ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゲームセンターCX」最新記事一覧

スーパーファミコンの名作から怪作タイトルまでをレビュー ミニスーファミ発売を記念した本「超スーファミ」が登場
ミニスーファミ収録タイトル以外にも多数のゲームレビューを収録。(2017/9/10)

幻のポケモン「ミュウ」誕生秘話を生みの親が語る 有野課長の「ポケモン 赤・緑」151匹コンプ挑戦の最終回が公開
全5回に渡る長い挑戦でした。(2016/11/12)

FF、モンハン、ポケモンなどのゲーム音楽がフルオーケストラでテレビ放送! NHK BSプレミアムで11月6日
演奏は、ゲーム音楽専門のプロ交響楽団JAGMO。(2016/10/31)

初代ポケモン151匹コンプに挑戦する有野課長がご乱心 ピカチュウゲットだぜ!って……それTKO木下や!
しまいには3DSで仮想ポケモンGOをプレイ。(2016/7/22)

「これは僕の廃墟願望を満たすゲーム」 押井守、『ドラゴンクエストビルダーズ』に妄想の塔を建築す 前編
押井守は『ドラゴンクエストビルダーズ』でいったいどんな世界を作り上げたのか? 異色のゲーム中心インタビュー(前編)。(2016/7/20)

鳥嶋和彦、田尻智、シブサワ・コウ―― とんでもないインタビューを量産し続けるサイト「電ファミニコゲーマー」とは何者なのか
電ファミニコゲーマー編集長であり、インタビュー連載「ゲームの企画書」を手がけるリインフォース・平信一さんにお話を聞きました。(2016/6/23)

有野課長が「ポケットモンスター 赤・緑」で151匹コンプに挑戦 「ゲームセンターCX」YouTubeで公開
つかまえたポケモンに独創的なニックネームを付けていく課長。(2016/5/25)

漫画:似顔絵のプロは「Miitomo」作りもうまいのか?
任天堂の「Miitomo」は、アバターを作って遊べるスマホアプリ。漫画家はMiiもそっくりに作れる?(2016/4/22)

「待ってるだけじゃ広がらない」――ひかりTVの4Kコンテンツ大増産計画
ひかりTVは、映画祭やテレビ局などとのパートナーシップにより、独占提供の4Kタイトルを拡充する。4K IP放送の24時間放送に加え、4K VoDも今後1年間で約1200タイトルまで増やす方針だ。(2016/4/14)

無料キャンペーンも:
フジテレビのCS有料チャンネルをネットで――「フジテレビONEsmart/フジテレビTWOsmart」3月スタート
フジテレビジョンはCS放送の「フジテレビ ONE スポーツ・バラエティ」および「フジテレビ TWO ドラマ・アニメ」をインターネット経由で楽しめる有料サービス「フジテレビ ONEsmart/フジテレビ TWOsmart」を3月に開始する。3月中は無料のお試しキャンペーンを実施。(2016/1/29)

「スペースインベーダー」から「PS VR」まで ゲームの歴史を知る体験型展覧会「GAME ON」、3月開催
日本科学未来館が展覧会「GAME ON 〜ゲームってなんでおもしろい?〜」を3月から開催。「スペースインベーダー」「PlayStation VR」など幅広く展示し、実際に遊べる。(2015/12/28)

「スーパーマリオメーカー」有野課長がユーザー投稿の力作コースに生挑戦! ニコ生でも中継決定
フジテレビONE「ゲームセンターCX」で生放送される有野課長の「スーパーマリオメーカー」生挑戦の模様がニコニコ生放送でも生中継されます。(2015/12/10)

ねとらぼレビュー:
中村悠一×杉田智和がダラダラとゲームで遊ぶだけの番組「東京エンカウント」がなぜこんなに面白いのか
薄い本が出せるくらい濃い絡みを堪能!(2015/11/20)

「ゲームセンターCX スーパーマリオメーカー編」がYouTubeで無料公開 Wii Uでも課長オーン!
12月12日にはスペシャル生放送も!(2015/10/2)

岩田聡社長の訃報に世界中から驚きと悲しみのツイート 「ThankYouIwata」ハッシュタグも
本当に多くの人に影響を与え、親しまれた人でした。(2015/7/13)

有野課長に対抗して相方・濱口さんが最新ゲームに挑戦する動画「ゲームセンターDX」公開
有野課長を「古いゲームをやってちやほやされてるしわくちゃのおっさん」と挑発。(2015/7/8)

「アメトーーク!」で「スーパーマリオ芸人」6月25日放送 よゐこ有野さんらが登場
イヤッフー!(2015/6/18)

