ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブラウザ」最新記事一覧

World Wide Web(WWW)上で、HTMLによって作成されたWebページを表示するためのソフトウェア。代表的なものとして、Internet Explorer、Netscape Navigator、Mozilla、FireFox、Operaなどがある。
Webブラウザ − @ITネットワーク用語事典

-こちらもご覧ください-
質問!ブラウザ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でブラウザ関連の質問をチェック

NASAのキュリオシティの視界をWebVR「Access Mars」で追体験──Chromeブラウザで可能に
Googleが、NASAの火星探索機「Curiosity」から送られてくる画像をWebVRで3D化した仮想の火星を探検するサイト「Access Mars」を公開した。Chromeブラウザで見られる。(2017/10/20)

「Google Chrome 62」が安定版に、35件の脆弱性を修正
デスクトップ向けWebブラウザ「Chrome 62」の安定版が公開され、35件のセキュリティ問題が修正された。(2017/10/20)

MDNに集約:
Mozilla、Microsoft、Googleがブラウザ横断Webドキュメントネットワーク構築で協力
MozillaのWebドキュメントサイト「Mozilla Developer Network」が「MDN Web Docs」に改称し、MicrosoftのEdgeやGoogle Chromeの関連文書も集約するクロスブラウザ対応ネットワークを目指す。(2017/10/19)

Webブラウザでディープニューラルネットワーク高速実行 東大、「WebDNN」開発
「あなたのスマホへ最新の人工知能をお届け」――スマホのWebブラウザ上で、ディープニューラルネットワークを高速で実行できる「WebDNN」を東大が開発した。(2017/10/17)

Chromeブラウザ、拡張機能の「勝手に設定変更」を警告する機能追加へ
GoogleがChromeブラウザのWindows版に、ダウンロードした拡張機能がユーザーの知らないうちに設定を変更すると「設定を元に戻しますか?」と聞いてくる機能を追加した。(2017/10/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
iPhone/Andorid対応でEdgeブラウザは復活できるのか
Windows 10標準ブラウザの「Microsoft Edge」に、iPhone/Android向けのプレビュー版が登場。今後シェアを上昇させる契機になるか。(2017/10/15)

iOS版EdgeとLauncherはプレビュー版が公開:
Microsoft、モバイル版「Microsoft Edge」とAndroid向けホームランチャーを発表
Microsoftは、Webブラウザ「Microsoft Edge」のiOS版およびAndroid版とAndroid向けホームランチャー「Microsoft Launcher」の各プレビュー版を発表した。(2017/10/10)

「Microsoft Edge」ブラウザのiPhone/Android版(プレビュー)公開
Microsoftが自社のWebブラウザ「Edge」のiPhoneおよびAndroid版をプレビュー版としてリリースした。「Windows 10」の「Fall Creators Update」で追加される新機能「Continue on PC」をサポートする。(2017/10/6)

Google、プログラミング不要で“機械学習”試せるサイト公開
Googleは、人工知能などに用いる「機械学習」をプログラミングせずにブラウザ上で試せるサイトを公開した。(2017/10/4)

10月中旬までに全広告で適用:
最新版「Safari」のトラッキング防止機能(ITP)に対応、「ScaleOut DSP」が新方式で広告計測
Supershipは「ScaleOut DSP」おいて、Appleが提供するWebブラウザ「Safari」に搭載された「Intelligent Tracking Prevention」に対応したと発表した。(2017/9/29)

ヒートマップ分析も:
Web分析の「Ptengine」、リニューアル前後のクリエイティブをブラウザ上で比較できる新機能を追加
Ptmindは、Webデータ分析サービス「Ptengine」において、サイトリニューアルを行うマーケティング担当やWebディレクター向けの分析機能を強化した。(2017/9/28)

Apple、「Siri」と「Spotlight」の検索エンジンをBingからGoogleに変更
Appleが、これまで「Bing」を採用していた「Siri」、iOSでの検索、「Spotlight」の検索エンジンを、Googleの「Google」に切り替えた。AppleがTechCrunchに送った声明文でそう認めた。Webブラウザ「Safari」のデフォルト検索エンジンと統一したとしている。(2017/9/26)

