ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「遺伝子」最新記事一覧

キリン、実は4種類いるってよ 「キタキリン」「マサイキリン」など、遺伝子研究で判明
他の大型動物に比べてあまり研究が進んでいなかったんだそうな。(2016/9/13)

医療技術ニュース:
またいとこまで判定可能な、新しい血縁判定法を開発
京都大学は、口腔内細胞のDNAを用いて、従来の方法では親子・兄弟までしか判定できなかった2人の間の血縁関係を、またいとこまで他人と区別できる高精度なDNA鑑定法を開発した。大災害などにおける身元確認の精度向上に貢献するものだ。(2016/9/1)

医療機器ニュース:
熱帯感染症診断に適した遺伝子検査システムの共同研究を開始
長崎大学は、熱帯感染症や新興・再興感染症を対象にした新たな遺伝子検査システムの開発について、東芝メディカルシステムズと共同研究契約を締結した。2016年8月から2年間、共同研究に取り組む。(2016/8/23)

賛否両論あった「アイスバケツチャレンジ」のその後が明らかに 寄付120億円、遺伝子についての発見など大きな成果
難病ALSの周知・治療という本来の目的にもつながったようです。(2016/7/28)

NOAAが新種のクジラを発見、遺伝子検査で明らかに 特性などに謎多く
調査中のため種の公認や命名はまだされていません。(2016/7/28)

料理が捗る! 芽が出ず有毒物質も少ない便利なじゃがいも誕生 理研ら研究チーム
遺伝子組み換えによって作ることができることが明らかに。(2016/7/27)

医療機器ニュース:
外来DNAの混入をほぼ完全に防止できる卓上型クリーンルーム
広島大学は、極微量DNA解析を可能にする卓上型クリーンルームを開発。実験器具に発生する静電気が浮遊微粒子を集めてしまうことなどを明らかにし、全ゲノム増幅において、外来DNAの混入をほぼ完全に防ぐことに成功した。(2016/7/26)

キーワードは「セキュリティ」と「オープン」:
CiscoのDNAに生まれ始めた「オープン」の遺伝子
サーバやストレージに比べ、仮想化やオープン化、プログラミングによる自動化といった分野で取り残されがちだったネットワーク。シスコはその状況を変えるため、自ら変わろうと試みている。(2016/7/25)

海外医療技術トレンド(16):
プレシジョンメディシンの鍵を握る次世代シーケンサー規制
遺伝子の塩基配列を高速に読み出す次世代シーケンサー。米国では、遺伝子プロファイルを利用して各個人に合った治療法を提供する「プレシジョンメディシン」の中核技術として、臨床適用に向けたルールづくりが進んでいる。(2016/7/15)

親子で三色そろいぶみ! 三毛猫ママの血を受け継ぐ子猫たち
猫の遺伝子にしっかり刻まれた色。(2016/7/9)

DeNAの社名は遺伝子の“DNA”と関係がある?
(2016/7/6)

免疫不全のサル、ゲノム編集で誕生 慶応大など研究
サルの遺伝子を「ゲノム編集」という技術で操作し、免疫機能を低下させることに成功したと、慶応義塾大学などが発表した。(2016/7/1)

医療技術ニュース:
脳や行動の性差を決める遺伝子のスイッチを発見
東北大学は、ショウジョウバエの実験により、脳と行動の雌雄による劇的な違いが、たった1つの遺伝子のスイッチを入れるか、切るかで生み出されることを立証した。(2016/6/23)

医療技術ニュース:
骨形成に関わるタンパク質「Sp7/osterix」の新しい遺伝子制御メカニズムを解明
東京大学は、骨形成において遺伝子発現のスイッチとして働くタンパク質「Sp7/osterix」について、ゲノムの全領域にわたって調査した。その結果、従来の様式とは異なる、新たな遺伝子制御メカニズムを発見した。(2016/5/26)

医療技術ニュース:
ミトコンドリアゲノムの初期化機構を発見
理化学研究所は、従来の遺伝子の複製機構では説明できなかったミトコンドリアゲノムの初期化機構を発見したと発表した。(2016/5/20)

オオムギの発芽を制御するメカニズム、岡山大が解明か ビール醸造に適した品種開発へ
岡山大学が、オオムギの発芽のタイミングを調整する遺伝子の配列を特定。休眠をコントロールするメカニズムを世界で初めて解明したという。(2016/5/19)

慶応大、難病の原因となる未知の遺伝子疾患「MIRAGE症候群」を発見
慶応義塾大学らが難病の原因となる未知の遺伝子疾患「MIRAGE」を発見した。(2016/5/18)

アトピー性皮膚炎の原因遺伝子、理研など研究チームが解明 薬による予防法も
アトピー性皮膚炎患者にとって希望の光が……!(2016/4/26)

アトピー性皮膚炎のメカニズム、理研が解明 ワセリンで予防の可能性
理化学研究所がアトピー性皮膚炎の原因遺伝子を突き止め、ワセリンを塗ると予防できる可能性があると発表した。(2016/4/26)

