ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

ブラウザ に関する記事 ブラウザ に関する質問

「ブラウザ」最新記事一覧

World Wide Web(WWW)上で、HTMLによって作成されたWebページを表示するためのソフトウェア。代表的なものとして、Internet Explorer、Netscape Navigator、Mozilla、FireFox、Operaなどがある。
Webブラウザ − @ITネットワーク用語事典

-こちらもご覧ください-
質問!ブラウザ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でブラウザ関連の質問をチェック

「Internet Explorer」とはどこが違う?
Microsoftの新ブラウザ「Edge」を先取りレビュー、“最強ブラウザ”の片りんを見た
「Internet Explorer」の後継として開発が進められるWebブラウザ「Microsoft Edge」。その開発版を試用すると、荒削りながらも“特別な存在”となり得る可能性が感じ取れる。(2015/5/24)

Windows 10最新プレビュー版「Build 10122」を公開
Windows 10 Insider Preview「Build 10122」ではスタートメニューのレイアウト変更や新ブラウザ「Microsoft Edge」の強化などが行われている。(2015/5/21)

TLSに脆弱性「Logjam」発覚、主要ブラウザやメールサーバに影響
「FREAK」と同様、1990年代の米国の暗号輸出規制に起因する脆弱性が新たに発覚した。(2015/5/21)

”罠”の擬人化女子の衣裳を“罠”で大破してセクシーな姿に ブラウザ版「影牢」がカオスでけしからん仕様
トラバサミやバナナの皮をどう使ったら、衣裳が破けるんだよ!!(2015/5/16)

「Windows 10」のWebブラウザ「Edge」はActiveX非サポート、サンドボックス化
Microsoftが、次期OS「Windows 10」の標準Webブラウザ「Microsoft Edge(コードーネーム:Project Spartan)」ではAvtiveXやHBOなどの旧技術をサポートしないことなど、セキュリティについて説明した。(2015/5/14)

Enterprise IT Kaleidoscope:
ChromeやFirefoxも凌駕する? Microsoft Edgeブラウザの実力
これまで「Project Spartan」というコードネームで呼ばれたWindows 10の新ブラウザがついにベールを脱いだ。Microsoft EdgeとはいったどのようなWebブラウザなのだろうか。(2015/5/14)

spモードケータイ登場:
Android採用で「LINE」通話も可能な折りたたみFOMA「AQUOS ケータイ SH-06G」
「AQUOS ケータイ SH-06G」は、Androidを採用した次世代のドコモケータイ。スマホと同じ感覚で使用できるWebブラウザやLINEなどに対応した。キャリアメールはiモードメールではなく、ドコモメールを利用する。【写真追加】(2015/5/13)

「Firefox 38」の安定版リリース AdobeのDRM追加やルビ(ふりがな)対応
WebブラウザのFirefoxがバージョン38にアップデートされ、DRM付き動画再生を可能にするCDMをサポートした他、日本のユーザーからの要望が強かったルビの対応や、オプションのタブ化などが実施された。脆弱性の修正は「最高」5件を含む13件だ。(2015/5/13)

Google、悪質な“広告インジェクタ”の被害と対策を説明
Googleが、Chromeの拡張機能やアプリとしてWebブラウザに潜入し、迷惑広告を表示する“広告インジェクタ”に関係する企業や被害を受けた広告主、Webサービスについての調査結果を発表した。(2015/5/8)

Apple、OS X向けSafariをアップデート――セキュリティに関する問題を改善
AppleがOS X向けWebブラウザ「Safari」の最新版を公開。WebKitに関する脆弱(ぜいじゃく)性を修正した。(2015/5/7)

ブラウザ新機能はHTTPSサイトのみサポートへ、Mozillaが表明
新機能はセキュアなWebサイトにのみ提供し、セキュアでないWebサイトではブラウザの機能を段階的に利用できなくする、という方向性を打ち出した。(2015/5/7)

