ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

ブラウザ に関する記事 ブラウザ に関する質問

「ブラウザ」最新記事一覧

World Wide Web(WWW)上で、HTMLによって作成されたWebページを表示するためのソフトウェア。代表的なものとして、Internet Explorer、Netscape Navigator、Mozilla、FireFox、Operaなどがある。
Webブラウザ − @ITネットワーク用語事典

-こちらもご覧ください-
質問!ブラウザ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でブラウザ関連の質問をチェック

Twitter、ライブ動画中継(保存も可能)アプリ「Periscope」公開
Twitterが、ツイキャスやMeerKatのようなライブ動画配信アプリ「Periscope」のiPhoneアプリを公開した。Androidアプリも開発中で、ライブはWebブラウザでも視聴できる。(2015/3/27)

サウナは週5回、本場仕込みです――Webブラウザ「Vivaldi」開発企業COO・冨田龍起さん
超多忙の「周りが放っておかない人」に、健康上気をつけていることをインタビューする本連載。今回は注目の新型Webブラウザ「Vivaldi」開発元のCOOである冨田龍起さんにお話を伺った。(2015/3/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
IEの終わりとSpartanの始まり――Windows 10のブラウザ世代交代が明確に
Windows 10には2つのWebブラウザが用意され、いずれも2つのレンダリングエンジンを搭載するという方針が変更になり、ブラウザとレンダリングエンジンの関係が明確になった。それは20年続いたIEの歴史がついに終わることを意味しているのかもしれない。(2015/3/26)

職場で役立つデジタル化レシピ:
“Adobe Readerなし”でできる、PDFへのテキスト記入方法
Webサービス「PDFescape」を使えば、既存のPDFにテキストを追加記入できる。Adobe ReaderがインストールされていないPCでもWebブラウザさえあれば利用でき、また図も貼り付けられるなど多機能だ。(2015/3/26)

Windows 10の2つのブラウザ、「Spartan」は新エンジンのみ、「IE 11」は旧エンジンのみに
Microsoftが、Windows 10のデフォルトWebブラウザ「Project Spartan」(コードネーム)とIE 11に、それぞれ新旧2種類のレンダリングエンジンを搭載させるという計画を変更し、2つのブラウザの役割をより明確にした。(2015/3/25)

Microsoft、新ブラウザ「Spartan」でAdobeと協力
Microsoftが、Windows 10に搭載する新Webブラウザ「Project Spartan」(コードネーム)で、WebKitなどオープンソースのブラウザエンジンのコントリビューターであるAdobe Systemからの貢献を受けると発表した。(2015/3/25)

Googleドメイン用に不正なデジタル証明書、主要ブラウザが失効措置
不正な証明書はコンテンツ偽装や通信に割り込む中間者攻撃などに利用される恐れがあるとされ、GoogleやMicrosoft、Mozillaは問題の証明書を失効させる措置を講じた。(2015/3/25)

4年前のAdobeパッチに起因する問題発覚、ブラウザやFlashに影響
2011年のパッチで対処したはずのFlex SDKコンパイラの脆弱性が実は完全には修正されておらず、最新版のWebブラウザやFlashプラグインがこの脆弱性の影響を受けることが分かったという。大手サイトにも影響が及ぶ。(2015/3/24)

公安調査庁が無料ゲーム公開 「諜報機関員」の仕事をブラウザで体験
諜報機関員ってどんな仕事?(2015/3/24)

YouTubeの自動再生がデフォルトに(無効化可能)
YouTubeの動画をWebブラウザで再生すると、その動画に関連する別の動画が自動的に続けて再生されるようになった。この機能はオプトアウトできる。(2015/3/23)

ハッキングコンペ2日目、全主要ブラウザが破られる
ハッキングコンペ「Pwn2Own 2015」2日目は挑戦者が全主要ブラウザのハッキングに成功。Firefoxは同大会で報告された脆弱性を修正するセキュリティアップデートを公開した。(2015/3/23)

