ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「原価管理」最新記事一覧

鈴村道場(3):
家電業界の常識「コモディティ=コストダウンが必須」は本当に正しいのか
トヨタ生産方式の達人・鈴村尚久氏による連載コラム「鈴村道場」。今回は、家電業界の経営難と併せて語られることが多い「コモディティ=コストダウンが必須」が本当に正しいかについて解説する。(2016/7/19)

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(6):
サプライチェーンのプロが集結するAPICSカンファレンス
グローバルサプライチェーンを運営していく上で“世界共通言語”とも見られている「APICS」を専門家が解説していく本連載。6回目は、例年秋に米国で開催されている、APICSの年次カンファレンスについて紹介する。(2016/7/8)

DMS2016開催直前! ブース出展情報:
ビジネスアナリティクス関連ソリューションを出展、新製品もお披露目――日立ソリューションズ東日本
日立ソリューションズ東日本は「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」において、SCMソリューション」「情報活用・分析におけるBA分野の取り組み」「製造原価管理」「IoT/M2M」などを連携させた、各種ソリューションを提案する。また顧客事例を交え、各ソリューションの効果についても紹介する。(2016/6/17)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用(5):
生産現場の改善にIoTをどのように活用すべきか
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説していきます。第5回は、生産現場の改善にIoTを活用する考え方について説明します。(2016/6/7)

鈴村道場(2):
マスコミが言う「トヨタ生産方式は重大災害に弱い」は本当なのか
トヨタ生産方式の達人・鈴村尚久氏による連載コラム「鈴村道場」。今回は、重大災害による工場停止をテーマに、製造業が重大災害に対してどう取り組むべきかについて解説する。(2016/5/31)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(11):
「整理・整頓」ができている会社は必ずもうかる!
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する連載「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」。今回は、“整理・整頓・清掃・清潔・躾”から成る「5S活動」のうち、最も重要な「整理・整頓」の意味についてじっくりと解説します。(2016/5/17)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/03/10
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年3月10日)(2016/3/11)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用(4):
複雑すぎる原価管理、IoTでどうカイゼンするか
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説していきます。第4回となる今回は、原価管理におけるIoTの活用ポイントについて紹介します。(2016/3/3)

Oracle Planning and Budgeting Cloud Service:
最短1カ月で経営管理システムの導入が可能に
日本オラクルは、国内のパートナー企業10社が提供する、クラウド型経営管理ソリューション「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」向けの業界・業務別/全業種共通テンプレートおよびソリューション15種類を発表した。(2016/2/19)

製造ITニュース:
クラウド型経営管理ソリューション向けのテンプレート15種類を発表
日本オラクルは、クラウド型経営管理ソリューション「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」向けの業界・業務別/全業種共通テンプレートおよびソリューション15種類を発表した。(2016/2/19)

製造ITニュース:
「つながる工場」領域に踏み込むB-EN-G、設備管理サービスを展開へ
東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は、新たにIoTを活用した設備管理サービスに取り組むことを明らかにした。AWSのパートナーシッププログラムにも加入し、クラウドを強みにカバー領域の拡大を目指す。(2016/2/17)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用(3):
品質保証の体制をIoTでカイゼンする
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説していきます。第3回となる今回は、品質保証体制へのIoT活用のポイントについて紹介します。(2016/1/28)

もうけを生む製造業IoTの活用手順(3):
IoTで生産革新、成功の鍵はマスター管理の精度にあり
製造業で活用への注目が集まるIoT。しかし具体的な成果を生み出すために、どういった取り組みを計画すべきなのか戸惑う企業が多いはずだ。こうした製造業のIoT活用のポイントを解説していく本連載の第3回では、生産革新領域へのIoT活用のポイントについて解説する。(2016/1/7)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用(2):
トヨタ生産方式と設備保全、IoT活用をどう考えるか
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説していきます。第2回となる今回は、設備保全へのIoT活用のポイントについて紹介します。(2015/11/5)