Microsoft Build 2015(Day 1)で発表されたことまとめ
新ブラウザの正式名称「Microsoft Edge」やHoloLensのデモの他、クロスプラットフォームの「.NET Core」やコードエディタ「Visual Studio Code」、Azure関連の新サービスなどが発表された。(2015/4/30)

パスワード使い回しに警告、Googleがブラウザ拡張に新機能
Googleアカウントでのパスワード使い回すと、「Gmailのパスワードをリセットしてください」という警告画面が表示される。(2015/4/30)

Microsoftの新Webブラウザ(コードネーム:Spartan)の名称は「Edge」に
「Project Spartan」と呼ばれていた「Windows 10」の標準Webブラウザの正式名称は「Microsoft Edge」になった。「消費と創造の接線(エッジ)」にあるブラウザだ。(2015/4/30)

「Spartan」は製品名にならず:
Windows 10の新ブラウザは「Microsoft Edge」が正式名称に
「Project Spartan」の開発コード名で呼ばれてきたWindows 10の新ブラウザは、正式名称が「Microsoft Edge」となった。(2015/4/30)

週末アップルPickUp!:
ちょっと便利! 進化したMac版「Safari」の新機能を試す
Apple Watchの影に隠れていますが、Webブラウザの「Safari」がアップデートで地味に進化しています。便利な小技をピックアップ!(2015/4/24)

Microsoft、「Spartan」ブラウザの脆弱性報告に報奨金を進呈
Spartanのリモートコード実行やサンドボックス迂回の脆弱性、設計レベルのセキュリティ問題について報告を促し、こうした脆弱性の発見者に重要度に応じた賞金を支払う。(2015/4/23)

「Google Chrome 42」安定版リリース プッシュ通知機能追加と45件の脆弱性対処
Googleが、Webブラウザ「Chrome」のバージョン42をWindows、Mac、Linux向けに公開した。一般向けの新機能としてはページを閉じても送られてくるプッシュ通知機能(無効化できる)が加わった。(2015/4/15)

Facebook、メッセンジャーの単体Webアプリ「Messenger.com」立ち上げ
Facebookが、デスクトップのWebブラウザで使えるメッセンジャーの単体Webアプリを立ち上げた。3月に発表したメッセンジャーのプラットフォーム化の一環だ。(2015/4/9)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の標準ブラウザ「Spartan」はどこまで使える?――最新プレビュー版で試す
Windows 10の新しい標準ブラウザとなる「Project Spartan」(開発コード名)が、ついにTechnical Previewに搭載された。現状でどこまで使えるのかチェックしていこう。(2015/4/7)

Microsoft、Webブラウザの「Do Not Track」をデフォルトで無効に
Microsoftが、IEおよびWindows 10の標準Webブラウザとなる「Spartan」では、追跡拒否機能「Do Not Track」をデフォルトで無効にする。「W3Cの標準に準じていないという誤解を排除するため」としている。(2015/4/6)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Microsoftの新ブラウザ「Spartan」(仮)を使ってみた
開発中のWindows 10の最新ビルドにいよいよ新ブラウザの「Spartan」(開発コードネーム)が搭載された。本稿ではSpartanのファーストインプレッションを紹介する。(2015/4/6)

DeNA、スマホ向け謎解きノベル『Lie 〜嘘と真実〜』をリリース
さっとアクセスすればすぐに楽しめるブラウザゲーム。ちょっとしたときに謎解きスマホドラマを楽しんでみては?(2015/4/2)

Google、AndroidアプリをChrome向けにする「ARC Welder」公開
タッチ対応ディスプレイ搭載Chrome端末が発表される中、GoogleがAndroidアプリをChrome OSあるいはChromeブラウザで使えるようにする「ARC Welder」を一般公開した。(2015/4/2)

「Firefox 37」の安定版リリース 証明書の失効確認機能「OneCRL」など追加
WebブラウザのFirefoxがバージョン37にアップデートされ、「最高」4件を含む脆弱性の修正やセキュリティ関連の機能強化、一般ユーザーが気軽にフィードバックできるようにするための新機能「Heartbeat」などが追加された。(2015/4/1)

