ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Chrome 8」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Chrome 8」に関する情報が集まったページです。

“人力”OCRの名刺管理サービス「Eight」が正式公開、三三が無料で提供
三三は2月28日、無料の名刺管理サービス「Eight」を公開した。iPhoneで撮影した名刺データを同社が手作業でテキスト化するため、通常のOCRよりも精度が高いのが特徴。(2012/2/28)

連載:人気順に説明する初めてのHTML5開発:
ブラウザでストレージ? Web Storageを使いこなそう
容量制限やセキュリティの課題があった、従来のクッキーはもう古い。今すぐ実用できる「Web Storage」を活用しよう。(2011/8/12)

PDFをHTML5でレンダリングするプラグイン不要の「pdf.js」をMozillaが発表
「pdf.js」はHTML5とJavaScriptで構築するオープンソースのPDFレンダリングツール。MozillaはFirefoxに近い将来このツールを組み込む計画だ。(2011/6/17)

Microsoft、Google Chrome向けH.264動画再生プラグインをリリース
Googleから「検索データを流用した」と非難されたMicrosoftが、Googleが推進するWebビデオの取り組みに逆行する動きに出た。(2011/2/3)

Google、ChromeブラウザとChrome OSのアップデートを公開
アップデート版では16件の脆弱性を修正し、最も深刻な脆弱性の発見者に報奨金の最高額となる3133.7ドルが贈られた。(2011/1/14)

Google、Chromeブラウザの企業採用を促進するツールをリリース
Googleが、企業の管理者向けにGoogle ChromeのMSIインストーラをリリースした。オンラインオフィススイートに続いてWebブラウザでも企業による採用拡大を狙っている。(2010/12/16)

Google、ChromeブラウザとOSの更新版をリリース
安定版およびβ版の「Chrome 8.0.552.224」と「Chrome OS 8.0.552.343」では5件の脆弱性を修正した。(2010/12/14)

Chrome OS搭載Netbook初披露?:
Google、Chrome関連イベントを12月7日に開催
Googleがメディア向けにChrome関連イベントの招待状を送っている。Chrome OS搭載NetbookとアプリストアChrome Web Storeの立ち上げの発表が行われるとみられている。(2010/12/6)

PDFを統合したGoogle Chrome 8が安定版に――開発者版はセキュリティ強化
Webブラウザの更新版「Google Chrome 」8では深刻な脆弱性が多数解決された。開発者向けのバージョンではFlash Playerのサンドボックス化も実現した。(2010/12/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。