個別に効果的な食事と運動を提案 肥満遺伝子検査は実質無料 FiNC「パーソナルカラダサポート」
ヘルスケアベンチャーのFiNCとソフトバンクは、共同開発した「パーソナルカラダサポート」の提供開始を発表した。キャンペーン中に加入すると月額無料、さらに肥満遺伝子検査が実質0円に。(2016/4/7)

医療機器ニュース:
遺伝子データも扱えるようになったオープンソースフレームワーク
Appleは、オープンソースフレームワーク「ResearchKit」の新モジュールを発表した。産後うつやぜんそく、心血管疾患などの研究に役立てられているResearchKitに、遺伝子データも組み込めるようになる。(2016/4/5)

医療技術ニュース:
GABA受容体運搬に関わるタンパク質が自閉症の原因遺伝子であることを特定
東京大学は、脳の神経細胞の活動を抑えるGABA受容体の運搬に関わるタンパク質「PX-RICS」が、ヤコブセン症候群患者に発症する自閉症の原因であることを特定した。(2016/3/30)

遺伝子操作で恐竜の脚を持つジュラシック・チキン襲来?
恐竜の子孫であるニワトリは、遺伝子操作で祖先の姿を取り戻せるだろうか。(2016/3/25)

QWERTYキーボードもあります:
BlackBerry、セキュリティを強化したAndroidスマホ「BlackBerry PRIV」を日本で発売
強固なセキュリティ・プライバシー機能、QWERTYキーボード――BlackBerryの遺伝子を受け継いだAndroidスマートフォンがいよいよ日本に上陸する。日本国内でより便利に使えるように、LTEの「Band 19」対応も果たした。(2016/3/25)

名作ゲームの原画も公開:
「ナムコ遺伝子」を継ぐ者が大集結! 30年前の受付ロボ復活劇
「ナムコの顔」として30年間オフィスの受付に立ち続けるヒト型ロボット「受付小町」。故障によって引退の危機を迎えた彼女の運命は――。(2016/3/4)

福利厚生で遺伝子検査も? 企業のメタボ対策に注目
各企業では、メタボリック対策の福利厚生が実施されています。従業員の肥満解消を促す福利厚生の最新事情とは?(2016/2/22)

医療技術ニュース:
川崎病の発症に関わる「ORAI1遺伝子の多型」を発見
理化学研究所は、川崎病の発症に関わる「ORAI1遺伝子」の遺伝子多型を発見したと発表した。ORAI1タンパク質を構成するアミノ酸配列の変化に関わる一塩基多型(SNP)が川崎病と関連し、最もその頻度が高いのは日本人であることが分かった。(2016/2/12)

理研、新たな「睡眠遺伝子」を発見
哺乳類の睡眠時間と覚醒時間の割合が一定に保たれている理由は、いまだ明らかになっていません。(2016/1/8)

医療機器ニュース:
女性の健康増進に有用な遺伝子解析キットの開発と検査サービス
東洋鋼鈑は、山口大学との共同研究をもとに、女性に適した健康情報を提供する遺伝子解析キットを開発した。乳がん、肥満、糖尿病、高血圧などの生活習慣病に関連する12種類の一塩基多型を、高精度かつ簡便に測定できる。(2015/12/16)

モバイルヘルス講演リポート:
「場当たり的な医療制度は終わり」――ビッグデータを活用し「先制予防」へ
遺伝子情報やバイオマーカー、日常生活のデータから「先制予防」を行おうとする「モバイルヘルス(mHealth)」の研究が進んでいる。「健康医療データ信託銀行」の登場も予測される同研究の今を東北大学の田中博氏が紹介した。(2015/10/28)

医療機器ニュース:
間葉系幹細胞の再生医療実用化に貢献する製品開発に成功
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、DNAチップ研究所、ゼノアックリソース、大陽日酸の3社が、間葉系幹細胞を対象とした再生医療製品製造のための製品開発に成功したと発表した。(2015/10/27)

遺伝子と病気の関係が分かる? 新プロジェクト「DNA.LAND」発足
数百万人のゲノム情報と健康状態をデータベース化するプロジェクト「DNA.LAND」が発足。遺伝子と病気の関係解明につながる可能性があるという。(2015/10/16)

電子ブックレット/自然エネルギー:
最強植物のさらに10倍、狙った油を「藻」から得る
少ない面積で大量のバイオ燃料を得るには――東京工業大学などの研究チームは、農作物ではなく、単細胞の藻類(そうるい)で、この課題が実現できることを示した。ある藻類に別の藻類の遺伝子などを導入し、栄養に乏しい条件で油脂の生産量を増やすことに成功。加えて、狙った種類の物質を作り出すこともできた。(2015/10/5)

医療技術ニュース:
神経発達障害の原因遺伝子MeCP2の新たな機能を発見、精神疾患の発症に関与
九州大学は、進行性の神経発達障害「レット症候群」の原因遺伝子「MeCP2遺伝子」が、細胞内の遺伝子発現制御で重要な役割を持つマイクロRNA(miRNA)の生成過程を促進することを発見したと発表した。(2015/9/30)