ハイペースで更新:
Windows 10プレビューに新ブラウザ「Spartan」を初搭載
Windows 10 Technical Previewの最新版(Build 10049)が公開。Windows 10で標準Webブラウザとなる「Project Spartan」(開発コード名)がついに搭載された。(2015/3/31)

「Windows 10」のテクニカルプレビューに新Webブラウザ「Spartan」追加
「Windows 10 Technical Preview」のビルド10049がリリースされ、ついに新Webブラウザ「Project Spartan(コードネーム)」が登場した。(2015/3/31)

Twitter、ライブ動画中継(保存も可能)アプリ「Periscope」公開
Twitterが、ツイキャスやMeerKatのようなライブ動画配信アプリ「Periscope」のiPhoneアプリを公開した。Androidアプリも開発中で、ライブはWebブラウザでも視聴できる。(2015/3/27)

サウナは週5回、本場仕込みです――Webブラウザ「Vivaldi」開発企業COO・冨田龍起さん
超多忙の「周りが放っておかない人」に、健康上気をつけていることをインタビューする本連載。今回は注目の新型Webブラウザ「Vivaldi」開発元のCOOである冨田龍起さんにお話を伺った。(2015/3/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
IEの終わりとSpartanの始まり――Windows 10のブラウザ世代交代が明確に
Windows 10には2つのWebブラウザが用意され、いずれも2つのレンダリングエンジンを搭載するという方針が変更になり、ブラウザとレンダリングエンジンの関係が明確になった。それは20年続いたIEの歴史がついに終わることを意味しているのかもしれない。(2015/3/26)

職場で役立つデジタル化レシピ:
“Adobe Readerなし”でできる、PDFへのテキスト記入方法
Webサービス「PDFescape」を使えば、既存のPDFにテキストを追加記入できる。Adobe ReaderがインストールされていないPCでもWebブラウザさえあれば利用でき、また図も貼り付けられるなど多機能だ。(2015/3/26)

Windows 10の2つのブラウザ、「Spartan」は新エンジンのみ、「IE 11」は旧エンジンのみに
Microsoftが、Windows 10のデフォルトWebブラウザ「Project Spartan」(コードネーム)とIE 11に、それぞれ新旧2種類のレンダリングエンジンを搭載させるという計画を変更し、2つのブラウザの役割をより明確にした。(2015/3/25)

Microsoft、新ブラウザ「Spartan」でAdobeと協力
Microsoftが、Windows 10に搭載する新Webブラウザ「Project Spartan」(コードネーム)で、WebKitなどオープンソースのブラウザエンジンのコントリビューターであるAdobe Systemからの貢献を受けると発表した。(2015/3/25)

Googleドメイン用に不正なデジタル証明書、主要ブラウザが失効措置
不正な証明書はコンテンツ偽装や通信に割り込む中間者攻撃などに利用される恐れがあるとされ、GoogleやMicrosoft、Mozillaは問題の証明書を失効させる措置を講じた。(2015/3/25)

4年前のAdobeパッチに起因する問題発覚、ブラウザやFlashに影響
2011年のパッチで対処したはずのFlex SDKコンパイラの脆弱性が実は完全には修正されておらず、最新版のWebブラウザやFlashプラグインがこの脆弱性の影響を受けることが分かったという。大手サイトにも影響が及ぶ。(2015/3/24)

公安調査庁が無料ゲーム公開 「諜報機関員」の仕事をブラウザで体験
諜報機関員ってどんな仕事?(2015/3/24)

YouTubeの自動再生がデフォルトに(無効化可能)
YouTubeの動画をWebブラウザで再生すると、その動画に関連する別の動画が自動的に続けて再生されるようになった。この機能はオプトアウトできる。(2015/3/23)