悪の化身からゲームを守れ! 未来屋書店×ゲームセンターCXの体験型ブックが発売
4月4日〜5月31日までの期間限定販売。(2015/2/6)

ハイクオリティの「トルメキア装甲騎兵」にウルトラ怪獣も艦娘も集合! ワンフェス2014[夏]コスプレリポート
かわいいお嬢さんからモビルスーツにネタコスプレまでお届け!(2014/7/28)

セガのゲーム機を擬人化した「セガ・ハード・ガールズ」のテレビアニメ、10月放送決定
テレビアニメのタイトルは「Hi☆sCoool! セハガール」。(2014/6/10)

渋谷パルコに「ノーコン・キッド×ゲームセンターCX」のレトロゲームカフェ 懐かしのゲームも遊べるよ
レトロゲーム、来てる!(2013/12/26)

11月に「ゲームセンターCX 有野の挑戦 in 武道館」 “スーパーアリーノシート”もあるぞ
「ゲームセンターCX」10周年企画の1つとして武道館イベントが開催される。グッズがついた「スーパーアリーノシート」の受け付けももうすぐ。(2013/6/21)

ゲーム実況に大きな影響を与えた「ゲームセンターCX」が映画化決定 10周年記念プロジェクト
「ゲームセンターCX」放送開始10周年を記念して、映画化のほかにもニンテンドー3DSゲームなどが発売される。(2013/6/17)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
最終回直前スペシャル! なぜこれらのゲームは取り上げられなかったのか?
連載第96回では、これまで6年間の連載の中で、候補に挙がりながらまだ取り上げられていないゲームについて語ります。かなりの有名作品でも、わたしが大好きなゲームであっても、取り上げられない理由がそれぞれにあるのです。(2011/11/18)

日々是遊戯:
TGSを見て何を思った? みんなで好きなメッセージを書き込む「かえり道のアートスペース」が面白い
「ゲームで日本を元気に」をテーマに、来場者が東京ゲームショウで感じたことをカードに書き残していく「かえり道のアートスペース」。中には有名クリエイターのカードも!(2011/9/16)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
クイズ王を目指して!「アドベンチャークイズ カプコンワールド」ほか
連載第94回は、「アドベンチャークイズ カプコンワールド」「ハテナ?の大冒険」「クイズ殿様の野望」といった、カプコンのクイズゲームを取り上げてみます。今回は(今回も?)個人的趣味全開です。(2011/5/26)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
ファミコン初期のナイスボート「ミシシッピー殺人事件」
連載第87回は「ミシシッピー殺人事件」(ジャレコ)。ファミコンで2番めに古いアドベンチャーゲームですが、何しろ難解なことと、理不尽なゲームオーバーで有名でした。(2010/7/12)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
アリーマー驚異の向上過程「レッドアリーマー 魔界村外伝」
連載第81回は「レッドアリーマー 魔界村外伝」(カプコン)。「魔界村」でプレイヤーを苦しめた、あのレッドアリーマーが主人公のアクションゲーム。レッドアリーマーはなぜ強いのか? その理由がこのゲームで明かされます!(2009/12/28)

なにこれTGS:
物販コーナーで、見慣れた「あのイス」を見つけました
物販コーナーの「ゲームセンターCX」ブースで、番組内で有野課長が座っていたイスを発見。(2009/9/26)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
銀河戦士VSエイリアン!「ギャラクシアン」「ギャラガ」
連載第76回は「ギャラクシアン」と「ギャラガ」(ナムコ)です。インベーダーブームが去った後のゲーム業界に、革命をもたらしたシューティングゲーム。後のファミコンなどでも使われた“スプライト”を、初めて使ったゲームでもあるのです。(2009/7/8)

日々是遊戯:
名作ゲームが遊び放題! 一日限りの無料ゲーセン「タイトー・ハッピーステーション」
「スペースインベーダー」や「ナイトストライカー」など、タイトーの歴代アーケードゲームがすべて無料で遊べる夢のようなゲームセンターが秋葉原にオープン! ただし1日限定です。(2009/3/27)

和田氏「次の山はタイトーが作る」――タイトー新プロジェクト/新製品発表会
「スペースインベーダー」30周年記念のファイナルイベント「無料で遊べる!タイトー・ハッピーステーション」の実施に合わせて、「タイトー新プロジェクト/新製品発表会」が開催された。(2009/3/26)

東京ゲームショウ2008:
「TGS 2008」会場で見つけた、ちょっとユルめの小ネタ集(その2)
その1に続いて、TGS会場で見つけたユルめの小ネタをお届けします。その2では、破壊力抜群のスク水っ娘や、懐かしの「シュウォッチ」復刻版などを紹介。(2008/10/12)