Chromeブラウザのデスクトップ版でも自動再生動画の音声ミュートが可能に
Chromeブラウザで動画を含むWebページを開くと音声付きで自動再生されてしまうことがあるが、バージョン63ではサイトごとのミュート設定が可能になり、バージョン64でモバイル版と同様に全体での制御が可能になる見込みだ。(2017/9/15)

Windows 10が備えるセキュリティ機能(2):
脅威からPCを守るWindows 10の「Device Guard」と「Edge」
Windows 10が備える多彩なセキュリティ対策機能を丸ごと理解するには、機能を5つのスタックに分けて順に押さえていくことが早道だ。連載第2回は不正なコードの実行や、Webブラウザを利用した詐欺、ハッキングなど「脅威からの保護」について紹介する。(2017/9/15)

Spotify、「Safari」のサポートを中止(復活するかどうか不明)
SpotifyのサービスはWebブラウザでも利用できるが、「Safari」はSpotify Web Playerをサポートしなくなった。(2017/9/11)

Twitter.comでも「夜間モード」設定可能に
Twitterのモバイルアプリには既にある暗いところで目に優しい「夜間モード」が、Webブラウザで開くTwitter.comでも設定できるようになった。(2017/9/7)

Google、「Chrome 61」の安定版公開 危険度「高」6件を含む多数の脆弱性に対処
Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 61」がWindows、Mac、Linux向けに公開された。22件の脆弱(ぜいじゃく)性に対処した他、開発者は「WebUSB API」や「PaymentRequest API」などを利用できるようになった。(2017/9/6)

Instagram、「ストーリー」もブラウザで表示可能に アップロードにも近く対応へ
Instagramが、スライドショー機能「ストーリー」をWebブラウザでも表示できるようにした。数カ月中にモバイルのWebブラウザからの投稿も可能にする計画だ。(2017/9/1)

ユーザーの通信負担も軽減:
動画広告プラットフォーム「AppVador」、スマホブラウザにおける動画広告の高画質再生に対応
Supershipは、動画広告配信プラットフォーム「AppVador(アップベイダー)」において、スマートフォンブラウザにおける動画広告の高画質再生に対応したと発表した。(2017/8/24)

Mostly Harmless:
Flashにとどめを刺したのは
かつてPC用Webブラウザの97%以上にインストールされていたFlashの栄枯盛衰を、その運命に決定打を与えたiPhoneの登場とともに振り返ってみます。(2017/8/24)

独立レンダリングパイプラインを大幅改良:
Windows 10 Fall Creators Updateの「Microsoft Edge」は「EdgeHTML 16」アップデートで何がどれだけ速くなる?
Windows 10 Fall Creators Updateに含まれるMicrosoft Edgeは、ブラウザエンジンが「EdgeHTML 16」にアップデートされる。独立レンダリング機能が強化され、Webアプリやサイト表示のパフォーマンスが大幅に向上するという。(2017/8/22)

Google、検索結果の動画をその場で6秒再生する機能をAndroidに
Android端末のGoogleアプリあるいはChromeブラウザの検索結果の「動画」コーナーのサムネイルが6秒だけ自動再生するようになる。初期設定ではWi-Fi接続でのみ有効だ。(2017/8/20)

「Googleアシスタント」入りメッセージングアプリ「Allo」がデスクトップ対応に
GoogleのAIアシスタント「Googleアシスタント」とチャットできるモバイルアプリ「Allo」をデスクトップのWebブラウザでも使えるようになった。(2017/8/16)

「Continue on PC」にリスクは?
PCとスマホのブラウザ同期、「Windows 10 Fall Creators Update」新機能に管理者が苦い顔
「Windows 10」の次期大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」には、PCとスマートフォンをリンクさせる機能が追加される。作業効率を高める半面、セキュリティには注意が必要だ。(2017/8/16)

Samsung、広告ブロック可能な独自Webブラウザのβ版をAndroid 5.0以降の端末に開放
Samsungが、これまで自社製Android端末にプリインストールしてきた独自ブラウザのβ版「Samsung Internet Browser Beta」をGoogle Playストアで公開した。Android 5.0以降のすべての端末をサポートするとしている。広告ブロック機能やハイコントラストモードなどが使える。(2017/8/15)