共通診察券機能を持つIDカードも
カルテをより身近に、診療情報提供サービス「エースビジョン」の狙いとは
メディカル・データ・ビジョンは2015年6月、医療機関向けサービス「エースビジョン」を販売開始した。患者自身が診療情報の一部を保管・閲覧することを可能にするサービスだ。(2015/10/14)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用(1):
なぜIoTなのか、トヨタ生産方式の課題から考える
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」。日本的な“人の力”に頼った手法に見られがちですが、実はトヨタ生産方式にもIoT(Internet of Things、モノのインターネット)は適用可能です。本連載では多くの製造業が取り入れるトヨタ生産方式の利点を生かしつつ、IoTを活用してモノづくりを強化するポイントについて解説します。(2015/9/7)

製造マネジメントニュース:
新規就農者育成を支援する、農業ICTソリューションを提供
NECソリューションイノベータは、新規就農者育成を支援し、地方創生に貢献する農業ICTソリューションの提供を発表した。新規就農者の学習・自立を支援し、営農指導者による技術指導の効率化を盛り込んだシステムになっている。(2015/9/3)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(8):
原価低減に欠かせない科学的アプローチを学ぶ【中編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、前回から3回にわたり「原価低減推進のために必要な科学的アプローチの手法」についてお伝えしています。中編となる今回は「ワークサンプリング法(WS法)」について解説します。(2015/8/18)

製造ITニュース:
生産管理システムのラインアップを強化し、より広い業務分野に対応
東洋ビジネスエンジニアリングのMCFrameのラインアップに「MCFrame PLM」が加わった。図研の「PreSight/visual BOM」のOEMで、BOMと軽量3Dデータの連携によって高度化・効率化していくというコンセプトの製品情報管理システムとなっている。(2015/7/24)

製造マネジメント インタビュー:
設計と製造を結ぶ国産タッグが始動、和製モノづくりITは世界に羽ばたくか
図研と東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)が2015年2月設立した合弁会社「ダイバーシンク」がいよいよ始動する。第一弾として図研の「visual BOM」をOEM提供で、B-EN-Gの製造系ERPシステムである「MCFrame」に加えて連携を進める。協業の目的と現状の取り組みについて、ダイバーシンクの代表取締役の上野泰生氏(図研 常務取締役)と取締役の羽田雅一氏(B-EN-G 常務取締役、CMO、CTO)に話を聞いた。(2015/6/22)

DMS2015開催直前! ブース出展情報:
製造現場のビッグデータ活用、“可視化と分析”で支援する日立ソリューションズ
日立ソリューションズ東日本は「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」で、プロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2」や需要予測ソリューション「ForecastPRO」など、製造現場で求められつつあるビッグデータの活用にフォーカスしたさまざまな製品を紹介する。(2015/6/3)

実践! IE:磐石モノづくりの革新的原価低減手法(7):
原価低減に欠かせない科学的アプローチを学ぶ【前編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、今回からは「原価低減推進のために必要な科学的アプローチの手法」についてお伝えしています。今回は主に「三現主義」と「PDCAサイクル」について解説します。(2015/6/3)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(6):
効果的な原価低減推進の考え方【後編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、3回にわたり「効果的な原価低減推進の考え方」についてお伝えしています。後編となる今回は「動作改善の3原則」について解説します。(2015/4/13)

製造マネジメントニュース:
設計と製造をつなぎ込め! 図研とB-EN-Gの新合弁会社「ダイバーシンク」が始動へ
図研と東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は、新たに合弁会社「ダイバーシンク」を設立した。(2015/2/12)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(5):
効果的な原価低減推進の考え方【中編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、前回から3回にわたり「効果的な原価低減推進の考え方」についてお伝えしています。今回は「動作経済の原則」と「小ロット生産」の話を中心に説明します。(2015/1/28)

5000のSQLをわずか二人×1.5カ月で検証!:
PR:【事例】阪急交通社、オラクルテクノロジを活用して大規模基幹DBの短期アップグレードと分析処理性能の大幅向上を実現
阪急交通社は先ごろ、大規模基幹システムのインフラ更改を7カ月という短期間で完了させた。約5000のSQLを1.5カ月で全量検証、業務ダウンタイムを最短化したデータベース移行、データ分析処理性能の大幅向上を可能にしたのは、オラクルの最新データベーステクノロジであった。[パフォーマンス改善][高可用性/災害対策][Oracle Data Integration](2015/1/15)

