ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブラウザ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

World Wide Web(WWW)上で、HTMLによって作成されたWebページを表示するためのソフトウェア。代表的なものとして、Internet Explorer、Netscape Navigator、Mozilla、FireFox、Operaなどがある。
Webブラウザ − @ITネットワーク用語事典

-こちらもご覧ください-
質問!ブラウザ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でブラウザ関連の質問をチェック

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeで素早くキャッシュをクリアしてページを正しく表示させる
ブラウザでWebページが正しく表示されない原因の一つに、ブラウザのキャッシュが悪影響を及ぼしていることが挙げられます。そのキャッシュを素早く消去しつつページを再読み込みしてトラブルを解消する方法を紹介します。(2018/11/14)

ロックマン、レッドブルとコラボで翼をさずかる E缶ならぬ「R缶」も登場
ブラウザで遊べる無料ゲームを公開中。(2018/11/9)

AI検知エンジン搭載 BBソフトが「詐欺ウォール」新バージョンをリリース
BBソフトサービスは、新たにAI検知エンジンを搭載した「詐欺ウォール/Internet SagiWall」をリリース。専門家による解析を機械学習で自動化し、変化のスピードが速いネット詐欺手口にも対応する。また、主要SNSのアプリ内ブラウザや標準ブラウザからのアクセスでも詐欺サイトを検知・ブロックをサポートする。(2018/11/7)

“履歴スニッフィング”攻撃の最新版:
米セキュリティ研究者、Webブラウザの履歴を不正に収集する手法を発見
カリフォルニア大学サンディエゴ校とスタンフォード大学のセキュリティ研究者が、Webブラウザの履歴を収集する不正な手法を4つ発見した。ユーザーがあるWebサイトを訪問したかどうかを高速に判定することで、結果的に履歴が漏れてしまう。(2018/11/6)

Facebookの8万件以上の個人データをブラウザの拡張機能経由で盗んで販売──BBC報道
「1億2000万人分のFacebookユーザーデータを販売する」という投稿が9月にあるフォーラムにあり、BBCが確認した範囲では本物だった。Facebookは、原因はWebブラウザの拡張機能にあると説明した。(2018/11/4)

Google、Webブラウザで「doc.new」と入力するだけで新規ドキュメント作成可能に
Googleが保有するgTLD「.new」をユニークな方法で活用し、「doc.new」や「sheet.new」でGoogleドキュメントの新規ファイルを開けるようにした。(2018/10/28)

トレンドマイクロ、一部のMacアプリで「ブラウザ履歴の収集」明示なし
トレンドマイクロのMac向けアプリが、Apple Storeで非公開の状態になっている。一部アプリが、ユーザーのブラウザ履歴を収集していることを明示していない期間があったという。(2018/10/25)

「Firefox 63」公開 トラッキングの防止機能追加、危険度最高を含む15件の脆弱性に対処
MozillaがWebブラウザ「Firefox 63」をリリースした。予告通り、Webサイトのトラッキングを防止する機能を追加。有効にすると動画広告などが表示されなくなる。(2018/10/24)

ヤフー、Androidスマホで指紋認証によるログインが可能に
ヤフーは、AndroidスマートフォンのWebブラウザで指紋認証などの生体認証を使用したヤフーサービスへのログインが可能になったと発表。事前に登録したデバイスからのみ生体認証が利用できる仕組みを採用し、現時点ではAndroid 7.0以上かつChrome70以上が対象となる。(2018/10/23)

Tech TIPS:
Microsoft Edgeに保存されているWebサイトのIDとパスワードの情報を確認する
パスワードを忘れても大丈夫? 実はWebブラウザに保存されているパスワードは簡単に確認できる。Microsoft Edgeで保存したパスワードを管理する方法を紹介する。(2018/10/22)

「Chrome 70」のデスクトップ版でピクチャーインピクチャーが可能に
デスクトップ版「Chrome」ブラウザのバージョン70がピクチャーインピクチャーをサポートした。まずはYouTubeの動画をフローティングウィンドウとして表示しながら他の操作ができるようになった。(2018/10/21)