TwitchのWindows/Macアプリ登場 「ダークモード」や動画チャットが可能
Amazon.com傘下のゲーム実況サービス「Twitch」が、WindowsおよびMac向けのデスクトップアプリを公開した。Webブラウザよりも速いだけでなく、「ダークモード」、ストリーミングがオフでも使えるチャットルーム、音声/動画によるグループ通話機能などを備える。(2017/8/13)

不正が発覚した中国の認証局、Microsoftも無効化を通告
中国の認証局WoSignとStartComの証明書については米Mozilla、Google、Appleも無効化を通告しており、これで全主要ブラウザで両社の証明書が通用しなくなる。(2017/8/10)

Mozilla、1GBまでのファイルをWebブラウザで安全に転送できる「Firefox Send」
Mozillaが、ChromeやEdgeブラウザでも使えるファイル転送ツール「Firefox Send」を公開。1GBまでのファイルをページにドラッグ&ドロップすると暗号化されてURLが表示され、これを送る相手に知らせる。相手がダウンロードするか24時間経過するとファイルは自動消滅する。(2017/8/3)

Google、モバイル版画像検索にレシピや製品情報を示すバッジを追加
Android版「Google」アプリとWebブラウザでの画像検索結果のサムネイルに「レシピ」「動画(○分○秒)」などのバッジが表示されるようになる。バッジの付いた画像をタップすると、その場でレシピなどが表示される。(2017/8/2)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「クライアントの歴史」
クライアント端末は、いまやWebブラウザでの利用が主流ですが、その始まりは、「テレタイプ端末」と呼ばれるハードウェアでした。コンピュータとともに進化したクライアント端末の歴史をひもときます。(2017/8/1)

「ユーザー数日本が一番」――新興ブラウザ「Vivaldi」 「Opera」創業者語る「ユーザーは友人」とは
新興ブラウザ「Vivaldi」を作った、「Opera」創業者にその理由、開発姿勢を聞いた。(2017/8/1)

Google、「Chrome 60」の安定版公開 Mac版は「Touch Bar」をサポート
Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 60」がWindows、Mac、Linux向けに公開された。40件の脆弱(ぜいじゃく)性に対処した他、Mac版ではMacBook ProのTouch Barをサポートした。(2017/7/26)

「Yahoo!ツールバー」の提供が10月で終了 数年前からChrome、Firefoxなどで利用できない状態に
以前から一部主要ブラウザで使えなくなっており、いよいよサービス全般が終了。(2017/7/20)

App Town ユーティリティ:
iOS用ブラウザアプリ「Smooz」が翻訳&ID・パスワード保存に対応
アスツールのiOS用ブラウザ「Smooz」がver 1.9を配信開始。Webページの翻訳やID・パスワードの保存に対応した。(2017/7/19)

Yahoo!がゲームプラットフォームを開設 ブラウザ上で高品質なゲームがプレイ可、スクエニ等52社が参画
「FF 10」「13」などがスマホやPCから遊べちゃう。(2017/7/18)

「全てのゲームはWebでやれ!」 Webブラウザで遊べる「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」始動 「FFX」など39作
ヤフーが、ブラウザゲームプラットフォーム「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」をオープン。カドカワやスクエニなど52社が参加し、39タイトルが遊べる。(2017/7/18)

組み込み開発ニュース:
ハイパフォーマンスブラウザの最新版を提供開始
ACCESSは、同社のChromium Blink対応ハイパフォーマンスブラウザの最新版「NetFront Browser BE v2.4」の提供を開始した。最新版では、HTML5対応機能やサードパーティー製メディアプレーヤーへのサポート機能が拡張している。(2017/7/11)

ACCESS NetFront Browser BE v2.4:
Blinkベースの組み込みブラウザ最新版、外部製品の実装が容易に
ACCESSがBlinkベースの組み込み用ブラウザ「NetFront Browser BE」の最新版を提供開始した。Chromium最新仕様のサポートやHTML5対応機能の拡張に加えてAPIを拡充し、外部製品の実装を容易とした。(2017/7/10)