製造マネジメントニュース:
東洋ビジネスエンジニアリングが、野村総研、図研と資本業務提携
東洋ビジネスエンジニアリングは、野村総研および図研と資本業務提携を行うことを発表した。(2014/12/19)

いまさら聞けない原価管理入門(6):
「ギリギリを攻める」の“ギリギリ”って何? ――限界利益について
「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説する本連載。最終回となる今回は、もうかるかもうからないかのギリギリの境界線となる「限界利益」について、解説します。(2014/12/1)

損益を加えた$CMに進化するSCM(2):
経営と現場の連携を模索するプロセス系製造業、目指す“小回り”を実現できるか
「製造現場において損益の“見える化”を実現する価値」について紹介する本連載。前回は組み立て加工業の事例を紹介しましたが、2回目となる今回はプロセス産業の事例を紹介します。(2014/11/20)

ホワイトペーパー:
製造業の要は在庫管理と原価管理。20%の売上げ増も実現したERP導入事例
現在、多様化するニーズに対応するため多くの製造業では多品種小ロットの生産が要求される。的確な経営判断にはデータの可視化とリアルタイム取得が必須である。成長する製造業3社の事例を紹介する。(2014/11/7)

いまさら聞けない原価管理入門(5):
実は分かっていない!? あらためて「時間」について考えてみる
「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説する本連載。第5回では、意外に管理が難しい「時間」について、解説します。(2014/10/28)

ユーザー企業導入事例:
神東塗料がBIツールを導入、600種類の帳票をペーパーレス化
神東塗料がホスト基幹システム刷新にともない、BIツールを導入。データ活用のための基盤を構築し、600種類の帳票のペーパーレス化と業績管理の効率化を実現した。(2014/10/23)

いまさら聞けない原価管理入門(4):
モノづくりの怪人ファントム!? 「見えないQコスト」とは?
「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説する本連載。4回目は「Qコスト(品質コスト)」についてどう捉えるべきか、解説します。(2014/9/18)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(4):
効果的な原価低減推進の考え方【前編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、今回から3回にわたり「効果的な原価低減推進の考え方」についてお伝えします。(2014/9/10)

製造IT導入事例:
ローランドDGタイ工場がB-EN-Gの会計・原価管理システムを導入
業務プロセスの標準化とオペレーションの早期立ち上げのため、パッケージ製品をベースとしたシステム開発の手法を採用。A.S.I.A.GP会計システムを約3カ月で短期導入した。(2014/8/29)

Oracle Database Applianceを採用して得たメリットとは?:
PR:東栄住宅の生産管理システムの統合データベース基盤選定
社内に散在する基幹データベースを、性能や拡張性、業務生産性の向上、コスト削減などを目的に高性能なデータベース基盤へと集約する企業が増えている。首都圏を中心に戸建分譲事業を営む東栄住宅も、その1社だ。同社は生産管理システムのデータベース群を集約する基盤として、オラクルの「Oracle Database Appliance」を選んだ。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2014/8/11)

いまさら聞けない原価管理入門(3):
あの波乱の演出者!? サッカーボールで“製品原価算出の流れ”を考えてみる
「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説する本連載。3回目はサッカーボールを例として、「製品原価算出の流れ」を解説します。(2014/7/14)

製造ITニュース:
NTTデータGSLなど4社、自動車部品サプライヤー向けSAPソリューションを提供開始
NTTデータグローバルソリューションズ、東洋ビジネスエンジニアリング、シスコシステムズ、SAPジャパンの4社は、海外事業の拡大を目指す国内自動車部品サプライヤー向けのSAPアプリケーションの導入ソリューションを順次提供開始すると発表した。海外の完成車メーカーと取引する上でのノウハウや習慣をシステム化しているという。(2014/7/14)

いまさら聞けない原価管理入門(2):
原価で飲める原価バー!? ところで「原価」って何なの?
「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説する本連載。2回目はさまざまなものが存在する「原価の種類」について解説します。(2014/6/10)