「Chrome 70」安定版、ログイン必須解除などの新機能
GoogleのWebブラウザ「Chrome」がバージョン70になり、バージョン69で追加されて不評だったGoogleサービスへのログインとChromeへのログインの自動連携の解除や、HTTPページへの個人情報入力への警告機能追加などが行われた。(2018/10/17)

大手4社のWebブラウザ、2020年にTLS 1.0と1.1を無効化
EdgeとInternet Explorer(IE)11、Safari、Firefox、Chromeで、2020年にTLS 1.0とTLS 1.1が無効化される。(2018/10/16)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第600話 IT母さん2
えっ、インターネットでエッチなサイトなんか見るなって? ブラウザにはシークレットモードがあるんだよなー。(2018/10/16)

有料サービスで「申し訳なかった」 「ヤフオク!」が出品無料化に踏み切った理由
ヤフーが、有料会員でなくてもPCブラウザやスマホブラウザから「ヤフオク!」でオークション出品できるようにする。長い間有料会員向けサービスだったヤフオク!が、無料化に踏み切った理由を聞いた。(2018/10/12)

イノベーションのレシピ:
IoT製品でこれまでと違う方向性へ、キングジムの「ニッチ戦略」
キングジムは2018年10月10日、スマートプログラムアラーム「リンクタイム LT10」を発表した。販売価格は1万3200円(税別)、販売開始は同年10月26日。同製品はスマートフォン(アプリ)やPC(Webブラウザ)から遠隔にある時計に指示を送りアラームなどの設定が簡単に可能だ。(2018/10/11)

「iPhone XS Max」の大画面に特にお勧め──「Opera Touch」ブラウザのiOS版登場
Opera Softwareが、大画面の新「iPhone」登場に合わせ、モバイルブラウザ「Opera Touch」のiOS版をリリースした。片手でも操作できる機能が特徴だ。Android版は4月に公開済み。(2018/10/3)

Googleがゲームストリーミング技術 「アサクリ」新作でテスト
プレイヤーはPCのChromeブラウザで「アサシン クリード オデッセイ」をプレイできます。(2018/10/2)

Chromeブラウザで「アサシンクリードオデッセイ」をプレイ──Googleが「Project Stream」のテストで
Web高速化を目指すGoogleが、ゲームメーカーUbisoftと提携し、10月5日発売の「アサシンクリードオデッセイ」をPCのChromeブラウザでプレイする実験を米国のプレーヤー対象に実施する。(2018/10/2)

初の認定製品公表:
相互運用性と堅牢さをうたう認証標準「FIDO2」、認証済みブラウザと機器をFIDO Allianceが公開
FIDO Allianceは認証仕様「FIDO2」に対応したWebブラウザと認定製品を発表した。FIDO2は、従来のパスワード入力によるユーザー認証に代わる認証方法を定めた仕様。2段階認証や多要素認証も可能にする。(2018/9/28)

エンタープライズデスクトップ市場が変わる
Chromebookというもう1つの選択肢 iPhone世代がブラウザベースのOSを支持する理由
Webで育ってAndroidやiOSデバイスに育まれた世代にWindowsは最適な選択肢といえるのだろうか。代替案としてのChromebookについて考える。(2018/9/22)

VRブラウザ「Firefox Reality」、Vive、Oculus、Daydream向けに公開
MozillaがVR HMD向けWebブラウザ「Firefox Reality」のバージョン1.0をリリースした。Vive、Oculus、Daydreamのそれぞれスタンドアロンヘッドセットで利用可能だ。音声検索機能搭載。(2018/9/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Edge以外のブラウザ導入時に警告」 Windows 10プレビュー版の新機能に反発、削除へ
Microsoftは強引にEdge移行策を進めようとしたのか――Windows 10開発プレビュー版のとある新機能にユーザーと競合他社が相次いで反発し、同機能を削除したことが話題となっている。(2018/9/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Internet Explorerは意外にしぶとい Windowsデフォルトブラウザの功罪
Windows 10のデフォルトブラウザといえば「Microsoft Edge」だが、ユーザーのWindows 7からWindows 10への移行が進んでも、Edgeのシェアはそれほど伸びていない。それどころか、IEのシェアが復活しているというデータも一部にみられる。何が起きているのだろうか。(2018/9/15)