ハッキングコンペ2日目、全主要ブラウザが破られる
ハッキングコンペ「Pwn2Own 2015」2日目は挑戦者が全主要ブラウザのハッキングに成功。Firefoxは同大会で報告された脆弱性を修正するセキュリティアップデートを公開した。(2015/3/23)

Enterprise IT Kaleidoscope:
IEが消える? IT管理者を悩ますWindows 10の「Spartan」ブラウザ
業務アプリケーションに関する問題の1つがWebブラウザへの対応だ。Internet Explorerだけでも旧バージョンをいつまでサポートすべきか悩ましいが、Windows 10に搭載されるSpartanは、IT管理者に新たな対応を要求することになるかもしれない。(2015/3/23)

Apple、OS X向けSafariをアップデート――WebKitに関する問題に対応
AppleがOS X向けWebブラウザ「Safari」の最新版を公開。WebKitに関する深刻な脆弱(ぜいじゃく)性を修正した。(2015/3/19)

専ブラでも広告表示、datを廃止 新仕様の2ちゃんねる対応の専用ブラウザ発表
専ブラでの広告除去には、有料会員サービス「2ちゃんねるプレミアム Ronin」を利用する必要があります。(2015/3/13)

セキュリティを高めたWebブラウザ/メールアプリを紹介
iPhone/iPad使いの“秘密主義者”必携、「匿名ブラウザ」「暗号化メール」のお勧めは?
Webでの行動ぐらい秘密のベールに包みたいと考える人も少なくないだろう。そんな人にお勧めの匿名性を高めた「iPhone」「iPad」用Webブラウザとメールアプリを紹介する。(2015/3/7)

Mozilla、Firefoxに証明書失効の新しい仕組みを導入
新機能の「OneCRL」では、失効した証明書のリストを中央で管理してブラウザにプッシュ配信することで、失効状態チェックの迅速化を図る。(2015/3/5)

「Google Chrome 41」安定版リリース 「最高」13件を含む多数の脆弱性に対処
Googleが、Webブラウザ「Chrome」のバージョン41をWindows、Mac、Linux向けに公開した。一般向けの新機能は特にないが、「最高」13件を含む51件のセキュリティ問題が修正された。また、「Chrome OS」も同じバージョンにアップデートされた。(2015/3/4)

米輸出規制に起因するTLS/SSLの脆弱性「FREAK」が発覚
1990年代の米暗号輸出規制に起因する脆弱性が残ったまま現在に至っていたことが判明した。AndroidブラウザやSafariに影響するとみられている。(2015/3/4)

脱初心者!スマホの使いこなし講座 第4回:
AndroidならChrome以外のブラウザも使ってみよう!
個性的なブラウザを楽しめるのもAndroidならでは。今回はChrome以外のAndroid用Webブラウザをご紹介します。(2015/2/24)

Lenovo、不正ソフトの削除ツール公開 他のアプリに影響も
US-CERTによると、LenovoのノートPCにプリインストールされていたSuperfishには重大な脆弱性があり、暗号化されたWebブラウザのHTTPS通信をリモートの攻撃者に読まれたり、Webサイトを偽装されたりする恐れがある。(2015/2/23)

iPhone向け2chブラウザ「BB2C」が2ch新仕様に対応
iPhone用ブラウザの定番「BB2C」が3月以降の2ch新仕様に対応。今後も利用できる見通しになった。(2015/2/20)

ボイジャー、ブラウザビューワ「BinB」を台湾出版社運営のプロモサイトに提供
提供を受けた青文出版社のデジタルコミックプロモーションサイト「無限誌」では、中国語版『コロコロコミック』などの配信を開始している。(2015/2/20)

Google、「Inbox」をiPad/Androidタブレット/Firefox/Safari対応に
Gmailチームが招待制で提供している新発想のメールアプリ「Inbox」が、米AppleのiPadとSafariブラウザ、MozillaのFirefox、Androidタブレットに対応した。Internet Explorerではまだ使えない。(2015/2/20)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。