次
講談社時代、漫画『ドラゴン桜』や『宇宙兄弟』など数々のヒットを飛ばした編集者、佐渡島庸平氏。大手出版社勤務というキャリアを捨てて彼が選んだのは、作家エージェントとしての起業だった。彼を駆り立てるものは一体何だったのだろうか――。(2016/4/20)

キャリアニュース:
女性社員を積極的に活用していきたい企業は65.2%――前年比6.1%増
パソナキャリアカンパニーが「女性の雇用・登用に関する企業調査」の結果を発表。女性社員を「積極的に活用していきたい」と回答した企業は65.2%で、前年と比べて6.1%増加した。(2016/4/19)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(16):
「会社」「辞めたい」と思ったら――くじけそうな新社会人への処方箋
新社会人時代は、理想と現実とのギャップにくじけそうになるものです。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは、新入社員に贈る「くじけそうなときの処方箋」です。(2016/4/13)

40代の危機:
バブル期に大量採用したツケ? 次世代シニアに「社内失業」の危機
「次世代シニア」と呼ばれる40代のサラリーマン向けのキャリア研修が増えている。会社人口で突出するこの世代は“社内失業”状態になってしまうリスクが高い。その特性と傾向を、人材育成の専門家に聞いた。(2016/4/12)

事態が起きてからでは遅すぎる!:
PR:介護離職を防ぐために企業ができること
少子高齢化が進み、介護人口の増加はもはや確定路線となっている。いざ自分が家族を介護しなければならない状況に直面したら、仕事を続けることができるだろうか。実は今、介護と仕事の両立を諦め、仕事を辞めてしまう「介護離職」が問題となっている。実はこの問題、家族の個人的な問題と考えられがちだが、企業として待ったなしの“経営課題”でもあるのだ。(2016/4/15)

ある男の約24時間:
Apple Store 銀座でSIMロックフリーな「iPhone SE」を買ってみた
3月31日に発売となった「iPhone SE」。このビッグウェーブに(仕事柄)乗らざるを得ない筆者は、“聖地”銀座でSIMロックフリー版を買ってみることにしました。(2016/3/31)

キャリアニュース:
半数以上がパラレルキャリアを希望――実際に活動している人は2割
人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が、「パラレルキャリア」についての調査結果を発表。35歳以上の半数以上がパラレルキャリアの実践を望んでいるものの、本業以外で活動をしているのは2割程度であることが明らかになった。(2016/3/31)

特選ブックレットガイド:
エンジニアが目指すべき最終キャリア
会社や組織の技術開発を方向づける“先導役”となるためには?(2016/3/23)

「2人出産が仕事より価値」発言全文 学校Webサイトに一時掲載 校長「誤解招かないよう掲載」
大阪市立中学校の校長が全校集会で「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むこと」などと発言した問題で、同校Webサイトに発言要旨全文が一時掲載されていた。(2016/3/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
熱狂しやがれ!
仕事を面白くする唯一の方法は熱狂することだ。どうしたら部下を熱狂して働かせることができるか。(2016/3/10)

世界のソフトウェアエンジニア550人に聞きました:
ソフトウェアエンジニアの約3割が「AIのせいで仕事がなくなる!」と思っている
米Evans Dataは新しい調査報告書で、AIに仕事を奪われることを懸念するソフトウェアエンジニアが3割に上ると指摘している。(2016/3/9)

役立つスキル、仕事と家庭の両立は?:
女性エンジニアたちからのアドバイス
TE Connectivityの年次イベント「65th Engineers Week」では、女性エンジニアたちによるパネルディスカッションが行われ、仕事と家庭を両立するコツや、女性エンジニアとしてのアドバイスなどが披露された。(2016/3/3)

40代以上はいらない 中年キャリアの危機
リストラは突然やってくるのではありません。年功序列が崩れた今、会社の危機の兆候に気付かずリストラされたとしたら、残念ながらキャリアの選択肢は限りなくなくなります。(2016/2/22)

キャリアニュース:
職場に信頼できる人、65%が「いる」――信頼できる相手のトップは「上司」
人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」が、仕事仲間についての調査結果を発表した。全体の65%が、職場に信頼できる人が「いる」と回答し、信頼できる相手として6割近くが「上司」を挙げた。(2016/2/19)

水曜インタビュー劇場(消える仕事公演):
人工知能と外国人に、私たちの仕事は奪われてしまうのか
人工知能によって、自分の仕事が奪われるかもしれない――。そんな不安を感じたことがある人も多いと思うが、実際のところどうなのか。このテーマを調査した、野村総合研究所の担当者に話を聞いた。(2016/2/10)

訃報を聞いて何、思う
人間は中年期を迎える頃から、体調や精神的不調が増えるのが自然です。人生の後半に起こる肉体や精神、キャリア、人間関係の大きな転換は「中年の危機」と呼ばれます。今回は、人生の危機をマネジメントすることを考えてみましょう。(2016/2/3)

浦島太郎にならないために:
PR:10年超のブランクを克服して現場復帰したエンジニアは、空白期間に何をしていたのか?
「ドッグイヤー」と言われるほど変化の早いIT業界では、たった数年IT業界から離れていただけで取り返しがつかないことになる場合がある。一方、10年以上現場を離れていても、ITの仕事に復帰するエンジニアもいる。その差はどこにあるのだろうか。(2016/1/29)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
個々が才能を発揮し「一隅」を照らし出す
才能を自覚することで巻き込む力が生まれ、自分にできないことを認めると素直に周りに頼れるようにもなる。結果として、大きな仕事を成し遂げられる。(2016/1/20)

20代の働く男女聞く、5年後の理想のキャリアは?
5年後、理想とするキャリアは何ですか? 20代の働く男女に聞いたところ……。ビズリーチ調べ。(2016/1/19)