Enterprise IT Kaleidoscope:
IEが消える? IT管理者を悩ますWindows 10の「Spartan」ブラウザ
業務アプリケーションに関する問題の1つがWebブラウザへの対応だ。Internet Explorerだけでも旧バージョンをいつまでサポートすべきか悩ましいが、Windows 10に搭載されるSpartanは、IT管理者に新たな対応を要求することになるかもしれない。(2015/3/23)

Apple、OS X向けSafariをアップデート――WebKitに関する問題に対応
AppleがOS X向けWebブラウザ「Safari」の最新版を公開。WebKitに関する深刻な脆弱(ぜいじゃく)性を修正した。(2015/3/19)

専ブラでも広告表示、datを廃止 新仕様の2ちゃんねる対応の専用ブラウザ発表
専ブラでの広告除去には、有料会員サービス「2ちゃんねるプレミアム Ronin」を利用する必要があります。(2015/3/13)

セキュリティを高めたWebブラウザ/メールアプリを紹介
iPhone/iPad使いの“秘密主義者”必携、「匿名ブラウザ」「暗号化メール」のお勧めは?
Webでの行動ぐらい秘密のベールに包みたいと考える人も少なくないだろう。そんな人にお勧めの匿名性を高めた「iPhone」「iPad」用Webブラウザとメールアプリを紹介する。(2015/3/7)

Mozilla、Firefoxに証明書失効の新しい仕組みを導入
新機能の「OneCRL」では、失効した証明書のリストを中央で管理してブラウザにプッシュ配信することで、失効状態チェックの迅速化を図る。(2015/3/5)

「Google Chrome 41」安定版リリース 「最高」13件を含む多数の脆弱性に対処
Googleが、Webブラウザ「Chrome」のバージョン41をWindows、Mac、Linux向けに公開した。一般向けの新機能は特にないが、「最高」13件を含む51件のセキュリティ問題が修正された。また、「Chrome OS」も同じバージョンにアップデートされた。(2015/3/4)

米輸出規制に起因するTLS/SSLの脆弱性「FREAK」が発覚
1990年代の米暗号輸出規制に起因する脆弱性が残ったまま現在に至っていたことが判明した。AndroidブラウザやSafariに影響するとみられている。(2015/3/4)

脱初心者!スマホの使いこなし講座 第4回:
AndroidならChrome以外のブラウザも使ってみよう!
個性的なブラウザを楽しめるのもAndroidならでは。今回はChrome以外のAndroid用Webブラウザをご紹介します。(2015/2/24)

Lenovo、不正ソフトの削除ツール公開 他のアプリに影響も
US-CERTによると、LenovoのノートPCにプリインストールされていたSuperfishには重大な脆弱性があり、暗号化されたWebブラウザのHTTPS通信をリモートの攻撃者に読まれたり、Webサイトを偽装されたりする恐れがある。(2015/2/23)

iPhone向け2chブラウザ「BB2C」が2ch新仕様に対応
iPhone用ブラウザの定番「BB2C」が3月以降の2ch新仕様に対応。今後も利用できる見通しになった。(2015/2/20)

ボイジャー、ブラウザビューワ「BinB」を台湾出版社運営のプロモサイトに提供
提供を受けた青文出版社のデジタルコミックプロモーションサイト「無限誌」では、中国語版『コロコロコミック』などの配信を開始している。(2015/2/20)

Google、「Inbox」をiPad/Androidタブレット/Firefox/Safari対応に
Gmailチームが招待制で提供している新発想のメールアプリ「Inbox」が、米AppleのiPadとSafariブラウザ、MozillaのFirefox、Androidタブレットに対応した。Internet Explorerではまだ使えない。(2015/2/20)

Androidに問題、Google Playと標準ブラウザの脆弱性悪用で
Google Playストアの脆弱性とAndroid標準ブラウザの脆弱性を突く攻撃の組み合わせによって、攻撃者がリモートから不正なアプリをインストールして起動できてしまう恐れがある。(2015/2/12)