東京ゲームショウ2008 バンダイナムコブース:
魔王アリーノーも進化します!?――「ゲームセンターCX 有野の挑戦状2」発売決定イベント
「ゲームセンターCX 有野の挑戦状2」発売決定をうけ、バンダイナムコゲームスブースに有野課長がやってきた。会場では観客によるゲーム内ボイスの収録も行われた。(2008/10/12)

まもなく東京ゲームショウです
予想どおり「ニンテンドーDSi」一色のランキングとなりました。さて、今週末には東京ゲームショウという山場を迎えるわけですが。(2008/10/8)

日々是遊戯:
有野課長が「ロックマン9」に挑戦! 「ゲームセンターCX番外編」をキミは見たか
お笑い芸人・よゐこの有野晋哉が毎回さまざまな難関レトロゲームに挑戦する、CSフジテレビ721の人気番組「ゲームセンターCX」。その番外編が、なんとWiiの「みんなのニンテンドーチャンネル」で配信中だ。課長が今回挑むのは、あの「ロックマン9」!!(2008/10/1)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
列車を降りたら100画面分の広い島「チャレンジャー」
今回は「チャレンジャー」(ハドソン)を取り上げてみました。列車に飛び乗るシーン1と、広大な島を巡るシーン2。まったく違うゲームシステムが共存していたゲームです。Wiiのバーチャルコンソールにも登場しています。(2007/12/17)

この冬遊びたいゲーム特集(後編)
後編となる今回はニンテンドーDS、PSPのゲームを集めた携帯ゲーム機編。こたつで寝っ転がりながら、またはどこかに出かける途中の空き時間にプレイしてみてはいかがでしょうか。(2007/12/14)

「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」レビュー:
番組を知らなくてもレトロゲームが大好きな人ならよかですよ
1984年にアーケードから移植された「コズミックゲート」や、1985年の「からくり忍者ハグルマン」など、ゲーム史を彩った人気作品。これらのゲームが生まれた歴史的背景をひもといていく(注:これらは「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」のゲーム内ゲームです)。(2007/11/30)

「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」発売記念の握手会を3都市で開催
(2007/11/13)

東京ゲームショウ2007:
レトロゲーム大賞に「スーパーマリオブラザーズ」――「レトロゲーム・アワード2007」
人気番組「ゲームセンターCX」とのコラボレーション企画として行われた「レトロゲーム・アワード2007」で、レトロゲーム大賞に任天堂の「スーパーマリオブラザーズ」が選ばれた。任天堂の宮本茂氏も登場。(2007/9/22)

東京ゲームショウ2007:
あれ? 「ファミリートレーナー」が――意外な隠し球を持っていたバンダイナムコゲームス/バンプレストブース
東京ゲームショウ2007の出展社の中でも、プレイアブルタイトルの数が圧倒的に多い部類に入るバンダイナムコゲームス/バンプレストブース。1日中いてもすべてプレイできそうにない気がするのだが……。その上気づいたらそこに知らないタイトルが。(2007/9/22)

バンダイナムコゲームス、東京ゲームショウ2007出展・イベント情報を発表
(2007/9/12)

ええっ! ゲイムマンが審査員に!?――TGS「レトロゲーム・アワード2007」
(2007/9/3)

「ザ・冒険王2007」で「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」のイベントを開催
(2007/8/9)

やはり「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」は強かった――ゲーム産業の今を知る
CESAは2006年までのコンピュータエンターテインメント産業に関わる各種データを調査・集計した「2007CESAゲーム白書」を発刊。ゲーム市場の現状を報告している。(2007/7/9)

モバゲーに「大人向け」ゲーム よゐこと共同開発
 モバゲーに、よゐこと共同開発した「大人向け」ゲームが投入される。CMキャラクターにもよゐこを採用。大規模な広告キャンペーンも展開し、20代以上のユーザー取り込みにつなげる。(2007/5/10)

バンダイナムコゲームス、「ゲームセンターCX」とタイアップで家庭用ゲームを開発
(2007/4/19)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
「いっき」はもしかしたら、本当に“神ゲー”かもしれない
Gyaoの番組に出演しました。懐かしのファミコンゲームを紹介するという企画だったんですが、番組内で取り上げたゲームは、かなりのバカゲーばかり。放送ではカットされましたが、実は「いっき」(サンソフト)もプレイしていたんです。(2006/11/15)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
スターパネルをゲットだぜ! 「クインティ」
「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」もうすぐ発売だぞ記念! ポケモンを作った田尻智氏とゲームフリークのデビュー作、「クインティ」(ナムコ)を取り上げてみました。果たしてゲイムマンは、クインティを倒せるのか?(2006/8/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。