コンテンツマーケティングの進行で、営業マンが不要の時代に
米国では今後5年間で、営業マンの22%、100万人が仕事を失うという調査結果をForrester社が発表。日本でもオウンドメディアを運営する企業が増えてきたが、この先にあるのは、どんな世界だろうか。B2B企業の営業マンは、本当に要らなくなるのだろうか……。(2016/1/15)

田中淳子の“言葉のチカラ”(26):
あなたの「原点」は何ですか?
あなたは、なぜITエンジニアという職業を選んだのか?――人材育成歴30年の田中淳子さんが、職業人生の節目節目で受け取ってきた言葉たちを紹介する本連載。今回は新年らしく「仕事の原点」を考える。(2016/1/12)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(21):
選手でいるべきか、コーチになるべきか――ミドルエンジニアのキャリア選択
「一生、現場で活躍したい」と思っているのに後輩の指導役を打診された。この話、受けるべきか、否か――エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は「中堅エンジニアはコーチになるべきか否か」について考える。(2016/1/5)

2015年版 米TechTargetIT給与調査
IT社員の給料が減少した2015年、それでも離職希望者がたった5%な理由
米TechTargetが米国のIT担当者を対象に実施した2015年のIT給与調査の結果からは、職種と所在地別の平均給与に加え、転職の意向や仕事の楽観度、関心を寄せるプロジェクトなどが明らかになった。(2015/12/29)

総賃金で平均25%の違い
「データサイエンティスト」はやはりセクシーな職業? 調査で分かった“超高給”
米TechTargetが実施した2015年度の給与調査によると、BIやビッグデータに携わっている従業員は、自身の仕事に対する満足度がかなり高いことが分かった。その秘密に迫る。(2015/12/21)

PaaSのプロになれば年俸10万ドルも夢じゃない
クラウドの仕事で高給を得るためのヒント、Top 5
企業システムにおけるクラウドの需要が高まるにつれ、ベンダー、ユーザー企業の両方で雇用機会も増大している。身に付けておくと市場価値の高いスキルとは? 上位5つを紹介する。(2015/12/16)

リニアテクノロジー CTO Robert C. Dobkin氏:
独学で回路技術を習得し、“アナログの巨頭”に
Linear Technology(リニアテクノロジー)でCTO(最高技術責任者)を務めるRobert C. Dobkin氏。同社において極めて優秀なアナログIC設計エンジニアを指す“アナログ・グル”でもある同氏に、アナログIC業界の動向や、自身のキャリアなどについて語ってもらった。(2015/12/11)

「分野横断型キャリア」事例セミナー:
PR:次世代モノづくりを担うエンジニアに求められるもの
CEATEC JAPAN 2015の最終日に行われた、フォーラムエンジニアリングによる「分野横断型キャリア」事例セミナー。分野横断型キャリアとは、どのようなキャリアなのか。またこれからのモノづくりのニーズに対して、どんな強みがあるのだろうか。エンジニアを目指す学生を中心に、多くの聴衆が参集した。(2015/11/20)

金曜インタビュー劇場(藤原和博さん):
今からでも遅くない? 年収200万円と800万円の分かれ道
サラリーマンの給料が減っていく――。このような話を聞くと、不安を感じる人も多いのでは。人口減少などの影響を受け、大幅な経済成長が見込めない中で、私たちはどのように仕事をしていけばいいのか。リクルートでフェローとして活躍された藤原和博さんに聞いた。(2015/11/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「上司の9割は部下の成長に無関心」時代に人を育てる3つの鍵
よく勘違いされるのだが部下が育つのは、上司が手取り足取り仕事を教えたときではない。部下が育つのは3つの条件が揃ったときである。(2015/11/5)

「プロジェクトマネジャー」の極意:
数学女子はSEになり、やがてチームを信頼し凄腕のプロマネになる――土本光恵さん
IT系のプロジェクトマネジャーというと、気苦労が多く“自分には向かない”と敬遠してしまう人もいるかもしれない。しかし、その仕事を楽しめる人がいるのも事実だ。10年近くプロマネを務めている“プロ”に、その極意を聞いてみた。(2015/10/23)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(18):
なぜ、エンジニアにも「マーケット感覚」が必要なのか
エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は株式のファンドマネジャーを例にとり、技術や知識の優劣が仕事の優劣に直結するわけではないことを解説する。(2015/10/19)

田中淳子の“言葉のチカラ”(23):
それで、あなたはどうするの?――仕事の引き継ぎをしないと機会損失を被るのは誰か
人材育成歴30年の田中淳子さんが、職業人生の節目節目で先輩たちから頂いてきた言葉たちを紹介する本連載。今回は「お客さまのために」と仕事を一人で抱え込んでいた淳子さんに先輩が掛けてくれた言葉を紹介する。(2015/10/13)

キャリアニュース:
既婚女性の77%、結婚・出産を機に転職を経験
ディップの「女性が本当に働きやすい職場」についての調査で、結婚や出産を経ても今の職場で働きたい理由として「今の仕事が好きで、そのまま続けたいから」「社内の人たちの理解・サポート体制があるから」が同じ30%になった。(2015/10/9)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(17):
エンジニアに高い学歴は必要か
エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は社会人になってから大学院に通学したり、資格をたくさん取得したりするのはキャリアアップに有効か、また転職時に採用担当者からどのように見られるのか、などを「辛口」に解説する。(2015/10/5)

ディルバート(417):
あなたの仕事もアプリに奪われる?
「アプリが君の人生を壊すのさ」とディルバート。仕事が人から機械やアプリにとって代わられるのはリアルな話ではありますが……。(2015/10/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。