自然エネルギー:
最強植物のさらに10倍、狙った油を「藻」から得る
藻類(そうるい)には、光合成によってバイオマス燃料となる油脂を作り出す能力がある。農作物と比較した場合、油脂の生産能力が高い。東京工業大学などの研究チームは、ある藻類に別の藻類の遺伝子などを導入。リンを欠乏させて、油脂の生産量を増やすことに成功した。加えて、狙った種類の物質を作り出すこともできた。(2015/9/9)

身長がそんなに多くの遺伝子で決まっているとは
身長ってどのように決まるのでしょうか? 「親が身長低いし、期待できないかも」という人もいるでしょう。身長を決める遺伝子はそれほど単純ではないようです。(2015/9/8)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
産業用ロボットのブレイクスルーは起きるか
ポイントは“目”と“脳”、そして“遺伝子”……。(2015/9/3)

遺伝子から睡眠の謎に迫る!? という話
「あー眠たい、どれだけ寝ても眠たいよ……」ってお疲れの人、現代人には多いかもしれません。必要な睡眠時間にはどうやら個人差があるようですが、睡眠もまた、遺伝子に影響されているのでしょうか。(2015/9/3)

産業用ロボット:
自律的に生産・検査し“優れた遺伝子”を残すロボット、自己進化まであと一歩か
ケンブリッジ大学の研究チームは、人手を介することになしに、自律的にロボットを生産して検査し、優れた動作性やデザインのものを評価して、次の生産に生かすという“母”ロボットを開発した。ロボットの“自己進化”実現への一歩となる。(2015/8/25)

医療技術ニュース:
ゲノム編集を青色の光で自在に制御する技術を開発
東京大学は、「ゲノム編集」と呼ばれる遺伝子の改変操作を、光で自在に制御する技術を開発した。光スイッチタンパク質を用いることで、CRISPR-Cas9システムのDNA切断酵素の活性を青色の光で制御した。(2015/8/6)

海外医療技術トレンド(2):
個別化治療を実現するプレシジョンメディシン
欧米諸国では、遺伝子プロファイルを利用して各個人に合った治療法を提供する「プレシジョンメディシン」に注目が集まっている。個別化治療に向けたイノベーションの取り組みは、どのようなインパクトをもたらすのだろうか。(2015/8/5)

血縁鑑定や結婚相手探しも! こんなこともできる遺伝子検査
先ごろ、離婚した俳優夫婦が長男のDNA鑑定をめぐって出生騒動を起こしたことは、記憶に新しいでしょう。父親は「裏切られた」と激怒。このDNA鑑定もまた、遺伝子を活用してできることの1つです。(2015/7/30)

医療技術ニュース:
再生不良性貧血から白血病に至る過程の遺伝子変異を解明
京都大学は、次世代シーケンサーを用いた全ゲノム解析により、白血病の発症に先立って造血系に遺伝子異常が生じ、数年の経過を経て白血病などの造血器腫瘍を発症する場合があることを解明したと発表した。(2015/7/30)

痛みを感じるために必要な遺伝子を発見
私たちは、痛みを感じたり、熱いものを触ったときなど、とっさ手を引っ込め、自分の身を守ろうとします。「痛み」を感じる感覚は大切な能力で……。(2015/7/17)

自分自身の情報、約7割が「知りたい」
ウェアラブル端末や遺伝子検査など、デバイスや解析技術の発展によって、これまで知ることができなかった自分自身の情報について、どのように感じている人が多いのだろうか。博報堂生活総合研究所調べ。(2015/7/16)

ベレー帽の遺髪から遺伝子をひも解く 「手塚治虫遺伝子解析プロジェクト」始動
遺伝子検査サービスを提供するジェネシスヘルスケアが、故・手塚治虫氏の遺髪をもとに、遺伝子解析を行うという興味深い試みをスタートした。発表会場には長男の手塚眞氏が、治虫氏そっくりに変身して現れた。(2015/7/9)

遺伝性乳がんの「予防的」摘出手術は日本でも可能か?
アンジェリーナ・ジョリーのように、遺伝子検査によって未来の病気を防ぐのは、日本国内ではまだ難しいかもしれません。なぜなら、日本とは違う、米国特有の医療の現状がそこには存在しているからです。(2015/7/9)

究極の個人情報をどう扱うか:
DeNAの遺伝子検査サービス「MYCODE」に学ぶ、Webコンテンツ管理とセキュリティポリシー
一滴の唾液から病気の発症リスクが分かると話題の遺伝子検査サービス。複雑なコンテンツ管理と高度なセキュリティ要件をいかに実現しているのだろうか。(2015/7/7)

自宅でできる遺伝子検査キットは、本当に知りたいことが調べられるのか?
アンジェリーナ・ジョリーの例を知って、「じゃあ私も」とか、「将来に備えて自分の奥さんにも」と思われた方。普通に自宅でできる遺伝子検査を行っても、このような判断はできないということをご存じでしょうか?(2015/7/6)

パクチーが好きかどうかは遺伝子で決まっていた!
人によって好き嫌いがはっきりと分かれるパクチー。おいしいと感じるかどうかは遺伝子によって左右されているようです。(2015/6/30)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。