VBA/マクロ便利Tips:
「その他のコントロール」の追加&Excelフォーム上でWebブラウザーを開く方法
業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、「その他のコントロール」を追加する方法に加えて、WebBrowserコントロールの追加の仕方と、URLを開くNavigateメソッドの使い方を解説します。(2015/2/6)

脱初心者!スマホの使いこなし講座 第3回:
Android版Chromeをより便利に! 覚えておきたい5つのTips
Android用ブラウザとしてポピュラーな「Chrome」。今回はChromeを活用する上で欠かせない、便利な5つのTipsをご紹介します。(2015/2/4)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の新ブラウザ「Project Spartan」とは何か?
今年後半に発売される予定のWindows 10で大きなトピックの1つが、新Webブラウザ「Project Spartan」(開発コード名)の存在だ。Internet Explorerとともに搭載されるという、この新ブラウザとはどのようなものなのだろうか?(2015/2/4)

Opera創業者、パワーユーザー向けブラウザ「Vivaldi」発表
Operaの名物CEOだったヨン・フォン・テッツナー氏が、Operaブラウザが「かつてわれわれが愛したOperaではなくなった」として、シンプルながら高機能、高速なWebブラウザを目指す「Vivaldi」のテクニカルプレビュー版を公開した。日本語化もされている。(2015/1/28)

Operaの元CEOが新ブラウザ「Vivaldi」を発表 テクニカルプレビューを公開中
シンプルでカッコいいぞ!(2015/1/28)

より使いやすくなった「Sleipnir Mobile for Android 3.1」リリース
フェンリルが、Android向けWebブラウザ「Sleipnir Mobile for Android」の最新バージョン 3.1をリリース。カスタムボタン/パネルに任意の長押しアクションが設定できるなど、より利便性が向上した。(2015/1/26)

Google、古いAndroid向けWebViewパッチ打ち切りについて説明
GoogleがWebブラウザのWebViewの脆弱性修正パッチについて、Android 4.3(コードネーム:Jelly Bean)以前については提供しないことを正式に認めた。該当するOS搭載端末ユーザーは、「ブラウザ」ではなくChromeやFirefoxをダウンロードして使うことでリスクを回避できるとしている。(2015/1/26)

脱初心者!スマホの使いこなし講座 第2回:
「Safari」以外のiPhone用ブラウザを使ってみよう
iPhoneは「Safari」意外にも便利な機能を持ったブラウザを利用できます。数多くあるiPhone用ブラウザの中から、特徴的なものを3つご紹介しましょう。(2015/1/23)

Internet Explorer、Windows 10でも利用可能に(Spartanと併存)
Microsoftは、年内にリリースする「Windows 10」のメインブラウザは新しいレンダリングエンジンを搭載する「Project Spartan」(コードネーム)になるが、企業のレガシーなイントラネットサービスなどをサポートするために、Internet Explorer(IE)もWindows 10で使えるようにすると発表した。(2015/1/23)

Cortanaが検索をアシスト:
Windows 10は新ブラウザ「Spartan」を採用――PC/スマートデバイス両対応
米Microsoftがうわさの新Webブラウザ「Project Spartan」(開発コード名)を発表。Webページへの書き込み機能、リーディングモード、Cortanaの統合といった特徴がある。(2015/1/22)

Microsoft、新ブラウザ「Spartan」(コードネーム)を正式発表
MicrosoftはWindows 10に搭載されるとうわさされていた新ブラウザ「Project Spartan」(コードネーム)を発表した。Windows Insider Programのメンバーは数カ月中に体験できるという。(2015/1/22)

iOS版「Chrome 40」、マテリアルデザインになり「Handoff」も
iOS版Chromeがバージョン40にアップデートされ、マテリアルデザインになった他、AppleのHandoffをサポートすることでiPhoneとMacのWebブラウザでタブを共有できるようになった。(2015/1/21)