特選プレミアムコンテンツガイド
Windows 10の最新セキュリティを脅かす「隠れたリスク」とは
Windows 10は最新のセキュリティ機能を導入している。しかし、使う人間がミスを犯さないとは限らない。そして、長年にわたって標準ブラウザだったInternet Explorerにも危険が潜んでいる。そのリスクを回避する方法を考える。(2017/7/7)

IT部門のChrome採用を後押しするか
「Edge」「IE」離れを本気で狙うGoogleの「Chrome Enterprise Bundle」とは?
Googleの「Chrome Enterprise Bundle」は、同社のWebブラウザ「Chrome」をIT部門が管理する助けになる。組織が「Microsoft Edge」「Internet Explorer」(IE)から離れる1つの理由になりそうだ。(2017/6/28)

端末やネットの制御・添付ファイル編集・マルチOS対応:
PR:サイバー攻撃をも防ぐインテリジェントブラウザ「DoCAN」の実力とは
スマートフォンやタブレット端末を使って企業内のシステムを利用するリモートアクセスでは、セキュリティと利便性の両立が難しい。ランサムウェアや標的型攻撃などのウイルス被害を防ぎつつ、快適に利用する――こうした目的のために開発されたのが、インテリジェントブラウザ「DoCAN」だ。セキュアブラウザと知能化ゲートウェイを一体化し、端末・ネットワーク・通信コンテンツの管理制御を実現した。(2017/6/26)

ブラウザを乗っ取るマルウェア「Fireball」、Microsoftなどが注意呼び掛け
セキュリティ企業のCheck Pointが、感染数について「世界で2億5000万台以上」と伝えたことに対し、Microsoftは「誇張され過ぎ」と反論した。(2017/6/23)

特選プレミアムコンテンツガイド
Windows 10では「Internet Explorer」「Microsoft Edge」のどちらを使うべきか
「Windows 10」では、長らくWindowsの標準ブラウザとして採用されてきた「Internet Explorer」と、新たな標準ブラウザ「Microsoft Edge」を利用できる。どちらを使えばよいのだろうか。(2017/6/23)

Dev Basics/Keyword:
WebExtensions
WebExtensionsは、Mozillaが開発を進めているブラウザ拡張機能用API。Chrome用のAPIとの互換性を持っているため、さまざまなブラウザで動作する拡張機能を作成できる。(2017/6/20)

日本語環境を改善、開発者向けツールのUIも工夫:
Chromiumベースのブラウザ「Vivaldi」に新バージョン 技術者・パワーユーザー向け機能を強化
Chromiumベースのブラウザ「Vivaldi」の最新版「バージョン 1.10」が公開された。日本語環境を改善し、ダウンロードファイルの並べ替えなどの新機能を追加。開発者ツールを使いやすくする工夫も取り入れた。(2017/6/19)

Box、ようやくWindows/Mac版アプリ(β版)提供開始
クラウドストレージサービスのBoxが、デスクトップ(WindowsおよびmacOS)アプリ「Box Drive」のβ版をリリースした。これでようやくWebブラウザを使わずにクラウドのファイルにアクセスできるようになる。(2017/6/15)

「Adobe Acrobat」の「Chrome」用拡張機能の教訓から
ありがた迷惑なブラウザ拡張機能の“勝手インストール”、回避策は?
2017年1月の「Adobe Acrobat Reader DC」アップデート時に、「Google Chrome」に新しい拡張機能が自動的に追加され、しかもこの拡張機能に脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。この問題の教訓を考える。(2017/6/15)

Google、「Chrome 59」の安定版公開 脆弱性や不具合を修正
Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 59」がWindows、Mac、LinuxおよびAndroid向けに公開された。(2017/6/8)

AppleのSafari、Edgeに続き、ついにWebRTCサポートへ
AppleのWebブラウザが次期OSで、Googleが中心となって推進するオープンプロジェクト「WebRTC」をサポートする。これでChrome、Firefox、Edge、Safariがサポートすることになる。(2017/6/8)

Webブラウザで遊べる「FF13」登場 Yahoo!ゲームが試験提供
ヤフーは、HTML5とクラウド形式のゲームが遊べる新プラットフォームのβテストを開始。PCやスマートフォン、タブレットのWebブラウザ上でゲームをプレイできる。(2017/6/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。