DMS2014開催直前! ブース出展情報:
“日本発グローバル化”に最適な生産管理を訴えるB-EN-G
B-EN-Gは、「第25回 設計・製造ソリューション展」において、主力の製造業向けERP「MCFrame」を「原点回帰」(同社)として前面に押し出す。日本の製造業に合った生産管理の価値を訴えていく方針だ。加えて、スマートデバイスやモーションデバイス、音声認識との連携など、将来の生産現場の姿なども発信する。(2014/6/6)

20周年を迎える純国産 生産管理システム:
PR:日系製造業と歩み続けたから分かる“かゆい所に手が届く”生産管理のポイントとは
国内中堅製造業を中心に、世界610サイトでの利用実績を誇るリード・レックスの生産管理システム「R-PiCS」。日本の製造現場の声を取り込み続け、標準機能で各社の多様なニーズに応えることのできるこのパッケージについて、代表取締役社長の市川国昭氏に話を聞いた。(2014/5/19)

いまさら聞けない原価管理入門(1):
利益いろいろ、基本は“海老ただ”? =“EBITDA”って何?
グローバル化する製造業にとって「原価管理」の重要性は今まで以上に高まっています。しかし、原価管理をうまく運用するのに苦しむ企業も少なくありません。そこで本連載では「いまさら聞けない原価管理」として、原価管理の基礎を分かりやすく解説していきます。第1回は、経営指標として最も重要な「利益」について、説明します。(2014/5/7)

経営課題とIT投資では「売上向上」も論点に――IDC
IDCがユーザー企業を対象に実施した調査では人材育成や販売/営業プロセスの強化、新規顧客の獲得などを挙げる回答率が高くなった。(2014/4/8)

製造IT導入事例:
日立システムズのクラウドに構築した製造業向けERP、電線メーカー タイ法人が導入
TC Asia Pacific Holdingsのタイでの生産子会社が、日立システムズのクラウド基盤上に構築された製造業向けERPパッケージ「Infor SyteLine」を導入。2014年6月から稼働させる。(2014/3/21)

実践! IE:磐石モノづくりの革新的原価低減手法(1):
革新的原価低減に必要な“ものの見方と考え方”〔前編〕
モノづくりの経営改善手法であるIE(Industrial Engineering)の実践的な方法についてご紹介する「実践! IE」シリーズですが、今回は「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」をテーマに、革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説していきます。第1回はまずこの取り組みに必要な“ものの見方と考え方”について紹介します。(2014/3/5)

導入事例:
リコーの営業スタイルを変えた“現場流”iPad活用術とは?
新任の営業部員が複雑な顧客ニーズを的確にくみ取るのは難しい。リコージャパン栃木支社はiPadと販促ツールの組み合わせで営業スタイルを変え、この問題を解消したという。(2014/2/28)

製造マネジメントニュース:
田植え作業を“カイゼン”!? 農業に生きる製造業ノウハウ――富士通
富士通は農業向け基幹システム“Akisai”や、同社の植物工場、施設園芸への取り組みを総括。農作業の“見える化”などにより、農業経営を支援していく方針を示した。(2014/1/22)

製造ITニュース:
B-EN-G、MCFrameの海外版とクラウド版を提供――海外拠点の早期立ち上げを支援
B-EN-Gは、海外拠点向けのERPパッケージ「MCFrame CS Start-Up Edition」を発売する。海外拠点の早期立ち上げをシステム面からサポートする。(2013/12/19)

導入事例:
新日鉄住金化学、グループ会社共通の業務基盤システムを構築
グループ会社4社の共通基盤システムを構築し、業務情報の一元化と可視化によってワークスタイルの変革を目指す。(2013/12/18)

病院経営支援システム紹介:メディカル・データ・ビジョン
病院経営の改善を詳細な原価管理で支援する分析システム「Medical Code」
DPC制度によって1日当たりの診療点数が定額になったことで、病院の原価管理への意識が変化した。メディカル・データ・ビジョンの「Medical Code」は、詳細な原価管理機能で病院の経営状態の可視化や課題抽出、改善策の立案/実施を支援する。(2013/11/22)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。