Amazon、リフロー型和書にも対応したWindows向けアプリ「Kindle for PC」をリリース
ブラウザ上で使える「Kindle Cloud Reader」もあるが、リフロー型和書にも対応したこのアプリならさらに快適に使えるだろう。(2015/1/21)

Mobile Weekly Top10:
iPhoneブラウザの厳選裏技/“無制限”格安SIMの使い勝手をチェック
iPhoneでのブラウジングをさらに快適にする小技集と、通信容量“無制限”をうたう格安SIMサービスのレビュー記事が人気でした。(2015/1/20)

脱初心者!スマホの使いこなし講座 第1回:
iPhoneの「Safari」が便利になる小技集
iPhoneの標準ブラウザである「Safari」には便利な小技がたくさん備わっています。その中から、特に便利な9つをピックアップしました。(2015/1/16)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Internet Explorerは廃止されるのか?――ウワサから考えるWindows 10の姿
次期OS「Windows 10」では、Internet Explorerと違う新開発のブラウザが搭載されるとウワサになっている。Microsoftは長年築き上げたIEをどうするつもりなのだろうか。(2015/1/16)

Microsoftの新ブラウザ「Spartan」にスタイラスでの注釈機能?
昨年末に浮上したWindows 10の新Webブラウザ「Spartan」にはWebページにスタイラスで注釈を付けてOneDriveで共有する機能や、パーソナルアシスタント「Cortana」の統合、タブのグループ化機能などが搭載されるとThe Vergeが報じた。(2015/1/9)

MS-DOSのゲーム約2400本がブラウザでプレイ可能に 海外サイト「InternetArchive」が公開
著作権的には「フェアユース」の観点で運営。(2015/1/7)

「Google Cast for audio」──ストリーミングサービスの音楽を直接スピーカーに
Googleが、Chromecastの技術を利用した音楽を対応スピーカーにキャストするサービス「Google Cast for audio」を発表した。ソニーやデノン、LG Electronicsがスピーカーで対応し、PANDORAやTuneInなどの音楽ストリーミングサービスがアプリで対応する。Chromecast同様、AndroidだけでなくiOSやChromeブラウザでも利用できる。(2015/1/6)

「Windows 10」には非IEの新Webブラウザ搭載か──ZDNet報道
Microsoftは来年1月21日に開催する「Windows 10」のイベントで、Internet Explorer(IE)とは別の新しいWebブラウザ(コードネーム:Spartan)を披露するとZDNetが報じた。(2014/12/30)

電子書店「コンテン堂」にブラウザビューワが導入、音付きコンテンツにも対応
ブラウザビューワとして特徴的なのは、音付きコンテンツに対応している点。(2014/12/25)

ホワイトペーパー:
知らないと危険? “危ないWeb”を安心して使うための手段とは
Webを狙ったサイバー攻撃は終息する気配がない。実害を発生させないためには、実現可能な対策を着実にしていくことが近道だ。ゲートウェイとWebブラウザの2つの観点から、有効な対策を解説する。(2014/12/25)

シャープ、電子書籍の法人向けソリューション事業を拡大
ブラウザビューワにより応用事業展開を加速させる考え。(2014/12/16)

Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング(12):
Scratchで家電を制御しよう!
Webブラウザだけでプログラム開発から実行まで行える「Scratch 2.0」を用い、センサーの接続や外部デバイスのコントロールに挑戦!今回はUSB連動タップの制御を通じて、家電の操作に挑戦します。(2014/12/15)

ちょっぴりムフフな麻雀ゲーム「スーチーパイ」がブラウザゲーム化! DMMゲームズで事前登録開始
“ムフフなご褒美シーン”も用意されているそうですよ!(2014/12/3)

「Yahoo!ニュース」は「スマホでも1番」 利用者2300万人 ニールセンの調査結果に反論
ニールセンのニュースアプリ調査で3位と伝えられた「Yahoo!ニュース」だが、同調査の数字には「Yahoo!JAPAN」アプリとWebブラウザからの利用者数が含まれていないとヤフーが説明している。(2014/12/2)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。