Trend MicroのアプリもApp Storeから削除、ブラウザ履歴抽出の指摘受け
Trend Microのアカウントで提供されていたDr. AntivirusとDr. Cleanerなどのアプリについて、ユーザーの閲覧履歴が抽出されているという情報が浮上した。(2018/9/11)

ブラウザの閲覧履歴を密かに中国に送信、不正アプリがMac App Storeから削除
Mac App Storeで提供されていた「Adware Doctor」を調べたところ、主要ブラウザの閲覧履歴などの情報が中国のサーバへ送信されていたことが分かったという。(2018/9/10)

ヤフーの地図サービスに北海道の「給水所」検索機能が追加 Yahoo!検索からも対応
「Yahoo! MAP」アプリとブラウザ版「Yahoo!地図」から給水所の検索が可能に。(2018/9/8)

手書きのUIスケッチが瞬時にWebコンテンツに MSの技術が魔法のよう
アイデアをすぐにブラウザ上で試せます。(2018/9/7)

「Chrome 69」安定版、10周年でパスワード自動生成など多数の新機能
GoogleがWebブラウザ「Chrome 69」の安定版をリリースした。10周年を記念して、デザイン変更やパスワード関連の新機能などが盛り込まれ、セキュリティ関連では40件の脆弱性を修正した。(2018/9/5)

Mozilla、「Firefox 63」から重いトラッキングを初期設定でブロックする計画
Webブラウザ「Firefox」のバージョン63(10月23日リリース予定)から、ページ読み込みを遅くするトラッキングのブロックを初期設定で有効にするとMozillaが発表した。(2018/8/31)

「TLS 1.3」正式リリース、Firefoxなど主要ブラウザが対応
FirefoxやGoogle ChromeなどのWebブラウザは、既にTLS 1.3のドラフト版に対応しており、Mozillaは10月にリリースされる「Firefox 63」で、今回公開された正式版に対応予定。(2018/8/14)

Chromeブラウザ、「Daydream View」および「Mirage Solo」で利用可能に
Googleが、Webブラウザの「Chrome」をVRプラットフォーム「Daydream」に対応させた。「Daydream View」とLenovoのスタンドアロンヘッドセット「Mirage Solo」で利用できる。(2018/7/31)

YouTube、デスクトップでの縦長や4:3など非標準アスペクト比の動画表示を改善
YouTubeが、PCのWebブラウザでの動画表示で、これまで上下や左右に黒い帯を入れて表示していた16:9以外のアスペクト比の動画の表示を改善した。(2018/7/30)

エンドポイントセキュリティ見直しの契機に
ChromeやFirefoxの「危険なアドオン」とは? 脅威と対策を解説
無数に存在するWebブラウザのアドオンの中には、セキュリティ上の脅威を含む「悪意あるアドオン」も潜んでいる。実害につなげないための対策を紹介する。(2018/7/30)

クリプトジャッキングの抑止につながるか
GoogleがChromeでの「クリプトマイニング」を全面禁止 その理由は?
GoogleはWebブラウザ「Chrome」向け拡張機能で、仮想通貨を採掘する「クリプトマイニング」の全面的な禁止に踏み切った。禁止措置の目的とは何か。(2018/7/25)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(28):
“割り当てられたアクセス”で使えるMicrosoft純正ブラウザ「Kiosk Browser」とは
2018年5月15日、Microsoft Storeに「Kiosk Browser」というMicrosoft製アプリが登場しました。Windows 10 Fall Creators Update以降で利用できる、機能が限定されたシンプルなWebブラウザアプリですが、Windows 10 April 2018 Updateと組み合わせると、完全に制限されたWebブラウジング専用環境を簡単に実現できます。(2018/7/23)

Opera、仮想通貨ウォレット搭載のAndroid版Webブラウザ β版を公開
Opera Softwareが、仮想通貨ウォレット機能を組み込んだAndroid版のWebブラウザを発表した。仮想通貨の送金や受け取り、オンラインショップでの支払いなどに対応する。(2018/7/12)

YouTubeのAndroidアプリに履歴を残さない「シークレットモード」
Android版YouTubeアプリで、GoogleのChromeブラウザにあるような「シークレットモード」が使えるようになった。有効にすると、閲覧や検索の履歴が残らない。(2018/7/11)

Microsoft、7月の月例セキュリティ更新プログラムを公開
WebブラウザのMicrosoft EdgeやスクリプティングエンジンのChakraには、リモートで任意のコードを実行される恐れのある深刻な脆弱性が多数存在している。(2018/7/11)

ExcelでまとめたQ&Aから“FAQチャットbot”を作成 自動学習で精度向上――L is Bが「AI-FAQボット」を提供開始
L is Bが、ExcelでFAQデータを管理できるFAQソリューション「AI-FAQボット」を提供開始。ExcelでまとめたQ&Aを基に、Webブラウザから利用できるAIチャットbotを作成できる。未登録の質問があっても、AIが自動的に解釈・学習し、FAQデータに反映する。(2018/7/10)

PDFに重ねて書ける、Windows向けメモアプリ「AxelaNote」 ブラウザやテキストエディタにも順次対応
PDFを一切改変せず、書類上にメモを書き込める――こんなWindows向けアプリ「AxelaNote」を、首都大学東京発のベンチャー企業トランスレコグ(東京都港区)が開発・公開した。(2018/6/18)

プログラミングの知識がなくてもVR作品が作れる:
Webブラウザで簡単にVR作品が作れる――レベルエンターがVRプログラミングサービス「BLOCK VROCK」提供開始
レベルエンターは、ブロックの組み合わせで簡単にVRプログラミングができる「BLOCK VROCK」の提供を開始した。VR作品をSNSで他人と共有したり、VR作品をWebページとして利用したりできる。(2018/6/13)

「LINE」Web版で他人のタイムライン表示される可能性 CDNの設定ミス、修正済み
LINEはこのほど、「LINE」のWebブラウザ版「タイムライン」機能で、他のユーザーのタイムラインが一時的に表示される可能性がある不具合があったと明らかにした。既に修正済みという。(2018/6/7)

音声で飲食店予約できるサービス、ぐるなびが開始 「Googleアシスタント」活用
ぐるなびは、「Googleアシスタント」を使って音声検索で飲食店予約が完了する国内初のサービスを始めた。約30分後に入店できる飲食店を、Webブラウザや飲食店検索サイトを開くことなく音声で予約できる。(2018/6/6)

古いスマホやPCで順次「Yahoo! JAPAN」利用不能に 「TLS1.0/1.1」サポート終了で
Yahoo! Japanは6月1日から順次、「TLS1.0/1.1」のサポートを順次終了する。これに伴い、「TLS1.2」に対応していない古いWebブラウザやPC、スマートフォンなどから、Yahoo! JAPANの全サービスが利用できなくなる。(2018/6/1)

「AbemaTV」ブラウザ表示速度が3倍に
AbemaTVが、インターネットテレビ局「AbemaTV」のブラウザ視聴での表示速度を向上させる機能改善を行った。(2018/5/25)

Webブラウザをコンピュータに(後編)
WindowsをChrome OS系OSでリプレースするための現実解
Webブラウザベースアプリの増加はChrome OS系OSにとって追い風だが、Windowsネイティブアプリの存在がWindowsからの移行を阻害している。だが、その問題にも解決策はある。(2018/5/24)

Webブラウザをコンピュータに(後編):
WindowsをChrome OS系OSでリプレースするための現実解
Webブラウザベースアプリの増加はChrome OS系OSにとって追い風だが、Windowsネイティブアプリの存在がWindowsからの移行を阻害している。だが、その問題にも解決策はある。(2018/5/23)

Tech TIPS:
Microsoft Edgeで表示中のタブを素早く保存・復元する
再起動が必要な際などに、現在閲覧しているWebブラウザのタブの状態を保存しておきたい、ということはないだろうか。Microsoft Edgeならば、簡単にタブの状態を保存し、すぐに復元することが可能だ。その方法を紹介する。(2018/5/14)

Android端末に「Rowhammer攻撃」、ChromeやFirefoxに脆弱性
DRAMの設計上の弱点を突く「Rowhammer攻撃」を仕掛け、Webブラウザのセキュリティ対策をかわせてしまう脆弱性が発見された。(2018/5/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。